Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Feature Teams

Feature Teams

A64ac825509279a770c13c6fc517f11a?s=128

Yasunobu Kawaguchi
PRO

June 24, 2021
Tweet

Transcript

  1. フィーチャーチームについて

  2. ふつうの組織はコンポーネントチームになりがち

  3. 顧客の課題を解決するまで

  4. 顧客の課題を解決するまで 必要な根回し

  5. 顧客の課題を解決するまで 必要な根回し 遅い!

  6. 顧客の課題を解決するまで

  7. 顧客の課題を解決するまで

  8. 顧客の課題を解決するまで

  9. 顧客の課題を解決するまで これでチームを組んだら効率的 異なる専門性を持つ人を 集めたチームにする

  10. 顧客の課題を解決するまで これでチームを組んだら効率的 異なる専門性を持つ人を 集めたチームにする

  11. 顧客の課題を解決するまで これでチームを組んだら効率的 その代わり、コンポーネントを またいで触れないといけない。

  12. 共通コンポーネント vs フォークしたコンポーネント

  13. 共通コンポーネント思考 どうぞ使ってください

  14. フォーク思考 = 分散開発の文化 ある時点で取り込んでる

  15. 顧客の課題を解決するまで これでチームを組んだら効率的 このチームがフォークした コンポーネントを持つ

  16. 使ってもらえるような コンポーネントを作る。 かつ、メンテし続ける。

  17. https://speakerdeck.com/kawaguti/hagechabin?slide=29

  18. https://speakerdeck.com/kawaguti/hagechabin?slide=30

  19. https://speakerdeck.com/kawaguti/hagechabin?slide=31