Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Base Database Service 技術詳細

Oracle Base Database Service 技術詳細

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer
PRO

June 21, 2022
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Base Database Service - Enterprise Database Service - Standard

    Database Service 技術詳細 2022/06/21 日本オラクル株式会社 クラウド・エンジニアリング統括 COE本部 データベース・ソリューション部
  2. Safe harbor statement The following is intended to outline our

    general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, timing, and pricing of any features or functionality described for Oracle’s products may change and remains at the sole discretion of Oracle Corporation. Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 2
  3. はじめに Copyright © 2021 Oracle and/or its affiliates. 3 本資料は、

    Oracle Cloud Infrastructure – Database の技術情報 です。 Oracle Cloud Infrastructure Classic は対象外です。
  4. • Oracle Base Database Service マニュアル(日本語) • https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/bm-and-vm-dbs-cloud/index.html • ※2022年4月時点のマニュアルの翻訳のため、6/1に提供開始されたE4

    Flex Shapesについての記載がありません。最新版は、 英語版をご参照ください。(2022年6月時点) • Oracle Base Database Service マニュアル(英語) • https://docs.oracle.com/en/cloud/paas/bm-and-vm-dbs-cloud/index.html https://docs.oracle.com/en-us/iaas/dbcs/index.html • Oracle Enterprise Database Service 製品ページ • https://www.oracle.com/jp/database/enterprise/ • Oracle Standard Database Service 製品ページ • https://www.oracle.com/jp/database/standard/ • OCIチュートリアル:Database Cloud Service (DBCS) を使ってみよう • https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/database/ マニュアル/製品ページ/チュートリアル Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 4
  5. Agenda Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 5 サービス・ラインナップ

    サービス概要 技術詳細 まとめ Appendix
  6. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS/IaaS) & Oracle Cloud Applications (SaaS) Oracle

    Cloud Oracle Cloud Applications Global Cloud Data Center Infrastructure Commercial and Government Public Cloud Regions | Cloud@Customer | Dedicated Regions | Roving Edge Security | Governance | Compliance アプリケーション開発 DevOps インテグレーション コンテナ 管理・監視 自動化 ネイティプVMware 機械学習 AI コンピュート ストレージ 分析・BI データサイエンス リレーショナル・ データベース その他のデータベース ネットワーク ERP SCM HCM ACX IA Enterprise Resource Planning Supply Chain and Manufacturing Human Capital Management Advertising and Customer Experience Industry Applications Oracle Cloud Infrastructure Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates 6
  7. 多様なビジネス要件に対応する柔軟なサービスを提供 Oracle Cloudにて提供するデータベースサービス Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    7 Base Database Service Exadata Database Service Autonomous Database Oracleによるフルマネージド Oracle管理のインフラストラクチャとお客さま管理のデータベース あらゆるワークロードに対応する最高のパフォーマンス、拡張性、統合性 シングル/小規模なワークロード Automation Shared ADB on Dedicated Infrastructure Exadata Cloud Infrastructure Oracle Cloud Infrastructure Exadata Cloud@Customer Enterprise and Standard Database Services ADB on Cloud@Customer Oracle Cloud Infrastructure お客さまの データセンター お客さまの データセンター
  8. 構成 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 8

  9. Shape Type Flexible Processor AMD Shape Name VM.Standard.E4.Flex OCPU 1

    – 64 Memory (DB) 16 - 1024 Storage (使用可能なストレージ) 256 GB – 80 TB ※LVMは40 TBまで 仮想マシンDBシステム 仮想マシン DBシステム • 仮想マシンシェイプで構成 • ネットワークアタッチされたOCI Block Volumesを使用 • データベースファイル管理 • Oracle自動ストレージ管理(ASM) • 論理ボリュームマネージャ(LVM) • 1ノードVMシェイプに一つのデータベース(DB or CDB) • VMシェイプを二つ使用して2ノードRACを構成可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 9 VCN AD Private Subnet Object Storage Block Volume VM Database Public Compute Block Volume Database Service用 AP用 構成例 Shape Type VM X7 Processor Intel Shape Name VM.Standard2.1 – VM.Standard2.24 OCPU 1 – 24 Memory (DB) 15 - 320 Storage (使用可能なストレージ) 256 GB – 40 TB
  10. シェイプ • 仮想マシンは2つのVMで RAC を構成可能 • VMシェイプはインスタンス作成後にも変更可能(※異なるType間での変更は不可) • FlexibleシェイプはOCPU数に比例してメモリ、ネットワーク帯域幅、IOPSが拡張 •

    Flexibleシェイプは2022/04以降のRUが適用されたDatabaseバージョンで利用可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 10 Type Processor Shape OCPU Memory Storage Network Flexible AMD VM.Standard.E4.Flex 1~64 16~1024 GB Block Storage (-80TB) 1~40 Gbps VM X7 Intel VM.Standard.2.1 1 15 GB Block Storage (-40TB) 1 GbE 〃 VM.Standard.2.2 2 30 GB Block Storage (-40TB) 2 GbE 〃 VM.Standard.2.4 4 60 GB Block Storage (-40TB) 4 GbE 〃 VM.Standard.2.8 8 120 GB Block Storage (-40TB) 8 GbE 〃 VM.Standard.2.16 16 240 GB Block Storage (-40TB) 16 GbE 〃 VM.Standard.2.24 24 320 GB Block Storage (-40TB) 25 GbE 参照) Oracle Base Database Service
  11. Flexibleシェイプ:ストレージ・サイズ(Block Volume) – シングル(ASM) Base Database Service Copyright © 2022

    Oracle and/or its affiliates. 11 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 256 256 200 712 512 256 200 968 1,024 512 200 1,736 2,048 512 200 2,760 4,096 1,024 200 5,320 8,192 2,048 200 10,440 12,288 4,096 200 16,584 16,384 4,096 200 20,680 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 24,576 8,192 200 32,968 32,768 8,192 200 41,160 40,960 10,240 200 51,400 49,152 12,288 200 61,640 57,344 14,336 200 71,880 65,536 16,384 200 82,120 73,728 18,432 200 92,360 81,920 20,480 200 102,600 参照) Oracle Base Database Service • システム作成時に、使用可能なストレージ(GB)を選択 • DATA領域(DATAディスク・グループ)のサイズ • DATA領域(DATA(GB)列)によってRECO領域(RECO(GB)列)が決まる → 実利用Block Volume (Total(GB)列)=課金対象の容量が決まる • プロビジョニング後にDATA領域とRECO領域をそれぞれスケールアップ可能
  12. Flexibleシェイプ:ストレージ・サイズ(Block Volume) – RAC Base Database Service Copyright © 2022

    Oracle and/or its affiliates. 12 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 256 256 200*2 912 512 256 200*2 1,168 1,024 512 200*2 1,936 2,048 512 200*2 2,960 4,096 1,024 200*2 5,520 8,192 2,048 200*2 10,640 12,288 4,096 200*2 16,784 16,384 4,096 200*2 20,880 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 24,576 8,192 200*2 33,168 32,768 8,192 200*2 41,360 40,960 10,240 200*2 51,600 49,152 12,288 200*2 61,840 57,344 14,336 200*2 72,080 65,536 16,384 200*2 82,320 73,728 18,432 200*2 92,560 81,920 20,480 200*2 102,800 • システム作成時に、使用可能なストレージ(GB)を選択 • DATA領域(DATAディスク・グループ)のサイズ • DATA領域(DATA(GB)列)によってRECO領域(RECO(GB)列)が決まる → 実利用Block Volume (Total(GB)列)=課金対象の容量が決まる • RAC構成の場合、S/W用領域は2ノード分 • プロビジョニング後にDATA領域とRECO領域をそれぞれスケールアップ可能 参照) Oracle Base Database Service
  13. X7シェイプ:ストレージ・サイズ(Block Volume) – シングル Base Database Service Copyright © 2022

    Oracle and/or its affiliates. 13 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 256 256 200 712 512 256 200 968 1,024 256 200 1,480 2,048 408 200 2,656 4,096 820 200 5,116 6,144 1,228 200 7,572 8,192 1,640 200 10,032 10,240 2,048 200 12,488 12,288 2,456 200 14,944 14,336 2,868 200 17,404 16,384 3,276 200 19,860 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 18,432 3,688 200 22,320 20,480 4,096 200 24,776 22,528 4,504 200 27,232 24,576 4,916 200 29,692 26,624 5,324 200 32,148 28,672 5,736 200 34,608 30,720 6,144 200 37,064 32,768 6,552 200 39,520 34,816 6,964 200 41,980 36,864 7,372 200 44,436 38,912 7,784 200 46,896 40,960 8,192 200 49,352 • システム作成時に、使用可能なストレージ(GB)を選択 • DATA領域(DATAディスク・グループ)のサイズ • DATA領域(DATA(GB)列)によってRECO領域(RECO(GB)列)が決まる → 実利用Block Volume (Total(GB)列)=課金対象の容量が決まる • プロビジョニング後にDATA領域とRECO領域をそれぞれスケールアップ可能 参照) Oracle Base Database Service
  14. X7シェイプ:ストレージ・サイズ(Block Volume) – RAC Base Database Service Copyright © 2022

