コンテナの疲れをk3sとRemoで癒やした話 / Having Fun with Containers

5e3812168e73d09304da6959a40155c8?s=47 kenev
March 15, 2019

コンテナの疲れをk3sとRemoで癒やした話 / Having Fun with Containers

5e3812168e73d09304da6959a40155c8?s=128

kenev

March 15, 2019
Tweet

Transcript

  1. Cloud Native Kansai #02 2019.03.15 @kenfdev コンテナの疲れをk3sとRemoで癒やした話

  2. ⾃⼰紹介

  3. ⾃⼰紹介 • 福⼭ 健 • エンジニア@サイダス@⼤阪
 フロントエンドもバックエンドも両⽅好き • Udemy講師 •

    JavaScriptエンジニアのためのES6完全ガイド • 実践!AngularJS講座 @kenfdev • OSS Contribution⼤好き • ブログ • https://kenfdev.hateblo.jp/
  4. 最近…

  5. 割とコンテナに疲れています

  6. ここ1年〜2年ほど

  7. CNCF Landscape https://landscape.cncf.io/

  8. どんだけあるんだ…

  9. 普段は割とアプリ側の⼈間

  10. こっちもてんこ盛り…

  11. チャレンジングで楽しいけど Too Muchだと感じるときもある

  12. もっと純粋に楽しみたいときもある

  13. k3sの登場 https://k3s.io

  14. 構成 https://k3s.io

  15. 正直、雰囲気しかわからない

  16. ARM!

  17. なんか楽しいことできそう

  18. コンテナの疲れはコンテナで癒そう

  19. 僕のアイテム Raspberry Pi Nature Remo

  20. Prometheus⽤のRemo Exporter作ってた https://github.com/kenfdev/remo-exporter

  21. お家ハックできるかな?

  22. できました! 温度・湿度・照度バッチリ!

  23. ⼿順 • ラズパイにOSを焼く • cgroupを有効にしておく • k3sをダウンロードして⽴ち上げる • RemoのOAuth⽤トークンを取得してSecret作る •

    Grafana, Prometheus, Remo ExporterのManifest をapplyする • Grafanaのグラフをそれっぽく格好良く設定する • 完成!
  24. ラズパイにOSを焼く https://www.balena.io/etcher/ balenaEtcherでraspbian stretch liteを焼く

  25. cgroupを有効にしておく cgroup_enable=cpuset cgroup_memory=1 cgroup_enable=memory Raspbianではcgroupを有効にしておく必要あり /boot/cmdline.txt 末尾に追加

  26. k3sをダウンロードして⽴ち上げる 最新版のk3s(armhf)をダウンロードして起動 $ curl -sfL https://get.k3s.io | sh - これだけ!

  27. RemoのOAuth⽤トークンを取得してSecret作る https://home.nature.global/

  28. grafana, prometheus, remo-exporterのManifestをapplyする $ wget https://github.com/kenfdev/remo-exporter/archive/v0.5.1.zip $ unzip v0.5.1.zip $

    cd remo-exporter-0.5.1/ $ k3s kubectl apply -f k8s/namespace.yml $ k3s kubectl apply -f k8s/yaml $ k3s kubectl apply -f k8s/yaml-armhf/ Manifest
  29. Grafanaのグラフをそれっぽく格好良く設定する

  30. 完成!

  31. でも実は…

  32. 公式アプリでも⾒れる

  33. なぜやるのか?

  34. 理由は2つあります

  35. 理由その1

  36. 純粋に⾝近なもので楽しみたい

  37. 格好良くないですか? ͋ͷ෦԰ͷ۱ʹஔ͍ͯ ͋ΔϥζύΠ͸4୆ߏ੒ͷk8sͷ ΫϥελͳΜͩɻ24࣌ؒՔಇͯͯ͠ զ͕ՈͷԹ౓ɾ࣪౓ɾর౓ͷ؅ཧ ΋όονϦͩΑɻ

  38. FaaSも⼊れていけそう

  39. クラスタ管理だってできちゃうかも

  40. 外界との連携だって夢じゃない

  41. まだまだ楽しめそう! 楽しむって⼤事

  42. 理由その2

  43. やっぱり守備範囲は広げたい (もっと知りたい)

  44. こうならないようにしたい ؀ڥʁͦͷ͏ͪ୭͔ ͕࡞ͬͯ͘ΕΔɻ Τϥʔʁ؀ڥ͕ѱ͍ Μ͡Όͳ͍͔ͳʁ ӡ༻ ʁ ؂ࢹ ʁ ͦ͏͍͏νʔϜ͕͍Δͷ͸

    ஌ͬͯΔɻ ϩάʁग़ͯ͠Δ͚Ͳ ୭͕ݟͯΔΜͩΖɻ
  45. 漏れなく全部関われる! • アプリケーション • インフラ • 運⽤ • 監視 •

    etc.
  46. 楽しみながら成⻑もできる ⊗ モチベーション⤴ これも⼤事

  47. ちょっとずつ成⻑していきたい! https://blog.crisp.se/2016/01/25/henrikkniberg/making-sense-of-mvp ͍͔ͭं΋ ৐Γ͜ͳͧ͢ʂ

  48. ところで…

  49. 癒やしポイントはどこだったのか…

  50. 癒やしポイント ;;; ύύ͍͢͝ʂ なんだかパパがすごいと家族にほめられたとき これまた⼤事

  51. Remo持ってる⼈はぜひ! https://github.com/kenfdev/remo-exporter

  52. ご清聴ありがとうございました! @kenfdev