Oracle APEX Workshop III 日本語版

Oracle APEX Workshop III 日本語版

ビッグマック指数を扱うアプリケーションを作成するハンズオンです。以下の内容を含みます。
1. リモート・データに基づいたアプリケーションの作成
2. レポートの機能拡張
3. チャートの追加
4. チャートの改善
5. 国を選択するLOVの追加

3115a782126be714b5f94d24073c957d?s=128

oracle4engineer

August 27, 2020
Tweet

Transcript

  1. Oracle APEX Workshop III ビッグマック指数を使用したグラフ作成 2020年8月 20.1対応版 日本オラクル株式会社 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 1
  2. • リモート・データに基づいたアプリケーションの作成 • レポートの機能拡張 • チャートの追加 • チャートの改善 • 国を選択するLOVの追加

    本ワークショップにて実施する内容 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 2
  3. • 以下のリンクにアクセスし、資料をダウンロードする。 ワークショップで使用するスニペット https://apex.oracle.com/pls/apex/dbcloud_demo/r/simcontents/download?id=APEX_Workshop3_snip pets.txt 資料のダウンロード Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 3
  4. Oracle APEXワークスペースの取得 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 4

  5. 5 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 1

    - ワークスペースのリクエスト • ブラウザよりhttps://apex.oracle.com/にアクセスする。 • 「無料で開始」をクリックする。 • 「無償ワークスペース」のリクエストをクリックする。
  6. 6 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 2

    - 新規に作成するワークスペース情報の指定 • 名、姓、電子メール、ワークスペース名、国、使用状況 を、それぞれ入力する。 • Oracleプライバシ・ポリシーを確認する。 • 国は「日本」、使用状況の組織は教育機関を想定している ため、「個人」を選択します。 ワークスペースの制限は • 英数字と”_”アンダースコア • 30文字以下 • 大文字小文字の区別なし • 他の利用者も含み、既に使用 済みのワークスペース名は使 えない
  7. 7 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 3

    - アンケートへの回答 • 「Oracle APEXは初めてですか?」という 質問に回答する。 • 「学校の授業で使いますか?」という質 問に回答する。
  8. 8 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 4

    - リクエストする理由の入力 • ワークスペースを作成する理由について 入力する。
  9. 9 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 5

    - サービス規約への同意 • 本サービスの利用規約に同意します。 • apex.oracle.comは学習/検証の用途の利用 に制限されています。
  10. 10 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 6

    – ワークスペースの作成リクエストを送信 • 指定した内容が正しいことを確認し、 「リクエストの送信」をクリックする。
  11. 11 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 7

    – メールを受信した後、ワークスペースを作成 • 数分で、oracle-application-express_ww@oracle.com からメールが届く。 • メール本文にある「Create Workspace」をクリックす る。
  12. 12 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 8

    – サインイン画面に進む • 「サインイン画面に進みます」をクリックする。
  13. 13 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 9

    – パスワードの設定 • パスワードを設定して、「パスワードの変更」 をクリックする。
  14. 14 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates Step 10

    – Oracle APEXホーム画面 • アプリケーション・ビルダー • アプリケーション開発を行う。 • SQLワークショップ • DBの操作、表、ビュー、索引、パッ ケージといったDBオブジェクトの作成 /更新/削除を行う。 • チーム開発 • アプリケーションのリリース管理を行 う機能を提供する。 • アプリケーション・ギャラリー • サンプル・アプリケーションを提供す る。
  15. リモート・データに基づいた アプリケーションの作成 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 15

  16. • SQLワークショップから、ユーティリティ、「クイックSQL」を呼び出す。 Step 1 – クイックSQLの呼び出し Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 16
  17. • エディタに以下の簡易記法によるスキーマ定義を入力する。 Step 2 – クイックSQLによるスキーマ定義の入力 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 17 big_mac_index country_name iso currency_code local_price num dollar_exchange_rate num gdp_dollar num entry_date
  18. • 「設定」をクリックし、設定ダイアログを 開く。 • 主キーに「12c Identityデータ型」を選択す る。 • 「変更の保存」をクリックする。 Step

