$30 off During Our Annual Pro Sale. View details »

Backlogの運用ルールをチームみんなで決めた話 / JBUG Osaka 2

matsuo
October 10, 2019

Backlogの運用ルールをチームみんなで決めた話 / JBUG Osaka 2

「JBUG大阪 #2 マネジメントを身近に感じて仕事に生かそう!」(2019.10.10)

発表資料です
https://jbug.connpass.com/event/148512/

matsuo

October 10, 2019
Tweet

More Decks by matsuo

Other Decks in How-to & DIY

Transcript

  1. Backlog 運用ルールを チームみんなで決めた話 2019.10.10 JBUG 大阪 #2 まつおひろし @ tambourine.inc

  2. 自己紹介 松尾 浩志 @ tambourine.inc エンジニア, テクニカルディレクター, 認定スクラムマスター - JBUG

    神戸に 幻 #0 から参加 - スクラム道関西 / スクラムフェス大阪 実行委員 - 過去に PHPカンファレンス関西 スタッフ, CoderDojo神戸 メンター など
  3. もくじ 1. 何を作ったか 2. なぜ作ったか 3. どうやって作ったか 4. これです (紹介)

    5. そ 後どうだったか 6. まとめ
  4. 1. 何をつくったか ↓ Backlog課題 運用ルール をつくりました

  5. None
  6. 2. なぜ作ったか (背景)

  7. とあるプロジェクトにて - メンバー全員リモートワーク状態 - 拠点が違う (東京オフィス, 大阪オフィス) - 自宅から (リモート)

    も複数名 - 同期コストが高い、お互い 認識合わせが大変……
  8. 細かいズレが起きる - 中でもタスク 「見える化」 Backlog が拠り所 - Backlog 使いやすいツールだけど、人によって 使い方がズレてたら不要な混乱を生む

    - ベテランでも、使用法 人それぞれだったり - リモートワークで 特に、ちょっとしたすれ違いでも 収拾に時間がかかりがち
  9. たとえ こんな混乱が

  10. Backlog あるある - 課題って誰が追加する ? 誰でもしていい ? - 期限日入ってない -

    担当者入ってない - どうなったら完了な ? - 完了にする 誰? 誰でも完了にしていい ? - 「処理済み」と「完了」 使い分け ?
  11. Backlog あるある - 確認にまわす時 課題 担当者を変更する?しない? - マイルストーンが設定されてたり、されてなかったり - 親子課題

    使い方 - カテゴリや種別 使い分けがバラバラ - 「メモです」って課題があり…… 放置されており…… - 通知してくれない問題、あるい 全員宛通知 頻発問題
  12. カオス

  13. いってしまえ 初歩的な話かも でも、ほっといても改善しない

  14. 3. どうやって運用ルールを作ったか

  15. チームで 「ふりかえり会」 を実施した

  16. ふりかえり会 (retrospective) と ? - 「ふりかえり」 → 反省会 + よかったことや、

    次こうしていきましょう、ということを話し合う会 - 進捗や目先 タスク・成果物 話で なく、 チームとして 仕事 進め方、プロセスに着目する時間 - 継続的な改善活動やっていき - 案件後 もちろん、案件途中に定期的に実施
  17. ふりかえり時に話題にあがる - みんな Backlog 使い方に課題感を持っていた - こ へん、まずいよ 〜 無駄なやりとり出てるよ

    〜 という感覚 一緒 - 運用ルールを作って、使い方を揃えましょうという話に - とりあえず、たたき台を一人が作成
  18. メンバー全員で意見を出し合う - プロジェクト管理者ひとりだけ 問題で ない - 案件ごとに適切な運用方法も異なるし - Backlog 使う目的

    ? Backlog を使って、どうしたかった? ところから会話を - たたき台をベースに話し合い、チームでルールを合意 - Wiki に貼った
  19. 4. (当日 ここでルールを ざっとご紹介しました)

  20. 5. やってみて、そ 後

  21. 効果と運用 - 使い方について話し合えたこと自体がよかった - 知らない人 、教えてもらわなけれ 知らないまま - ベテランでも、自分 常識が皆と同じと

    限らない - 誰もわざと変な使い方をしているわけで ない - 知る、確認する機会がなかっただけ - (これって別に Backlog に限った話で なかった)
  22. 効果と運用 - 課題進行 整理などに もちろん役立っています - ルールに沿っていない課題を、指摘しやすくなった - チームで決めたルールな で、管理者以外

    人でも、嫌な 雰囲気にならずに指摘/自主的に改善できる - トップダウンな決め事だと、管理者側が「ルールを守らせる」手 間が発生しがち
  23. 効果と運用 - ルール自体を見直す機会を設けています - ふりかえりや、案件が落ち着いたタイミング等で - 常に状況 変わる、たぶん「完成」すること ない -

    新メンバーが入ってきた時 、こ ルールを読み合わせる時 間を取っています
  24. 6. まとめ

  25. まとめ - メンバー間 「ツール 使い方」 勝手に 揃わない - ツール 手軽さと

    別 話 - なんでBacklog使ってるんだっけ? 使う目的・意義 ところから腹落ちしたい
  26. まとめ - 今回紹介したルール 内容そ も よりも、 - まず 明文化して共有 -

    トップダウンで強制で なく、チームで合意 - 随時、見直し 機会を設ける こ へんがポイントかも - カオス運用で困っている方 一度現場で 対話をぜひ - チームで「ふりかえり」いいですよ