Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Serverless Frameworkを本番環境に投入するために

Serverless Frameworkを本番環境に投入するために

Serverless Frameworkを本番環境に投入するために

4b071f90c5d9c0a58e2d9076460b7be4?s=128

さっちゃん

November 17, 2016
Tweet

Transcript

  1. Serverless Frameworkを 本番環境に投⼊するために

  2. .。oO(さっちゃんですよヾ(〃l _ l)ノ゙☆)

  3. None
  4. DreeVee (動画広告プラットフォーム) 等

  5. サーバーサイドエンジニア

  6. Serverless Architecture FaaS Serverless Framework Case Study

  7. Serverless Architecture FaaS Serverless Framework Case Study

  8. サーバーレスアーキテクチャとは?

  9. サーバー (レスアーキテクチャ) とは?

  10. Client

  11. 常駐 Process Client Event

  12. 常駐 Process Client 狀態 Event

  13. 常駐 Process Client 狀態 Client Client Client Client Client Client

    Client Client Client Client
  14. 常駐 Process Client 狀態 Client Client Client Client Client Client

    Client Client Client Client 常駐 Process 常駐 Process 狀態 狀態
  15. 常駐 Process Client 狀態 Client Client Client Client Client Client

    Client Client Client Client 常駐 Process 常駐 Process 狀態 狀態 管理
  16. 管理すべき事 ↓ Eventの振り分け (Load balancing) 処理能⼒の割り當て (Scale up) Process數の増減 (Scale

    out) 死活監視 Ver.更新
  17. 管理すべき事 ↓ Eventの振り分け (Load balancing) 処理能⼒の割り當て (Scale up) Process數の増減 (Scale

    out) 死活監視 Ver.更新 (╯°□°)╯︵ ┻━┻
  18. サーバーレスアーキテクチャとは?

  19. 常駐 Process Client 狀態 Client Client Client Client Client Client

    Client Client Client Client 常駐 Process 常駐 Process 狀態 狀態 管理
  20. Client Client Client Client Client Client Client Client Client Client

    Client 狀態 サーバーレスアーキテクチャ 管理 Fun Fun Fun Fun Fun Fun
  21. サーバーレスアーキテクチャ ↓ BaaS (Backend as a Service) FaaS (Function as

    a Service) S3, Cognito, Pusher, Auth0, Algolia, …
  22. サーバーレスアーキテクチャ ↓ Functionを第⼀級市⺠として扱ふインフラ設計。 Application serverの、出來る事を殆ど減らさず 管理costを無くせる。

  23. Awesome ↓ https://github.com/anaibol/awesome-serverless

  24. Tips:「serverless」でググってはいけない(☍﹏⁰) (Serverless Framework (後述) の事しか 出て來ない)

  25. Serverless Architecture FaaS Serverless Framework Case Study

  26. FaaS ?

  27. FaaS ? ↓ AWS Lambda Google Cloud Functions Azure Functions

    IBM OpenWhisk
  28. FaaS (Function as a Service) ?

  29. FaaS (Function as a Service) ?

  30. FaaS (函數 as a Service) ?

  31. Function (函數, 働き)

  32. P Q f

  33. Function ↓ 函數: ⼊⼒と出⼒の對 働き: 狀態遷移 (⾮形式的に) ⾔葉のイメージとしては、 Function=函數∪働き

  34. Function ↓ 1つの⼊⼒と1つの出⼒を持ち、狀態を變更する

  35. FaaS ?

  36. Event source 狀態 Function 變更 結果 Event

  37. Event source 狀態 Function 變更 結果 Event Function

  38. 狀態 Function 變更 Function Event source Event source Event source

  39. Event source 狀態 Function Event source Event source Function Function

    Function Function Function Function Event
  40. Event source 狀態 Function Event source Event source Function Function

    Function Function Function Function Event Eventと Functionが 1對1
  41. FaaS ↓ Functionを實⾏するインフラを提供する

  42. FaaS ↓ 「 1つの⼊⼒と1つの出⼒を持ち、狀態を變更す る」ものを實⾏するインフラを提供する

  43. 管理すべきだった事 ↓ Eventの振り分け (Load balancing) 処理能⼒の割り當て (Scale up) Process數の増減 (Scale

    out) 死活監視 Ver.更新
  44. FaaSで管理すべき事 ↓ Eventの振り分け (Load balancing) 処理能⼒の割り當て (Scale up)→設定する Process數の増減 (Scale

    out) 死活監視→Log監視 Ver.更新→⾃然なBlue-Green
  45. FaaSで管理すべき事 ↓ Eventの振り分け (Load balancing) 処理能⼒の割り當て (Scale up)→設定する Process數の増減 (Scale

    out) 死活監視→Log監視 Ver.更新→⾃然なBlue-Green ♪(*>ω<)o∀*∀o(>ω<*)♪カンパーイ
  46. Tips:「FaaS」でググってはいけない(☍﹏⁰) (Fraud as a Service: 詐欺代⾏ named by RSA Security@2008の事しか

    出て來ない)
  47. Serverless Architecture FaaS Serverless Framework Case Study

  48. https://serverless.com/

  49. Serverless Framework ↓ FaaSを中⼼として、サーバーレスアーキテクチャ でserviceを構築する爲のframework

  50. (〃l _ l)<でもFaaSは樂だし、framework要らな くない?