    3 – 生成されるSQLの調整 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 18
  19. • 「SQLスクリプトを保存」をクリック する。 • スクリプト名として「big mac index」を入力する。 • 「スクリプトを保存」をクリックす る。

    Step 4 – 生成されたSQLをスクリプトとして保存 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 19
  20. • 「レビューおよび実行」をクリックする。 Step 5 – SQLスクリプトの実行 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 20 • 「実行」をクリックする。 • 「即時実行」をクリックする。 • SQLの実行が成功していること を確認する。
  21. • 以下のSQLによってhttps://raw.githubusercontent.com/TheEconomist/big-mac- data/master/source-data/big-mac-source-data.csv のビッグマック指数をローカル表に読み込む。 Step 6 – ビッグマック指数を読み込むSQL Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 21 insert into big_mac_index(country_name, iso, currency_code, local_price, dollar_exchange_rate, gdp_dollar, entry_date) select col001, col002, col003, col004, col005, col006, to_date(col007,'YYYY-MM-DD') from table( apex_data_parser.parse( p_content => apex_web_service.make_rest_request_b( 'https://raw.githubusercontent.com/TheEconomist/big-mac-data/master/source-data/big-mac-source-data.csv', 'GET'), p_file_name => 'big-mac-source-data.csv', p_skip_rows => 1 ) );
  22. • SQLワークショップをクリックし、 「SQLコマンド」をクリックする。 • 実行するSQLをコピペする。 • 「実行」をクリックする。 • インサートされた行数を確認する。 Step

    7 – ローカル表へのリモート・データの投入 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 22
  23. • アプリケーション・ビルダーを クリックし、「作成」をクリッ クする。 • 「新規アプリケーション」をク リックする。 Step 8 –

    新規アプリケーションの作成 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 23
  24. • 名前に「グローバル経済」と入力する。 • 「ページの追加」をクリックする。 Step 9 – アプリケーションの命名とページの追加 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 24
  25. • 「対話モード・レポート」をクリックする。 • ページ名に「ビッグマック指数」と入力する。 • 表またはビューとして、表BIG_MAC_INDEXを 選択する。 • 「フォームを含める」をチェックする。 •

    「ページの追加」をクリックする。 Step 10 – レポートとフォームの追加 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 25
  26. • 機能のとなりにある「すべてをチェック」をクリックする。 Step 11 – 機能の追加 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 26
  27. • 「アプリケーションの作成」をクリックする。 Step 12 – アプリケーションの作成 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 27
  28. • 「アプリケーションの実行」をクリックする。 Step 13 – アプリケーションの実行 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 28
  29. • 「ユーザー名」、「パスワード」を入力して、「サインイン」をクリックする。 • ユーザー名、パスワードはワークスペースのサインインに使用したもの。 Step 14 – 新規アプリケーションにサインイン Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 29
  30. • ウィザードによるアプリケーションの作成が完了した。 Step 15 – アプリケーションの実行 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 30
  31. レポートの機能拡張 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 31

  32. • メニューの「ビッグマック指数」をクリックし、レポート・ページを開く。 • 開発者ツール・バーの「ページの編集2」をクリックする。 Step 1 – レポートの実行と編集 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 32
  33. • 「Big Mac Indexes」リージョンをクリッ クする。 • 左ペインのレンダリング・ビューと中央の レイアウト・ビューのBig Mac Indexesが

    選択される。 • 右ペインのプロパティ・エディタにBig Mac Indexesリージョンの内容が反映され る。 Step 2 – レポート・リージョンの選択 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 33
  34. • プロパティ・エディタのソース・セクションに含まれるタイプを「表/ビュー」から「SQL問合せ」に 変更する。 • 選択済みの表名から、その表の全列を問い合わせるSELECT文にソースが変更される。 Step 3 – レポートのソースをSQL問合せに変更 Copyright

