Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート

Oracle Cloud Infrastructure:2021年12月度サービス・アップデート

過去資料はこちら:https://bit.ly/3AUoYWY
2021年12月のOracle Cloud Infrastructure サービス・アップデートです。

140494d272a4d89883a94fdfdb29dea2?s=128

oracle4engineer
PRO

December 15, 2021
Tweet

More Decks by oracle4engineer

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Oracle Cloud Infrastructure (PaaS & IaaS) 2021年12⽉度サービス・アップデート ⽇本オラクル株式会社 事業戦略統括 事業開発本部

    2021年12⽉9⽇
  2. マニュアル • Oracle Cloud Infrastructure Documentation (英語版︓最新情報はこちらをご覧ください) • Oracle Cloud

    Infrastructure ドキュメント (⽇本語版) アップデートへのリンク • Oracle Cloud Infrastructure 全体 • Autonomous Database ブログ • [英語]Oracle Cloud Infrastructure Blog • [英語]Oracle Database Insider • [⽇本語]オラクルエンジニア通信 • サービス・アップデート(全体概要) • 本資料の過去資料はこちら • OCI新機能ハイライト(機能詳細) 各サービスのアップデートはこちらから確認できます Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 2
  3. 東京リージョン: 追加サービス (11-12⽉) ⼤阪リージョン: 追加サービス (11-12⽉) • なし サービス・アップデート •

    全体 • アブダビ・リージョン 開設 • ミラノ・リージョン 開設 • Network • Network Visualizer 2.0 • Database • [ExaCS] Custom SCAN listener port for VM cluster • [ExaCS] Performance Hub Exadata Tab サービス・アップデート (続き) • その他 • [Cloud Advisor] 推奨項⽬の追加 • [IAM] Identity Domains (OCI IAMとIDCSの統合) • Cloud Cost Estimator • [Management Agent] Oracle Solarisをサポート アナウンス等 • OCI上で実現するLakehouse • OCI AI サービスの発表 • データベース・クラウドのサポート期間 (リマインド) 2021年12⽉度 アップデート・サマリー Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 3
  4. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 5
  5. 2021年11⽉現在︓35リージョン提供中、さらに9リージョン計画 Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン https://www.oracle.com/cloud/architecture-and-regions.html CHUNCHEON SEOUL TOKYO OSAKA JOHANNESBURG

    SYDNEY MELBOURNE Commercial Commercial Planned Government Microsoft Interconnect Azure SANTIAGO VINHEDO SAO PAULO CHILE 2 COLOMBIA SAN JOSE PHOENIX CHICAGO ASHBURN TORONTO MONTREAL MEXICO デュアル・リージョン︓基本的に全ての国/地域 で2つ以上のリージョンを提供し、お客様の業務 継続要件に対応していく (⽇本の場合は東京-⼤阪) 各リージョンはOracle Backboneで接続 サステナビリティ︓2025年までに、すべてのリー ジョンにおいて、100%再⽣可能エネルギーを使 ⽤することを表明 (欧州リージョンは達成済み) JEDDAH JERUSALEM DUBAI MUMBAI HYDERABAD SAUDI 2 ABU DHABI ISRAEL 2 SINGAPORE NEWPORT AMSTERDAM FRANKFURT ZURICH LONDON STOCKHOLM MILAN FRANCE 2 SPAIN MARSEILLE New New アブダビ/ミラノ 開設 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 6
  6. 2021年11⽉現在︓35リージョン提供中、さらに9リージョン計画 2022年末までの、新たなリージョン開設計画を発表しま した (2021年10⽉14⽇) https://www.oracle.com/jp/news/announcemen t/oci-footprint-jp-20211014/ 1拠点⽬のリージョン開設予定 • ミラノ(イタリア)[済み]、ストックホルム(スウェーデン)、マル セイユ(フランス)[済み]、スペイン、シンガポール[済み]、ヨ

    ハネスブルグ(南アフリカ)、エルサレム(イスラエル)[済み] 、 メキシコ、コロンビア 2拠点⽬のリージョン開設予定 • アブダビ(アラブ⾸⻑国連邦)[済み]、サウジアラビア、フ ランス、イスラエル、チリ Oracle Cloud Infrastructure(OCI)のリージョン Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 7
  7. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 8
  8. ⾼可⽤性やパフォーマンスの推奨項⽬の追加 • クラウド・アドバイザで「パフォーマンス」と「⾼可⽤性」 の新たな推奨カテゴリが追加された • 推奨事項としては以下が追加 • 利⽤率の低いロード・バランサの縮⼩ • Rightsize

    compute instances • Rightsize load balancers • フォルト・トレランスの向上 • 推奨事項のクエリやフィルタの作成が可能 Cloud Advisorの新たな推奨項⽬ 機能拡張 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 9
  9. Data Safeの実⾏状況をアラート OCIの様々なサービスの設定やアクティビティを監視、脆 弱な設定やリスクの⾼いユーザー操作を検出するCloud Guardのディテクタ・レシピ(問題設定の検出ルールが強 化され、Data Safeが設定されていないDatabaseを検 出可能になりました • Data

