実践!WP-CLIを使って WordPress の管理運用してみよう! -後半- ハンズオン

実践!WP-CLIを使って WordPress の管理運用してみよう! -後半- ハンズオン

WordBench 大阪 6月(2018-06-23)のハンズオン資料です。

--
メンターから事前指摘を受けた内容の紹介
--
※は、ハンズオン終了後に修正した内容です。
6以下は、ハンズオン中、その後の指摘に対する内容です。

1. WindowsのMAMPには、デフォルトで php.ini がないよ

MPMPインストール後のデフォルトでは単体のphp.iniがないので php.ini-productionをコピーしてphp.iniにリネームして修正したりしています

※スライド 13 を大幅変更しました。
C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.2.1¥php.ini ではなく、 C:¥MAMP¥conf¥php7.2.1¥php.ini の方を変更すればよいということ。
C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.2.1¥php.ini があればそれは削除(リネーム)

2. WindowsのMAMPのphp.ini 設定の extension_dir のコメントを外すところが分かりづらい

extension_dir の設定が修正が必要でした
extension_dir が2つ近くにあるところの ; 削除でOKです

※スライド 13 を大幅変更しました。
C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.2.1¥php.ini ではなく、 C:¥MAMP¥conf¥php7.2.1¥php.ini の方を変更すればよいということ。
C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.2.1¥php.ini があればそれは削除(リネーム)

3. PHPの環境によって php.ini の場所が違うよ!

homebrewでPHPを入れていると、php.iniの場所が違いました。色々な環境でやると混乱するので、「php -i | grep php.ini」でphp.iniの場所を確認したほうがいいかもです。

4. Mac では .local (localドメイン)は使わないほうがいいよ!(読み込み遅くなるから)

.local のドメインは使わないほうが良いかもです!
しっかり調べてはないですが、こういうのを聞いたことがあるので!

https://memo.sugyan.com/entry/20120724/1343115205

※ここのコメントおよび、ハンズオンで注意喚起しました。

5. MacのPHPバージョンが古くて WP-CLIが動かないケースあるよ!

前に自分のMACにwp cli をインストールするとき、MacのPHPのバージョンが古くて、PHPのバージョンアップした覚えがあったりしますー!

→確かに!これはすっかりわすれてました。

※ハンズオンで php -v をしてもらって確認してもらいました。
スライド5を追加

--
以下、ハンズオン中やその後に指摘されたことです。
--

6. wp に vccw パッケージをインストールしようとするとメモリエラーでるよ!

お使いのphpに割り当てられたメモリを増やす必要があります。デフォルトは128MBのことが多いです。256MBぐらい必要です。
php.ini のmemory_limit を256MBに変更する方法もありますが、
https://qiita.com/miya0001/items/9797832db58b60786803
にあるように

php -d memory_limit=-1 /usr/local/bin/wp

をwp コマンドの代わりにつかうと、メモリ制限なしでwp コマンド(/usr/local/bin/wp にインストールした場合)が使えます!

※スライド18に追加
alias wp="php -d memory_limit=-1 /usr/local/bin/wp"
をしておくのが一番確実

7. wp-installer.sh を実行したら wp config でエラーが出るんだけど?

MAMPの場合、mysqlのPATHの設定が必要でした。

※スライド6で修正しました。
また wp-installer.sh も修正し、かりにPATHを設定していなくても動作するよう書き換えました。

8. WP-CLIのエイリアスのスライド一部がおかしい

.wp-cli が正しいです。 wp-cli フォルダを作成してくださいというのは、すべて、.wp-cli にしてください。

※修正

9. エイリアスファイル config.yml の設定の一部がおかしい

@test: が正しいです。一部 @test のようにコロンがたりないものがありました。
また path や ssh は先頭に1つ以上の半角空白をいれてください。

10. 複数のVCCW を WP-CLI でインストールするときにIP指定しないとエラー出る
wp scaffold vccw demo.test--ip=192.168.33.20 --lang=ja
wp scaffold vccw test.test --ip=192.168.33.21 --lang=ja

などIP変えたほうがいいよと指摘を受けた。

※スライド修正。vagrant はそれぞれごとに Vistual Boxに別々の仮想環境を作成します。のでそれぞれでIPアドレスを別に設定する必要がありますね。
デフォルトで、192.168.33.0/24 のネットワークを使うようなので 192.168.33.10 が初期値ということを考えると、192.168.33.10 - 254 までのどこかを割り当てる感じがいいかなと思います。

11. WP-CLIエイリアスのフォルダについて空白があってもエスケープしちゃだめよ

path: /Users/◯◯/Local Sites/demo/app/public

のように Local Sitesを Local\ Sites とバックスペースをいれたら駄目だということ

12. Composerインストール時にエラーが出てインストールできない
php.ini にある extension_dir という項目(737行目と739行目)の先頭の;をとる。
739行目だけでも大丈夫かもしれません。

※スライド 13 を大幅変更しました。
C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.2.1¥php.ini ではなく、 C:¥MAMP¥conf¥php7.2.1¥php.ini の方を変更すればよいということ。
C:¥MAMP¥bin¥php¥php7.2.1¥php.ini があればそれは削除(リネーム)

13. スライド34ページ目 左上オレンジ枠
wp-installer.sh ではなく wp-installer.bat ではないでしょうか?

※修正

14. wp-installer.bat ファイル12行目 set site_url="http://localhost/demo"
スライド環境でのデフォルトhttp://localhost:8888/demoのようにポート番号指定(変更)の記述があるとありがたいです

※スライド7 に追加しました。
合わせて、スライド36, 39を修正しました。

15. WindowsのMAMPのApacheのポート番号がデフォルトだと80だと思います
80だとバッティングしたりスライドの環境だと8888になっているので8888に変更推奨の記述があればもっといいのではないかと思います。

※スライド7 に追加しました。
合わせて、スライド36, 39を修正しました。

E1a12d4fdfec181ae55e245d842f96f6?s=128

Kimiya Kitani

June 23, 2018
Tweet