    Oracle and/or its affiliates. 14 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 256 256 200*2 912 512 256 200*2 1,168 1,024 256 200*2 1,680 2,048 408 200*2 2,856 4,096 820 200*2 5,316 6,144 1,228 200*2 7,772 8,192 1,640 200*2 10,232 10,240 2,048 200*2 12,688 12,288 2,456 200*2 15,144 14,336 2,868 200*2 17,604 16,384 3,276 200*2 20,060 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) 18,432 3,688 200*2 22,520 20,480 4,096 200*2 24,976 22,528 4,504 200*2 27,432 24,576 4,916 200*2 29,892 26,624 5,324 200*2 32,348 28,672 5,736 200*2 34,808 30,720 6,144 200*2 37,264 32,768 6,552 200*2 39,720 34,816 6,964 200*2 42,180 36,864 7,372 200*2 44,636 38,912 7,784 200*2 47,096 40,960 8,192 200*2 49,552 • システム作成時に、使用可能なストレージ(GB)を選択 • DATA領域(DATAディスク・グループ)のサイズ • DATA領域(DATA(GB)列)によってRECO領域(RECO(GB)列)が決まる → 実利用Block Volume (Total(GB)列)=課金対象の容量が決まる • RAC構成の場合、S/W用領域は2ノード分 • プロビジョニング後にDATA領域とRECO領域をそれぞれスケールアップ可能 参照) Oracle Base Database Service
  15. Flexibleシェイプ・X7シェイプ共通:ストレージ・サイズ(Block Volume) – シングル(LVM) Base Database Service Copyright © 2022

    Oracle and/or its affiliates. 15 DATA (GB) RECO (GB) S/W用 (GB) Total (GB) スケーリングで使用可能な 最大ストレージ(GB) 256 256 200 712 2,560 512 256 200 968 2,560 1,024 512 200 1,736 5,120 2,048 1,024 200 3,272 10,240 4,096 1,024 200 5,320 20,480 8,192 2,048 200 10,440 40,960 参照) Oracle Base Database Service • システム作成時に、使用可能なストレージ(GB)を選択 • DATA領域(DATAディスク・グループ)のサイズ • DATA領域(DATA(GB)列)によってRECO領域(RECO(GB)列)が決まる → 実利用Block Volume (Total(GB)列)=課金対象の容量が決まる • プロビジョニング後にDATA領域とRECO領域をそれぞれスケールアップ可能
  16. エディションについて Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 16 Extreme Performance High Performance Enterprise Edition Multitenant Partitioning Advanced Compression Advanced Security, Label Security, Database Vault Real Application Clusters DB In-Memory Active Data Guard • 完全なデータベース・ インスタンス • 表領域暗号化 Standard Edition • 全てのEE 標準機能 - Data Guard - Hybrid Columnar Compression(HCC) - パラレル処理 etc Real Application Testing OLAP Management Packs (Data Masking and Subsetting Pack, Diagnostics and Tuning Packs) 全てのデータベース・オプション機能 が利用可能 Oracle Database Cloud では、 全てのエディションで 表領域暗号化機能を提供 主なデータベース・オプション機能 が利用可能 Management Packs (Database Lifecycle Management Pack, Cloud Management Pack for Oracle Database) ¥25.8/h ¥106.452/h ¥51.61/h ¥161.292/h * 料金:CPU当たり https://www.oracle.com/cloud/price-list.html
  17. サービスごとに利用可能なオプション機能のイメージ 利用可能なオプション機能が増える=性能・可用性・セキュリティが強化、活用ケースが広がる Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. 17 DB-SE Exadata DB-HP Autonomous Database DB-EE DB-EP Advanced Security Label Security Database Vault OLAP 一部機能 制限あり Infiniband Offload SQL to Storage Smart Flash Cache/log Storage Index IORM/Network RM In-Memory Fault Tolerance ExaFusion Columnar Flash Cache Active Data Guard Database In-Memory Advanced Analytics Spatial & Graph Database Lifecycle Management Pack Cloud Management Pack for Oracle Database Multitenant Partitioning Advanced Compression Oracle Database Enterprise Edition, Data Masking and Subsetting Pack , Diagnostics and Tuning Packs , Real Application Testing Oracle Database Standard Edition 2, Transparent Data Encryption Database Lifecycle Management Pack Cloud Management Pack for Oracle Database Real Application Clusters
  18. プロビジョニング Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 18

  19. プロビジョニング 各項目に値を入力し、 [Launch DBシステム]ボタンを 押すとDBシステムが作成されインスタンスが起動します Base Database Service Copyright ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. 19 DISPLAY NAME: DBシステムの名前 AVAIABLITY DOMAIN: アベイラビリティ・ドメインを選択 SHAPE TYPE VM か ベアメタル を選択 ※1 SHAPE 使用するシェイプを選択(AMDもしくはIntel) TOTAL NODE COUNT ノード数。RACを構成する場合は2を選択 ORACLE DATABASE SOFTWARE EDITIOIN DBのエディションを選択 AVAILABLE STORAGE SIZE データベースで使用するストレージサイズを 選択 (256 GB ~ 81,920 GB) ※X7シェイプは、 40,960 GBまで LICENSE TYPE ライセンスの選択 SSH PUBLIC KEY SSH接続で用いる公開鍵ファイルを指定 VIRTUAL CLOUD NETWORK 使用するVCNを選択 CLIENT SUBNET サブネットを選択 HOSTNAME PREFIX ホスト名を指定。サブネット内で一意にする ▪入力項目(一部) ※1 ベアメタルは、2022年12月31日にてプロビジョニングを終了
  20. 高速プロビジョニング • ストレージ管理でLVMを選択した場合に利用される • 数分でVM Databaseを作成可能 • パッチ・管理対象の削減 • 性能、可用性の観点から、開発用途での利用を推奨

    • スケール可能なストレージサイズに上限あり Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 20
  21. ライセンス・タイプ変更 • ライセンス・タイプを データベースのプロビジョニング後でも 変更可能 • ライセンス込みでのサブスクライブ、 BYOLをいつでの変更可能に Base Database

    Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 21
  22. ストレージ・ボリュームのパフォーマンス指定 Flexible Shapeを選択した場合、ストレージ・ボリュームのパフォーマンスが指定可能 ※VM X7選択時は「バランス」に固定 • デフォルトは「より高いパフォーマンス」 • 使用可能なデータ・ストレージ(GB)の選択値に合わせて 理論上の最大IOPSを表示

    ※実際のパフォーマンスはシェイプの設定にも依存する為、 プロビジョニング後の画面をご確認下さい Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 22
  23. 可用性 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 23

  24. 可用性 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 24 Base Database Service Fault Domain対応 ✔ Real Application Clusters 利用可否 ✔ 自動 Data Guard構成 ✔ ストレージ冗長化 ✔ (ASM+ストレージ 多重化) 自動 バックアップ設定 ✔ (Object Storage) 複製機能 - バックアップからの環境自 動作成 可能
  25. リージョン内の構成要素 アベイラビリティ・ドメイン(AD) • 1つ以上のデータセンターから構成されるリージョン内の独立したファシリティ • 各ADは建屋、電源、冷却装置、ネットワーク接続が独立し、火災や水害などの災害時に影響を受けるADは1つの み フォルト・ドメイン(FD) • AD内のハードウェアやインフラのセット

    AD間は『広帯域(>=1Tb/sec)』『低レイテンシー(< 0.5ms *)』のネットワークで接続 • リージョン内の AD 間通信は無償 Oracle MAAなどの可用性とスケーラビリティを両立したアーキテクチャを クラウドでも構成可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 25 (*) One-way latency データセンター・ファシリティ リージョン AD1 AD2 AD3 Rack FD1 FD 2 FD3 AD Rack Rack
  26. 自動構成での高可用性構成イメージ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 26 Availability Domain Virtual Cloud Network Region Database System Block Storage Object Storage バックアップ シングル構成 ・フォルト・ドメイン(FD)指定可能 ・データベースのデータ領域は Block Storageを利用 ・Object Storageへの自動バック アップ設定可能 Fault Domain Availability Domain Virtual Cloud Network Region Database System Block Storage Object Storage バックアップ Fault Domain Database System Fault Domain Availability Domain Virtual Cloud Network Region Database System Block Storage Object Storage バックアップ Fault Domain Database System Block Storage Fault Domain Data Guard RAC構成 Active-Activeなクラスタリング構成 ・エディションはExtreme Performanceが必要 ・FD指定可能。指定しない場合、自動で別FDに配置 ・データベースのデータ領域は、VM間で共通の Block Storageを利用 ・Object Storageへの自動バックアップ設定可能 Extreme Performance Edition Data Guard構成 計画/計画外停止に備えたDBレプリケーションでの冗長構成 ・フィジカル・スタンバイ。同一VCN、同一/別AD間で 自動構成可能。同一ADの場合、自動で別FDに配置 ・DBシステムは同一エディション同士。スタンバイは1つ ・RAC環境同士のData Guard構成も可能(VM) ・自動バックアップ設定はプライマリのみ ・Enterprise Edition以上 ・Active Data Guardは Extreme Performance
  27. Oracle Real Application Clusters(RAC) の自動構成 DBシステム作成画面にて、OCPU数が2の仮想マシン シェイプを選択しTotal Node Count 2を選択すると、

