20190404_モブプログラミング.pdf

839342b014a92e55afe9abb1b12ac5fd?s=47 Mariko
April 04, 2019

 20190404_モブプログラミング.pdf

839342b014a92e55afe9abb1b12ac5fd?s=128

Mariko

April 04, 2019
Tweet

Transcript

  1. モブプログラミング


  2. モブとは


  3. モブプログラミングとは?
 ﹡ モブ = 群集
 
 ﹡ 「3人以上」の人々が1台のコンピューターの 前に座って協力しながら問題を解決してい くこと


    
 ﹡ リソース効率とフロー効率

  4. リソース効率とフロー効率
 リソース効率が良い
 稼働率100%、リソースに遊びがない
 
 フロー効率が良い
 機能リリースまでのリードタイムが短い
 
 渋滞する道路のイメージ


  5. モブプロの利点
 ﹡ モブプロはフロー効率を重視
 
 ﹡ フロー重視「機能を安く作るのではなく、早く 完成させること」を目標とする
 
 ﹡ キーパーソンへの依存度が下がる


    
 ﹡ 仕事の品質が上がる=集団の方がいい判 断を下せる

  6. モブプロの効果を測定・・?
 ﹡ チームの短期的な「ベロシティ」には現れな い(むしろ短期的には下がる)
 
 ﹡ チームがチームとして固まってくるまである 程度の時間が必要
 
 ﹡

    モブプロが解決する問題は複雑
 
 ◦ エラー率の減少
 ◦ 経験の浅いメンバーの学習度上昇

  7. 成長記録の管理
 モビングによって得られた成功を文書化して記 録しておく(特に導入当初は効果的)
 
 ﹡ 成功を実感した日のできごと
 
 ﹡ 知識共有の機会が生まれた時
 


    ﹡ 品質上の問題が見つかったこと
 
 参加者全員で記録をメンテナンスすると良い

  8. モブプログラミングのはじめ方


  9. 最初のモビング ﹡ モビングは「実験」
 ◦ 導入は一時的
 ◦ 形態はモビングセッション を数回行う
 ◦ 5回以上を目指す


    
 ﹡ オプトイン
 ◦ 参加を強制しない
 ﹡ 参加者を決める
 
 ﹡ 場所を見つける
 
 ﹡ 解きたい問題を見つける
 
 ﹡ マシンの準備
 
 ﹡ タイマーの準備
  10. ちょっとした秩序
 効果を生むために


  11. 参加者
 ﹡ 初期は 3〜4人 が良い
 
 ﹡ コードを書ける人だけ
 
 ﹡

    全員にキーボードの前に座る機会を作る
 
 ﹡ 役割
 ◦ タイピスト(1人)
 ◦ モブ

  12. タイピスト
 その他のモブがしてくれと言ったことを取り入れて 実装するスマートアシスタント
 1. モブがしてくれと頼んだことを「理解する」
 
 2. 要請の意味がはっきりしないときには「質問をする」
 
 3.

    してくれと頼まれたことをコードの形に「実装する」
 
 4. その他のモブを「信頼する」
 
 5. 新しいことを「学ぶ」(他の人のツールの活用法など)

  13. モブ
 問題解決チームの一員になる
 1. 問題解決につながる次の論理的 ステップを見つけるために力にな る
 
 2. 理解できるまで質問をする
 


    3. モブ全体の理解の水準を上げる ために貢献する 4. 眼の前の問題に集中する
 
 5. ほかのメンバーの意見を聞く
 
 6. 必要な情報を予測する
 
 7. システムのなかの改善すべき部 分を探す
  14. 場所
 ﹡ 全員が窮屈にならず、快適な場所
 
 ﹡ 同時にコードを見れるようなところ
 
 ﹡ 必要な備品
 ◦

    大画面
 ◦ ホワイトボード

  15. 解きたい問題を選ぶ
 ﹡ 納期が迫っていないもの
 
 ﹡ 全員が同じ立場で向き合える問題
 
 ﹡ カタ(おすすめ)
 ◦

    モブ全員が良いと思うもの
 ◦ 解決にセッション1つ分必要になるものが 適切

  16. モビングセッション
 ﹡ 2時間程度
 
 ﹡ 準備(30分程度)
 
 ﹡ 本体(1時間30分程度)
 ◦

    各インターバル(10分)
 
 ﹡ しめくくり(20分程度)

  17. 準備
 30分

  18. 準備0
 モブプロについて説明
 
 ﹡ 役割や心構えなど
 
 ﹡ このスライドで説明している内容


  19. 準備1
 1セッションで解ける適切な問題を選ぶ
 


  20. 準備2
 問題の概要を説明
 
 ﹡ 取り組むためのおおよそのプランを一致させる
 
 ﹡ ホワイトボードでブレスト
 
 ﹡

    15分程度で終わらせる
 
 ﹡ ホワイトボードにおおよその手順を書き出す
 

  21. 準備3
 タイピストの順番を決める
 
 ﹡ ホワイトボードに順番を書き出す


  22. セッション本体
 1時間30分

  23. 本体
 ﹡ インターバル 10分
 
 ﹡ タイマーが切れたら
 ◦ 次のタイピストへ
 ◦

    Gitにマイクロコミット(コミットメッセージを 書かないコミット)
 
 ﹡ モブの中でのその時の自分の役割を意識
 
 ﹡ セッション冒頭でホワイトボードに書いた手 順に絶えず立ち返る

  24. ふりかえり
 20分

  25. ふりかえり手法:シンキングハット
 
 ステップ
 帽子
 時間
 1
 仕組みと説明
 ー
 4分
 2


    事実と数字
 白
 2分
 3
 肯定的感想
 黄色
 3分
 4
 批判的感想
 黒
 3分
 5
 建設的な問題解決法 
 緑
 5分
 6
 軌道修正すべきことの決定、合意形成 
 ー
 5分

  26. 黄色
 肯定的感想
 
 - 一番うまくいった ことは何か? - 予想外に簡単 だったのは何 か?

    - セッションでいい と思ったことは何 か? 黒
 批判的感想
 
 - うまくいかなかっ たのは何か - どこに不満を感じ たか 
 
 
 正当な感想かどうかに ついて意見の一致は不 要
 緑
 建設的な問題解 決法
 
 
 
 
 
 
 この段階では、アイデ アを提案するだけであ り、どんな提案も却下 されない
 白
 事実と数字
 
 例 : - タイピストを10分 ごとに交代させた - エディタのフォント サイズは16ptだっ た 評価になっていないか 注意 全員が同時に同じ帽子をかぶる

  27. 軌道修正すべきこと・合意形成 ﹡ 3分のタイマーをかける
 
 ﹡ 次のセッションで変えることを「ひとつ」決める
 
 ﹡ 全員の賛同を得る
 


    ﹡ Try
 
 ﹡ 全員の賛同を得られない場合何も変えない

  28. 初めてのモブプロはこんな感じ


  29. 2019/2/23 発売
 おすすめ!


  30. Shall we?