$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

READYFOR:SREの取り組み事例のご紹介

KUMAN
June 29, 2021

 READYFOR:SREの取り組み事例のご紹介

関連記事

READYFORが目指す「乳化」 への取り組み
https://tech.readyfor.jp/entry/2020/12/01/162301

リファクタリング効果を促進する組織ビジョン「乳化」
https://tech.readyfor.jp/entry/2021/04/10/155550

READYFOR主催のフロントエンド勉強会【実践!フロントエンド分離戦略】を開催しました!
https://tech.readyfor.jp/entry/2021/02/16/115311

READYFOR
https://readyfor.jp/

KUMAN

June 29, 2021
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. SREの取り組み事例のご紹介


  2. 自己紹介
 熊谷 遼平 @KUMAN_R 
 エンジニアリングマネージャー 
 「Site Reliability Engineering: Measuring

    and Managing Reliability」修了 
  by Cousera : Google Cloud 

  3. READYFORのご紹介
 充実したサポートで業界最高水準の達成率を誇る、国内最大級のクラウドファンディングサービスです。 
 ※1 大手クラウドファンディング企業で2018/1/1〜2018/12/31の間に終了したプロジェクトの比較 ※2 2021年4月時点 ※3 2021年4月時点 No.1 1.6

    万件以上 200 億円
  4. 資本主義のしくみでは流れにくいお金を
 福祉や地域、医療研究など、既存の金融システムだけでは流れにくい領域に資金をつないでいます。 
 小劇場ネットワーク 支援額:7,070万円 / 支援者数:約3,270人 和歌山アドベンチャーワールド 支援額:7,070万円 /

    支援者数:約3,270人 認定NPO法人抱樸-ほうぼく 支援額:1.1億円 / 支援者数:1万人以上 医 療 ・ 研 究 大 学 ス ポ | ツ 文 化 芸 術 地 域 ・ 災 害 福 祉
  5. インフラ構成 / 利用サービス
 READYFORでは、AWSを中心としたインフラ構成になっています。 
 GuardDuty Inspector AWS WAF CloudFront

    ALB Auto Scaling EC2 Route53 ECS ALB S3 ElasticSearch ElasticCache Aurora SES S3 Athena Glue CloudWatch Amazon Connect ECR Code Deploy EKS ※利用サービスのイメージ図になります。実際の構成とは異なる部分はあります。 

  6. READYFOR エンジニア数の推移
 資金調達を機に2019年以降、ビジネスの指数関数的なスケールを目指すフェーズに。 
 エンジニア人員
 急拡大中!!
 ※ その月にプログラムコードを実際に書いた人数(Git のコミットログから算出)


  7. 取り組み紹介1:アーキテクチャ変遷
 当時は、サービスが不安定で、アクセスが集中すると頻繁に落ちるという状況。。。 
 2019年以降、サービス信頼性を高めるため、インフラ基盤を整備・強化中! Aurora 移行 サービスのマルチAZ対応 Redis 移行 AWS

    WAF導入 VPC/ネットワーク整備 Datadog 導入 Amazon Connect 導入 AWS Inspector 導入 Athena / Glue ログ基盤 AWS Guardduty 導入 ECS / EKS 導入 Redash 導入 CI / CD改善 Sentry 導入 Terraform 導入
  8. System of Engagement
 System of Control
 System of Record
 System

    of Insight
 取り組み紹介2:ドメイン駆動によるアーキテクチャの再設計
 モノリスが故にコミュニケーションコスト増大&単一障害点化。DDDによるアーキテクチャ再設計へ。 
 決済・会計 基盤 データ分析 基盤 審査・業務 オペレーション 実行者 プロダクト 支援者 プロダクト
  9. 取り組み紹介3:「乳化」という概念を全社的に共有
 SREとプロダクト・ビジネスを溶け込まして、信頼性エンジニアリングを加速させる。 
 Designed by Freepik ビジネスとエンジニアリングの垣根を超えて乳化していく組織を追求。 
 既存の価値観とテクノロジーが融合することによるイノベーションの創造を目指す 


    https://tech.readyfor.jp/entry/2020/12/01/162301
 参考:

  10. 
 想いをつなぎ、
 叶える未来を、
 つくる
 
 それがREADYFORのTech Visionです。 
 誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくるため、想 いの乗ったお金の流れを増やす。
このようなプラット

    フォームをつくっていくために、READYFORはビジネスと エンジニアリングの垣根を超えて 乳化していく組織を追求 します。
 「READYFOR」Tech Vision
    SRE 絶賛募集中!!     少しでもご興味あれば   ぜひお気軽にご連絡ください!