    Safe is not Enabled (Data Safeが有効化さ れていない) • Database not registered in Data Safe(該当DB がData Safeの監視下となっていない) を検知し、レポートします。 Data Safeで監視対象となるDBのヌケモレを防⽌し、頻 繁にDatabaseインスタンスが作成、削除される環境下な どで特に有効です Cloud Guardの検出項⽬追加 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 10 機能拡張
  10. 複数データベースを横断したセキュリティ分析 Data Safeのアセスメント機能が拡充され、管理下のデー タベース群を横断してリスクを把握する事が可能に 全データベースを横断して以下をレポート • データベースの構成をスキャンし、STIG, CIS Benchmarkなどのベストプラクティスと⽐較しセキュリ ティ・リスクを評価

    • ユーザー・アカウントをスキャンし、アカウントの使⽤状 況や付与された権限・ロールからリスクを分析 Data Safeのアセスメント機能を強化 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 11 管理下のデータベース群のセキュリ ティリスクを⼀括して可視化 発⾒されたリスクの 詳細を表⽰ ユーザーの⾏動や、権限設定 などのリスクをレポート 機能拡張
  11. OCI IAMとIDCSが統合された新たな認証基盤に • OCI Identity and Access Management(IAM)と Identity Cloud

    Service(IDCS)の統合 • OCIのテナンシー内にアイデンティティ・ドメインが作成される • OCI基盤の上で、これまでのIDCS同等の⾼度な機能が利⽤可能 • 段階的な導⼊ • まずは新規テナンシーからリージョンごとに順次導⼊。その後既存テナンシーの移⾏予定 • アイデンティティ・ドメインの種類 • Free • Oracle Apps • Oracle Apps Premium • Premium(従来のIDCS - Enterprise Userと同価格) • External User(従来のIDCS - Consumer Userと同価格) OCI IAM Identity Domains OCIテナンシー アイデンティティ・ドメイン アイデンティティ・ドメイン ユーザ Free アプリケーション セキュリティ設定 (フェデレーションや サインオンポリシーな ど) グループ 動的グループ アイデンティティ・ドメイン External User Oracle Apps ポリシー コンパートメント コンパートメント Allow group <identity_domain_name>/<group_name> to <verb> <resource-type> in compartment <compartment_name> ポリシー 参考 OCI IAM Identity Domains: What OCI IAM customers need to know Migrating to OCI IAM: What Oracle IDCS customers need to know • ユーザやグループは必ずどこかのアイデンティティ・ドメインに所属。 • ポリシー構⽂のグループ名の前にアイデンティティ・ドメイン名を追加可能。ドメイン 指定がない場合はデフォルトのアイデンティティ・ドメインとして評価される。 機能拡張 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 12
  12. 統⼀されたクラウドIAM OCI IAM Identity Domains OCI IAM (現在) IDCS (現在)

    IDCSのバリュー: ⾼度なMFAオプション アダプティブ・セキュリティ ライフサイクルマネジメント サードパーティ製アプリの幅広いサポート コンシューマ向けIAM ハイブリッドITの幅広いサポート OCI IAMのバリュー: ネイティブOCIサービス 30以上の地域で展開 OCI Access Policies OCI Logging これまでのOCI IAMの価値を継続 • OCI NativeのIAMサービス • OCIリソースへのアクセス制御 • アクセス制御のためのグループや ポリシー定義 等々 これまでのIDCSの価値を継続 • BtoE/BtoC向け統合認証基盤 • 他社クラウドやオンプレミスアプリとの認証統合 • 認証強化(MFAやアダプティブセキュリティ等) • ブリッジやSCIMによるユーザー同期 等々 OCI IAM Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 13
  13. Identity Domainタイプ概要 • OCI IAM - Identity Domainに5つのタイプ(課⾦タイプ)を⽤意 • 各Identity

