Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Twitterユーザに対するゼロショットタグ付け /DEIM2021

Twitterユーザに対するゼロショットタグ付け /DEIM2021

Published on Mar 3, 2021

DEIM 2021 第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第19回日本データベース学会年次大会)[I25] SNS④ No.5
DEIM注目研究賞,DEIM学生プレゼンテーション賞

Kohei Shinden

March 03, 2021
Tweet

More Decks by Kohei Shinden

Other Decks in Research

Transcript

  1. Twitterユーザに対するゼロショットタグ付け
    筑波⼤学
    新⽥洸平,加藤誠
    2021年03⽉02⽇
    DEIM 2021 [I25] SNS④

    View full-size slide

  2. ユーザの性質が分かることで有益な判断が容易になる
    より具体的でより多くの性質を明らかにすることが重要
    背景 2
    • SNSにおいてユーザの特徴を明らかにすることは重要
    深層学習に
    関する情報を
    よく発信する
    ユーザの性質からそのユーザが
    発信する情報の傾向がわかる
    情報源として有効か否かの
    判断が容易
    イベントに参加するユーザの
    性質からイベント⾃体の性質がわかる
    興味と合致するか否かの
    判断が容易
    GPT-3…
    BERT… Go⾔語勉強会
    初⼼者 60%
    中級者 35%
    上級者 5%

    View full-size slide

  3. • ユーザの属性に基づく分類
    ‒ クラスがあらかじめ決められて
    いるような問題設定[1,2]
    関連研究 3
    SNSユーザ
    ⺠主党 共和党
    30歳未満
    30歳以上
    政党
    年齢
    あらかじめ与えるクラスラベル
    学習
    テスト
    データ
    予測 機械学習
    モデル
    学習
    データ
    SNSユーザ
    予測結果
    ⺠主党 30歳未満
    ユーザにクラスラベルを付与
    • ユーザに対するタグ付け
    ‒ クラスが明⽰的に決められて
    いないような問題設定[3,4,5]
    「Go⾔語の初⼼者」
    Go⾔語 初⼼者
    作成
    SNSユーザ
    共通点を持つ
    ユーザ集合
    リスト※1
    タグ付け
    システム
    リスト名
    タグ付け
    ※1:リストとはTwitterの機能.ユーザをまとめることで情報
    を閲覧しやすくする機能.Facebookであればグループ.
    [3] Sharma et al., Inferring who-is-who in the Twitter social network. SIGCOMM 2012.
    [4] Yamaguchi et al., Tag-based User Topic Discovery Using Twitter Lists. ASONAM 2011.
    [5] Kim et al., Analysis of Twitter Lists as a Potential Source for Discovering Latent
    Characteristics of Users. CHI 2010.
    [1] Rao et al., Classifying Latent User Attributes in Twitter. CIKM 2010.
    [2] Marco et al., A Machine Learning Approach to Twitter User Classification. ICWSM 2011.
    ユーザの特徴として
    ツイートなどを利⽤

    View full-size slide

  4. 既存⼿法の限界 4
    多くのクラスに分類したい場合,
    あらかじめ⼤量のクラスを
    決めることは困難
    データセットに含まれていない
    ユーザが多く存在する
    タグの表現はデータセットに
    含まれている表現に限定される
    クラスを明⽰的に決めない
    「ユーザに対するタグ付け」
    データセットに含まれない
    ユーザにもタグ付けしたい
    データセットに含まれないような
    表現もタグ付けしたい
    属性に基づくユーザ分類の課題
    ユーザに対するタグ付けの課題1
    ユーザに対するタグ付けの課題2
    課題への対応
    課題への対応
    課題への対応

    View full-size slide

  5. SNSユーザに対してタグ付けを⾏う
    研究⽬的 5
    ユーザが含まれるリスト名と
    同じタグでユーザをタグ付け
    リストに含まれていない
    ユーザに対してタグ付け
    学習データに存在しない
    具体的な表現をタグ付け
    具体的な⽬的
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    Rust⾔語の
    初⼼者
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    ユーザ集合 U リスト集合 L タグ集合 T
    u1
    u2
    u3
    t1
    t2
    t4
    l1
    l2
    ロック l3 ロック t3
    これらの⽬的を満たす
    ⼿法を提案する

