Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

eversteel採用資料

 eversteel採用資料

makoto saeki / 佐伯真

January 10, 2023
Tweet

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 株式会社EVERSTEEL Company Deck 2023.01

  2. 01 何をやっている会社?

  3. EVERSTEELって何をやっている会社? EVERSTEELは鉄のリサイクルを促進し、鉄鋼業由来の CO2排出量削減という環境課題解決に挑戦する会社です

  4. “鉄の未来を切り拓く” 私は大分の林業家系に生まれ、時に非効率でも自然を守りながら経営する父の背中を見 て、自分も「環境に良いことがしたい」と考えるようになりました。とてもシンプルで すが、これが私の創業の想いです。 大学では資源循環(特に鉄リサイクル)の研究の道に進みましたが、研究を進めるだけ では現実社会を変えることができないことにもどかしさを感じ、研究成果を社会実装す ることを決意し創業しました。 鉄は我々の生活に不可欠な金属ですが、製造時に発生する大量の二酸化炭素は地球規模 の大きな課題です。私たちはこの巨大な環境課題に挑み、鉄の未来を切り拓きます。 株式会社EVERSTEEL 代表取締役 田島圭二郎

    EVERSTEEL創業の想い
  5. なぜ鉄鋼業由来のCO2排出量削減? (参考) IEA Energy Technology Perspectives 2020 26億トン 鉄鋼業由来のCO2排出量 鉄鋼業由来のCO2排出量は世界でおよそ26億トンと言われています。これは

    世界の総排出量のおよそ7~9%を占め、これは全ての製造業の中で最も大きな 割合です。 パリ協定の実現のためには、2050年に鉄鋼業由来のCO2排出量を50%に削減 する必要があると言われており、喫緊の課題です。
  6. なぜ鉄のリサイクル? 製造法によるCO2排出量の違い CO2排出量/t 高炉法 電炉法 リサイクル 原料 製造法 鉄鉱石、石炭 2.32t

    鉄スクラップ 0.67t -71% CO2排出量削減の鍵 = 鉄スクラップの活用 鉄のリサイクルには、鉄スクラップ(解体された建物、廃棄自動車 等から回収された鉄屑)が用いられます。 鉄スクラップを活用することで、鉄鉱石や石炭を利用した高炉法と 比較して、CO2排出量を71%削減することが可能です。 (参考) WORLD STEEL ASSOCIATION
  7. 鉄リサイクルの課題は? 鉄スクラップは品質がバラバラ CO2排出量が少ないにも関わらず、リサイクルによる鉄の製造比率は30%に留 まっています。その主な原因は鉄スクラップの品質管理の難しさです。 左図のように鉄スクラップの中には、建造物に使われるような鉄パイプや板材 の他、ドラム缶、ガスボンベ、さらには冷蔵庫のような電化製品まで本当に多 種多様な部材が混在しており、鉄以外の成分も含まれています。 EVERSTEELはこのような鉄スクラップの品質課題を解決することで、鉄リサイ クルの促進を目指しています。 ガスボンベ

    ドラム缶 鉄パイプ 分厚い板材 コンプレッサ 塗装された鉄パイプ 鉄パイプ 分厚い板材 冷蔵庫
  8. 02 EVERSTEELの目指す 新しい鉄リサイクル

  9. 鉄のリサイクルはどのように行われている? 発生 納入 製造 加工 利用 廃棄 選別・加工 FLOW 鉄鋼系商社

    鉄鋼メーカー 製造メーカー 消費者 スクラップ業者 PLAYER 廃棄された鉄スクラップはスクラップ業者が回収し、選別加工した後に鉄鋼メーカーに納入され、そこで再度鉄に生まれ 変わります。その後自動車メーカーや家電メーカー等の製造メーカーが加工して製品として社会に流通します。 その後廃棄されたものは再びリサイクルされる、という流れで行われています
  10. 鉄のリサイクルには課題が山積している 発生 納入 製造 加工 利用 廃棄 選別・加工 FLOW 鉄鋼系商社

    鉄鋼メーカー 製造メーカー 消費者 スクラップ業者 PLAYER 選別コストが高い 大量の取引先と 毎日Tel, Fax 取引リスクが高い (特に海外取引) きちんと選別しても 高く売れない 価格の乱高下が
 激しい 異物混入に よる事故リスク 不十分な品質管理に よる製造コスト増加 粗悪品を 高くかってしまう 品質の良いスクラップ が手に入らない 品質の判断できる 人材が不足 PROBLEM 鉄スクラップの流通フローは何十年も変化がなく、様々な課題が山積しています。リサイクルの促進のためには、鉄スク ラップの品質を正確に判定し取り扱う必要があります。また、高品質の鉄スクラップが流通する市場を作ることで、鉄ス クラップを将来もずっと利用し続けることができる資源にしなければなりません。
  11. EVERSTEELの目指す新しい鉄リサイクル スクラップAI ・画像解析によりスクラップの品 質を自動で判定 ・工場毎に異なっていた判定基準 を統一し、取引をスムーズに スクラップ取引所 ・スクラップAIによる品質保証を 前提としたバーチャル取引所 ・価格予測により適正価格で取引

