Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Exadata Cloud Service (ExaCS) X8M のインフラストラクチャをスケーリングしてみよう

oracle4engineer
November 02, 2021
500

Exadata Cloud Service (ExaCS) X8M のインフラストラクチャをスケーリングしてみよう

[概要]
Exadata Cloud Service (ExaCS) X8M は、Elastic構成となっています。
データベース・サーバーやストレージ・サーバーをスケーリングする手順をまとめました。

oracle4engineer

November 02, 2021
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Transcript

  1. • ExaCS X8M インフラストラクチャのスケーリングの概要 • ExaCS X8M インフラストラクチャのスケーリングの手順 1. サービスリミットの解除

    2. インフラストラクチャのスケーリング 3. VMクラスタのスケーリング アジェンダ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 3 本資料は、資料『Oracle Exadata Cloud Service (ExaCS) を使ってみよう ニュー・リソースモデル対応版』 を参照の上、Quarter Rack 相当のインスタンスをプロビジョニング後に、任意のタイミングで データベース・サーバー/ストレージ・サーバーを追加する手順を記したも のです。
  2. • ExaCS X8Mでは、インフラストラクチャをオンラインでスケールアップが可能 • データベース・サーバーは最大32台まで • ストレージ・サーバーは最大64台まで • データベース・サーバーおよびストレージ・サーバー、いずれもスケールダウンは不可 ※2021年10月時点

    • ExaCS X8Mのプロビジョニングは、初めに Quarter Rack 相当の データベース・サーバー2台、ストレージ・サーバー 3台で実施(デフォルトの台数は変更不可) ※2021年10月時点 • スケーリングは、任意のタイミングで実施可能 • データベース・ホームやデータベースの作成前にスケーリングする場合 • 追加する台数が決まっている場合は、データベース・ホームやデータベースの作成前に実施する方がVMクラスタの更新時間を 短縮可能 • データベース・サーバー/ストレージ・サーバー所要時間: 1台あたり30 - 45分 • データベース・ホームやデータベースの作成後にスケーリングする場合 • データベース・ホームの数やデータ量によりVMクラスタの更新時間は異なる ExaCS X8M インフラストラクチャのスケーリングの概要 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 4
  3. ExaCS X8M インフラストラクチャのスケーリングの例:ExaCS X8M Compute Scaling (Core) Storage Scaling (TB)

    64 400 1,600 128 600 2,500 OLTP Petabyte Data Warehouse Elastic構成 DB/Storage Serverを1台ずつ追加 完全な柔軟性と圧倒的なスケールを提供 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 5
  4. 概要 1. サービスリミットの解除 • 追加する データベース・サーバー/ストレージ・サーバー分のサービスリミットを解除 • 所要時間:数日 2. インフラストラクチャのスケーリング

    • データベース・サーバー/ストレージ・サーバーを任意の台数分追加 • インフラストラクチャを追加すると、追加分の課金が開始 • 所要時間:数分 3. VM クラスタのスケーリング • VMクラスタにデータベース・サーバー/ストレージ・サーバーの容量を追加 • データベース・サーバーの追加を実施すると、追加分の OCPU の課金が開始 • 所要時間:1台あたり30 - 45分以上 ExaCS X8M インフラストラクチャのスケーリングの手順 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 6
  5. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 7 1. サービスリミットの解除

    追加する データベース・サーバー/ストレージ・サーバー分のサービスリミットを解除 資料『Oracle Exadata Cloud Service (ExaCS) を使ってみよう ニュー・リソースモデル対応版』 より抜粋
  6. Exadata システム・モデルおよびシステム構成の選択 (シェイプの確認) • サービス制限の引き上げ申請の前に利用する ExaCS のシェイプを決めておく サービス制限の変更申請 Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 9 システム X8 X7 Exadata Base System exadata-base-48-count Quarter Rack exadata-quarter3-100-x8-count exadata-quarter2-92-x7-count Half Rack exadata-half3-200-x8-count exadata-half2-184-x7-count Full Rack exadata-full3-400-x8-count exadata-full2-368-x7-count システム X8M X8M Database Server exadata-database-server-x8m-count X8M Storage Server exadata-storage-server-x8m-count X8M は Elastic 構成のため、 Database Server 数 2 ~ 32)、 Storage Server 数 (3 ~ 64) の 台数で制限を引き上げる形になる。
  7. サービス制限の引上げ サービス制限の変更申請 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 11

    連絡先 (名前とメール・アドレス) : リクエスト内容についての自動送信メール(通知)や、内容 について確認が必要な場合はメール(英語)が届く。 リソース制限の更新: サービス・カテゴリ、リソース、可用性ドメインごとの引上げ 後の制限値を設定。 X8Mは、Database Server および Storage Server の引上げがそれぞれ必要。 リクエストの理由: リクエストの理由を記入 「サービス制限の引上げ」 をクリックして、 「サービス制限の更新のリクエスト」を起動 「リクエストの作成」 をクリックして申請は完了
  8. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 12 2. インフラストラクチャのスケーリング

    データベース・サーバー/ストレージ・サーバー任意の台数を追加
  9. データベース・サーバーのスケーリング Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 15 「データベース・サーバー」

    をクリック データベース・サーバーの合計の台数を入力 • 1回のスケーリング操作で最大4台のデータベース・サー バーを追加可能 • VMクラスタに割り当てられていないデータベース・サー バーがインフラストラクチャ・リソースに含まれている場合、 追加可能な最大数は未割当てのデータベース・サー バーの数だけ減少し、0から3の間になる 「スケール」 をクリック
  10. ストレージ・サーバーのスケーリング Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 16 「ストレージ・サーバー」

    をクリック ストレージ・サーバーの合計の台数を入力 • 1回のスケーリング操作で最大6台のストレージ・サー バーを追加可能 • VMクラスタに割り当てられていないストレージ・サーバー がインフラストラクチャ・リソースに含まれている場合、追 加可能な最大数は未割当てのストレージ・サーバーの数 だけ減少し、0から5の間になる 「スケール」 をクリック
  11. Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 18 3. VM

    クラスタのスケーリング VMクラスタにデータベース・サーバー/ストレージ・サーバーの容量を追加
  12. 概要 • インフラストラクチャを追加した後、その容量をVMクラスタに追加するVMクラスタのスケーリングの操作を実施 • データベース・サーバーを追加する場合は、VMクラスタのスケーリング後にOCPUの課金が開始 • スケーリングは、任意のタイミングで実施可能 • データベース・ホームやデータベースの作成前にスケーリングする場合 •

    追加する台数が決まっている場合は、データベース・ホームやデータベースの作成前に実施する方がVMクラスタの更新時間を 短縮可能 • データベース・サーバー/ストレージ・サーバー所要時間:1台あたり30 - 45分 • データベース・ホームやデータベースの作成後にスケーリングする場合 • データベース・ホームの数やデータ量によりVMクラスタの更新時間は異なる VMクラスタのスケーリング Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 19
  13. VMクラスタのスケーリング Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 22 「更新」

    をクリック ※この後VMクラスタの更新処理が始まり、 完了までコンソールの操作が制限される
  14. Exadata Cloud Serviceインスタンスのスケーリング https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/Database/Tasks/exasystemscaling.htm Oracle Exadata Cloud Service (ExaCS) を使ってみよう

    ニュー・リソースモデル対応版 https://speakerdeck.com/oracle4engineer/exadata-cloud-service-exacs-woshi-tutemiyou- niyurisosumoderudui-ying-ban 参考情報 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 24