    View full-size slide

  6. 具体的な研究⽬的 1/3 6
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    ロック
    ユーザ集合 U リスト集合 L タグ集合 T
    u1
    u2
    u3
    t1
    t2
    l1
    l2
    l3
    ユーザが含まれるリスト名と
    同じタグでユーザをタグ付け
    リストに含まれていない
    ユーザに対してタグ付け
    学習データに存在しない
    具体的な表現をタグ付け
    具体的な⽬的
    含まれる 同じ
    タグ付け
    ロック t3
    1. タグの名前と同じ名前を持つリストに含まれるユーザにタグ付け
    SNSユーザに対してタグ付けを⾏う
    リストに含まれていないユーザにタグ付けできない

    View full-size slide

  7. 具体的な研究⽬的 2/3 7
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    ユーザ集合 U リスト集合 L タグ集合 T
    u1
    u2
    u3
    t1
    t2
    l1
    l2
    ユーザが含まれるリスト名と
    同じタグでユーザをタグ付け
    リストに含まれていない
    ユーザに対してタグ付け
    学習データに存在しない
    具体的な表現をタグ付け
    具体的な⽬的
    ロック
    タグと同じ名前を
    持つリストに含まれない
    l3 ロック t3
    1. ユーザとタグの適合性を判定
    2. 適合しているならユーザに対してタグ付け
    SNSユーザに対してタグ付けを⾏う
    タグ付け

    View full-size slide

  8. 具体的な研究⽬的 3/3 8
    ユーザが含まれるリスト名と
    同じタグでユーザをタグ付け
    リストに含まれていない
    ユーザに対してタグ付け
    学習データに存在しない
    具体的な表現をタグ付け
    具体的な⽬的
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    Rust⾔語の
    初⼼者
    リスザル
    が好き
    Go⾔語の
    初⼼者
    ユーザ集合 U リスト集合 L タグ集合 T
    u1
    u2
    u3
    t1
    t2
    t4
    l1
    l2
    ロック l3 ロック t3 ⽣成
    1. 既存のタグから品詞に注⽬して新たなタグを⽣成
    2. ユーザとタグの適合性を判定
    3. 適合しているならユーザに対してタグ付け
    タグ付け
    SNSユーザに対してタグ付けを⾏う

    View full-size slide

  9. 研究の⽬的 9
    ユーザ
    リスザル
    が好き
    リスザル
    が好き
    含まれる
    同じ タグ付け
    タグ
    リスト
    Go⾔語の
    初⼼者
    タグと同じ名前を
    持つリストに含まれない
    タグ付け Rust⾔語の
    初⼼者
    タグ付け
    Go⾔語の
    初⼼者
    ⽣成
    ユーザが含まれるリスト名と
    同じタグでユーザをタグ付け
    リストに含まれていない
    ユーザに対してタグ付け
    学習データに存在しない
    具体的な表現をタグ付け
    タグ タグ
    ユーザ ユーザ
    タグ
    ゼロショット学習⼿法[6]を⽤いることで
    学習データがない場合でもタグを付与できる⽅法を実現
    [6] Socher et al., Zero-Shot Learning Through Cross-Modal Transfer. NIPS 2013.
    SNSユーザに対してタグ付けを⾏う

    View full-size slide

  10. • ゼロショット学習⼿法を⽤いたユーザとタグの適合性判定
    ‒ タグに対応するユーザがいない場合でもタグとユーザの適合度から
    ユーザに対してタグ付けを⾏う
    提案⼿法の概要 10
    既知タグ:学習データとなるユーザが存在するタグ
    未知タグ:学習データとなるユーザが存在しないタグ
    Rust⾔語の
    初⼼者
    未知タグ
    対応するユーザが
    存在しない
    Go⾔語の
    初⼼者
    既知タグ
    対応する
    ユーザが
    存在する
    未知タグは
    既知タグから⽣成
    予測対象の
    ユーザ
    モデル
    対応関係を
    学習
    学習モデルで
    適合性を判定
    特徴表現空間
    学習データとなる
    ユーザ
    変換
    変換
    変換
    変換
    学習:既知タグの特徴表現と対応するユーザの特徴表現の対応関係を学習
    予測:未知タグの特徴表現と予測対象のユーザの特徴表現から適合性を判定

