Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

組織の変化とプロダクトの意思決定スピードを早める取り組み / Initiatives to accelerate organizational change and product decision-making speed

組織の変化とプロダクトの意思決定スピードを早める取り組み / Initiatives to accelerate organizational change and product decision-making speed

2023/10/25 事例で学ぶプロダクトマネージャーのお仕事 vol.1
https://sukedachi.connpass.com/event/292968/

組織の変化とプロダクトの意思決定スピードを早める取り組み

プロダクト&デザイン部 部長(PdM)
加古 萌

kaminashi, Inc.

October 25, 2023
Tweet

More Decks by kaminashi, Inc.

Other Decks in Business

Transcript

  1. 組織の変化と
    プロダクトの意思決定スピードを早める取り組み
    2023/10/25 Moe Kako

    View full-size slide

  2. ⾃⼰紹介
    なまえ:かこもえ
    Twitter:@kakomoe3
    好きなこと:キャンプ🏕、2⼈のやんちゃ坊主👦👦

    View full-size slide

  3. 今⽇はなすこと
    1. カミナシについて
    2. カミナシとPM組織
    3. プロダクト‧組織の成⻑と、意思決定における課題と対策の実例

    View full-size slide

  4. カミナシについて

    View full-size slide

  5. カミナシの事業

    View full-size slide

  6. カミナシの事業
    現場の課題
    これが全て「紙」と「⼝頭」

    View full-size slide

  7. カミナシの事業
    ノーコードで簡単に利⽤でき、現場で働く⼈が⾃律的に業務のムダを削減可能

    View full-size slide

  8. カミナシと、PM組織

    View full-size slide

  9. カミナシの組織
    カミナシは全体で93名、年間1.5倍ペースで組織が拡⼤中です

    View full-size slide

  10. カミナシの組織
    35%程度がサービスチームに属しています(PM+デザイナー+エンジニア)
    PMは現在
    6名

    View full-size slide

  11. カミナシと、PM組織
    2020年
    カミナシ
    新規プロダクト1
    新規2
    PM組織が
    できる
    PM組織が
    2ユニット制へ
    2024年
    2023年
    2022年
    プロダクト
    PM組織
    1⼈ 2⼈ 3⼈ 4⼈ 5⼈6⼈
    リリース以降PM1⼈の体制が⻑く続き、2022年よりPMチームが組織化される形に

    View full-size slide

  12. プロダクト‧組織の成⻑と、意思決定における課題と対策

    View full-size slide

  13. プロダクト戦略とGTM戦略は両輪
    事業戦略
    プロダクトを顧客に届けることで直接的に売り上げが上がるのがSaaSなので、プロダクト戦略と
    GTM戦略は切り離されることはなく、相互に検証し磨き込んでいく形になる
    プロダクト戦略 GTM戦略
    相互に検証し
    磨き込む
    狙った市場‧顧客
    どういう価値を
    作るのか
    価値をどのように
    届けるのか

    View full-size slide

  14. GTM戦略とプロダクト戦略は両輪
    プロダクト戦略は誰が決めるのか?
    事業戦略
    プロダクト戦略 GTM戦略
    相互に検証し
    磨き込む
    狙った市場‧顧客
    どういう価値を
    作るのか
    価値をどのように
    届けるのか

    View full-size slide

  15. カミナシの0→1
    誰にどんな価値届けるのか?どうすれば届けられるのか?はセットで磨き込んでいく必要がある。
    そのため、ある意味意思決定はシンプル(1⼈にした⽅が良い)
    GTM戦略
    プロダクト戦略
    CEOが決める!

    View full-size slide

  16. カミナシの1→10(あるいは10→20くらいかも)
    グロースフェーズに移り組織化が進むと、徐々にここが分離してくる(会社によるとは思います)
    ただ、それに気づかないままなんとなく役割分担をしていたこともあって、不都合が⽣じてきた
    プロダクト戦略 GTM戦略
    組織化が進み
    役割分担ができてくる

    View full-size slide

  17. カミナシの1→10(あるいは10→20くらいかも)
    グロースフェーズに移り組織化が進むと、徐々にここが分離してくる(会社によるとは思います)
    ただ、それに気づかないままなんとなく役割分担をしていたこともあって、不都合が⽣じてきた
    プロダクト戦略 GTM戦略
    組織化が進み
    役割分担ができてくる
    CEO?
    PM? ビジネス部⾨⻑?
    CTO?
    COO?
    誰が決める?
    どこまで決める?
    ⻑期?
    中期?
    短期?
    何を決める?

