Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Rails+webpackの落ち穂拾い

 Rails+webpackの落ち穂拾い

Railsでwebpackによるビルド環境を整備した際の苦労話です。

70ac3e9e67226ea693e90c7eb8605cd7?s=128

Yuki Kodama

June 10, 2016
Tweet

More Decks by Yuki Kodama

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Rails+webpackの落ち穂拾い @kuy / Yuki Kodama 2016/06/10 at Modern Web App

    LT!
  2. 自己紹介 @kuy (カイ) / Yuki Kodama 株式会社ジャパンベンチャーリサーチ entrepedia(アントレペディア)の開発・運用 AWS, Ruby

    on Rails, JavaScript (React + Redux) • redux-sagaで非同期処理と戦う • Reduxでコンポーネントを再利用する • Reduxのmiddlewareを積極的に使っていく • ・・・など Qiita の記事 発表 • なぜReduxを使うのか
  3. Rails + webpack 構成への移行(2週間前) 一筋縄ではいかなかった ↑ 思ったよりしょぼいな・・・

  4. 妥協点 • assetsのファイル数が多すぎて移行できる気がしない • gemで提供されているjQuery、関連ライブラリどうしよう • モバイル版のこと忘れてた これ、終わらないよ?

  5. 何が目的だったのか思い出す • デプロイ時間の短縮 • レガシーコードの駆逐 • レガシーライブラリへの依存解消 • フロントエンド向けの自動テストの導入

  6. デプロイ時間の変化 Rails標準の構成:10分程度 browserify-rails導入:15分程度 Babel+React+Redux導入:45分程度

  7. 妥協点 • assetsのファイル数が多すぎて移行できる気がしない ◦ → 今後メンテナンスをする複雑な機能に絞って移行 ◦ → 243個のJSファイルのうち187個のみ ◦

    → CSSと画像ファイルはほぼ移行せず • gemで提供されているjQuery、関連ライブラリどうしよう ◦ → jQuery UIとか可能な限り削除した ◦ → 移行メリットの薄いものは放置現状維持 • モバイル版のこと忘れてた・・・ ◦ → pure.css + 最小限のJSを維持(超軽量)
  8. デプロイ時間の変化 Rails標準の構成:10分程度 browserify-rails導入:15分程度 Babel+React+Redux導入:40分程度 webpack-rails導入:10分程度(最速 2分以内) 快適なデプロイ時間を取り戻した! browserify-rails にお引き取りいただいた結果・・・

  9. やっとこ落ち穂拾い

  10. 落ち穂拾い #1:I18n Reactコンポーネントの国際化どうしよう I18n.t(...) みたいなやつ使いたい • Gemの i18n-js を試してみた ◦

    Middlewareレベルで特定JSファイルの読み込みを横取りしてヘルパーと localeデータを流し込む方式 ◦ i18n.jsは読み込まれるけど、translations.jsがダメ ◦ Rails Middlewareの処理順をカスタムしてる人にはつらい もっとシンプルなやり方でいいんじゃない?
  11. 落ち穂拾い #1:I18n chrome/webpack-rails-i18n-js-plugin を利用 • ヘルパー関数は Gem の i18n-js のものを利用

    • やってることが単純なので最悪自作すればいい • Gemを増やさずに済んだ webpackのビルドが走ったらlocaleファイルを読み込んで 共通bundleに追加してくれればいい(webpack側に寄せる)
  12. 落ち穂拾い #2:画像ファイルパス Reactコンポーネントでassetsの画像を表示したい image_tagを使いたい(ハッシュ付き) • とりあえずは必要な画像パスだけscriptタグにJSONで書き出し • localeファイルと同じ方法で解決できないか検討中 まだまだ俺たちの戦いは(ry

  13. Thank you!