    © 2020, Oracle and/or its affiliates 34
  35. • SQL問合せの列に、ENTRY_DATEの後ろに”,”(カンマ)を追加し、新たな列として以下を挿入する。 Step 4 – SELECT文に計算した値を追加 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 35 case when local_price = 0 then null else 50*dollar_exchange_rate/local_price end big_macs_per_50 • SQLを編集する。 • をクリックして「検証」を行う。 • 「OK」をクリックする。
  36. • 左ペインのBig Mac Indexesリージョンにある「列」をクリックする。 • 開いた列リストから「BIG_MACS_PER_50」をクリックする。 Step 5 – レポート・カラムの表示

    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 36
  37. • 外観の書式マスクの右にある アイコンをクリックする。 • 「5,234.10」をクリックする。 • 「保存」をクリックする。 Step 6 –

    列の表示形式の調整 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 37
  38. • 「ページの保存と実行」 アイコンをクリックし、更新したレポートを実行する。 • Big Macs Per 50がレポートに追加されていることを確認する。 Step 7

    – レポートの実行 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 38
  39. チャートの追加 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 39

  40. • 開発者ツール・バーの「アプリケーションnnnnn」をクリックする。 Step 1 – アプリケーションの編集 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 40
  41. • 「ページの作成」をクリックす る。 • ページ・タイプはコンポーネント (デフォルト) • 「チャート」をクリックする。 • 「面付き折れ線」をクリックす

    る。 Step 2 – チャートの作成を開始 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 41
  42. • ページ名に「チャート」を入力する。 • ページ・モードは「標準」(デフォルト) • ブレッドクラムに「Breadcrumb」を選 択する。 • 親エントリは「親エントリなし」(デ フォルト)

    • エントリ名は「チャート」(デフォルト) • 「次」をクリックする。 Step 3 – ページおよびリージョン属性の指定 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 42
  43. • ナビゲーションのプリファレンスとして、 「新規ナビゲーション・メニュー・エント リの作成」をックリックする。 • 新規ナビゲーション・メニュー・エントリ は「チャート」(デフォルト) • 親ナビゲーション・メニュー・エントリは 「-

    親が選択されていません -」(デフォル ト) • 「次」をクリックする。 Step 4 – ナビゲーション・エントリの指定 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 43
  44. • 位置は「ローカル・データベース」を選択する。 (デフォルト) • ソース・タイプとして「SQL問合せ」を選択する。 (デフォルト) • SQL問合せとして、次のSQLを入力する。 • 「次」をクリックする。

    Step 5 – ソースとなるSQLの入力 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 44 select local_price, entry_date from big_mac_index where iso = 'JPN' order by entry_date
  45. • 向きは「垂直」(デフォルト) • ラベル列は「ENTRY_DATE」を選択する。 • 値列は「LOCAL_PRICE」を選択する。 • 「作成」をクリックする。 Step 6

    – 列のマッピングを指定 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 45
  46. • 「ページの保存と実行」 アイコンをクリックして、作成したチャートを実行する。 Step 7 ー チャートの実行 Copyright © 2020,

    Oracle and/or its affiliates 46
  47. チャートの改善 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 47

