Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Azure DevOps Online Vol.6 - 業務で必要なCIをみんなで考えよう

Azure DevOps Online Vol.6 - 業務で必要なCIをみんなで考えよう

2022/7/26に開催したイベント「Azure DevOps Online Vol.6 - 業務で必要なCIをみんなで考えよう」で使用した資料です。

https://tfsug.connpass.com/event/253733/

10be5c6d7c18735c1169520e55e15214?s=128

KAMEGAWA Kazushi

July 31, 2022
Tweet

More Decks by KAMEGAWA Kazushi

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Azure DevOps オンライン Vol.6 業務で必要なCIについてみんなで考えよう かめがわ かずし(kkamegawa) and 中村 充志(@nuits_jp)

  2. https://dev.azure.com/nuits/WpfDevOpsStudy 本日のレポジトリ

  3. Who am I? personal: name: KAMEGAWA Kazushi(Last-First) alias: kkamegawa community:

    MVP: Microsoft MVP for Developer Technologies(2009-) Users Group: Team Foundation Server Users Group URL: https://dev.azure.com/tfsug/tfsuginfo Blog: URL: https://kkamegawa.hatenablog.jp devblog radio: https://devblog.connpass.com/
  4. Who am I?

  5. CIのためのレポジトリ構成 クラサバ用 Web App用

  6. 使用するレポジトリタイプ TFVC / Subversion のような中央型 GitやMercurialの分散型

  7. Gitを使う場合のワークフロー Git Flow GitHub Flow GitLab Flow

  8. Gitの場合のレポジトリ構成 シングルレポジトリ マルチレポジトリ

  9. 業務効率化におけるCI CIで効率化されてると思いますか? たまにだけならいらないのでは? ローカルでビルドして持っていけばいいのでは? どんなCIサービスが好き? 使用するクラウドサービスに依存しますか?

  10. CI/CDやってますか? CIやってますか? CDやってますか? やってる場合、それはいつから? プロジェクトの開始時点 プロジェクトの特定フェーズから 完全に後付け

  11. 何に対してCI/CDやってますか? ビルドとデプロイ(CD)? Web / VM / PaaS / Database Database更新に失敗した時のロールバックは?

    スキーマだけで回数少なければ手動でやったほうがい いのかも?
  12. 人員変更の対応 手順書ビルド・デプロイだと人員交換時厳しい CIならば人に依存しない? 人事異動時のアクセス権棚卸やっていますか?

  13. CIの効率化 ビルド・テスト効率化について Pull Requestとビルドテスト

  14. CIとテスト テストは時間との闘い。どこまでやる? Unit Test E2E システムテスト Chaos Test インパクト分析 UIは自動テスト化している?

    している場合、人力テストと自動テストの使い分けは?
  15. 壁にぶち当たったとき 効率化のためにどこまで時間を使うか? CIに投げ銭していますか? 投げ銭の判断材料は? 現状の分析と改善について

  16. 巨大なコードベースに対応する 依存分析やってますか? どこかからかソースコードのコピペ 脆弱性のあるライブラリのチェック 混在許されないライセンス 静的コード解析やってますか?