Pub使ってますか?

868b67930a589f92ba3ccd970bad4a06?s=47 laco
June 06, 2015

 Pub使ってますか?

Dart Meetup Tokyo #1

868b67930a589f92ba3ccd970bad4a06?s=128

laco

June 06, 2015
Tweet

Transcript

  1. Pub、使ってますか? 2015-06-06 Dart Meetup Tokyo #1

  2. 自己紹介 • Suguru Inatomi a.k.a. @laco0416 • 株式会社トップゲート所属 • Dartは趣味

    • 仕事ではGolang、TypeScript使ってます • Dartで仕事がしたい
  3. Pub、使ってますか?

  4. What is Pub? • Dart開発に便利な機能を備えたコマンドラインツール • pubspec.yamlを使った依存パッケージ管理 • localhostに開発サーバーの立ち上げ •

    Dart webアプリのJSコンパイル • その他いろいろな機能 • Dartをインストールすれば一緒に入ってくる
  5. > pub version Pub 1.10.0

  6. Pub commands • pub build • pub cache • pub

    deps • pub downgrade • pub get • pub global • pub publish • pub run • pub serve • pub upgrade • pub uploader
  7. Pub build • webディレクトリ以下のDartファイルをJavaScriptにコンパイル • buildディレクトリ以下にHTMLやその他アセットと共に展開 • エントリポイントを持つDartファイルだけがJS化する

  8. None
  9. >pub build --mode • pub build --mode=<mode>でビルドモードを切り替えられる • ビルドモードはTransformer内で処理の分岐に使われる •

    dart2jsが使うのはreleaseとdebug • 何も指定しなければrelease
  10. release debug

  11. σΟϨΫτϦࢦఆͰϏϧυ • pub build <directories>でビルドするディレクトリを指定 • 何も指定しなければwebディレクトリが選択される • 逆にweb以外を明示的に指定するとwebはビルドされなくなる •

    --allフラグで組み込みのディレクトリをすべてビルド pub build benchmark example/foo bar pub build --all == pub build benchmark bin example test web
  12. Pub build & Dart2js • pub buildはdart2jsコマンドを叩く • コマンドライン引数はpubspec.yaml内で設定できる https://www.dartlang.org/tools/dart2js/#options

  13. Pub get • pubspec.yamlに記述された依存パッケージをダウンロードする • ダウンロードされたパッケージのリンクがpackagesフォルダに入る • 自分のlibディレクトリもpackagesフォルダにリンクされる

  14. >pub get

  15. dependencies • 基本的に pub.dartlang.org からダウンロードされる • URLを指定することで任意の場所からDLできる • Gitリポジトリの指定もできる •

    ローカルパスの指定もできる
  16. いろいろなdependencies

  17. version constraints • any : なんでも。共存可能な最新を選択 • "1.2.3" : 単一バージョン指定

    • ">=1.2.0", "<=1.2.0" : 1.2.0以上, 以下 • ">1.2.0", "<1.2.0" : 1.2.0超, 未満 • ">=1.2.0 <1.3.0" : 範囲指定も可能
  18. "^1.2.3" • caret syntax • Dart 1.8.3から追加された記法 • semantic versionに準拠して互換性のある範囲を自動指定

    • 使用するにはsdkバージョンの明示的指定が必要
  19. まだpubspec.yaml 手書きしてるの?

  20. den

  21. \デン!/

  22. https://pub.dartlang.org/packages/den

  23. den • pubspec.yamlを記述してくれるツール • > den install hoge • 依存パッケージ管理だけじゃなくversioningも賢くやってくれる

    • 作者はGoogle Developer Expertのseaneagan氏
  24. >den spec • >den specでpubspec.yamlを初期化して作成する • プロンプト形式で初期情報を設定する • git管理されていればgitから情報取得してくれる

  25. >den install • >den install hoge でhogeを依存パッケージに含める • hoge#version 形式でバージョン指定できる

    • デフォルトは "^最新" • gitからは >den install git://github.com/owner/repo.git -sgit • pathからは >den install path/to/foo -spath
  26. >den bump • 自身のバージョンを上げる • パッケージ配布するときに超便利 den bump patch :

    1.2.3 => 1.2.4 den bump minor : 1.2.3 => 1.3.0 den bump major : 1.2.3 => 2.0.0 den bump build : 1.2.3 => 1.2.3+1 den bump release --pre : 1.2.3 => 1.2.3-dev.1 den bump release : 1.2.3-dev.1 => 1.2.3 den bump breaking : 0.5.3 => 0.6.0 : 1.2.3 => 2.0.0 den bump 2.0.0-preview
  27. Pub global

