AzurePipelinesでコンティニュアスにインテグレーションしたい

 AzurePipelinesでコンティニュアスにインテグレーションしたい

2019/01/12 開催の Azure DevOps 関西 2018 でお話したスライドです。

https://jazug.connpass.com/event/105435/

50a1ae3d2f81998c69a579daeb59f055?s=128

masanori_msl

January 12, 2019
Tweet

Transcript

  1. Azure Pipelinesで コンティニュアスに インテグレーションしたい 2019.01.12 @Azure DevOps 関西 2018 by

    masanori_msl
  2. About me  Name:Masui Masanori  Work:Unityでアプリ作ったり無茶振りされたり  Twitter:https://twitter.com/Masanori_msl 

    Blog:http://mslgt.hatenablog.com/
  3.  CI 初心者が Azure Pipelines を使って体験してみた  ドキュメントを読みながら処理を追ってみた 今回のお話

  4.  CI ツール、または Azure Pipelines 初心者の人  CI ツールおよび Azure

    Pipelines に詳しい人  和歌山人 対象者 一緒に頑張りましょう! 色々教えてください_(._.)_ ジョークです。和歌山以外の方も生暖かく見守っていただければ_(._.)_
  5. CI について 1  CI (Continuous Integration : 継続的インテグレーション) 共有リポジトリ上のソースコードに追加・削除などの変更が行われたときに、

    都度ビルド・テストを実行することで、早期に問題を発見・修正し、 効率的にソフトウェア開発を行うための手法。 決められた条件でビルド・テストを自動で実行する、 といった CI を支援してくれるツールがあり、Azure Pipelines もその一つ。 (俺調べ)
  6. CI について 2 GitHub Azure Pipelines Push or Pull request

    Repository Build & Test Result Watch? Build & Test
  7. Azure DevOps には Azure Repos という Git ホスティングサービスが ありますが、プライベートリポジトリのみ?だったので 今回は

    GitHub を使用することにしました。 Azure Repos?
  8. では早速やってみます。

  9. 開発環境  Windows 10 ver.1803 build ver.17134.472  GitHub Desktop

    ver.1.5.0  .NET Core ver.2.2.101 (ASP.NET Core)  JetBrains Rider ver.2018.3  Webブラウザー(Edge とか Firefox とか)
  10. プロジェクト作成 1. ASP.NET Core のプロジェクト作成 する(今回は Empty で作成)。 2. GitHub

    にリポジトリを登録する。 3. Azure Pipelines でプロジェクトを作成する。 4. Azure Pipelines (GitHub Apps) をインストールする。 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する。 6. (おまけ) README.md に Build pipeline のステータスを追加する。
  11. 1. ASP.NET Core のプロジェクト作成 する IDE または「dotnet new web」で Empty

    テンプレートのプロジェクトを作成します。 (画像は JetBrains Rider のもの。Empty テンプレートの理由は生成されるファイルが少ないためです)
  12. 2. GitHub にリポジトリを登録する GitHub にパブリックリポジトリとしてプロジェクトを登録します。 ※gitignore は GitHub のテンプレートに無いので https://www.gitignore.io/

    の力を借ります。
  13. 3. Azure Pipelines でプロジェクトを作成する Azure Pipelines にプロジェクトを作成します。

  14. 4. Azure Pipelines (GitHub Apps) をインストールする 1 https://github.com/marketplace/azure-pipelines からインストールします。

  15. 4. Azure Pipelines (GitHub Apps) をインストールする 2 https://github.com/settings/installations/ の Azure

    Pipelines > Configure から、 全リポジトリまたは対象のリポジトリへのアクセスを許可します。
  16. 4. Azure Pipelines (GitHub Apps) をインストールする 3 https://github.com/settings/installations/ の Azure

    Pipelines > Configure から、 全リポジトリまたは対象のリポジトリへのアクセスを許可します。
  17. 4. Azure Pipelines (GitHub Apps) をインストールする 4 これで変更の Push や