    View full-size slide

  11. 提案⼿法と既存⼿法の違い 11
    ツイート
    ツイート
    ドッグフー
    ドって…
    • タグとユーザの特徴表現空間上の対応関係を学習
    ‒ 既存⼿法ではタグごとにユーザのパターンを学習
    ⽝好き
    タグ
    ユーザ
    ツイート
    ツイート
    ⾖柴かわい
    いよね…
    ツイート

    ツイート
    ツイート
    散歩に⾏っ
    てきました
    ⽝好き
    ツイート
    ツイート
    散歩に⾏っ
    てきました
    タグ ユーザ
    ツイート
    特徴表現空間
    タグごとに
    ユーザパターンを学習
    既存⼿法
    タグとユーザの
    対応関係を学習
    提案⼿法
    タグごとに⼗分な量のユーザが必要になる タグごとに⼗分な量のユーザを必要としない

    View full-size slide

  12. 提案⼿法における学習の概要 12
    ツイートとタグの表現の違い 学習時の損失関数の違い
    ⽝好き
    タグ
    ユーザ
    ツイート
    ツイート
    ツイート
    ツイート
    ⽂埋め込み
    BERT
    単語埋め込み
    fastText
    特徴表現
    Binary cross
    entropy loss
    Margin ranking
    loss
    損失関数
    • タグとユーザツイートの特徴表現ベクトルを作成,
    ベクトルを全結合層に⼊⼒して対応関係を学習
    ‒ 特徴表現: 単語埋め込み(fastText[7,8]), ⽂埋め込み(BERT[9])
    ‒ 損失関数: Binary cross entropy loss, Margin ranking loss
    [7] Bojanowski et al., Enriching word vectors with subword information. TACL 2017.
    [8] Joulin et al., Bag of tricks for efficient text classification. EACL 2017.
    [9] Devlin et al., BERT: Pre-training of deep bidirectional transformers for language understanding. NAACL 2019.
    全結合層

    View full-size slide

  13. 特徴表現として単語埋め込みを利⽤した学習 13
    単語埋め込み
    ベクトル
    平均ベクトル
    結合ベクトル
    ⼊⼒ 𝓍
    tag
    既知タグ

    ユーザ
    tweetn
    tweet1
    ツイート
    ツイートごとに平均して
    ツイート全てを平均する
    出⼒ 𝑦 ⽬標値(適合度) 𝗍
    300次元
    600次元
    全結合層

    単語
    単語
    t
    単語
    単語
    t
    単語
    単語
    t














    300次元
    単語分割
    MeCab
    学習⽅法
    • タグ:タグの単語埋め込みの平均
    • ユーザ:ツイート毎に単語埋め込み
    平均して,全てのツイートベクトル
    を平均
    • タグベクトルとユーザツイートベク
    トルを結合
    • 結合ベクトルを全結合層へ⼊⼒して
    適合度を出⼒
    • ⽬標値との誤差から学習
    fastTextによる変換
    タグとツイートの特徴表現
    • fastText: subword を考慮することで
    未知語の埋め込みを⾼い精度で獲得
    できる⼿法
    • 対象としているデータには未知語が
    多く含まれるため活⽤語や未知語に
    対応している fastText を⽤いる
    損失関数
    • Binary cross entropy loss
    • Margin ranking loss
    誤差

    View full-size slide

  14. 特徴表現として⽂埋め込みを利⽤した学習 14
    単語分割
    ⼊⼒シーケンス
    [CLS]のベクトル
    ⼊⼒ 𝓍
    既知タグ ユーザ ツイート
    全結合層


    [CLS], 𝑡-
    ./0, …, 𝑡1
    ./0, [SEP], 𝑡-
    .233., …, 𝑡4
    .233., [SEP]
    BERTによる変換
    出⼒ 𝑦
    学習⽅法
    • タグとユーザツイートの単語をBERT
    の⼊⼒形式に合わせてBERTへ⼊⼒
    • [CLS] のベクトルを全結合層へ
    ⼊⼒して適合度を出⼒
    • タグとユーザのツイート毎に適合度
    を出⼒
    • ツイート毎の適合度の中で
    最も⾼い適合度をタグとユーザの
    適合度とする
    損失関数
    • Binary cross entropy loss
    • Margin ranking loss
    tag tweetn
    tweet1
    単語
    単語
    t
    単語
    単語
    t
    タグとツイートの特徴表現
    • BERT: 広範囲の⾃然⾔語タスクで優
    れた性能を発揮する双⽅向学習によ
    る汎⽤⾔語モデル
    • ⽂脈を考慮した埋め込みを獲得でき
    るため BERT を⽤いる
    ⼊⼒トークン毎に
    ベクトルが出⼒
    [CLS]: 先頭を表すトークン
    [SEP]: ⽂の区切りを表すトークン