    自動的に2-node RAC構成を構築できます • 同一AD内の2-node RAC構成 • コンソールからの容易な構築 • 最小構成 4ocpu (2 ocpu x 2 ノード) • 異なるFault Domainに自動配置 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 27 VCN AD Private Subnet Object Storage Block Volume Database (EE-EP) Database (EE-EP) Public Compute Block Volume AP用 Database用 FD1 FD2 構成例
  28. Oracle Data Guard自動構成 DBシステムのEnable Data Guard画面にて、 セカンダリDBシステムのAvailability Domain等の 情報を入力することにより、 自動的にData

    Guard構成を構築可能 • ライセンスのエディションは、EE以上が必要 • プライマリDBシステムとセカンダリDBシステムの両方が 同じVCN内に配置されていること • 同一リージョン内の同じアベイラビリティ・ドメイン内に 設定することも、異なるリージョンの アベイラビリティ・ドメインに設定することもできます • プライマリとセカンダリは、 同一のバージョン、エディションであることが必要 • 手動構成でData Guard Brokerを有効にする場合、 Data Guard構成後にData Guard Brokerの手動設定が 必要 • Active Data Guard/Data Guard の選択・切替可能 ※エディションがDB-EPの場合のみ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 28 構成例 VCN AD1 プライマリ Block Volume Database (EE) Public Compute Block Volume AP用 Database用 AD2 セカンダリ Block Volume Database (EE) Public Compute Block Volume Region Data Guard
  29. Oracle Data Guard自動構成 コンソールから直接Data Guardインスタンスを作成 スタンバイ・データベースをプライマリ・データベースから自動的に作成 UIを通じた管理 • フェイルオーバー •

    回復 • スイッチオーバー Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 29
  30. 異なるシェイプ間での自動Data Guard構成 • 異なるシェイプ間で自動Data Guard構成が可能 • 本番は大きく、スタンバイは小さくといった構成をとることができる • 他社クラウドでのPaaS Oracleサービスにはできない、

    スタンバイ側の費用を抑えることが可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 30
  31. 性能・拡張性 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 31

  32. スケーリング インスタンス作成後にシェイプの変更が可能 利用方法 • DBシステムの詳細画面から Change Shapeを選択 • DBシステムがあるADのサービスリミット内で変更可能 •

    再起動が必要 (停止期間は10分程度) • RAC環境の場合ノードごとにローリングでシェイプ変更 関連ドキュメント • DBシステムのスケーリング https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/bm-and-vm-dbs-cloud/scalingdbs/index.html Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 32
  33. ストレージのスケーリング 仮想マシンの DBシステム にストレージ追加が必要な場合、ストレージをスケールアップすることが可能です • コンソールからストレージのサイズを選択 • スケールアップはオンラインで実施 • データストレージ/リカバリ領域が個別拡張可能

    ※リカバリ領域を拡張した場合、拡張サイズに合わせて db_recovery_file_dest_sizeパラメータも自動調整 • リカバリ領域のサイズは、DBシステムの合計記憶域の20% 以上維持する事を推奨 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 33 選択可能な Available Data Storage のサイズ(GB) RECO (GB) Oracle Software (GB) Total Storage (GB) 256 256 200 712 512 256 200 968 1,024 256 200 1,480 2,048 408 200 2,656 4,096 820 200 5,116 (略) … … … 40,960 20,480 200 61,640 (略) … … … 81,920 20,480 200 102,600 2022年06月現在 DB DB X7シェイプ の最大値 Flexibleシェ イプの最大値
  34. OCPUのスケーリング Flexible Shape 選択時、OCPUのスケーリングが可能 • 作成後に異なるシェイプタイプへの変更不可 (例:VM X7⇒Flexibleへの変更) • OCPUの設定に合わせてメモリー、ネットワーク帯域幅、

    理論上の最大IOPSが変化 • OCPU変更時、インスタンスは再起動される Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 34
  35. 最大IOPSの理論値、及びIOPS制限係数 「DBシステムの詳細」画面にて最大IOPSの理論値、及びIOPS制限係数が確認可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. 35 IOPS制限係数:理論上の最大IOPSにおけるボトルネック箇所を表示 「ストレージ」の場合⇒ストレージのサイズを拡張する事で最大IOPSを向上可能 「ネットワーク」の場合⇒シェイプの変更、もしくはOCPUを増やす事で最大IOPSを向上可能
  36. 運用管理 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 36

  37. Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates 37 利用形態ごとの運用・管理範囲の比較 Oracle

    Databaseの運用・管理範囲 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 お客様管理 OSインストール DBインストール DB構築 スケーリング オラクル管理 オンプレミス DB on IaaS DBCS/ExaCS User-Managed Autonomous DB Full-Managed AP管理/最適化 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 OSインストール DBインストール DB構築 AP管理/最適化 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 OSインストール DBインストール スケーリング AP管理/最適化 ファシリティ管理 サーバー管理 パッチ適用 リソース監視 バックアップ/リストア HA/DR DB最適化 OSインストール DBインストール DB構築 スケーリング AP管理/最適化 ユーザー管理範囲 ユーザー管理範囲+機能(ツール)提供 オラクル管理範囲 DB構築 スケーリング
  38. 管理範囲 お客様管理範囲 • お客様はroot権限を持ちOS以上を管理 • OS, ミドルウェア、アプリケーションのアラート監視/管理 • OS, ミドルウェア(GI,

    Database)パッチ適用 • チューニング • DBバックアップ(GUIで設定可能) • OSバックアップ • パフォーマンス監視 など オラクル管理範囲 • 仮想マシン以下のアラート監視/管理 • ハードウェア故障対応 • 仮想マシン/ハイパーバイザー層へのパッチ適用 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 38 データセンター ハードウェア機器 OS ミドルウェア アプリケーション オラクル管理 お客様管理 ハイパーバイザー 仮想マシン
  39. 管理範囲 DB管理が可能 • データベース全体への管理権限が必要な操作が可能 • Oracle Databaseを従来通り利用したい場合に有効 • パラメータ変更、構成変更、レプリケーションや外部連携設定、パッチ適用など OSログインが可能

    • 従来通りの運用/管理を適用可能 • エージェントのインストール • ログ監視 • OS領域をファイル置き場として利用可能 • 収まるサイズのファイルであれば、別途ストレージは不要(コスト、性能面でメリット) Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 39
  40. ① ② OCIコンソールを使用したDBシステムの管理 OCIコンソールを使用してDBシステムを管理することができます(起動/停止の例)。 開始(Start):停止したノードを再起動する(停止アクションが使用可能に) 停止(Stop):ノードをシャットダウンする(開始アクションが有効に) 再起動(Reboot):ノードをシャットダウンして再起動する Base Database Service

    Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 40 DBシステムの起動操作 1. OCIコンソールの左上にあるメニューアイコンをクリック 2. [ベア・メタル、VMおよびExadata] を選択→ DBシステム(DBシステム詳細画面)に移動 3. 画面左側の[ノード]をクリック 4. ノードの右側にあるメニューアイコンをクリックし[開始]を選択 ③ ④ DBシステムの管理機能 • プロビジョニング(DBシステム画面) • 起動/停止(DBシステム詳細画面) • リソース監視(左上メニューの[モニタリング]) • スケーリング(DBシステム詳細画面) • HA/DR(DBシステム詳細、データベース詳細) • バックアップ/リカバリ(データベース詳細) • パッチ適用(DBシステム詳細、データベース)
  41. OCIコンソールを使用したPDB管理 OCIコンソールを使用してPDBの管理を行う事が可能です(起動/停止の例) 。 起動:対象のPDBをオープンする 停止:対象のPDBをマウント状態にする Base Database Service Copyright ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. 41 PDBの管理操作画面 1. OCIコンソールの左上にあるメニューアイコンをクリック 2. [ベア・メタル、VMおよびExadata] を選択→ DBシステム(DBシステム詳細画面)に移動 3. 対象のDBシステムをクリック 4. 操作対象となるデータベースをクリック 5. 画面左側の[プラガブル・データベース]をクリック PDBの管理機能 • プラガブル・データベースの新規作成 • PDBの起動/停止 • PDBの削除 • PDBのクローン ※クローン先は同一DBシステム上のみ
  42. 作業進捗確認 DB作成、起動/停止、バックアップ取得などの 作業進捗を確認可能 確認可能な作業の詳細は以下を確認 https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/bm-and- vm-dbs- cloud/dbsviewingworkrequests/index.html#articletitle Base Database Service

    Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 42
  43. メンテナンスに備えたノード再起動 事前に通知されたメンテナンスより前に ノードを再起動することで、メンテナンス対象ではない 別の物理ノードに事前に移動が可能 利用方法 • メンテナンス通知を確認 • メンテナンス対象となるDBシステムを確認 API

    GetDbNode DbNodeリソースのtimeMintenanceWindowStartを使用して メンテナンスがスケジュールされているノードを確認可能 • コンソール,APIから再起動を実行することで新しいホストへ移行される 関連ドキュメント • メンテナンスに備えたノード再起動 https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/bm-and-vm-dbs- cloud/aboutvirtualmachinedbs/index.html#AVDDS-GUID-BF89C088-66E6-4CFA-BD5D- D27E4D9936B3 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 43
  44. シリアルコンソール接続 シリアルコンソール対応により、 OSログイン不可の際などに シングル・ユーザーモードでの操作が可能 利用方法 • DBシステムの[リソース] – [コンソール接続]を選択 •