  51. (まぁFaaSは樂だよ。FaaSは)Oo。.(l _ l〃)

  52. Event source 狀態 Function 變更 結果 Event Function

  53. Event source 狀態 Function 變更 結果 Event Function Event sourceって

    具體的には何?
  54. Evet source ↓ Storageの更新/cron/HTTP access/MQTT access 等 例へばAWS Lambdaに對するAPI Gateway

  55. API Gateway ↓ 何かに對するREST interfaceを作成する どうやって?

  56. Terraformで剥き出しのAWS resourceを 管理する例 API GatewayとLambdaの組み合はせでリリースするバージョンを制御する - c4se記:さっちゃんですよ☆ http://c4se.hatenablog.com/entry/2016/07/26/122508

  57. Terraformで剥き出しのAWS resourceを管理する例 API GatewayとLambdaの組み合はせでリリースするバージョンを制御する - c4se記:さっちゃんですよ☆ http://c4se.hatenablog.com/entry/2016/07/26/122508 管理するもの ↓ aws_lambda_function/aws_lambda_alias/aws_lambda_alias/aws_lam

    bda_permission/aws_lambda_permission/aws_api_gateway_rest_api/ aws_api_gateway_deployment/aws_api_gateway_deployment/aws_ap i_gateway_resource/aws_api_gateway_resource/aws_api_gateway_m ethod/aws_api_gateway_method/aws_api_gateway_integration/aws_ api_gateway_integration/aws_api_gateway_method_response/aws_ap i_gateway_method_response/aws_api_gateway_method_response/aw s_api_gateway_method_response/aws_api_gateway_method_respons e/aws_api_gateway_method_response/aws_api_gateway_integration_ response/aws_api_gateway_integration_response/aws_api_gateway_i ntegration_response/aws_api_gateway_integration_response/aws_api _gateway_integration_response/aws_api_gateway_integration_respon se
  58. Terraformで剥き出しのAWS resourceを管理する例 API GatewayとLambdaの組み合はせでリリースするバージョンを制御する - c4se記:さっちゃんですよ☆ http://c4se.hatenablog.com/entry/2016/07/26/122508 deploy⼿順 ↓ 1.

    aws_lambda_alias.prodのfunction_versionを "$LATEST" にしておく。Lambda函數作成前で、 publish_versionもしてゐずバージョンが未だ無い爲。 2. LambdaとAPI Gatewayをデプロイ。 3. API Gatewayをstagingステージにデプロイ。 4. stagingで検証。 5. Lambdaをpublish_versionして、Versionをメモする。 6. aws_lambda_alias.prodのfunction_versionを 上でメ モしたバージョンに書き換へる。 7. Lambdaをデプロイ。 8. API Gatewayをprodステージにデプロイ。
  59. Terraformで剥き出しのAWS resourceを管理する例 API GatewayとLambdaの組み合はせでリリースするバージョンを制御する - c4se記:さっちゃんですよ☆ http://c4se.hatenablog.com/entry/2016/07/26/122508 deploy⼿順 ↓ 1.

    aws_lambda_alias.prodのfunction_versionを "$LATEST" にしておく。Lambda函數作成前で、 publish_versionもしてゐずバージョンが未だ無い爲。 2. LambdaとAPI Gatewayをデプロイ。 3. API Gatewayをstagingステージにデプロイ。 4. stagingで検証。 5. Lambdaをpublish_versionして、Versionをメモする。 6. aws_lambda_alias.prodのfunction_versionを 上でメ モしたバージョンに書き換へる。 7. Lambdaをデプロイ。 8. API Gatewayをprodステージにデプロイ。 (╯°□°)╯︵ ┻━┻
  60. Terraformで剥き出しのAWS resourceを管理する例 API GatewayとLambdaの組み合はせでリリースするバージョンを制御する - c4se記:さっちゃんですよ☆ http://c4se.hatenablog.com/entry/2016/07/26/122508 deploy⼿順 ↓ 1.

    aws_lambda_alias.prodのfunction_versionを "$LATEST" にしておく。Lambda函數作成前で、 publish_versionもしてゐずバージョンが未だ無い爲。 2. LambdaとAPI Gatewayをデプロイ。 3. API Gatewayをstagingステージにデプロイ。 4. stagingで検証。 5. Lambdaをpublish_versionして、Versionをメモする。 6. aws_lambda_alias.prodのfunction_versionを 上でメ モしたバージョンに書き換へる。 7. Lambdaをデプロイ。 8. API Gatewayをprodステージにデプロイ。 Event sourceの管理とEvent sourceとFunctionの 對應の管理には、温かみの在る⾮⼈間的な作業が ⼀杯!
  61. Serverless Frameworkで管理する例 ↓ provider: stage: staging functions: example: handler: handler.handler

    events: - http: path: "example/example” method: get integration: lambda - http: path: "example/example” method: put integration: lambda
  62. Serverless Frameworkで管理する例 ↓ `sls deploy ‒s prod`