  48. • 開発者ツール・バーの「クイック編集」をクリックする。 • 「チャート」と名前づけされたリージョン上にポインタを移動し、クリックする。 Step 1 – チャート・リージョンの改善 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 48 スパナは別の機能を 呼び出すので、ここ 以外をクリック この辺りをクリック する
  49. • 左ペインの「シリーズ1」をクリックする。 • 右ペインの名前を「現地価格」と入力する。 Step 2 – シリーズの名前を設定 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 49
  50. • ラベル・プロパティの表示を「OFF」にする。 Step 3 – ラベルの非表示 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 50 スクロールして 表示させる
  51. • 左ペインのチャートに含まれる「属性」をクリックする。 • 右ペインの設定より時間軸タイプとして「混合頻度」を選択する。 Step 4 – チャート属性の調整 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 51
  52. • プロパティ・エディタより凡例を選んで表示を「ON」にする。 • をクリックして、チャートを実行する。 Step 5 – チャート属性の調整 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 52
  53. • 変更されたチャートの表示を確認する。 • 開発者ツール・バーより「クイック編集」をクリックし、チャートの編集を再度呼び出す。 Step 6 – チャート・リージョンの再編集 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 53
  54. • 左ペインのチャートのシリーズ、「現地価格」をクリックする。 • 現地価格上で右クリックを行い、「重複」を選択する。 Step 7 – シリーズの複製 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 54
  55. • プロパティ・エディタにて、新規シリーズの名前を「為替レート」に変更する。 Step 8 – 新規シリーズの調整 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 55
  56. • 「SQL問合せ」を、次のSQLに変更する。 Step 9 – ソースとなるSQLの入力 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 56 select dollar_exchange_rate, entry_date from big_mac_index where iso = 'JPN' order by entry_date
  57. • 列のマッピングに含まれる値を「DOLLAR_EXCHANGE_RATE」に変更する。 • をクリックし、実行する。 Step 10 – ページの完成 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 57
  58. 国を選択するLOVの追加 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 58

  59. • 開発者ツール・バーの「ページの編集4」をクリックする。 Step 1 – チャート・ページの編集 Copyright © 2020, Oracle

    and/or its affiliates 59
  60. • コンポーネント・ギャラリーの「アイテム」を選択する。 • スクロールさせて「選択リスト」を見つける。 Step 2 – 選択リストの作成 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 60
  61. • コンポーネント・ギャラリーの「選択リスト」を、チャート・リージョンの「アイテム」の位置へ、 ドラッグ&ドロップする。 Step 3 – 選択リストのドラッグ&ドロップ Copyright © 2020,

    Oracle and/or its affiliates 61 ブレッドクラムではなく、 チャート・リージョンに作成 されていることを再確認する
  62. • 選択リストに以下のプロパティを設定する。 • 名前:P4_COUNTRY • ラベル:国 • LOVのタイプ:SQL問合せ • SQL問合せに以下を入力

    • NULL表示値:- 国を選択 - Step 4 – 選択リストのプロパティ設定 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 62 select distinct country_name d, iso r from big_mac_index order by 1
  63. • 左ペインにあるP4_COUNTRY上で右クリックする。 • メニューから「動的アクションの作成」を選択する。 Step 5 – 動的アクションの作成 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 63
  64. • 左ペインの動的アクション(変更前は「新規」)をクリックする。 • 名前を「国の切り替え」に変更する。 Step 6 – 動的アクションの調整 Copyright ©

    2020, Oracle and/or its affiliates 64
  65. • True条件の下にある「表示」(変更 前)を選択する。 • プロパティ・エディタで以下の属性 を変更する。 • アクション:リフレッシュ • 選択タイプ:リージョン

    • リージョン:チャート Step 7 – 動的アクションの調整 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 65
  66. • 左ペインから、シリーズの「現地価格」を選択する。 • SQL問合せのiso = 'JPN'をiso = :P4_COUNTRYへ変更する。 • 「為替レート」のSQL問合せにも同じ変更を行う。

    Step 8 – シリーズのSQL問合せの変更 Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 66 為替レート select dollar_exchange_rate, entry_date from big_mac_index where iso = :P4_COUNTRY order by entry_date 現地価格 select local_price, entry_date from big_mac_index where iso = :P4_COUNTRY order by entry_date
  67. • 左ペインの「チャート」リージョンをクリックする。 • ソースの「送信するページ・アイテム」として、「P4_COUNTRY」を選択する。 • をクリックし、実行する。 Step 9 – 送信するページ・アイテムの指定

    Copyright © 2020, Oracle and/or its affiliates 67
  68. Step 10 – 国を切り替えてチャートの表示を確認 Copyright © 2020, Oracle and/or its

    affiliates 68
  69. None