    コンソール接続を作成 • DBシステムへ接続 関連ドキュメント • シリアルコンソール接続 https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/bm-and-vm-dbs- cloud/dbswxsww/index.html#articletitle Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 44
  45. データベース・クリティカル・イベントの通知 データベースのハングや可用性エラーなどのクリティカルなイベント が発生した際、通知やファンクションなどが実行可能 利用方法 • DBCS側でAHF telemetoryを起動 起動コマンド: • イベント・ルールにて下記を設定

    サービス名:”Database” イベント・タイプ:"Database - Critical" 関連ドキュメント • データベース・サービス:データベース・クリティカル・イベントの詳細 https://docs.oracle.com/ja- jp/iaas/Content/Events/Reference/eventsproducers.htm#dbaasevents__details_for_databa se_critical Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 45 $ sudo su - # dbcli manage-ahftelemetry -a start
  46. お客様管理範囲における基本的な考え方 非推奨となる操作 • オラクル管理との整合性を担保するために、以下を念頭に操作ください • OSにログインして直接操作可能な処理でも、 OCI上で実装されているツールの利用を第一に検討ください。 • OSへのアクセス不可や管理ツールの使用不可などのリスクが伴うため、デフォルトで用意されているOSユーザの既存設定に対 する変更は避けてください

    • ※ 判断のつかないケースについては、サポートサービスにお問い合わせください 障害時の対応について • HW,OS,MW障害、全ての項目について不明点や何かしらの障害が疑われる場合は、サポートサービスにお問い合 わせください • システムの要件に応じて、事前にDR構成、バックアップ構成のご検討をお願いいたします Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 46
  47. 非推奨・お勧めしない操作、注意点 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 47 項番 OSユーザ管理 1 OCI側の管理ソフトウェアに影響がでるためgrid,oracleユーザに対する変更はできません。(特に.bash_profile、sudoなど) 他のユーザを作成することで、bashプロファイルを変更して運用可能です。 2 rootアクセス権をもつユーザを他に作成していない場合、opcユーザを無効にしないでください。 ※本資料に記載している内容がすべてではありません。上記に記載のない操作で環境に影響を与えかねない操作、 処理などを実行する際は事前テストやSRでの事前確認をお願いいたします。 項番 OS管理 1 ソフトウェアのインストールはOSパッチ適用などに影響を与える可能性があります。 万が一インストール後に予期せぬ事象が発生した場合は、ソフトウェア未適用の場合での再現性を確かめていただようサポートから回答する可能性があります。 2 古いバージョンのデータベース(11,12,18)を選択した場合、選択したデータベース・バージョンの既知のセキュリティ問題について クリティカル・パッチ・アップデート(https://www.oracle.com/technetwork/jp/topics/alerts-082677-ja.html)を参照してください。 利用されるOSのパッチを適用しなければならない可能性があります。 3 基本的にLinuxOSで実行すべきでない操作はしないでください。(rm -rfなど) 4 DBシステムにNetworkManagerをインストールしないでください。 このパッケージをインストールしてシステムをリブートすると、システムへアクセス不可となる可能性があります。 5 OCIコンソール、RMAN、dbcliにて実施するバックアップにはOS領域が含まれていません。OS領域のバックアップが必要な場合は別途検討してください。 6 OCIコンソール、ocicliで実施可能な処理をその他の処理方法で直接実施しないでください。
  48. 非推奨・お勧めしない操作、注意点 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 48 ※本資料に記載している内容がすべてではありません。上記に記載のない操作で環境に影響を与えかねない操作、 処理などを実行する際は事前テストやSRでの事前確認をお願いいたします。 項番 通信 1 SSH構成、SSHエージェントに対する変更はシステムに接続できなくなる可能性があるので注意してください。 2 ファイアウォールをデフォルトで閉じてしまうと、OCI側の管理エージェントとの通信が遮断され一部機能が使用できなくなる可能性があります。 3 リスナーポートの変更はDataGuard構成に影響を与えるため不可能です。 項番 Database管理 1 デフォルトのデータベース接続サービスはOracle Cloud上での管理ツールでも使用されるため、 アプリケーションから接続する際は別サービスの作成をお勧めします。 2 直接DBCAを実行せず、OCIコンソールからDB作成を実施してください。 3 表領域はデフォルトで暗号化されています。暗号化Walletの保管場所は変更しないでください。 4 ベア・メタルDBシステムでは、Oracle Database Standard EditionとEnterprise Editionデータベースを同じDBシステムに混在させることはできません。 (サポートされているデータベースのバー ジョンは、DBシステム上で混在させることができますが、エディションでは使用できません)。 5 ベア・メタルDBシステムでは、データベースホームごとに1つのデータベースのみ作成可能です。 6 ocicliを利用できない場合にのみdbcliを使用してください 7 OracleユーザのOS認証の設定は変更しないでください。クラウドツールのアクセスができなくなります。 項番 Databaseバックアップ 1 OCIコンソールを使用せず、RMANやdbcliを使ってお客様自身でデータベースのバックアップを取得することができます。 2 OCIコンソールに表示されるバックアップのリストにはRMAN、dbcliを使用して直接作成されたバックアップは含まれません。 3 一度お客様自身でRMAN Configureを編集した後、新たにOCIコンソールからバックアップを取得する場合構成が上書きされ、これまでのバックアップ構成やデータは使用不可能 になります。 4 上記と反対も同様に、OCIコンソールにてバックアップを取得した後、RMAN、dbcliコマンドにてバックアップを構成した場合、コンソールにて取得したバックアップは使用できなくな る可能性があります。 5 2ノードRAC DBシステムのバックアップにdbcliコマンドは使用できません。RMANを使用してください。
  49. 監視 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 49

  50. お客様の環境のニーズに合った監視ツール・サービスの選択肢を提供 OCIコンソール • Monitoring • Autonomous Database Sharedのみ事前定義メトリック監視 • Autonomous

    Database Shared以外はデータベース管理を 有効化する必要あり • コンソール • ノードの状態表示 • パフォーマンス・ハブ • OCI monitoring events notification Management Cloud Services (OMC) • On-p、クラウド、Oracle、Non- Oracleの各スタックをシングルビューで 監視、分析 • SaaSでの提供 • 運用監視に必要なサービスを あわせて利用可能 • インフラ監視 • エンドユーザ性能、アプリケーショ ン・インフラ監視 • ログ監視、分析 Enterprise Manager (EM) • オンプレミス、Oracle Cloud、 Cloud@Customer のOracle Databaseのシームレスな監視、管理 • 事前定義済みの多様で詳細な メトリック • Exadata/Exadata base Cloud の監視 • 拡張・連携 • 各種プラグイン Base Database Service 50 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. DBパフォーマンス以外の 監視の仕組みは検討要 Oracle Databaseを ディープに監視、活用 省力で他のスタックも含めた 統合的、高度な監視、分析
  51. Database の主な監視・管理機能への対応 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. 51 機能 OCIコンソール Enterprise Manager Express プロビジョニング ◦ 起動/停止 ◦ ※12.1.0.2からPDBのオープンクローズに対応 死活監視、リソース監視 ◦ (DB,ノードの状態をコンソール表示に) ◦ 初期化パラメータ管理 ◦ 記憶域(制御ファイル/表領域/UNDOなど)の管理 ◦ DBユーザー/ロール/プロファイルの管理 ◦ スケーリング ◦ HA/DR ◦ バックアップ/リカバリ ◦ パッチ適用(DBシステム/DB) ◦ アクティブ・セッション履歴(ASH)分析 ◦ (※EE 以上) ◦ (※EE 以上) 自動データベース診断モニター(ADDM) ◦ (※EE 以上) ◦ (※EE 以上) SQLチューニング・アドバイザ ◦ (※EE 以上) 自動SQLチューニング ◦ (※EE 以上) リアルタイムSQL監視 ◦ (※EE 以上) ◦ (※EE 以上)
  52. パフォーマンス・ハブを使用したDatabaseの監視 OCIコンソールからパフォーマンス・ハブに移動する事で、データベースパフォーマンスを監視することができます。 利用する上での前提: • Standard Editionは利用不可 • 「データベース管理の有効化」が必要 ※データベース管理オプションによって利用可能な機能が異なる 基本管理…「ASH分析」「SQLモニタリング」

    完全管理…上記+「ADDM」「ブロックしているセッション」 • データベース管理に利用するDBユーザに対して、次の権限付与が必要 • 監視対象はCDB単位(※2022年2月時点) Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 52 GRANT CREATE PROCEDURE to <db_monitoring_user> GRANT SELECT ANY DICTIONARY, SELECT_CATALOG_ROLE to <db_monitoring_user> GRANT ALTER SYSTEM to <db_monitoring_user> GRANT ADVISOR to <db_monitoring_user> GRANT EXECUTE ON DBMS_WORKLOAD_REPOSITORY to <db_monitoring_user>
  53. Enterprise Manager Expressを使用したDatabaseの監視 Oracleデータベース内のWebベースのデータベース管理ツールである、Enterprise Manager Express を使用して データベースを監視することができます。 Base Database

    Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 53 https://<IPアドレス>:5500/em • ユーザー : system • パスワード : <インストール時に設定> パフォーマンス機能 • リアルタイム・パフォーマンス監視とチューニング • 履歴パフォーマンスとチューニング • SQL監視(リアルタイムと履歴) • データベース操作の監視 • リアルタイムADDMを含むADDM • アクティブ・セッション履歴(ASH)分析 • 自動および手動SQLチューニング・アドバイザ ※ 11gR2ではEnterprise Manager Database Control
  54. Oracle Cloudに簡単にプロビジョニング Marketplaceにて公開されている Enterprise Managerイメージをそのまま クラウド環境でプロビジョニング 最新のEMを一時間以内にフルインストール可能 費用はCompute Instanceの利用料のみ •

    Shapeの選択が可能 • リポジトリデータベースはTDE対応済み、 RAC構成を選択可 Enterprise Manager in Oracle Cloud Marketplace Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 54 Spring 2020 Update: EM 13.4-RU2 (stack version 1.1) Database 19.6 (Multitenant with RAC) Oracle Linux 7.7
  55. サービスを組み合わせたダッシュボード OMCでみるOracle Cloud Database Service VM Copyright © 2022 Oracle

    and/or its affiliates. 55 オンプレミス、クラウドによらずデータベースの状態を集約して監視します すべてのOracle DBのステータスや アラートの発生状況 Oraエラーの発生状況や 一般的なエラー種別 Oracle DBのバージョン チェックポイントやログの発生状 況
  56. バックアップ・ リカバリ Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 56

  57. バックアップ・リカバリ • 各DBで自動バックアップを有効化 • 新規DB作成に利用できるフル・バックアップを随時作成可能 • DBは以下にリストア可能 • 最新のバックアップ、指定した時刻・SCN •

    アーカイブREDOログバックアップ • 自動バックアップを有効化するとアーカイブREDOログを一時間ごとに自動バックアップ • より最新のデータからリストア可能 • RMAN • 手動でRMANを構成することが可能(コンソールにバックアップデータは表示されません) バックアップ先などを独自にカスタマイズ可能 ※一度手動でRMAN Configureを編集した後、新たにOCIコンソール/APIからバックアップを取得する場合、 構成が上書きされこれまでのバックアップ構成やデータは使用不可能になります • ブートボリュームバックアップ • Oracle側で週次のブート・ボリューム・バックアップを取得 ユーザ側でバックアップデータの確認などはできないが、障害発生等が起きた場合にはSR対応にて リストア可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 57
  58. 自動バックアップ OCIにより管理される自動バックアップの構成が可能 • データベースの関連ファイルは、RMANにより毎週フルバックアップ + 日次増分バックアップを取得 • バックアップの保持期間は7、15、30、45、60日間から選択。Object Storage に保持される

    • DBシステム作成時あるいは作成後にコンソールから自動バックアップの有効/無効の設定が可能 • バックアップ開始時間をコンソールから2時間単位で指定可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 58 ※自動バックアップの開始時間は、SRでリクエストをあげることで、より詳細に変更することができます Object Storage コンテナ DB バックアップセット 30日で削除 自動バックアップ DBシステム
  59. バックアップからのDB作成 自動バックアップあるいはオンデマンド・フル・バックアップで取得したバックアップから、新しいDBシステムを作成可能 エディションの変更は、同等以上のエディションに限定される Base Database Service Copyright © 2022 Oracle

    and/or its affiliates. 59 Object Storage DBシステム DB バックアップを取得 バックアップセット DBシステム DB DBシステム DB DB 新規 DBシステムを作成 既存のベアメタルにDBを作成 ※バックアップから新規DBシステムを作成する場合、IPアドレスやホスト名は新たに決定されます。
  60. クローン Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 60

  61. クローニング • シングルノードおよび2ノードRAC いずれもクロー ンが可能 • テスト、開発などの用途で データベース複製の工数を削減 • OSとソフトウェア領域を含めてクローン

    • VCN、コンパートメント間での クローン作成が可能 ホスト名やIPアドレスは そのまま利用可能 (宛先サブネットで使用可能な場合) • 作成時にプライベートIPアドレスを 指定可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 61
  62. カスタム・データベース・ソフトウェア・イメージ対応 • データベース・ソフトウェア・イメージを 作成することで、同一パッチレベルの データベースを作成することが容易に • 個別パッチを含めて作成可能 • 既存のデータベースへの パッチ適用にも利用可能

    Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 62
  63. パッチ適用 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 63

  64. パッチ適用 • コンソール、API、またはデータベースCLI(DBCLI)を使用して、DBシステムまたはデータベースにパッチを適用できます。 • システムにパッチを適用するには再起動が必要なため、ユーザーに与える影響が最小限に抑えられるように、一度に操 作を実行することを計画してください。システムの中断を避けるため、Oracle Data Guardなどの高可用性戦略の実 装を検討してください。 •

    パッチ適用前にデータベースをバックアップし、 検証環境でパッチをテストすることをお薦めします。 • 適用可能パッチの確認: https://docs.oracle.com/cd/E83857_01/paas/bm-and-vm-dbs- cloud/dbspatching/index.html#articletitle • DBパッチのロールバックはoptachで対応可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 64
  65. コンソールベースでのパッチ適用 • パッチには DBシステム用とDatabase用の2種類があります。コンソールから、それぞれのパッチ適用や要件を満たして いるかのプリチェック、履歴の表示ができます。 • パッチの適用はユーザーが行います。パッチ適用は再起動を伴うため、計画的に実行することを検討ください。システム の中断を避けるため、Oracle Data Guardなどの高可用性戦略の実装を検討してください。

    Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 65 管理者 DBシステム DB DBシステム パッチ Database パッチ (注意) Databaseにパッチを適用する前に、 DBシステムにパッチを適用します
  66. データベースの個別パッチ適用について 個別パッチの適用は基本的にSR対応となります お客様自身でパッチを適用する場合は以下の点に注意が必要です • My Oracle Supportを確認し、適用予定のパッチと 既に適用されているパッチとに競合がないことを確認してください 競合がない場合に限り、opatch /

    opatchautoを使用してパッチを適用可能です。 競合がある場合は、SR対応となります • 個別パッチを適用した後に、コンソールからパッチを適用する場合にも、 競合がないか確認が必要です 競合がある場合、個別パッチをロールバックする必要があります Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 66
  67. アップグレード/ 移行 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 67

  68. コンソール、APIでのOracle Database 19cアップグレード – 概要 • コンソール、APIを使用して DBCS VMの Oracle

    Database 19c へのアップグレードが可能 • 前提条件は以下の通り • DBシステムはOL7 • GI構成の場合GI19c • 上記条件を満たすことができない場合、 バックアップから新規DBシステムを 作成した後にアップグレード Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 68
  69. コンソール、APIでのOracle Database 19cアップグレード – アップグレードプロセス • 自動事前チェックの実行 • 復元ポイントの作成 •

    アップグレード時に指定したバージョンやカスタム・データベース・ソフトウェア・イメージに基づいて 新しいデータベースホームを作成 • DBUAを実行してアップグレード Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 69 # dbcli describe-job -i fd8ec55d-dde2-43b2-8c22-9961a3108868 Job details ---------------------------------------------------------------- ID: fd8ec55d-dde2-43b2-8c22-9961a3108868 Description: Database upgrade with resource Id : 379a404e-f1a5-4fda-ac16-47af7ed3cfd8 Status: Success Created: November 17, 2020 5:04:38 PM CET Progress: 100% Message: Task Name Start Time End Time Status ------------------------------------------------- --------------------------------------- ---------------------------------------- ---------- Database home creation November 17, 2020 5:04:39 PM CET November 17, 2020 5:10:31 PM CET Success PreCheck executePreReqs November 17, 2020 5:10:32 PM CET November 17, 2020 5:12:07 PM CET Success Database Upgrade November 17, 2020 5:12:08 PM CET November 17, 2020 7:17:02 PM CET Success drop GRP November 17, 2020 7:18:00 PM CET November 17, 2020 7:18:03 PM CET Success
  70. コンソール、APIでのOracle Database 19cアップグレード - 注意事項 • 事前チェックを実施し、アップグレードが可能か確認 • アップグレード時にはダウンタイムが発生 •

    アップグレードで問題が発生した場合は、ロールバックが可能(EE以上のエディションのみ) • どのエディションを利用しているかにかかわらず、 バックアップからの新規DBシステム作成後にアップグレードを推奨 • アップグレード後には古いdbhomeの削除を推奨(dbcli delete-dbhomeを利用) • Data Guard構成の場合、事前に無効化 or スタンバイの削除をして非Data Guard構成とする必要がある • 11.2からアップグレードする場合、アップグレード後のデータベースは非CDB構成となる。非CDB構成のPDB化機能を 活用可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 70
  71. コンソール、APIでのDB 19cの非CDBをPDBへ変換 • コンソール、APIを使用して、 19cの非CDB構成のDBをPDBへ変換可能 • 前提条件は以下の通り • Oracle Database

