Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

徹底解説!Power Platform 導入の成功事例から見る DX 推進のコツ / Tips for DX promotion from Power Platform case studies

徹底解説!Power Platform 導入の成功事例から見る DX 推進のコツ / Tips for DX promotion from Power Platform case studies

Takashi Shinohara

December 07, 2023
Tweet

More Decks by Takashi Shinohara

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 徹底解説!Power Platform 導⼊の
    成功事例から⾒る DX 推進のコツ

    View full-size slide

  2. Silver Sponsor
    本イベントのスポンサー様
    Facilities & Staff Sponsor
    Gold Sponsor

    View full-size slide

  3. デジタイゼージョン デジタライゼーション デジタル トランスフォーメーション
    既存の紙のプロセスを⾃動化するなど、
    物質的な情報をデジタル形式に変換す
    ること
    引⽤: 総務省「令和 3 年版 情報通信⽩書」
    https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r03/html/nd112210.html
    組織のビジネス モデル全体を⼀新し、ク
    ライアントやパートナーに対してサービスを
    提供するより良い⽅法を構築すること
    企業が外部エコシステムの劇的な変化
    に対応しつつ、内部エコシステムの変⾰
    を牽引しながら、第 3 のプラットフォーム
    を利⽤して、新しい製品やサービス、新し
    いビジネス モデルを通して、ネットとリア
    ルの両⾯での顧客エクスペリエンスの変
    ⾰を図ることで価値を創出し、競争上
    の優位性を確⽴すること

    View full-size slide

  4. DX=マインド セット

    View full-size slide

  5. 新型コロナウイルス
    政情不安
    円安/物価⾼
    少⼦⾼齢化
    SDGs
    ⽣成 AI
    5G/⾼速通信
    ⾃然災害

    View full-size slide

  6. レジリエンス=回復⼒、適応⼒
    未来の予測には限界がある
    事態が発⽣したあとでもしなやかに適応する

    View full-size slide

  7. アジリティ=敏捷性
    未来は常に変わり続ける
    変化に敏感に反応し対応する

    View full-size slide

  8. DX はクラウド化ではない DX はモダナイズではない DX は内製化ではない
    DX を推進するうえでクラウド化は⼿段と
    しては有効ではあるが必ずしもクラウド化
    しなければならないわけではない
    つなぎとしての RPA なども検討する
    レガシー システムをモダナイズしても DX
    にはならない
    「現⾏踏襲」は禁⽌ワード
    プロフェッショナルとしての外部ベンダーは
    これまで通り必要
    ただし丸投げはしない

    View full-size slide

  9. ゴールの設定
    地図を渡されてもどこに⾏くかがわからなければ無意味
    経営層の参画
    「理解」ではダメ!丸投げ厳禁!
    ⼩さな成功
    いきなり完璧を求めない、まずは⼩さく始める

    View full-size slide

  10. ゴールの設定
    地図を渡されてもどこに⾏くかがわからなければ無意味
    経営層の参画
    「理解」ではダメ!丸投げ厳禁!
    ⼩さな成功
    いきなり完璧を求めない、まずは⼩さく始める

    View full-size slide

  11. 我々はなぜここにいるのか
    エレベーター ピッチ
    パッケージ デザイン
    やらないことリスト
    ご近所さんを探せ
    解決策を描く
    夜も眠れない問題
    期間を⾒極める
    何を諦めるのか
    何がどれだけ必要か

    View full-size slide

  12. Keep Problem Try
    よかったこと よくなかったこと 改善すること

    View full-size slide

  13. 象 死んだ⿂ 嘔吐
    ⼝に出さないけれど全員が知っている真実 早く謝ったほうがいい悩みの種 断罪されていない胸のつかえ

    View full-size slide

  14. ゴールの設定
    地図を渡されてもどこに⾏くかがわからなければ無意味
    経営層の参画
    「理解」ではダメ!丸投げ厳禁!
    ⼩さな成功
    いきなり完璧を求めない、まずは⼩さく始める

    View full-size slide

  15. 経営層の参画

    View full-size slide

  16. ユーザーのニーズを基盤にアイデアを創出する
    共感
    Empathize
    問題定義
    Define
    問題解決
    Ideate
    試作
    Prototype
    検証
    Test

    View full-size slide

  17. プロダクト マネージャー (PdM)
    経営層
    ステークホルダー
    経理
    法務
    ユーザー
    プロジェクト チーム
    内容領域専⾨家 (SME)
    プロジェクト チーム
    フィードバック
    レビュー

    View full-size slide

  18. ゴールの設定
    地図を渡されてもどこに⾏くかがわからなければ無意味
    経営層の参画
    「理解」ではダメ!丸投げ厳禁!
    ⼩さな成功
    いきなり完璧を求めない、まずは⼩さく始める

    View full-size slide

  19. 0.4
    0.6
    0.8
    1
    1.2
    1.4
    1.6
    1.8
    ⾒積り
    時間

    View full-size slide

  20. 引⽤: Making sense of MVP (Minimum Viable Product) – and why I prefer Earliest Testable/Usable/Lovable
    https://blog.crisp.se/2016/01/25/henrikkniberg/making-sense-of-mvp
    MVP=実⽤最⼩限の製品

    View full-size slide

  21. 費⽤対効果
    時間
    試⾏錯誤型 計画主導型
    早く提供したほうが費⽤を回収できる可能性が⾼い
    ★プロジェクト完了

    View full-size slide

  22. プロセス マイニング
    • プロセスの可視化
    • プロセスの⼯数算出
    • 例外の検出
    • ボトルネックの抽出
    プロセス改善
    • システム設計
    • システム開発・テスト
    • トレーニング
    改善効果測定
    • フィードバック収集
    • KPI の監視

    View full-size slide