    Pull request を受けた時に実行された Azure Pipelines の結果が、 GitHub から見られるようになります。
  18. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 1 作成したプロジェクトに Build

    pipeline を追加します。 1. Builds > New pipeline をクリックする。 2. Location で GitHub を選択する。 3. GitHub の認証。 4. Repository 一覧から PipelineSample (対象のリポジトリ)を選択する。 5. Configure で Suggested templates から ASP.NET Core を選択する。 6. Save and run で保存 + 初回ビルド実行。
  19. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 2 1. Builds

    > New pipeline をクリックする
  20. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 3 2. Location

    で GitHub を選択する
  21. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 4 3. GitHub

    の認証
  22. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 5 4. Repository

    一覧から対象のリポジトリを選択する
  23. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 6 5. yaml

    のテンプレートを選択する
  24. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 7 6. Save

    and run で保存 + 初回ビルド実行
  25. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 8 6. Save

    and run で保存 + 初回ビルド実行 ( azure-pipelines.yml が追加される)
  26. 5. Azure Pipelines で Build pipeline を追加する 9 ※今回 yaml

    を直接書く方法を使いましたが(デフォルトっぽく表示されるので)、 特に慣れない内は visual designer(GUI) を使う方がよかったかもしれません。 ググると visual designer を使った情報が多かったためです。 が、 visual designer で作った yaml を見ると( View yaml 見られます)、 かなりガッツリ作られてしまうため、一つ一つ理解する、 という意味では今回の方法の方が良いかもしれません。
  27. 6. README.md に Build pipeline のステータスを追加する 1 必須ではありませんが、 Build pipeline

    のステータスが表示されるようにします。 かっこいいので。
  28. 6. README.md に Build pipeline のステータスを追加する 2 Sample Markdown の内容を

    README.md にコピペします。
  29. 6. README.md に Build pipeline のステータスを追加する 3 できあがり。

  30. ビルドが動作するかを確認します。

  31. Azure Pipelines 完全に理解した

  32. yaml を見てみる 1 完全に理解したところで出来上がった yaml を見てみます。 # ASP.NET Core #

    Build and test ASP.NET Core projects targeting .NET Core. # Add steps that run tests, create a NuGet package, deploy, and more: # https://docs.microsoft.com/azure/devops/pipelines/languages/dotnet-core trigger: - master pool: vmImage: 'Ubuntu-16.04’ variables: buildConfiguration: 'Release’ steps: - script: dotnet build --configuration $(buildConfiguration) displayName: 'dotnet build $(buildConfiguration)'
  33. yaml を見てみる 2  trigger trigger: - master - features/*

    ビルド、テストなどの処理を実行するトリガーとなるブランチを指定します。 ワイルドカードも使用可能。 ↑ master ブランチ、 features/sample のような名前の付いたブランチのコードが変更されると、 Pull request を受けた場合に処理が実行されます。
  34. yaml を見てみる 3  pool pool: vmImage: 'Ubuntu-16.04’ ビルド、テストなどの処理を実行する環境上の Agent

    を、登録済みの Agent Pool から指定します。 ( Agent については後でもう少し触れます) ↑ 今回は Microsoft 社の提供する Ubuntu 16.04 の VM イメージを使用しています。 (2019/01/08 時点) Windows + Visual Studio の環境もありますが、 ASP.NET Core 2.2 のビルドをするのであればこの環境がエラー無く実行できて良さそうです。
  35. yaml を見てみる 4  variables variables: buildConfiguration: 'Release’ steps: -

    script: dotnet build --configuration $(buildConfiguration) 変数名: 値 で設定しておくと、Pipeline 実行時に $(変数名) が値に置き換わります。 変更の恐れがあり、かつ複数個所で共通の値を設定している場合に便利ですね。 ↑ dotnet build --configuration Release として実行されます。
  36. yaml を見てみる 5  steps steps: - script: dotnet build