    19c • 非CDBのTDEウォレット・パスワードが必要 • VMの場合、DBシステムのクローニング機能を利用して 事前テストの実施が可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 71
  72. 主な移行方式一覧 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 72 移行ツール 移行対象 最低移行元バー ジョン(サポート中 のDBのみ記載)(*1) 移行元 エディション アップグレード 可否 ビックエンディアン からの変換 スキーマ構成 の変更 non-CDBか らCDBへの 移行 停止時間 補足 Data Pump DB/表領域/ スキーマ/表 11.2.0.4 SE~ 〇 〇 〇 〇 大~中 RMAN Backup/Restore DB 11.2.0.4 SE~ 〇 〇(一部制限あり) × ×(*3) 中~小 RMAN Duplicate DB 11.2.0.4 SE~ 〇 〇(一部制限あり) × × 小 Transportable Tablespaces 表領域 11.2.0.4 EE 〇 〇(一部制限あり) × 〇 中~小 移行先DBはEE以上が必要 Full Transportable export/import DB 11.2.0.4 EE 〇 〇(一部制限あり) × 〇 中~小 移行先DBはEE以上が必要 移行先DBバージョンは12.1.0.1以降 RMAN Transportable Tablespaces DB/表領域 11.2.0.4 EE 〇 〇(一部制限あり) × 〇 中~小 移行先DBはEE以上が必要 PDB Unplug/Plug PDB 12.1.0.2 SE~ 〇 × × × 中~小 PDB Clone PDB 12.1.0.2 SE~ 〇 × × × 小 Non-CDB Clone DB 12.1.0.2 SE~ × × × 〇 小 Data Guard DB 11.2.0.4 EE × × × × 極小 移行先DBはEE以上が必要 GoldenGate DB/表領域/ スキーマ/表 11.2.0.4(*2) SE~+ GoldenGate 〇 〇 〇 〇 極小 ダウンタイムを極小化したい場合に 他の移行方式と併用しての利用を推奨 Zero Downtime Migration(ZDM) DB 11.2.0.4 SE~ 〇 〇(AIX,Solarisのみ) 〇 〇 極小 Oracle Cloud Infrastructureへの移行 移行元ライセンスによって 選択可能な移行方式が異なる Database Migration Service DB 11.2.0.4 SE~ 〇 × × 〇 極小 Oracle Cloud Infrastructureへの移行 ZDMの論理移行をフルマネージドサー ビスで提供 (*1)サポートされている最低バージョン。これよりも古いバージョンでのサポート可否は都度確認が必要。 (*2)利用製品/バージョン/OS等、ソースDBのサポート可否は都度確認が必要。 (*3)non-CDBが18c以降である場合はDBMS_PDB.EXPORTRMANBACKUPを活用することで実現可能 https://oracle-base.com/articles/18c/multitenant-usable-backups-of-non-cdbs-and-relocated-pdbs-18c
  73. 現行バージョンと対応ツール 現行が11.2.0.3以下( Database Cloud Service では利用不可のバージョン) • SQL*Loarder / 外部表

    • Data Pump • RMAN Backup/Restore • RMAN Duplicate • Transportable Tablespaces • Full Transportable export/import • GoldenGate Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 73
  74. 現行バージョンと対応ツール 現行が11.2.0.4( Database Cloud Service で利用可能なバージョン) • SQL*Loarder / 外部表

    • Data Pump • RMAN Backup/Restore • RMAN Duplicate • Cloud Backup Module for OCI* • Data Guard * • Transportable Tablespaces • Full Transportable export/import • Zero Downtime Migration* • GoldenGate Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 74 * 移行先のOCI DBCSで、より上位のDBバージョンを利用したい場合は、 現行環境を事前に対象バージョンにアップグレードする必要がある
  75. 現行バージョンと対応ツール 現行が12.1.0.1( Database Cloud Service では利用不可のバージョン) • SQL*Loarder / 外部表

    • Data Pump • RMAN Backup/Restore • RMAN Duplicate • Cloud Backup Module for OCI* • Data Guard * • Transportable Tablespaces • Full Transportable export/import • Zero Downtime Migration* • GoldenGate Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 75 * 移行先のOCI DBCSのDBバージョンに合わせて、 現行環境を事前にアップグレードする必要がある
  76. 現行バージョンと対応ツール 現行が12.1.0.2以上( Base Database Service側で利用可能なバージョン) • SQL*Loarder / 外部表 •

    Data Pump • RMAN Backup/Restore • RMAN Duplicate • Cloud Backup Module for OCI* • Data Guard * • PDB Unplug/Plug、Clone、Non-CDB Clone • Transportable Tablespaces • Full Transportable export/import • Zero Downtime Migration* • GoldenGate Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 76 * 移行先のBase Database Serviceで、より上位のDBバージョンを利用したい場合は、 現行環境を事前に対象バージョンにアップグレードする必要がある
  77. Cloud Backup Module for OCI 移行方式概要 Copyright © 2022 Oracle

    and/or its affiliates. 77 Object Storageに格納されたバックアップ データから直接データベースを作成可能 バックアップ/リストアよりも 簡単に移行可能 1. バックアップツールを利用してオブジェクト ストレージにバックアップを取得 2. コンソール(GUI)またはAPIを使用して、 クラウド上のバックアップからデータベース を作成 Object Storage , Backup Cloud Service の費用がかかる 主な前提条件 特徴 作業ステップ 移行元DBバージョンが12c以降の場合は CDB必須 停止期間 Object Storage スタンドアロン バックアップ Database DB DB Oracle Database Cloud Backup Module ODBCM
  78. 主な前提条件 • Databaseのアップグレードは不可 • 移行元DBバージョンが12c以降の場合はCDB構成 • RMAN暗号化が必要(パスワード、TDE) • 移行元DBがSEの場合、暗号化のために個別パッチ適用が必要 •

    Database Backup Cloud Service 、Object Storageの費用が追加でかかる Cloud Backup Module for OCIを利用した移行 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 78
  79. Zero Downtime Migration Service(ZDM) 移行方式概要 Copyright © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. 79 2019/11にリリースされたOCIへの 無償移行ツール ダウンタイム最小での移行が可能 1. ZDMツールをダウンロード 2. ZDMサービスホストへツールをインストール 3. 設定ファイルを作成 4. (必要に応じて)テスト実行 5. ZDMツール実行 6. スイッチオーバー ソースとターゲットは 同一のバージョン/パッチレベル 主な前提条件 特徴 作業ステップ 移行元DB , 移行先DB以外に ZDMサービスホストと Object Storageが必要 Application ZDM SSH SSH SQLnet
  80. Zero Downtime Migration 21c Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates 80 サポートされる ターゲットの クラウド・サービス サポートされる ソースの プラットフォーム ソース データベース 移行タイプ 移行手法 非CDBから CDBへ 物理移行 論理移行 RMAN 11g, 12c, 18c, 19c, 21c SE / EE DBCS ExaCS / ExaCC ATP / ADW Data Guard Data Pump GoldenGate DB Links 新機能 物理・論理移行 論理移行のみ
  81. Zero Downtime Migration - Methodologies 新機能 ZDMをダウンロード&設定 1 データベース移行を開始 2

    ソース/ターゲット/バックアップ先に接続 3 GGを設定しソース側のトランザクションをキャプチャ 4 ソースからData Pumpにてバックアップ先へデータ出力 5 バックアップ先よりData Pumpにてターゲットに データ取り込み 6 GGを設定し、変更を適用開始 7 スイッチオーバーを実施し、移行を完了 8 論理オンライン移行 Backup Location: Object Storage, NFS or ZDLRA Data Pump Backup Location GoldenGate Standard Edition Enterprise Edition Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates 82
  82. ネットワーク接続 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 82

  83. ネットワーク接続 SQL*Netを使用した接続 • オンプレミスデータベースと同様にデータベース・サービスへ接続可能 • VCNのセキュリティリストにて1521ポートの開放が必要 SSHトンネリングを使用した公開IPによる接続 • データベース作成時/作成後に追加された認証鍵を使用してSSH経由でデータベースに接続 •

    1521ポートの開放は必要なし 実際の接続方法は以下に記載 • 101: Oracle Cloud で Oracle Database を使おう https://oracle-japan.github.io/ocitutorials/database/dbcs101-create-db/ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 83
  84. セキュリティ・監査 Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 84

  85. セキュリティ • 全てのエディションで表領域暗号化が有効 • バックアップは暗号化して取得される • SQL*Netコネクションの暗号化 • OCIのネットワーク設定でのアクセス制限 •

