Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Merpay Tech Fest 2021_Product Ownerとしての開発の進め方 / How to develop as the Product Owner

Merpay Tech Fest 2021_Product Ownerとしての開発の進め方 / How to develop as the Product Owner

Merpay Tech Fest 2021は5日間のオンライン技術カンファレンスです。

IT企業で働くソフトウェアエンジニアおよびメルペイの技術スタックに興味がある方々を対象に2021年7月26日(月)から7月30日(金)までの5日間、開催します。 Merpay Tech Festは事業との関わりから技術への興味を深め、プロダクトやサービスを支えるエンジニアリングを知れるお祭りです。 セッションでは事業を支える組織・技術・課題などへの試行錯誤やアプローチを紹介予定です。お楽しみに!

■イベント関連情報
- 公式ウェブサイト:https://events.merpay.com/techfest-2021/
- 申し込みページ:https://mercari.connpass.com/event/215035/
- Twitterハッシュタグ: #MerpayTechFest

■リンク集
- メルカリ・メルペイイベント一覧:https://mercari.connpass.com/
- メルカリキャリアサイト:https://careers.mercari.com/
- メルカリエンジニアリングブログ:https://engineering.mercari.com/blog/
- メルカリエンジニア向けTwitterアカウント:https://twitter.com/mercaridevjp
- 株式会社メルペイ:https://jp.merpay.com/

92cdcff298e89e2fcd2fb705155c2d4b?s=128

mercari
PRO

July 27, 2021
Tweet

Transcript

  1. #MerpayTechFest Session Title Product Ownerとして 開発 進め方 Shota Moriwaki 株式会社メルペイ

    Android Engineer
  2. #MerpayTechFest 株式会社メルペイ Android Engineer Shota Moriwaki WebフロントエンドやiOSアプリ開発を経て、2012年頃からAndroidアプリ 開 発に従事。前職で ニュースアプリ

    開発や決済サービス 起ち上げを経験し、 2020年に株式会社メルペイに入社。現在 メルペイスマート払い 機能開発を 担当。
  3. #MerpayTechFest じめに • これから話す内容 ◦ メルペイスマート払い 機能開発において、Android チームがど ように開発を進めているか •

    話さない内容 ◦ Android 技術的な話
  4. #MerpayTechFest メルペイスマート払いと • 今月 購入代金を、翌月にまとめて清算できるサービス • メルカリで 購入だけでなく、ネットで 決済および全国 メルペイが使える

    お店で お支払いに利用可能 • 任意で購入代金 清算を月々にわけることができる「定額払い」も利用可能
  5. #MerpayTechFest メルペイスマート払い 開発 • PM, Designer, Engineer, QA 構成 •

    2週間 sprint開発 ◦ 課題管理に Jiraを利用 • 複数 施策を同時並行で開発 • Android 3~5人 エンジニアで開発
  6. #MerpayTechFest メルペイスマート払い 開発 • PM, Designer, Engineer, QA 構成 •

    2週間 sprint開発 ◦ 課題管理に Jiraを利用 • 複数 施策を同時並行で開発 • Android 3~5人 エンジニアで開発
  7. #MerpayTechFest Androidチームが抱えていた課題 • 時期によって各エンジニア タスク量にバラつきがある • 実装 担当者に知識が属人化している • 仕様

    認識違いが発生することがある
  8. #MerpayTechFest Androidチームが抱えていた課題 • 時期によって各エンジニア タスク量にバラつきがある • 実装 担当者に知識が属人化している ◦ 1つ

    チケット 粒度が大きすぎる ◦ 1つ 施策に対して、1~2名 担当者をアサイン • 仕様 認識違いが発生することがある ◦ 全体 仕様とチケット内容 共有が不十分
  9. #MerpayTechFest これらを解決するために • Tech Leadとして技術的選択をリードする に加えて、 Product Ownerとして 振る舞い 一部を取り入れた

    • 実際に取り組んだ内容 3つ ◦ チケットを細かく分割 ◦ 分割したチケットをエンジニア全員でレビュー ◦ 分割したチケットをチームで分担して実装
  10. #MerpayTechFest チケットを細かく分割 • 1つ 施策に対して1つ 開発チケット ◦ 仕様 概要がチケットに箇条書き ◦

    詳細な仕様 別ドキュメントにまとめられている
  11. #MerpayTechFest チケットを細かく分割 • 1つ 施策に対して1つ 開発チケット ◦ 仕様 概要がチケットに箇条書き ◦

    詳細な仕様 別ドキュメントにまとめられている • 1つ 施策に対して複数 開発チケット ◦ 1つ チケットがアプリ 1つ 振る舞いを表す ◦ 詳細な仕様 別ドキュメントにまとめられている
  12. #MerpayTechFest チケットを細かく分割 • 例え 「メルペイスマート払い 履歴詳細画面」を作る場合(抜粋) ◦ 取引内容 アイコンとタイトルが表示される ◦

    取引内容 詳細が表示される ▪ 決済金額、取引日時、清算種別、取引番号 ◦ 「定額払い 設定へ進む」ボタンが表示される ◦ 「定額払い 設定へ進む」ボタンを押すと次画面に遷移する
  13. #MerpayTechFest 分割したチケットをエンジニア全員でレビュー • Sprint Planning あとに、分割したチケット 内容を エンジニア全員でレビューする時間を設けた • 仕様

    理解を深めつつ、仕様漏れやチケット 過不足がないか 確認 • もし分割したチケット 粒度が大きすぎる場合 さらにチケットを分割
  14. #MerpayTechFest 分割したチケットをチームで分担して実装 • 施策単位で なくチケット単位で実装を担当 • チケット 内容 全員が把握している で誰でも対応が可能

    • 進捗など 状況を見てリソース 配分を調整 • 休みたい時に休める が理想
  15. #MerpayTechFest やってみてどうだったか • QAで発生するバグ 発生率が低下 ◦ 他チームと比べても高い水準を維持 • 追加タスクにも対応しやすくなった •

    エンジニアからも開発しやすくなったと好評 • 他チームにも徐々に広まっている