    --configuration $(buildConfiguration) displayName: 'dotnet build $(buildConfiguration)' ↑ これを実行すると、ビルドのみ行われ、(テストコードがあったとしても)テストは実行されません。 ビルド・テストなどを実行する Pipeline の処理を指定します。 script は複数指定可能で、上から順に実行され、エラーが発生するとその時点で止まります。
  37. yaml を見てみる 6  steps  displayName 指定するとログが独立したものとして表示されます。 dotnet build

    の場合、指定しないと CmdLine としてまとめられるようです。
  38. せっかくなのでもう少し yaml でできることを見てみます。

  39. その他 yaml でできることを見てみよう 1  jobs / job jobs: -

    job: Build pool: vmImage: 'vs2017-win2016’ steps: - script: dotnet build --configuration $(buildConfiguration) displayName: 'dotnet build $(buildConfiguration)’ - job: Message pool: vmImage: 'Ubuntu-16.04' steps: - script: echo hello world job は複数の steps を一つにまとめます。 jobs は複数の job を一つにまとめます。
  40. その他 yaml でできることを見てみよう 2  jobs / job steps に複数

    script を書いた場合との違いは、 jobs に登録された job はそれぞれ独立したもの として扱われることです。 そのため、job “Build” の結果に関係なく job “Message” は実行されます。 また job では Agent を指定できるため、 複数の環境で処理を実行できます。
  41. その他 yaml でできることを見てみよう 3  template jobs: - template: build_jobs.yml

    parameters: buildConfiguration: $(buildConfiguration) jobs や steps を別ファイルに分割することができます。 ※dev.azure.com 上で直接編集できないなどの制限があるため、 たくさんのプロジェクトで共通、 yaml 自体の動作検証が必要ないなど、特定の状況のみに とどめるのが良さそうです。 • azure-pipelines.yml
  42. その他 yaml でできることを見てみよう 4  template parameters: buildConfiguration: ‘’ jobs:

    - job: Build steps: - script: dotnet build --configuration ${{ parameters.buildConfiguration }} displayName: 'dotnet build ${{ parameters.buildConfiguration }}’ - script: dotnet test displayName: 'dotnet test’ - script: echo hello world after build pool: vmImage: 'Ubuntu-16.04' • build_jobs.yml
  43. Agent について

  44. Agent について  steps で指定したビルド・テストなどの処理を実行する時に、 Pipeline と実行環境との仲介を行います(俺理解)。  Microsoft 社の提供する

    Microsoft-hosted agents と、 自分の端末にインストールする Self-hosted agents があります。  各 Agent は Agent pool に登録され、 Pipeline 実行時に呼ばれます。
  45. Microsoft-hosted agents  Microsoft の提供する VM で動く Agent です。 

    VM は Pipeline 実行開始時に新規で用意され、すべての処理が終わると破棄されます。  VM にインストールされているソフトウェアは、https://dev.azure.com/ユーザー名 /_settings/agentpools の各 Agent の Details などで一覧できます。  Self-hosted agents を試すより前に、まずはこちらを試して、とのこと。
  46. Self-hosted agents 1  自分で準備した環境に https://dev.azure.com/ユーザー名/_settings/agentpools > New agent pool

    から Agent を追加し、Download Agent でダウンロード・インストールして 使用します。  特定のバージョンや、 Microsoft-hosted agents の VM でインストールされていないソフトウェア を使用したい場合はこちらを使用します。  ビルド・テストの環境を事前に用意しておくことができるため、正しく管理できればより高速に CIを回すことができる可能性があります。  ただし管理は自分でする必要があります。
  47. Self-hosted agents 2  インストールはこの辺りが参考になります。  Deploy an agent on

    Windows : https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/agents/v2-windows?view=vsts  Continuous integration for Unity 3D projects using Azure Pipelines : https://medium.com/medialesson/continuous-integration-for-unity-3d-projects-using-azure- pipelines-e61ddf64ad79 ※ Edge を使うとなぜか Agent の Token key がコピーできない(2018/12/18 時点では) ので注意
  48. 処理の流れを考えてみる