    セキュリティ・リスト • ルーティング・ルール • SSH鍵認証でのOSログイン • IAMポリシーベースのアクセス制限 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 85 バックアップ DF11233 U*1 $5Ha1qui %H1 HSKQ112 A14 FASqw34 £$1 DF@£!1ah HH!
  86. セキュリティ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 86 ユーザ ⑨機密データ伏字化 (Data Redaction) ⑫ SSO/アクセス制御 多要素認証 (Identity Could Service / Identity Management) DB ④データマスキング (Data Masking) 開発 テスト ⑥セキュリティアセスメント (DB Security Assessment Tool) ⑦データアクセス制御 (Label Security Virtual Private DB) ⑤ 権限分析 (Privilege Analysis) ⑧通信暗号化 (標準機能) ③DB管理者 職務分掌 (Database Vault) アプリケーション ⑩ 不正SQL検知 (Audit Vault and Database Firewall) ⑪証跡管理 ( Audit Vault and Database Firewall ) イベント ①データ暗号化 (Transparent Data Encryption) ②鍵の集中管理 (Key Vault) DF11233 U*1 $5Ha1qui %H1 HSKQ112 A14 FASqw34 £$1 DF@£!1ah HH!
  87. データ漏洩の主な要因 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 87 • 暗号化されていないデータ • セキュリティパッチ未適用 • 管理者のスヌーピング • 不十分なネットワーク分離 • マルウェア/ウイルス • 不十分なセキュリティ構成 • 管理されていない特権ユーザー • 監査されないユーザー • 機密データへの監査 • テスト開発環境の機密データ 対応済: OCI / Autonomous Database 現在: お客様の責任範囲
  88. 機能概要 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 88 機能名 製品名 概要 用途 ① データ暗号化 Transparent Data Encryption 既存のアプリケーションに変更なく、透過的に本番、 バックアップデータを暗号化 本番、バックアップデータを保護 ② 鍵の集中管理 Key Vault 公開鍵、秘密鍵、Oracle Walletsなどを集中管理 暗号鍵を管理、保全 ③ DB管理者 職務分掌 Database Vault DB管理者の業務データアクセスを制御。特定のDB設定やパ スワード変更、業務データの閲覧等を制限 DB管理者の職務分掌 業務データにアクセスさせない ④ データマスキング Data Masking 実データのマスキング(伏字化) テスト、開発環境の情報を保護 ⑤ 権限分析 Privilege Analysis 不正アクセスの原因となる過度な権限付与を検出 必要な権限のみを付与し、最小権限の原則を実現 ⑥ アセスメント Database Security Assessment Tool データベースのセキュリティ構成、ユーザーと権限付与、 重要データの格納先などのリスク可視化と推奨対策の提示 データベースのセキュリティ状況の把握や コンプライアンスへの対応 ⑦データアクセス制御 Label Security / Virtual Private DB 特定の表への行・列レベルでのより厳密なアクセス制御 参照、更新時における行・列レベルでのアク セス制御 ⑧ 通信暗号化 Oracle Database 標準機能 データベースに関する通信を暗号化 データベースとの通信時の情報を保護 ⑨ 機密データ伏字化 Data Redaction 特定の表への参照範囲をデータベース内で列レベルで制限 参照時における列レベルでの伏字化 ⑩ 不正SQL検知 Audit Vault and Database Firewall 定常的なレポートと不正なアクセスを検知 監査証跡の取得、管理 ⑪ 証跡管理 Audit Vault and Database Firewall ログを取得し、改ざん・削除されないようログを保全 監査証跡の取得、管理 ⑫ 認証・多要素認証 Identity Cloud Service 多段要素認証によるなりすまし防止 Webアプリケーションの厳密なアクセス制御 ⑬ セキュリティ対策の 自動化 Data Safe データベースセキュリティ対策の可視化と自動化により重 要なデータを保護 管理工数をかけずクラウドで利用するデータ ベースのセキュリティ強化
  89. Oracle Data Safe 統合されたデータベースセキュリティ管理センター • セキュリティ構成の評価 • ユーザーのリスク評価 • ユーザーアクティビティの監査

    • 機密データの発見 • データマスキング 短時間でセキュリティリスクを軽減 全てのお客様のための多層防御 特別なセキュリティの専門知識は不要 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 89 追加費用なしで、Oracle Cloud のDatabase で利用可能(*) *: 監査機能は100万レコード/月まで無償、その他の機能は無償
  90. 1コアからスタート、RACまで、幅広いサービスラインナップを提供 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 90 Base Database Service • 仮想マシン(VM)で利用可能なデータベースサービス • 4つのエディションを選択可能で、Oracle Real Application Clusters(RAC)が利用可能 • 他のサービスと比較し、ユーザーのニーズに合わせて様々なサイズ・構成で利用可能なサービス
  91. Appendix Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 91

  92. よくある問い合わせ① Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 92 IOPS ストレージIOPSは画面上に表示されますのでご参照ください。 しかし、DBからみたIOとしてはCPUや帯域に左右されている部分があるので、 ストレージサイズを合わせても結果は異なります。 ストレージサイズとVMシェイプのネットワーク帯域幅における理論的なIOPSの数値は次ページ以降 を参照してください。
  93. AMD E4 Flex + ASM 構成時の理論上の最大IOPS値 Copyright © 2022, Oracle

    and/or its affiliates 93 OCPU Network ストレージ・パフォーマンスの構成 バランス より高いパフォーマンス IOPS 合計サイズ IOPS 最大IOPS 合計サイズ IOPS 最大IOPS 2 32 K 512 GB 30.72 K 30.72 K 512 GB 38.4 K 32 K 4 64 K 1 TB 61.44 K 61.44 K 1 TB 76.8 K 64 K 8 128 K 2 TB 122.88 K 122.88 K 2 TB 153.6 K 128 K 12 192 K 4 TB 200 K 192 K 4 TB 307.2 K 192 K 16 256 K 40 TB 250 K 250 K 4 TB 307.2 K 256 K 24 384 K 64 TB 400 K 384 K 8 TB 400 K 384 K 32 512 K 80 TB 500 K 500 K 40 TB 500 K 500 K 36 576 K … 48 TB 600 K 600 K >40 640 K … 56 TB 700 K 700 K RAC (1ノー ド辺り40 OCPU) 1280 K … 80 TB 1000 K 1000 K
  94. AMD E4 Flex + LVM 構成時におけるストレージの最大拡張サイズと 理論上の最大IOPS値 Copyright © 2022,

    Oracle and/or its affiliates 94 初期ストレージサイズ 理論上の最大IOPS 最大ストレージサイズ バランス より高いパフォーマンス 256 GB 15.36 K 19.2 K 2.5 TB 512 GB 30.72 K 38.4 K 2.5 TB 1 TB 61.44 K 76.8 K 5 TB 2 TB 100 K 153.6 K 10 TB 4 TB … 200 K 20 TB 8 TB 100 K 200 K 40 TB
  95. VM X7 シェイプ構成時の理論上の最大IOPS値 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    95 Shape Network ストレージ・パフォーマンスの構成(バランス) IOPS 合計サイズ IOPS 最大IOPS VM2.1 16 K 256 GB 15.36 K 15.36 K VM2.1 16 K 512 GB 30.72 K 16 K VM2.2 32 K 512 GB 30.72 K 30.72 K VM2.2 32 K 1 TB 61.44 K 32 K VM2.4 65.6 K 1 TB 61.44 K 61.44 K VM2.4 65.6 K 2 TB 100 K 65.6 K VM2.8 131.2 K 2 TB 100 K 100 K VM2.8 131.2 K 12 TB 150 K 131.2 K VM2.16 262.4 K 12 TB 150 K 150 K VM2.16 262.4 K 22 TB 275 K 262.4 K VM2.24 393.6 K 22 TB 275 K 275 K VM2.24 393.6 K 32 TB 400 K 393.6 K
  96. VM X7 シェイプ構成時におけるデータストレージ・サイズとIOPSの関係 Copyright © 2022, Oracle and/or its affiliates

    96 DATAディスクグループのサイズ データストレージの理論上の最大IOPS 256 GB 15.36 K 512 GB 30.72 K 1024 GB 61.44 K 2048 GB 100K 4 TB/6 TB/8 TB 100K 10 TB 125K 12 TB 150K … +2 TB … +25K 40 TB 500K
  97. よくある問い合わせ② Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 97 VM DB • VMホスト 同一FD内で自動再起動を試みる(RAC使用可否、DBエディションに関わらず) • DBインスタンス 自動再起動を試みる
  98. よくある問い合わせ③ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 98 作成済み環境は継続は可能だが、作り直しなどができない可能性がある 基本的にはEOSLとなる前にバージョンアップを推奨
  99. よくある問い合わせ④ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 99 • VM,BMで考え方が異なる • 次ページ参照
  100. • VM停止中はOCPU課金停止 Block Storage は終了されるまで課金 • Block Storageのスケールアップが可能 • 利用期間中は課金対象で、

    終了されるまで課金継続 • OCPUのスケールアップ・ダウンが可能 Base Database Service 課金対象期間について Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 100 Base Database Service BM Block Storage Bare Metal Dense I/O(2OCPU+Storage) Additional OCPUs Base Database Service VMs 作成 終了 OCPU Scale up 作成 停止 起動 終了 OCPU Scale down ストレージ Scale up 停止 起動 OCPU課金 Storage/Infrastructure課金 OCPU Scale up Base Database Service
  101. 自動バックアップは、設定した保持期間の時点に戻せるようにバックアップを保持します(≠保持期間 までのバックアップを保持)します。そのため、長期で保持をする場合、その分バックアップサイズは 増えます。週次フルバックアップ、日次で差分増分バックアップで取得されます。保持期間の時点に 戻すには、保持期間の前のフルバックアップが必要です。 例えば、 - 保持期間を30日とした場合、30日前に戻れるようなバックアップを保持する。 - 日時更新量が仮にデータ量の10%とした場合、単純計算ではデータサイズの最大9.1倍となる (フル

    バックアップ6 個+ 差分 31個x0.1)」 よくある問い合わせ⑤ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 101
  102. よくある問い合わせ⑤ Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 102 DATA Storage Cloud データ ファイル Day 31..37 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 増分 Day 0~37 フルBKUP フルBKUP フルBKUP フルBKUP フルBKUP 増分 増分 増分 増分 増分 増分 フルBKUP 増分
  103. サービス終了までの予定 • 2021年12月31日:新規プロビジョニング終了 • 2022年12月31日:サービス終了 • 上記日程までに別サービスへの移行をお願いいたします お客様への通知 • 現在ご利用中のお客様へは、OCI

