Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

4:3のスライド

17d7df2ee1ecb4ddf6a0ac1261e14bf4?s=47 tatsuaki watanabe
November 11, 2021
100

 4:3のスライド

17d7df2ee1ecb4ddf6a0ac1261e14bf4?s=128

tatsuaki watanabe

November 11, 2021
Tweet

More Decks by tatsuaki watanabe

Transcript

  1.  グスコーブドリは、イーハトーヴの大きな森のなかに生まれました。おとうさんは、 グスコーナドリという名高い木こりで、どんな大きな木でも、まるで赤ん坊を寝かし つけるようにわけなく切ってしまう人でした。  ブドリにはネリという妹があって、二人は毎日森で遊びました。ごしっごしっとおと うさんの木を挽ひく音が、やっと聞こえるくらいな遠くへも行きました。二人はそこで 木いちごの実をとってわき水につけたり、空を向いてかわるがわる山鳩やまばとの 鳴くまねをしたりしました。するとあちらでもこちらでも、ぽう、ぽう、と鳥が眠そうに 鳴き出すのでした。  おかあさんが、家の前の小さな畑に麦を播まいているときは、二人はみちにむし ろをしいてすわって、ブリキかんで蘭らんの花を煮たりしました。するとこんどは、も

    ういろいろの鳥が、二人のぱさぱさした頭の上を、まるで挨拶あいさつするように鳴 きながらざあざあざあざあ通りすぎるのでした。  ブドリが学校へ行くようになりますと、森はひるの間たいへんさびしくなりました。 そのかわりひるすぎには、ブドリはネリといっしょに、森じゅうの木の幹に、赤い粘土 や消し炭で、木の名を書いてあるいたり、高く歌ったりしました。  ホップのつるが、両方からのびて、門のようになっている白樺しらかばの木には、 「カッコウドリ、トオルベカラズ」と書いたりもしました。