Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

AWS Jamに参加すると良いことがある話 / Recommendation to participate in AWS Jam

AWS Jamに参加すると良いことがある話 / Recommendation to participate in AWS Jam

「JAWS-UG横浜 #48 AWS re:Invent 2022 宇宙一早いヒーローだらけRecap」のLT資料です。

Masanori Yamaguchi

December 05, 2022
Tweet

More Decks by Masanori Yamaguchi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. AWS Jamに参加すると良いことがある話
    JAWS-UG 千葉支部
    山口 正徳
    JAWS-UG横浜 #48 AWS re:Invent 2022 宇宙一早いヒーローだらけRecap

    View full-size slide

  2. 山口 正徳(Masanori YAMAGUCHI)
    フォージビジョン株式会社
    JAWS-UG千葉支部所属, JAWS DAYS 2021 実行委員長
    AWS Community HERO, AWS Samurai , AWS Ambassador
    APAC Community Award 2022
    kinunori

    View full-size slide

  3. AWS Jam とは
    不完全または問題を抱えるAWS環境が課題として提供され、
    課題には点数が付与され、難易度が高いものほどクリア時の点数
    が高い(ヒントが用意されているが使うと減点になる)
    2時間30分などの時間制限がある
    4人1チームで参加し、終了時の総スコアを競う
    Security、Modernization&DevOpsなどのサブジェクトがある
      問題を見つけ解決してクリアな状態にしていく
    公式サイト:https://jam.awsevents.com/

    View full-size slide

  4. AWS DevOps & Modernization Jam

    View full-size slide

  5. チーム編成
    フォージビジョン (同僚)
    尾谷
    US在住 アーキテクト
    Felix
    US在住 SWE
    Angelos
    わたし

    View full-size slide

  6. 結果
    8位入賞

    Launch Darkly 賞
    (特定問題を早く解いた?)

    View full-size slide

  7. AWS Jam に参加すると良いこととは?
    机上の知識だけではなく、実際の環境で手を動かすことによる自分
    の実力を確認できる
    課題解決を行うことによって得た知識は、上手くことを前提とした
    ハンズオンに比べて200000倍の定着力がある
    課題解決にはベストプラクティスが求められるため、ベストプラク
    ティスを活きた知識として吸収できる
    現実の現場には気軽にチャレンジできる課題なんて はぐれメタル 
    よりも出会える確率は低いので、AWS Jamはレベルアップする 
    絶好の機会

    View full-size slide

  8. 来年参加してみようと思った方へ
    日本人で4人そろえるのではなく、現地で仲間を探す
    そこでしか出来ない出会い、英語チャレンジも面白さ
    後でオンラインチャレンジもできるので身内とはそこで。
    ヒントは極限まで開かない
    早々に開いてしまうと点数が下がって入賞できない
    ヒントを見ながら課題解決はハンズオンと変わらない
    悩んでトライすることで理解が深まる
    簡単な問題は個人で、難しい問題はチームで協力する
    1位がとれなかった悔しさは、めちゃくちゃ良い刺激になる

    View full-size slide

  9. re:Invent で参加した方が、賞品が豪華!
    最後に大事なこと

    View full-size slide

  10. ご静聴ありがとうございました

    View full-size slide