  63. Serverless Frameworkで管理する例 ↓ `sls deploy ‒s prod` ♪(*>ω<)o∀*∀o(>ω<*)♪カンパーイ

  64. Serverless Frameworkとは ↓ FaaSに對して、Function/Event source/狀態を保 持するserviceをdeployするtool

  65. AWSに對するServerless Frameworkとは ↓ Cloud Formation + Lambda Suuuuuuuuuuuuuuuuper simple!

  66. Tips:「Serverless Framework」で ググってもよいです(〃l _ l)

  67. Serverless Architecture FaaS Serverless Framework Case Study

  68. ⼩さなHTTP serviceを作った話 Serverless Frameworkをv0.5→v1.0に更新した話 RDSのslow queryを監視する話

  69. ⼩さなHTTP serviceを作った話 Serverless Frameworkをv0.5→v1.0に更新した話 RDSのslow queryを監視する話

  70. RDSが1時 間毎に作る slowquery log RDSが1時 間毎に作る slowquery log RDSが1時間 毎に作る

    slowquery log CloudWatch Schedule Lambda Chat room 1回/1 hour 取得 投稿
  71. service: xxx-export-slow-query provider: name: aws region: ap-northeast-1 stage: prod runtime:

    python2.7 iamRoleStatements: - Effect: Allow Action: - rds:DescribeDBLogFiles - rds:DownloadDBLogFilePortion Resource: - arn:aws:rds:* package: exclude: - tasks.py - tests functions: exportToChat: handler: handler.export_to_chat memorySize: 512 timeout: 6 events: - schedule: rate(1 hour)
  72. ⼀番難しかったところ ↓ slowquery.logを取得する最⼩のIAM roleを確かめるところ

  73. ⼩さなHTTP serviceを作った話 Serverless Frameworkをv0.5→v1.0に更新した話 RDSのslow queryを監視する話

  74. 問題は簡單 ↓ ユーザーの⾏動に依って増減する或るもの個數を管理せよ 増減履歴も保存する 半年間増減しなければ0個にする

  75. 解決は難しい ↓ ユーザー數がそこそこ多い 増減囘數もわりと多い 參照囘數はかなり多い 増減履歴は凄く多い Access數が突然増える 個數がおかしくなったらコ◯スよ 既存のsystemがかなり複雜

  76. 既存のsystemが複雜だね ↓ でもmicro serviceに出來るね インフラが難しいね ↓ でもAPI Gateway + Lambda

    + DynamoDBなら簡單だね!
  77. API Gateway Lambda 取得/増減 Dynamo DB (個數) Dynamo DB (履歴)

    GET/PUT 追記 GET/PUT
  78. ⼀番難しかったところ ↓ DynamoDBでtransactionっぽい事が出來るのを確かめるところ (+ 途中迄Terraformで組んでたので、Terraformが難しかった)

  79. ⼩さなHTTP serviceを作った話 Serverless Frameworkをv0.5→v1.0に更新した話 RDSのslow queryを監視する話

  80. 前記の⼩さなHTTP serviceは Serverless Framework v0.5で作ってゐた ↓ v1.0がreleaseされたので、更新した

  81. v0.5 / s-project.json functions/ fun-a/ s-function.json aʼs code fun-b/ s-function.json

    bʼs code v1.0 / serverless.yml fun-a&fun-bʼs code
  82. v0.5→v1.0 ↓ 設定が抽象化された (AWSに依存した記法が殆ど無くなった) 設定が短くなった Function毎にcodeを分けなくなった AWSに作るresourceの命名法が變はった

  83. v0.5→v1.0 ↓ AWSに作るresourceの命名法が變はった事を利⽤して、 無停⽌でupgradeした

  84. 舊Lambda API Gateway custome domain 舊API Gateway resource 舊Lambda API

    Gateway custome domain 舊API Gateway resource 新Lambda 新API Gateway resource API Gateway custome domain 新Lambda 新API Gateway resource
  85. ⼀番難しかったところ ↓ 檢證して、インフラを變更する恐怖を乘り越えろ

  86. 纏め

  87. What?/Why? サーバーレスアーキテクチャ→ Functionを第⼀級市⺠として扱ふインフラ設計 Function→ 1つの⼊⼒と1つの出⼒を持ち、狀態を變更する Serverless Framework→ FaaSと周邊serviceをdeployするtool

  88. What?/Why? サーバーレスアーキテクチャ→ インフラ管理costが激減する FaaS→ Applicationとインフラ管理を分離出來る Serverless Framework→ FaaSへのdeployが凄く簡單になる