  49. 処理の流れを考えてみる 登場人物は何となくわかりました(気がする)。 では実際どんな流れでビルドが行われるのでしょうか。 …というのがドキュメント見ててもよくわからなかったので、雑に考えてみました。 1. Azure Pipelines から GitHub を監視して?リポジトリの変更を検出し、Pipeline

    の処理を開始。 2. 実行環境となる VM (Ubuntu16.04) を用意し、 Agent を使用可能に( Token ダウンロードとか)。 3. VM 上で GitHub のリポジトリをクローンする。 4. 3 をビルドする( dotnet build )。完了を Agent を通して Azure Pipelines に通知。 5. 全部の処理が完了したら、終了処理( VM の破棄とか)。
  50. Azure Pipelines の役割?

  51. Azure Pipelines の役割を考えてみる Agent pool による Agent の管理や、 処理開始のトリガーとなる、 GitHub

    のリポジトリ 監視(多分)、トリガーが引かれたときに Queue を作成する、といったことをしています。 が、実際にビルドやテストなどの処理をしているのは dotnet CLI など別のソフトウェアです。 そのため、こんな処理を実行したい!と思ったときに、 Azure Pipelines で何とかしようとするよりも、 何でも良いのでとにかくその処理を実現する方法を調べて、それを Azure Pipelines から呼び出す 方法を調べるのが良さそうです。
  52. プロジェクトにテストを足してみましょう

  53. プロジェクトにテストを追加 1  ブランチ features/add_controller を作り、Checkout します。  ASP.NET Core

    のプロジェクトに xUnit のプロジェクト( PipelineSample.Test )を追加します。  PipelineSample.Test から ASP.NET Core のプロジェクト( PipelineSample )の参照ができるよう あれこれします。  この辺りのお話はこちらを参照。  【ASP.NET Core】単体テストってみる -導入と Controller のテスト https://mslgt.hatenablog.com/entry/2018/12/20/224613
  54. プロジェクトにテストを追加 2 テスト対象のクラスを追加します。 PipelineSample/Controllers/HomeController.cs using Microsoft.AspNetCore.Mvc; namespace PipelineSample.Controllers { public

    class HomeController: Controller { [Route("")] [Route("Home")] public string Index() { return "hello world!"; } } }
  55. プロジェクトにテストを追加 3 テストクラスを追加します。 PipelineSample.Test/Controllers/HomeControllerTest.cs using PipelineSample.Controllers; using Xunit; namespace PipelineSample.Test.Controllers

    { public class HomeControllerTest { private readonly HomeController _controller = new HomeController(); [Fact] public void Index_ReturnStringValue() { Assert.IsType<string>(_controller.Index()); Assert.NotNull(_controller.Index()); } } }
  56. プロジェクトにテストを追加 4 テストが実行されるよう yaml を変更します(デモの都合上 trigger は master のみ)。 azure-pipelines.yml

    trigger: - master pool: vmImage: 'Ubuntu-16.04’ variables: buildConfiguration: 'Release’ steps: - script: dotnet build --configuration $(buildConfiguration) displayName: 'dotnet build $(buildConfiguration)’ - script: dotnet test displayName: 'dotnet test'
  57. プロジェクトにテストを追加 5 Pull request を送ってビルドされるか見てみます。

  58. masterへのマージについて 1 Continuous “Integration” という名前から勘違いしていたのですが、 例えば Pull request をマージする、という作業は CI

    の定義には含まれていないようです。 (もちろん実際には必ず実行する作業ではあるわけですが)
  59. masterへのマージについて 2 Azure Pipelines に Pull request を自動でマージする機能は無いようです。 必要な場合、 Git

    コマンドを使ってテスト完了後に実行する必要があります。 ただし、そもそも自動でマージすべきか?という部分には疑問もあります。 (プロジェクトによりますが) ※うまく yaml が書けなかった言い訳ではありませんよ!言い訳ではありませんよ!
  60. (おまけ) Unity のビルドをしたかった話

