Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Power Automate Desktop 勉強会vol 1

7a54d6143169419fc6d4d9a0ff3056ea?s=47 maekawa
December 30, 2020
1.9k

Power Automate Desktop 勉強会vol 1

Power Automate Desktop 勉強会vol1の登壇資料です

7a54d6143169419fc6d4d9a0ff3056ea?s=128

maekawa

December 30, 2020
Tweet

Transcript

  1. Power Automate Desktop 勉強会 vol.1

  2. 本会はPower Automate Desktopにつ いて学ぶ勉強会(コミュニティ)です お気軽にご参加を!

  3. 自己紹介 • 名 前:マエカワ • 居住地:新潟県 • 仕 事:複合機メーカーのグループ会社で、 Microsoft

    365、RPA、クラウドストレージ、 kintoneの提案・導入を主に担当していました。 (12月末で退職しました。) • Blog:https://qiita.com/maekawawawa 3
  4. こんな活動しています 4 LTでは、Chatwork APIとWinAutomationの連携、ホームデバイスと WinAutomationの連携などなど楽しいユーザ事例が盛りだくさんの会でした。

  5. None
  6. None
  7. 勉強会の趣旨 • Power AutomateのRPA機能であるPower Automate Desktopについて学ぶ会です。 • Power Automate DesktopはPower

    Automateとの連携、Power Platform製品との 連携でより多くのことを実現できる製品だということを知っていただきたいです。 • この勉強会をもとにPower Automate Desktopを触ってみようと思う方が1人でも増 えて、一緒に勉強できる仲間が増える嬉しいなーと考えています。 • 他社RPA製品との比較は目的としていません。
  8. 参加者の皆さんへ • 感想、質問はTeamsのチャット欄やTwitterでのツイートをお願いします。 運営もPower Automate Desktopについて勉強中の身です。質問について回答できないこともあるかもし れませんが、皆さんで悩みや発見を共有したいのでどしどし感想、質問をお願いします。 • Twitterでの投稿のハッシュタグは# PADjp1

    でお願いします。勿論、 #PowerAutomate #PowerAutomateDesktop を含めていただくの大歓迎です。 • 登壇者のデモが成功したら拍手等でリアクション頂けると嬉しいです。 • 今後も勉強会を開催していきたいと思っていますので、随時登壇者を募集しています。
  9. アジェンダ No タイトル 開始時間 運営担当 0 はじまりの会 13:00 1 Power

    Automate Desktopとは 13:05 前川 2 Power Automate Desktopのフローってどうやって作るの? 13:25 前川 3 WinAutomationから学ぶ Power Automate Desktopの展望 (Power Automateとの連携を考えてみる ) 13:40 佐々木 4 休憩 14:00 5 LT1 「Power Automate Desktopを、チャットボットからコントロールしてみた!」 小林さん(@rockfun) 14:10 6 LT2 「はじめてのPower Automate DesktopとPower BIの組み合わせ」 石川 陽一さん (@ishiayaya) 14:25 7 Power Automate Desktopの内部言語Robinについて 14:40 大沼 8 Power Automate Desktop最新情報 14:55 運営 9 おわりの会 15:10 9
  10. Power Automate Desktopとは 10

  11. 11 Microsoft Power Platform Power BI Power Apps Power Automate

    Power Virtual Agents ビジネスの分析 アプリの作成 プロセスの自動化 チャットボット Data Connector Microsoft DataVerse AI Builder Power Platformは、データを基にしたビジネス分析やアプリ作成、日々の業務プロセスの自動化や RPA(Robotic Process Automation)、チャットbotの作成をローコードで実現するサービス
  12. 1 2 Power Automateの機能 (今日の勉強会で出てくる範囲) Power Automate プロセスの自動化 クラウドフロー Process

    Advisor デスクトップフロー 業務プロセスの分析、 自動化業務の発見の機能 主にクラウドサービスの コネクタを使ったフロー APIをつなげて複数のサービスを連携 主にデスクトップの自動化を行うRPA機能 Power Automate Desktopはここに含まれる RPA(デスクトッ プオートメーショ ン)はあくまでひ とつの機能です!
  13. Power AutomateのRPA機能 Power Automate Power Automate Desktop WinAutomation UI flows

  14. Power Automate Desktopとは 14 Microsoft IgniteでPower Automateの新たなRPA機能として発表された。 WinAutomationをベースに開発されている。日本語表記にも対応。12月10日一般公開 詳しくは 後ほど!