    View full-size slide

  15. [CLS], 𝑡-
    ./0, …, 𝑡1
    ./0, [SEP], 𝑡-
    .233., …, 𝑡4
    .233., [SEP]
    tag tweetn
    tweet1
    単語
    単語
    t
    単語
    単語
    t
    特徴表現として⽂埋め込みを利⽤した学習 15
    単語分割
    ⼊⼒シーケンス
    [CLS]のベクトル
    ⼊⼒ 𝓍
    既知タグ ユーザ ツイート
    全結合層


    BERTによる変換
    出⼒ 𝑦1
    , …, 𝑦n
    max
    • タグと各ツイートの
    スコアを出⼒
    • 最も⾼いスコアが
    タグとユーザの適合度
    損失関数
    • Binary cross entropy loss
    • Margin ranking loss
    出⼒ 𝑦 ⽬標値(適合度) 𝗍
    学習⽅法
    • タグとユーザツイートの単語をBERT
    の⼊⼒形式に合わせてBERTへ⼊⼒
    • [CLS] のベクトルを全結合層へ
    ⼊⼒して適合度を出⼒
    • タグとユーザのツイート毎に適合度
    を出⼒
    • ツイート毎の適合度の中で
    最も⾼い適合度をタグとユーザの
    適合度とする
    タグとツイートの特徴表現
    • BERT: 広範囲の⾃然⾔語タスクで優
    れた性能を発揮する双⽅向学習によ
    る汎⽤⾔語モデル
    • ⽂脈を考慮した埋め込みを獲得でき
    るため BERT を⽤いる
    誤差

    View full-size slide

  16. • 単語の厳密な⼀致による⼿法と⽂の表現を抽象化した⼿法によって
    適合性判定を互いに補完できるという考え
    ‒ BM25[10]は単語の厳密な⼀致による⼿法.ユーザをクエリ,タグを⽂書.
    提案⼿法とBM25による組み合わせ⼿法 16
    𝑓(𝑈, 𝑡) = 𝑤 ) 𝑓BM25
    (𝑈, 𝑡) + (1 − 𝑤) ) 𝑓ZSL
    (𝑈, 𝑡)
    U: ユーザツイート, t: タグ, 𝑤: ハイパーパラメータ
    [10] Robertson et al,. Okapi at trec-3. TREC 1995.
    BM25のスコアと提案⼿法によるスコアの線型結合
    ※ ZSL: Zero shot learning
    パラメータはバリデーションデータでグリッドサーチ

    View full-size slide

  17. 予測:適合度に基づくユーザに対するタグ付け 17
    • ユーザとタグの適合度に基づいてタグを順位付けし,
    最も適合するタグをユーザに対してタグ付けする
    ‒ ⼊⼒:ユーザとタグ集合
    ‒ 出⼒:ユーザと各タグとの適合度
    学習モデル
    ⽝好き
    ユーザ
    タグ集合
    ⼊⼒
    ⽝好き
    猫好き
    リスザル
    が好き

    0.63
    0.01
    0.89
    リスザル
    が好き
    ⽝好き
    猫好き

    0.89
    0.63
    0.01
    出⼒ 順位付け

    タグ付け

    View full-size slide

  18. 実験に⽤いるデータセットの構築 18
    Twitterからのデータ収集
    1. ユーザ名の収集
    • 仮定:フォロワーの多いユーザ
    はリストに多く含まれている
    • ロケーション:⽇本
    2. ユーザが含まれるリストの収集
    • 公開リストのみ
    3. リストの選定
    • ⽇本語のみで構成
    • 固有名詞を1つ以上含む
    • 内容語を 2 つ以上含む
    • センシティブな単語を含まない
    • リスト名は重複しない
    4. ユーザのツイート収集
    • リストに含まれるユーザ
    • 1,000件/ユーザ
    5. ユーザの選定
    • 1,000件以上のツイートを持つ
    ユーザのみ ※1: meyou, https://meyou.jp/ranking/follower_allcat
    ※2: Twitter, https://twitter.com