  28. Pub global • その名の通りマシン内でグローバルに使えるパッケージを管理する • いわゆる npm -g • Dartのコマンドラインツールのエコシステムが完成

  29. activate • 有効化: >pub global activate hoge • hogeパッケージをグローバルから呼び出せるようになる •

    --source git git@....git • --source path ~/... • 無効化: >pub global deactivate hoge
  30. run • >pub global run hoge:foo • hogeパッケージのbin/foo.dartを実行する • 呼び出されるdartファイルはエントリポイントを備えている必要が

    ある • 毎回 >pub global run hoge:foo って書きたくない • >foo で実行したくない?
  31. --executable • グローバルパッケージのアプリケーションを直接PATHに追加する • >pub global activate hoge --executable=foo --overwrite

    • --executableに指定されたfooは ~/.pub-cache に追加される • PATHに ~/.pub-cache/bin を追加する必要あり。 • ↑のコマンド長いし自分のパッケージはもっと簡単に使ってほしい…
  32. executables: • pubspec.yamlにパッケージ内の実行可能スクリプトを宣言する • ユーザーはactivateするだけでいい • <エイリアス>: 呼び出されるファイル名(bin/foo.dart) • 右辺が空なら

    bin/<エイリアス>.dart が呼び出される
  33. 自作ツールを配布する

  34. 1. mkdir my-awesome-tool 2. cd my-awesome-tool 3. den spec 4.

    コードを書く 5. pub publish
  35. ローカルで自作ツールを使う

  36. 1. コードを書く my-util/bin/my-util.dart 2. pubspec.yamlにexecutables定義 3. >pub global activate --source

    path myutil 4. >my-util
  37. pub globalの注意点 • dart foo.dartとpub global run fooは実行環境が違う • pub

    global runでの実行時はlocalhost上にUriがある • Platform.script.path 等、実行環境依存の処理はできない
  38. Platform.script.path

  39. ϩʔΧϧͷ%BSU8FCΞϓϦΛQVCHMPCBMܦ༝Ͱ QVCTFSWF͠Α͏ͱͯ͠εΫϦϓτͷύε͕औΕͳͯ͘٧Μͩ࿩ • bin/bar.dartから../webをserveしたかった • >dart bin/bar.dartなら成功する

  40. ղܾࡦ • どうやらPlatformクラスを経由するとそういうことになるらしい • 相対パスが正解だった

  41. Pub serve

  42. Pub serve • 開発用サーバーを一発で立ち上げてくれる便利なやつ • pub serve + DartiumがDart Webアプリ開発の基本

    • ローカルファイル変更をリアルタイム検知 • Dart実行できないブラウザからアクセスすると自動でdart2js
  43. --port • >pub serve --port=8081 => http://localhost:8081 • 任意のポートでserve可能 •

    実は --hostname=127.0.0.1 でホストネームが変えられる • >pub serve --hostname=127.0.0.1 
 => http://127.0.0.1:8080
  44. >pub serve --mode • buildと同じようにビルドモードを切り替えられる • 何も指定しなければrelease • Dartium以外でのデバッグでsourcemapが使えるので
 debugモードがオススメ

  45. σΟϨΫτϦࢦఆͰserve • >pub serve <directories>で配置するディレクトリを指定 • 何も指定しなければwebとtestが選択される • フロントエンドテストのサーバー起動もpub serveが行える

    pub serve benchmark example/foo bar
  46. Pub commands • pub build • pub cache • pub

    deps • pub downgrade • pub get • pub global • pub publish • pub run • pub serve • pub upgrade • pub uploader ύοέʔδΛ഑෍͢Δ CJO಺ͷεΫϦϓτΛ
 ࣮ߦ ґଘؔ܎Λߋ৽͢Δ Ͱ͖Δ͚ͩ৽͘͠ ύοέʔδͷ࡞ऀ৘ใΛ
 ؅ཧ͢Δ QVCHFUͷΩϟογϡΛ ؅ཧ͢Δ ґଘҰཡΛදࣔ͢Δ ґଘؔ܎Λߋ৽͢Δ
 Ͱ͖Δ͚ͩݹ͘
  47. おまけ

  48. GET pub.dartlang.org/api/packages • 実はAPIで更新日付順の
 パッケージ一覧を取得できる • 偶然見つけた • パッケージビューアみたいなものは
 作れそう

    • 残念ながら検索などの他のAPIは
 まだ見つかってない
  49. 5IBOLTGPSMJTUFOJOH © laco0416, 2015