    View full-size slide

  18. 0→1を引きずっていることで発⽣した不都合
    ✓ ビジョンや戦略という⾔葉の認識のずれ
    ✓ ⻑期‧中期‧短期という様々時間軸の話がいろんな⼈から出てくる
    ○ 単純に1年、3年、5年などの相対的な年数や「ビジョン達成」といった曖昧な時間軸で議論されていたが、時は
    移り変わるので、ゴールポストがずれ、それによって議論の前の景⾊合わせに時間がかかるように
    ✓ 誰が何を意思決定できるのか、どんな影響⼒を持っているのかが不明瞭に
    ○ ⾃分が深く関わり想いを持ったプロダクトは、⾊々考えて⼝を出したくなる
    ○ 全員と合意しないと決められない?→スピードの毀損
    ✓ 企業とプロダクトが混在して語られる
    ○ カミナシは企業名=プロダクト名なのでより混乱する
    ✓ シングルプロダクトの場合は特に、プロダクト=経営に直結するため上記の状態が⽣まれやすい
    ○ プロダクト ≒ 事業 ≒ 経営そのもの
    ○ CEO、COO、CTO、事業責任者、そしてPMなど、みなが同じプロダクトを⾒ていて、それぞれが想いを持ってい

    View full-size slide

  19. やったこと
    1. 時間軸の定義を決める
    2. ⾔葉の定義を決める
    3. 役割を決める

    View full-size slide

  20. KAMINASHI 2030 VISION

    View full-size slide

  21. 時間軸の定義を決める
    ✓ ⻑期の照準をカンパニービジョン(Vision2030)のゴールタイミングに合わせる
    ✓ 中期のターゲットは⼤きなマイルストン(調達など)にゴールポストを固定
    ✓ 短期は更新されていくもの。〜1年くらいのもの
    ✓ 合わせて⾒直しのタイミングなども⽬線合わせ
    ⻑期
    中期
    中期
    中期
    中期
    短期 短期 短期 短期 短期 短期 短期
    資⾦調達などの⼤きな
    経営マイルストンに照準
    直近1年くらい(随時更新)
    時間軸
    Vision2030(2030年時点
    で⽬指す姿)に照準
    反映
    反映

    View full-size slide

  22. ⾔葉の定義を決める
    ✓ ミッション 👉カミナシがこの世に存在する理由。時代が変わっても普遍的なもの
    ✓ ビジョン 👉カミナシが創りたい世界。ミッションを具体化し、達成までの時間軸を掲げたもの
    ✓ プロダクト戦略 👉プロダクトの進むべき⽅針
    ✓ GTM戦略 👉プロダクトをどう届けるのかの⽅針
    ✓ 事業戦略 👉SaaSモデル以外の独⽴した複数事業ができるまではプロダクト戦略+GTM戦略=事業戦略
    公式的なビジョンは⻑期のみ策定し、プロダクトが複線化し違和感がある状態になるまではカンパニービジョン=プロダクトビジョンとする

    View full-size slide

  23. 役割を決める
    ● R :提案する
    ● A :同意する
    ● P :遂⾏する
    ● I :意⾒や情報を提供する
    ● D :意思決定する
    RAPID decision-making modelを活⽤
    出典:BAIN&COMPANY

    View full-size slide

  24. 役割を決める
    プロダクトに関するビジョン‧戦略について、時間軸ごとに役割と意思決定の場を決めた。
    これにより、コミュニケーションプロセスがシンプルになり、意思決定もしやすくなった。
    💡ポイント
    長期 中期 短期
    CEO
    COO
    CTO
    執行役員
    PM
    意思決定の

    ● Decide(意思決定者)を明確に1⼈にする
    ● Agree(同意者)なのかInput(情報提供者)なのかをはっきりさせる(Agreeの場合は、何に対する同意なのかを
    明確にする)

    View full-size slide

  25. プロダクト(未リリース含む)‧PMユニットも2つに分かれたので....

    View full-size slide

  26. プロダクト(未リリース含む)‧PMユニットも2つに分かれたので....
    意思決定マトリクスも分けました。
    今後も運⽤しながらチューニングしていく予定。
    長期 中期 短期
    CEO
    COO
    CTO
    執行役員
    PM
    意思決定
    の場
    長期 中期 短期
    CEO
    COO
    CTO
    執行役員
    PM
    意思決定
    の場
    カミナシ 新規プロダクト

    View full-size slide

  27. これから考えていきたいこと
    ✓ よりはやく意思決定できる仕組み ←今回の話がそのうの1つの取り組み
    ✓ よりはやく学べる組織の⽴ち上げ⽅
    ✓ よりはやく失敗するための意思決定
    ✓ よりよく失敗するための仕組み

    View full-size slide

  28. カミナシは、ガンガン失敗したいPMを募集しています!
    デザイナーもエンジニアも募集してるよ!

    View full-size slide

  29. 株式会社カミナシ
    https://kaminashi.jp

    View full-size slide