    フォロワー
    ランキングサイト※1
    ユーザ
    Twitter ※2
    2
    3
    user_name
    ツイート
    4
    選定した
    ユーザ
    5
    リスト
    選定した
    リスト
    1,000件/ユーザ
    80,271
    1,829,518
    8,501
    19,805

    View full-size slide

  19. ゼロショット学習によるユーザに対
    するタグの適合性判定は効果的か?
    実験設定・評価⽅法 19
    • データセット
    ‒ Twitter から収集したデータから
    1,000 セットの学習データを構築
    • 実験⽅法
    ‒ 各ユーザ u にたいして,正解タグ 1 件と
    不正解タグ 99 件を⽤意
    ‒ 100件のタグを適合性によって順位付け
    • 評価指標
    ‒ Hit@k (上位 k 件に正解タグが⼊るか)
    ‒ nDCG@k(正解タグ: 1,不正解タグ: 0)
    • ⽐較⼿法
    ‒ BM25:タグとユーザの推定適合度
    ‒ 提案⼿法とBM25の組み合わせた⼿法
    t1
    t2
    t100

    ユーザ タグ
    u1 正解タグ1
    不正解タグ1
    不正解タグ99
    学習データの形式
    ユーザごとに100件のタグを
    ⽤意して学習と評価に利⽤
    実験で明らかにすること
    1セット

    View full-size slide

  20. • Hit@10 において BM25,nDCG@10 において BM25 と提案⼿法(BERT,
    Margin ranking loss)を⽤いた⽅法が最も⾼い精度を⽰した
    ‒ 単語のマッチングによる⼿法とタグとユーザの特徴表現空間上の対応関係を学習する⼿法を
    組み合わせることで微量ではあるが適合性判定精度を向上することが⽰唆された
    実験結果と考察 20
    0.074
    0.04739
    0
    0.02
    0.04
    0.06
    0.08
    0.1
    Hit@10 nDCG@10
    各⼿法の上位 10 件の精度
    BM25
    ZSL(fastText, BCELoss)
    ZSL(fastText, MRLoss)
    ZSL(BERT, BCELoss)
    ZSL(BERT, MRLoss)
    BM25+ZSL(fastText, BCELoss)
    BM25+ZSL(fastText, MRLoss)
    BM25+ZSL(BERT, BCELoss)
    BM25+ZSL(BERT, MRLoss)
    ※ ZSL: Zero shot learning
    考察:fasteText ではユーザのツイートの平均を⽤いたが,BERT ではタグとツイートの最も⾼い適合
    度を⽤いたことでユーザとタグの関係性におけるノイズを考慮できた可能性がある.
    作成したデータセットにおける偏りを考慮できていない学習⽅法を改善する必要がある.

    View full-size slide

  21. 予測結果の成功・失敗例と考察 21
    提案⼿法の成功例
    タグ ユーザ 特徴
    ⾳楽 バンドメンバー guita_rei ミュージシャン
    作家、⽂化⼈ nog_ak
    ドラマ・映画の
    脚本家
    テレビラジオ番組 LIVEYEAH_sstv
    テレビ番組公式
    アカウント
    アニソン 声優 koiwai_kotori 声優
    提案⼿法の失敗例
    タグ ユーザ 特徴
    歌い⼿ 踊り⼿ namidai0402 声優
    歌い⼿ 踊り⼿ morishitamao アイドル
    歌い⼿ 踊り⼿ confidencemanJP
    映画公式
    アカウント
    歌い⼿ 踊り⼿ bokuun2017
    映画公式
    アカウント
    • データセットの偏りが対応関係の学習に影響している可能性が⾼い
    ‒ リストに含まれていてフォロワーが多いかつ 1,000 件以上の投稿をしている
    ユーザを収集したことでデータセットに芸能関係のデータが多いという偏り
    がある可能性が⾼い
    ‒ 失敗した結果の中には,意味的には近いような結果も複数存在した
    ‒ 適合度を0,1から多値に変えることが必要である可能性もある