  15. WinAutomationとは 15 にいさん! ギリシャ発のRPAツール。Softomotive社が開発。低価格と高い解析機能と豊富なアク ションとトリガー機能を持つRPAツール。2020年5月にMicrosoftがSoftomotiveを買 収されてPower Automateの一機能となる。PADのおにいさん。

  16. UI flowsとは Seleniumを使ったWebアプリとWindowsレコーダーを使ったデスクトップアプリのGUI 操作をするRPA機能。2019年月11月プレビュー版リリース、2020年4月一般公開。 PowerAutomate初のRPA機能。 16

  17. デスクトップフローにおけるUI flowsの位置づけ デスクトップフローの作成をクリックするとPower Automate Desktopのフロー作成に 遷移する。「追加オプション」をクリックするとSeleniumとWindowsレコーダーの機能 が表示される。( Windowsレコーダーは、2021年6月に廃止予定です。) 17

  18. Power Automateの「per user with attended RPA plan(手動RPAを含むユーザーあたりのプラン)」で 「Power Automate Desktop」が使用できます。

    18 https://flow.microsoft.com/ja-jp/pricing/?currency=JPY Power Automate Desktopが使用できるライセンス
  19. (Robotic Process Automation) 改めましてRPAとは 19 RPAとは 人間の業務を補完・遂行するソフトウエアロボット UiPath社の記事「RPA vs API

    Integration」より(機械翻訳) RPAは、フロントエンドを介してターゲットアプリケーションと対話します。ソフトウェア ロボットは、人間のユーザーと同じように、クリックと入力のアクションを使用しますが、 より高速で正確です。 https://www.uipath.com/blog/rpa-vs-api-integration
  20. 調査会社ガートナーにおけるRPA製品のマジッククアドラント https://flow.microsoft.com/en- us/blog/microsoft-named-a-visionary-for- its-power-automate-solution-in-the-2020- magic-quadrant-for-robotic-process- automation/ 20 ←こちらは2020年版 MicrosoftはVisionaryのNo.1

  21. 21 Power Automate Desktopの構成

  22. 22 Power Automate Desktopの開発画面 Flow Designer コマンド型の開発画面。日本語に対応。

  23. 23 Flow Designerの起動方法 Power Automate Desktopをインストールすると使えるようになるFlow Consoleから起動するか、 Power Automateの画面から起動するかいずれかになります。 Flow

    Designer Flow Console(PC上) Power Automate(Web上) どちらで起動しても同じ
  24. 開発・実行時におけるPower Automateと Power Automate Desktopの関係 Power Automate Webブラウザでデスクトップフローの 管理と実行、作成指示 Flow

    Designerでデスクトップフローの作成、 デバッグ Power Automate Desktop 呼び出し デスクトップフローの内容を保存 実行結果の反映 デスクトップフ ローの中身は Dataverseへ
  25. 1.Power Automate DesktopはクラウドネイティブなRPA機能 2.豊富なアクションと簡単なFlow作成機能を持つFlow Designer 3.本領はPower Platformとの連携により発揮される Power Automate Desktopを始めるために覚