    Customer Notificationを通じて、近日通知されます • 最新情報はサポート・ドキュメントで公開しています • Oracle Database Cloud Service DBCS-BM X7 SKUs EOSL Change Notification (Doc ID 2781994.1) 移行先のサービス • Database Cloud Service - 仮想マシン • Exadata Cloud Service • Autonomous Database 移行方法 • Zero Downtime Migration • 無償ツール、オンライン移行にも対応 • 従来のツール群を活用 • RMAN, Data Pump, Data Guard 等 Database Cloud Service - ベアメタル:EOSL(サービス終了)予定のアナウンス Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates 103 * EOSL: End-of-Support-Life
  104. 様々なシステム要件に対応 Oracle Database デプロイメント選択肢 Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 104 104 Database on IaaS Base Database Service / BM Exadata Cloud Service or Cloud @ Customer Autonomous Database 対応リリース 11.2, 12.1, 12.2, 19, 21 11.2, 12.1, 12.2, 19, 21(VM ) 11.2, 12.1, 12.2, 19 19 管理 ORACLE OS/SYSDBAアクセス YES YES YES NO 最大DBサイズ 40TB BM:9TB VM:40TB 478TB 128TB CPU数の範囲 1 – 24 2 – 52 1 – 400 1 – 128 RAC NO YES( ) YES YES DBバックアップ Active Data Guard - * OCI上のRAC VMノードはそれぞれ別のFault Domainに配置される BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  105. 1コアからスタート、ベアメタル、RAC、Exadata まで幅広いサービスラインナップを提供 Oracle Cloud Infrastructure : Database Copyright © 2022

    Oracle and/or its affiliates. 105 OCI Exadata 4-1600 OCPUs Base Database Service Bare Metal 2-52 OCPUs ローカルNVMe搭載 Base Database Service Virtual Machines 1-24 OCPUs Base Database Service Virtual Machines RAC 4-48 OCPUs Exadata ベアメタル 仮想マシン Autonomous Autonomous Transaction Processing 1-128 or 400** OCPUs Autonomous Data Warehouse 1-128 or 400** OCPUs 1コアからスタート可能 RAC対応* コア数を柔軟に設定 物理専有環境 大規模CPUやIO性能が 必要な場合に最適 あらゆるワークロードで 高性能を実現する Exadataの専有環境 AI/機械学習を活用した自 律型データベース *Public Cloud上でRACを組めるのはOracle Cloud のみ ** Sharedサービスは最大128、Dedicatedサービスは最大400 BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  106. ベアメタルDBシステム ベアメタル DBシステム • 単一のベアメタル・サーバーで構成された専有環境 • ローカルに直付けされたNVMe SSDストレージを使用 • データベースファイル管理にOracle自動ストレージ管理

    (ASM)を使用 (11.2.0.4使用時はACFS) • 複数のデータベースを構築可能 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 106 Shape Type Bare Metal X7 Shape Name BM.DenseIO2.52 OCPU 2 - 52 Memory (DB) 768 Storage (使用可能なストレージ) 16 TB (2way mirroring) 9 TB (3way mirroring) VCN AD Private Subnet Object Storage Bare Metal Database Public Compute Block Volume Database Service用 AP用 構成例 BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  107. シェイプ • ベアメタルはCPUを設定可能(2~52 OCPU) • 仮想マシンは2つのVMで RAC を構成可能 • VMのシェイプはインスタンス作成後にも変更可能

    Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 107 Type Shape OCPU Memory Storage Network Bare Metal BM.DenseIO2.52 2 - 52 768 GB 51.2 TB NVMe 2 x 25 GbE Virtual Machine VM.Standard.2.1 1 15 GB Block Storage (-40TB) 1 GbE VM.Standard.2.2 2 30 GB Block Storage (-40TB) 2 GbE VM.Standard.2.4 4 60 GB Block Storage (-40TB) 4 GbE VM.Standard.2.8 8 120 GB Block Storage (-40TB) 8 GbE VM.Standard.2.16 16 240 GB Block Storage (-40TB) 16 GbE VM.Standard.2.24 24 320 GB Block Storage (-40TB) 25 GbE https://docs.oracle.com/en-us/iaas/Content/Database/Concepts/overview.htm BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  108. BM : Storage Size(Block Storage) Bare MetalのDBシステムにはデフォルトで51.2TBのストレージが含まれています • ASM用の領域も上記に含まれる •

    追加でBlock Storageをアタッチすることは不可 • DATAとRECOの2つのディスク・グループが作成 • 冗長性(High(三重化)or Normal(二重化))と DATAディスク・グループへ割り当てる割合(80% or 40%)を選択 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 108 シェイプ ストレージ・ サイズ DATA ストレージ% Disk Group 利用可能なサイズ (二重化) 利用可能なサイズ (三重化) BM.DenseIO2.52 51.2 TB 80% (デフォルト) DATA 16 TB 9 TB RECO 4 TB 2.3 TB 40% DATA 8 TB 4.6 TB RECO 12 TB 6.9 TB BMシステム作成時の画面 BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  109. 各サービスにおける可用性 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 109 Database Cloud Service - Virtual Machines Database Cloud Service - Bare Metal Fault Domain対応 ✔ ✔ Real Application Clusters 利用可否 ✔ - 自動 Data Guard構成 ✔ ✔ ストレージ冗長化 ✔ (ASM+ストレージ 多重化) ✔ ASM 2重化 or 3重化 自動 バックアップ設定 ✔ (Object Storage) ✔ (Object Storage) 複製機能 - - バックアップからの環境自 動作成 可能 可能 (別の既存DBシステム上) BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  110. 自動構成での高可用性構成イメージ VM,BM Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or

    its affiliates. 110 Availability Domain Virtual Cloud Network Region Database System Block Storage Object Storage バックアップ シングル構成 ・フォルト・ドメイン(FD)指定可能 ・データベースのデータ領域は Block Storageを利用 ・Object Storageへの自動バック アップ設定可能 Fault Domain Availability Domain Virtual Cloud Network Region Database System Block Storage Object Storage バックアップ Fault Domain Database System Fault Domain Availability Domain Virtual Cloud Network Region Database System Block Storage Object Storage バックアップ Fault Domain Database System Block Storage Fault Domain Data Guard RAC構成 Active-Activeなクラスタリング構成 ・エディションはExtreme Performanceが必要 ・FD指定可能。指定しない場合、自動で別FDに配置 ・データベースのデータ領域は、VM間で共通の Block Storageを利用 ・Object Storageへの自動バックアップ設定可能 ・VMでのみ利用可能 Extreme Performance Edition Data Guard構成 計画/計画外停止に備えたDBレプリケーションでの冗長構成 ・フィジカル・スタンバイ。同一VCN、同一/別AD間で 自動構成可能。同一ADの場合、自動で別FDに配置 ・DBシステムは同一エディション同士。スタンバイは1つ ・RAC環境同士のData Guard構成も可能(VM) ・自動バックアップ設定はプライマリのみ ・Enterprise Edition以上 ・Active Data Guardは Extreme Performance BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  111. サービスの拡張 Bare Metal Database でOCPUを伸縮 • ダウンタイム無く、完全にオンラインで実施 • UI、APIを利用 通常のワークロードに必要なOCPUで初期構成

    • 必要なリソースだけを利用 • 必要に応じて伸縮 毎時のOCPU利用実績に応じて課金される Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 111 Hourly Scaling Freq. Load BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  112. CPUコアの動的スケーリング ベアメタルの DBシステム でComputeの処理能力がさらに必要な場合はシステムで有効になっている CPUコアの数を拡 張できます。 • コンソールからコアの数を選択 2ocpu単位(2ocpu ~

    52 ocpu)でスケールアップ/ダウンが可能 • スケールアップ/ダウンをオンラインで実施 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its affiliates. 112 BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  113. バックアップからのDB作成 自動バックアップあるいはオンデマンド・フル・バックアップで取得したバックアップから、新しいDBシステムを作成可能 また、既存のベアメタル DBシステムにデータベースを追加作成可能 エディションの変更は、同等以上のエディションに限定される Base Database Service Copyright ©

    2022 Oracle and/or its affiliates. 113 Object Storage DBシステム DB バックアップを取得 バックアップセット DBシステム DB DBシステム DB DB 新規 DBシステムを作成 既存のベアメタルにDBを作成 ※バックアップから新規DBシステムを作成する場合、IPアドレスやホスト名は新たに決定されます。 BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  114. 1コアからスタート、RACまで、幅広いサービスラインナップを提供 Base Database Service Copyright © 2022 Oracle and/or its

    affiliates. 114 Base Database Service – Virtual Machines • 仮想マシン(VM)で利用可能なデータベース サービス • 4つのエディションを選択可能で、Oracle Real Application Clusters(RAC)が利用可能 • 他のサービスと比較し、ユーザーのニーズ に合わせて様々な サイズ・構成で利用可能なサービス • 専有型のベアメタル環境で利用可能なデータ ベースのサービス • 4つのエディションを選択可能で、オンプレミス の自前サーバーと同様に、他の環境から影響を 受けることなくワークロードを捌けるサービス Base Database Service – Bare Metal BMは2021/12/31以降 新規プロビジョニング不可
  115. None