    View full-size slide

  22. まとめ 22
    SNSにおいてユーザの性質を
    明らかにすることは重要
    • ユーザの性質がわかることで
    様々な判断が容易になる
    3つの課題
    • 多くのクラスに分類したい場合,
    あらかじめ⼤量のクラスを決め
    ることは困難
    • データセットに含まれていない
    ユーザが多く存在する
    • タグの表現はデータセットに含
    まれている表現に限定される
    1. 背景
    SNSユーザにタグ付け
    • ユーザが含まれているリスト名
    をタグ付け
    • リストに含まれていないユーザ
    に対してタグ付け
    • 学習データに存在しない具体的
    な表現をタグ付け
    2. 既存⼿法の課題
    3. 研究⽬的
    タグとユーザの対応関係
    • タグとユーザツイートの対応関
    係を学習
    • タグとユーザの適合度を予測
    • タグを適合度で順位付けて最も
    適合度の⾼いタグをユーザに付

    4. 提案⼿法
    Hit@10 において BM25,nDCG@10
    において BM25と提案⼿法を⽤いた⽅
    法が最も⾼い精度を⽰した
    5. 実験結果
    • fasteText ではユーザのツイートの
    平均を⽤いたが,BERT ではタグと
    ツイートの最も⾼い適合度を⽤い
    たことでユーザとタグの関係性に
    おけるノイズを考慮できた可能性
    がある.
    • 作成したデータセットにおける偏
    りを考慮できていない学習⽅法を
    改善する必要がある
    6. 考察
    0
    0.02
    0.04
    0.06
    0.08
    0.1
    Hit@10 nDCG@10

    View full-size slide

  23. 補⾜資料
    23

    View full-size slide

  24. 実際に構築したデータセット 24
    id rel tag user
    0 1 エンタメ界隈 teokun711
    1 0 新潟のフォロワーさん teokun711
    2 0 イラストレーター・アニメーター teokun711
    ⁝ ⁝ ⁝ ⁝
    99 0 京都府のホテル・旅館 teokun711
    100 1 好きな⼈達 daaiicchhi
    101 0 機動戦⼠ガンダムシリーズ daaiicchhi
    102 0 ジャニーズ情報 daaiicchhi
    ⁝ ⁝ ⁝ ⁝
    構築したデータセットの⼀部
    • id: ⾏番号
    • rel: ユーザとタグの適合性
    • tag: タグ
    • user: ユーザ名
    別ファイルにユーザごとにツイート
    1,000 件を保存
    各列の説明
    • Train: 600 set(00000 ~ 59999)
    • Validation: 200 set(60000 ~ 79999)
    • Test: 200 set(80000 ~ 99999)
    学習データ
    • 収集したデータから 1,000 件のユーザと正解タグのペアを抽出
    ‒ 1,000 件から Train, Validation, Test のデータを決定
    ‒ 不正解データは Train, Validation, Test それぞれのタグから作成

    View full-size slide

  25. 学習時の損失関数の違い 25
    Binary cross entropy Margin ranking
    タグ ユーザ 予測値 ラベル
    tag1
    0.89 1
    x y t
    タグ ユーザ 予測値 ラベル
    tag1
    0.89
    1
    x1
    y1
    t
    tag2
    0.63
    x2
    y2
    u1
    u1
    𝑳 = −𝒕 𝐥𝐨𝐠 𝒚 − 𝟏 − 𝒕 𝐥𝐨𝐠(𝟏 − 𝒚)
    𝑳 = 𝐦𝐚𝐱(𝟎, −𝒕 𝒚𝟏
    − 𝒚𝟐
    + 𝐦𝐚𝐫𝐠𝐢𝐧)

    View full-size slide

  26. 予測結果の成功例と失敗例 26
    BM25: 成功例 BM25: 失敗例
    タグ ユーザ 特徴
    静岡県関連情報 ieyasukun100
    静岡県浜松市の
    ゆるキャラ
    遊戯王声優 ishige_syoya
    アニメ遊戯王の
    声優
    ディズニー公式 disneystudiojp
    Disney 公式情報
    発信アカウント
    タグ ユーザ 特徴
    にじさんじ所属 key_999
    にじさんじファ
    ンかつ関係者
    ⼥⼦サッカー選⼿ afpbbcom
    AFP通信の⽇本
    語アカウント
    台湾好き Yomiuri_Online
    読売新聞の
    アカウント

    View full-size slide