  61. Unityのビルドをしたかった話 1  通常 Unity エディター上でビルドしますが、コマンドラインからもビルドできます。  Visual Studio Marketplace

    から Unity ビルド用プラグイン?をインストールします。  Azure 上で Unity のビルドができないため、 Self-hosted agents として開発用 PC に Agent を インストールしました。  その他詳しい方法は下記を参照  Unity のプロジェクトを Azure Pipelines でビルドしたくて七転八倒した話 https://mslgt.hatenablog.com/entry/2018/12/18/223443  ともあれ、Unity のプロジェクトをビルドすることはできました。
  62. Unityのビルドをしたかった話 2 課題

  63. Unityのビルドをしたかった話 3 Unityエディターでアプリを開発中に CI が回せない (^o^)\

  64. Unityのビルドをしたかった話 4 理由  実はコマンドラインからビルドする場合も、 Unity エディターが使用されます。  自分が Unity

    エディターを開いていると、 Azure Pipelines から同じ Unity エディターに アクセスできず、Timeout でエラーとなります。  開発用と全く同じ設定で、別名フォルダーで Unity エディターを用意すると解決するかも(ツラい)。  CI 用にもう一台 Unity エディターが動く PC を用意すると解決するかも(特に個人はツラい)。
  65. おわりに  ぼっち開発なのとまだ使い始めたばかりということで、正直まだ CI の便利さが分かっていない ような気がします(今後に期待)。  条件的に Microsoft-hosted agent

    が使える場合、実行環境の管理がお任せできるので良いですね。  visual designer と yaml で項目が結構違うため混乱ががが  Jenkins など他の CI ツールも触ってみつつ、いかにテストなどの反復作業を自動化できるのか? を試していきたいと思います。
  66. Reference 1 ▪ CI  継続的インテグレーションとは? – アマゾン ウェブ サービス

    https://aws.amazon.com/jp/devops/continuous-integration/  CI – 継続的インテグレーションとは? | tracpath:Works https://tracpath.com/works/devops/continuous-integration/ ▪ Azure Pipelines  Create your first pipeline - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/get-started-yaml?view=vsts  Build and Release Agents - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/agents/agents?view=vsts  Integrate Your GitHub Projects With Azure Pipelines | Azure DevOps Hands-on-Labs https://www.azuredevopslabs.com/labs/azuredevops/github-integration/  Build GitHub repositories - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/repos/github?view=vsts  YAML schema - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/yaml-schema?view=vsts&tabs=schema  Build pipeline triggers - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/ja- jp/azure/devops/pipelines/build/triggers?view=azdevserver-2019&tabs=yaml  Continuous Integration Using Azure DevOps Pipelines And .NET Project https://www.c-sharpcorner.com/article/continuous-integration-using-azure-devops-and-net-project/  Pipeline variables - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en- us/azure/devops/pipelines/process/variables?view=vsts&tabs=yaml%2Cbatch
  67. Reference 2  Pipeline variables - Azure Pipelines | Microsoft

    Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/process/variables?view=vsts&tabs=yaml%2Cbatch  Agents pools - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/agents/pools-queues?view=vsts  Microsoft-hosted agents for Azure Pipelines - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/agents/hosted?view=vsts&tabs=yaml  Deploy a build and release agent on Windows - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/agents/v2-windows?view=vsts  Build pipeline options - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/build/options?view=vsts&tabs=yaml  Run Git commands in a script - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/scripts/git-commands?view=vsts&tabs=yaml  Shell Script task - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/tasks/utility/shell-script?view=vsts  Building multiple branches - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/build/ci-build-git?view=vsts&tabs=yaml  Predefined build variables - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/build/variables?view=vsts  Workflow using multiple jobs in Azure Pipelines Build and Release - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/process/multiple-phases?tabs=yaml&view=vsts  Conditional tasks - Azure Pipelines | Microsoft Docs https://docs.microsoft.com/en-us/azure/devops/pipelines/process/conditions?view=vsts&tabs=yaml
  68. License  Google Noto Fonts http://www.google.com/get/noto/ Copyright(c) Google Inc SIL

    Open Font License (https://scripts.sil.org/cms/scripts/page.php?site_id=nrsi&id=OFL )
  69. Thank you : )