    えておきたい3つのポイント
  26. 26 1.Power Automate DesktopはクラウドネイティブなRPA機能

  27. Power Automate Desktopの構成 Power Automate Webブラウザでデスクトップフローの 管理と実行、作成指示 Flow Designerでデスクトップフローの作成、 デバッグ

    Power Automate Desktop デスクトップフローの内容を保存 実行結果の反映 デスクトップフロー の中身はDataverse へ 呼び出し
  28. 28 実行するときもPower Automateのフローから呼び出し トリガーを受けてPower AutomateからPower AutomateDesktopのフ ローの呼び出し

  29. 29 実行結果の確認もPower Automateの画面上で確認 デスクトップ フローの実行結果(ログ)もPower Automate上で確認できます。

  30. 30 実行結果の確認もPower Automateの画面上で確認 デスクトップ フローの実行結果(ログ)もPower Automate上で確認できます。 アクションで取得した 値の確認もできます。

  31. インターネット未接続でデスクトップフローを保存すると… フローデザイナー 保存 これはデスクトップフローの保存先がDataverseになっているため。PC上ではデータを保持しない。 インターネットに繋がっていないとフローの作成や更新もできます。 エラー発生

  32. ・どこからでもFlowを実行することができる。(WebブラウザやPAアプリでもOK) ・結果の確認もWebブラウザ上で確認可能 ・フローの内容はすべてクラウド上(Dataverse上)で保存されるため、PCが壊れても安心。 ・次々に新しい機能が追加されて楽しい。 クラウドネイティブであることのメリット

  33. ・インターネットがない環境だと使えない!!! ・バージョン管理についての方法が現在ない。 (デスクトップフローを別名コピーして保存するくらいしか思いつかない) クラウドネイティブであることのデメリット

  34. 34 2.豊富なアクションと簡単なFlow作成機能を持つFlow Designer

  35. 35 アクションとは Power Automate Desktopの自動化処理のまとまり。Power Automateのコネクタ相当。

  36. 36 アクション一覧 Power Automate Desktopには33個のアクションのグループがあります。 各グループの中にさらにアクションがあって、全アクションの総数が347個あります。 33個のアクショ ングループ グループの中に複 数のアクションが

    存在
  37. アクションについてまとめた記事 【Power Automateの新しいRPA機能】Power Automate Desktopで出来ること(全33機能の紹介) https://bit.ly/3nCVBT9 https://bit.ly/3nCVBT9

  38. 代表的なアクション Webブラウザ操作 デスクトップアプリ操作 Excel操作

  39. 面白いと思うアクション(管理系) ActiveDirectory AWS Azure

  40. 面白いと思うアクション(AI系) Google IBM Microsoft

  41. 41 3.本領はPower Pratformとの連携により発揮される

  42. 単体でも素晴らしい製品ですが 構造解析して安定 した自動化ができ る! データベースに対 して直接SQLを実 行できる! Ping飛ばして死 活監視もできる Pythonの実行も

    できる! メインフレームの システムの自動化 もできる! AIサービスとの連 携ができる!
  43. Power Platform製品と連携することでより多くの自動化が実現できる 私達と連携だ!! みんな…!!

  44. Power Appsとの連携(例) 例えばPower Appsをデータ入力や操作指示の入り口として、Power Automate Desktopでオンプレ システムやクライアントPCの状況を確認する オンプレシステム コマンド実行 請求書チェックアプリ

    (AI Builder連携) 疎通確認チェックアプリ
  45. Power Automateが利用できるコネクタ https://flow.microsoft.com/ja-jp/connectors/

  46. Power Automateが利用できるコネクタのレポート 小尾さん(https://twitter.com/twit_ahf)作成されているレポートです。

  47. Power Automateが利用できるコネクタのレポート https://app.powerbi.com/view?r=eyJrIjoiNzc3OTllNDgtNDEzZi00MTQ3LWI3ODktMDc0 MzlmMzE2OTAyIiwidCI6IjgzZmQ0NjViLTczNGUtNDA1Ny1hZTM3LWU3N2FhN2QzNDcy OSJ9 小尾さん(https://twitter.com/twit_ahf)作成されているレポートです。