IoTで農家を守れ! LTE-M Button Plusを利用した 箱罠動作検知システム

IoTで農家を守れ! LTE-M Button Plusを利用した 箱罠動作検知システム

2020.02.08に開催された第4回 IoT勉強会 in 岡山での発表資料です。

497dbdd5548307450fcc732f7edfb257?s=128

Yamamoto Kazuhisa

February 08, 2020
Tweet

Transcript

  1. IoTで農家を守れ! LTE-M Button Plusを利用した 箱罠動作検知システム 第4回 IoT勉強会 in 岡山 2020.02.08

  2. 自己紹介 • 下山 慎司 ◦ 岡山市内の某ショッピングセンター向けシステム会社勤務 ◦ 経理業務を担当 ◦ アウトドアが好き(釣り、キャンプ、狩猟) •

    山本 和久 ◦ 岡山市内の某ショッピングセンター向けシステム会社勤務 ◦ 開発部マネージャ ◦ バイクツーリングが好き ◦ 最近の関心事:アジャイル開発
  3. 狩猟編

  4. 有害鳥獣とは
 •イノシシ・ニホンジカ・ニホンザル・クマ等が農林水産物
  を食害・人間を襲うなどの害を為す動物のこと 
 どんな被害か
 •具体的にはクマが人を襲ったり、イノシシ・ニホンジ
  カが田畑を荒らしたり、収穫前の農作物を食べ尽くす

  5. 深刻化するイノシシなど有害鳥獣による被害
 有害鳥獣による農作物被害額は年々減っているが
  依然として甚大なものとなっている
 全体の7割がシカ、イノシ シ、サルによるもの。
 岡山県の被害は
 年間3億円くらい


  6. ハンターが高齢化、若手不足で今後の農業被害が不安
 •岡山県の狩猟登録者はH30年で60歳以上のハンター
  が6割以上。39歳以下は1割ほど。。。


  7. 罠の見回りって結構、たいへんなんです。
 •イノシシやシカを捕獲する罠は複数の山にいくつも設置
  するため、各山への車移動だけでも結構な時間が必要
 •車を降りてから罠を仕掛けたポイントまでは何分も山を
  登る場所もあり、罠の見回りするだけでも大変
 こんなのあったら良いな~~ ☆獲物が獲れたらスマホに通知がくるシステム。
 →わざわざ罠の見回りに行く必要がないので、見回り の負担を軽減できる
 →獲物が掛かったことを想定して現場に向かうので、

    獲物に逆襲されるリスクが低減する。
 →獲物が掛かったことを早く知ることで敏速に
  ジビエとして食肉加工ができる。

  8. 技術編

  9. SORACOM LTE-M Button Plus • LTE-M Buttonに接点入力を備えたモデ ル • 外部のセンサー等と連動させることがで

    きる • はじめはSORACOM LTE-M Button powered by AWSを検討していたが、「ボ タンを押す」仕掛けを作るのが大変そう だった SORACOM LTE-M Button Plus SORACOM LTE-M Button powered by AWS
  10. SORACOM LTE-M Button Plus • SORACOM LTE-M Button powered by

    AWSはハンズオンで試していたの で、AWS IoT 1-Clickにいきなりつなぎ込めるのが魅力 • SORACOM LTE-M Button PlusはSORACOMのサービスを経由する必要があ るので難しくないかな ◦ SORACOM Funnel AWS IoT アダプターを使用してデータを送信する ▪ https://dev.soracom.io/jp/start/funnel_aws_iot/ ◦ こちらのFunnelを使ってAWSにデータを送信する記事がとても分かりやすかったので SORACOM LTE-M Button Plusで行くことに決定!
  11. 構成図 SORACOM LTE-M Button Plus Funnel Cloud IoT Core DynamoDB

    SES Amazon Connect Lambda Lambda SORACOM AWS 利用者 • Funnelから飛んでくるデータを格 納するテーブル • SIM情報とメールアドレス・や設置 場所を格納するテーブル PUTイベント
  12. デモ

  13. 工夫した点 はじめはセンサーが接触したらONとなるように考えていた

  14. 工夫した点 下山曰く: 「こういうのがガッシャーンって落ちてくるのに 接触してONだと壊れるじゃろ」

  15. 工夫した点 センサーが離れたらONとなる部品を探した

  16. 工夫した点 スペースを確保しつつ壊れにくい構成にするこ とができた。

  17. 今後の課題 • 機器やマグネットセンサーの耐久性が未知数 ◦ 防塵・防水をどうしていくか ◦ 離れたらONとなる防水のマグネットセンサー知ってたら教えて下さい! • 電池の残量がよくわからない ◦

    罠が動作=接点がショートするとバッテリーの寿命を早める ◦ デバイスに対して問い合わせできれば最高 ^ ^ ◦ 現在は毎回電池交換してもらう運用でカバー • 本システムのフロントエンドの画面が無い ◦ 今は設置時にDynamoDBをWebからポチポチメンテしている