Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Happy birthday Kotlin! #jkug

14c9795d267f5b85abb98ca5e8780646?s=47 Taro Nagasawa
February 26, 2016

Happy birthday Kotlin! #jkug

Kotlin Birthday Party (https://kotlin.doorkeeper.jp/events/38987) で発表した内容です。

14c9795d267f5b85abb98ca5e8780646?s=128

Taro Nagasawa

February 26, 2016
Tweet

Transcript

  1. Happy birthday Kotlin! 2016-02-26 #jkug @ngsw_taro

  2. 2016年2月15日

  3. Kotlin 1.0 released

  4. おめで とう!

  5. 振り返る、

  6. Kotlin 1.0 リリースまでの

  7. 道のりを。

  8. None
  9. 2011年7月

  10. JVM Language Summitで発表さ れた、

  11. JetBrains社が 開発した言語、

  12. Kotlin

  13. 当時のスライド goo.gl/HdYO5G

  14. 2012年1月

  15. たろー、Kotlinと 出会う

  16. そして、Kotlinの 虜になった

  17. 当時はまだ、 実装が存在しな かった

  18. Kotlinを学ぶに は公式ドキュメン トくらい。。

  19. 2012年2月

  20. Kotlin、初の 実装がリリースさ れる!

  21. Twitter API勉強 会にて、

  22. 初のKotlin LT

  23. None
  24. マイルストーン

  25. 無印 M1 M2 M3 M4 M5, M5.1, M5.2, M5.3 M6,

    M6.1, M6.2 M7 M8 M9 M10, M10.1 M11, M11.1 M12, M12.1 M13 M14 Beta Candidate Beta, Beta 2, Beta 3, Beta 4 RC 1.0
  26. M1 ローカル関数、アノ テーション、列挙型な どが実装された

  27. M2 Androidサポート、 invokeメソッド

  28. M3 タプル廃止、データクラ ス、多重代入、コレクション API改善、セカンダリコン ストラクタ廃止、sure()メ ソッド廃止 2012年9月ごろ

  29. おまけ Kara Web Framework の登場。CSSやHTML までもKotlinで記述する フレーワムーク。

  30. M4 copyメソッド、 KAnnotator

  31. 2013年3月 日経ソフトウエア 読み切り掲載

  32. M5.x 内部クラス、コンストラクタ引数 のデフォルト値、レンジの改良、 Delegated Property、関数の パラメータ変数の変更禁止、関 数参照、SAM変換

  33. 2013年7月 第1回かわいいKotlin 勉強会開催 申込総数 67人

  34. M6.x SAM変換改善、アノテーション 改善、static field、関数リテラ ルから外側の関数のreturn、 末尾呼び出し最適化

  35. M7 インライン関数、 throwsアノテーション

  36. 2014年9月 第1回関西Kotlin 勉強会開催

  37. M8 プロパティ参照、インライン関数 改善、transient, strictfpなど

  38. M9 platformStatic, platformName、Platform Type、ローカルobject廃止 KotterKnife だいたいこのくらいの時期

  39. M10 reified type、宣言箇所での変 異指定改善、可変長引数改善、 dynamic

  40. 2015年3月 SoftwareDesign 連載開始

  41. M11 セカンダリコンストラクタ復活、 init、companion object、関 数式 Anko, kapt だいたいこの時期

  42. M12 アノテーション記法変更、ラベル 記法変更、traitからinterface、 class object廃止

  43. M13 lateinit、sealed class、Java のgetter/setterがプロパティに 見える

  44. M14 バッキングフィールドアクセス、 operator修飾子、const修飾 子、===演算子

  45. Beta infix修飾子、将来のための予 約語、標準ライブラリ改善、その 他諸々

  46. RC @delegate、@Nonnull, @NotNull、可変長引数改善、 暗黙のレシーバ修正、標準ライ ブラリ改善

  47. そして

  48. 1.0

  49. シンプル 安全 相互運用性

  50. pragmatic 実用的、実践的

  51. みんなでKotlin を盛り上げて行こ う!!!!

  52. Kotlin本書いて ます!お楽しみ に!読書会とか も考え中!

  53. ご清聴ありがとうございました