    が可能に スクラップトレースシステム ・鉄スクラップの発生から利用 までのデータを蓄積 ・画像解析に加えて品質保証に利 用し、更なる透明性向上へ スクラップファクトリー ・ロボットやAIを活用し選別を自 動化、高精度化 ・低品質スクラップを高品質ス クラップにアップサイクル 4つの仕組みにより、鉄スクラップの流通に関わるあらゆるプレイヤーが、 高品質な鉄スクラップをノーリスクで取引することのできる市場を作る 透明性の高い鉄リサイクル市場を作る
  12. 03 現在の取り組み スクラップAI

  13. スクラップAIとは? スクラップAI 工場に設置したカメラ スクラップ映像 スクラップのグレード判定 20種類以上あるグレードの割合を判定 A 50% B 40%

    C 10% 異物・危険物検出 非鉄成分を含む異物や危険物を検出 コンクリート 配電盤 ダスト(砂)推定 スクラップ中のダスト量を予測 ダスト 2.5% スクラップパーツ検出 鉄鋼材の種類毎にパーツを検出する 厚板 薄板 鉄筋 工場に設置したカメラで撮影したスクラップをリアルタイムに解析を行います。 スクラップAIにより、グレード判定、異物・危険物検出・スクラップパーツ検出・ダスト推定等の品質管理に必要な情報 を正確に瞬時に取得することができます。
  14. スクラップAI SaaS スクラップAIをSaaSとして、鉄鋼メーカー様やスクラップ業者様へ提供しています。取り扱っているスクラップの種類や 撮影環境は現場によって異なるため、必要に応じてカスタマイズを行っています。また、サービス運用後も機能の追加やAI のアップデートを行います。 スクラップAIで解析した結果 実際に製鉄所で使用している様子

  15. 03 会社 / 採用について

  16. 会社の沿革 2023年1月現在、創業1年10ヶ月。 2020年7月 2019年2月 未踏アドバンスト事業 採択 代表の田島がスイスで研究開発を開始 2021年1月 2021年3月 2021年4月

    東大IPC 1st round 採択 株式会社EVERSTEEL 設立 東京大学FoundX 採択 / 東大アントレラボ入居 2021年7月 2022年6月 2022年11月 2022年12月 JETRO主催 NET ZERO Leaders Summit 参加 大和工業・東京製鉄との実証実験を発表 NHK ニュースウォッチ9 に出演 朝日工業との実証実験を発表
  17. メンバー紹介 東京大学工学部マテリアル工学科で、鉄鋼材リサ イクルを研究した後、スイスで画像解析技術を学 び、現在の技術の基礎を確立。四六時中スクラッ プのことを考えているスクラップ博士。 スタートアップを経験後、中学校からの同級生で ある代表の田島の鉄への軒並みならぬ熱い思いに 感銘を受けジョイン。 大手通信事業会社に入社しインフラエンジニアを 経験。現在はAI開発に加え、各地の現場を飛び回

    りインフラ構築を手がける。ランニングで通勤す るマラソンランナー。 大学で数理最適化に関する理論研究を行った後、 独学でアプリケーション開発を学びジョイン。 猫とvimが好き。 テーマパーク業界での事業開発や戦略コンサルで の経験の後、EVERSTEELのビジョンに共感し猛 烈な勢いでジョイン。 Ke ij iro Taj ima C EO / 事業開発 Makoto Saek i Co-Founder / PM Kosuke K ito AI / 組込 / インフラ Kouhe i Katag ir i アプリエンジニア Rika Ko miya 広報・ コーポレ ート
  18. 組織体制 AI開発 エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア エンジニア ハード組込 エンジニア

    エンジニア アドバイザー アノテーション 専門アノテータ 専門アノテータ 専門アノテータ アプリ開発 エンジニア(BE) エンジニア(FE) エンジニア(FE) エンジニア(FE) PM デザイナー 事業開発 アドバイザー 事業開発 事業開発 事業開発 コーポレート 採用 採用・経理・広報 フルタイム5名+副業16名+派遣3名のチームです。
  19. 技術スタック Front-end React Typescript Next.js User Back-end AppSync DynamoDB Lambda

    Cognito EC2 AI Python FastAPI Docker ECS AWS CDK GraphQL
  20. We are hiring!! 鉄の世界へようこそ! 一緒に新しい鉄の世界を創っていくメンバーを募集しています。詳しくは以下よ りご確認ください。 ▪採用ページ https://www.notion.so/eversteel/ EVERSTEEL-7ddb9d6ad31d4e0a82486115dd6009d0