Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Microsoft Teams と Azure DevOps でリモート スクラム開発を実現する / Enabling remote scrum development with Microsoft Teams and Azure DevOps

Microsoft Teams と Azure DevOps でリモート スクラム開発を実現する / Enabling remote scrum development with Microsoft Teams and Azure DevOps

これが私のおすすめリモート開発事例 by Startup/MVP - MSTechNight #11 (https://msdevjp.connpass.com/event/176218) で登壇したときのスライドです。

Takashi Shinohara

July 20, 2020
Tweet

More Decks by Takashi Shinohara

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 自己紹介 Name 篠原敬志 (Takashi Shinohara) Company アバナード株式会社 シニアコンサルタント Award Microsoft

    MVP for Office Development (2018-) Twitter @karamem0 Facebook t.shinohara.56 Blog https://blog.karamem0.jp
  2. LEGO for Scrum 日本におけるアジャイルの取 り組みとして LEGO を使った ワークショップがあります。 20 分間の短いスプリントに取

    り組むことでスクラムの理解 やチーム ビルディングに役立 てることができます。
  3. 開発チームのコミュニケーション 全般的な話題は Teams の投稿かチャット、プロダクト バックログ アイテムに関す ることは Azure Boards の

    Discussion 相手の時間を奪わない 会話する相手を指定できる 会話のログが残る トピックが整理しやすい 言語の壁を越えやすい 文字では伝わらないときはすぐに Teams 会議 会話のレスポンスが早い 画面を見せながら説明できる タイムボックス イベントは Teams 会議 会議室を予約しておく必要がない
  4. プロダクト バックログの管理 Epic Epics help teams effectively manage and groom

    their product backlog (具体例) 蔵書検索システムを作る Feature Tracks a feature that will be released with the product (具体例) 検索機能を作る 登録機能を作る Product Backlog Item Tracks an activity the user will be able to perform with the product (具体例) 書籍名を指定して検索する 貸出状況を表示する 貸出中の書籍を予約する
  5. デイリー スクラム デイリー スクラムで話し合うべきことを事前に OneNote に書いてもらう 昨日やったこと 今日やること 困っていること ファシリテーターの指名によって順番に自分の担当を説明する

    全体的な周知事項もデイリー スクラムで行うが長くならないように気を付ける 個別に調整すべき課題がある場合はデイリー スクラムのあとで必要なメンバーだ け残って話し合う