    Domainには異なる機能セットとオブジェクト制限、サービス制限(タイプ別の個数制限)あり タイプ Free Oracle Apps Oracle Apps Premium Premium External User 概要 (Usecase) • テナンシ作成時にデフォルト・ド メインとして作成されるタイプ • OCI IaaSおよびPaaSのリソース へのアクセス管理 • Oracle SaaS、PaaS、 GBUアプリケーションへの アクセス管理 • Oracle SaaS、PaaS、 GBUアプリケーションへの アクセス管理 • 加えてオンプレミスやOCI IaaS 上のOracleアプリケーション (Oracle EBS、PeopleSoft等)への アクセス管理 • 完全なIAM機能を提供し、 すべてのOracleアプリケーション およびOracle以外のアプリケー ションに対するアクセス管理 • 完全なIAM機能を提供しコン シューマ向けのアプリケーションに 対するアクセス管理 機能制限 あり あり あり なし あり オブジェクト 制限 あり あり あり あり あり 利⽤条件 • 機能/オブジェクト制限範囲内 • 機能/オブジェクト制限範囲内 • Oracle SaaSのアクセス管理 • 機能/オブジェクト制限範囲内 • Oracle SaaSのアクセス管理 • 機能/オブジェクト制限範囲内 • 機能/オブジェクト制限範囲内 • コンシューマ向けの認証 価格 無償 無償 ¥30(User Per Month) Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management – Oracle Apps Premium ¥384(User Per Month) Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management – Premium ¥1.92(User Per Month) Oracle Cloud Infrastructure Identity and Access Management – External User Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 14
  14. OCI IAM Identity Domainによる無償・低価格での認証機能提供 OCI IAM Identity Domainにより無償または低価格で利⽤できる範囲が広がります これまでのケース(IDCS利⽤) •

    APEX or VBCSアプリで2要素認証・SSOをしたい ⇒ IDCS有償版を利⽤ • OCIコンソールアクセスをアクセス元IPアドレスや所属グループで制御したい ⇒ IDCS有償版を利⽤ ・認証で使うユーザー/グループをActive Directoryから同期したい ⇒ IDCS有償版を利⽤ • Oracle SaaSの認証に2要素認証を使いたい ⇒ IDCS有償版を利⽤ ・他社SaaSとOracle SaaSのSSOをしたい ⇒ IDCS有償版を利⽤ OCI IAM Identity Domain Free ※機能/オブジェクト制限内 Free ※機能/オブジェクト制限内 Oracle Apps ※機能/オブジェクト制限内 Oracle Apps Premium OR Free ※機能/オブジェクト制限内 Oracle Apps ※機能/オブジェクト制限内 Oracle Apps Premium OR Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 15
  15. セキュリティ価格概要 〜 クラウド編 16 カテゴリ 機能 機能名 単価 セキュリティ・ バイ・デザイン

    強⼒、完全なテナント分離 Isolated Network Virtualization / Bare Meta 標準機能 強制的な暗号化 Encryption by Default 標準機能 階層型権限管理 Compartment 標準機能 ⾃動化された セキュリティ管理 リスクのある設定を⾃動検知 Cloud Guard 無償 ポリシーの⾃動適⽤ Security Zones 無償 脆弱性スキャン Vulnerability Scanning 無償 オンラインでのパッチ適⽤ Autonomous Database 無償 (*1) 証明書サービス Certificates 無償 データ中⼼の 多層防御 DBセキュリティ対策の⾃動化 Data Safe 無償〜 (*2) 特権ユーザー管理 Database Vault DBCS HP〜 (*3) 踏み台サーバー Bastion 無償 多要素認証、リスクベース認証 IAM 無償〜 ボット対策とWAF Web Application Firewall 無償〜 (*4) *1 Autonomous Database 利⽤時に無償で利⽤可能 *2 Oracle Cloud Databaseの利⽤でサービスを無償提供。監査記録の蓄積は100万レコード/ターゲット/⽉まで無償 *3 DBCS High Performance以上で利⽤可能 *4 1インスタンス、1000万インカミングリクエスト/⽉まで無償。価格単位 : ¥72 [1,000,000インカミングリクエスト/⽉]、¥600[インスタンス/⽉] 16 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  16. Infrastructure Service サービス・アップデート詳細 https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/categ ory/o4e-OCI新機能ハイライト Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 17
  17. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/11 -1) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/11/3 Database Tools Database Tools 2021/11/3 Database Exadata Cloud Service: custom SCAN listener port for VM cluster 2021/11/5 Data Integration New Release for Data Integration 2021/11/5 Data Science TensorFlow 2.6 versions 1 and 2 conda environment is introduced. 2021/11/7 Governance Oracle Support Rewards is now available 2021/11/9 Database Operator Access Control for Oracle Autonomous Database on Exadata Cloud@Customer 2021/11/9 IAM IAM now includes identity domains 2021/11/12 Cloud Guard New Cloud Guard Features Are Available 2021/11/16 Networking Network Visualizer 2.0 2021/11/16 Data Safe Oracle Data Safe now supported in 3 additional regions 2021/11/16 Database Performance Hub Exadata Tab 2021/11/17 Networking Encryption on Fastconnect 2021/11/17 Database Oracle Database: Encryption key options updated for bare metal, virtual machine, and Exadata Cloud Service databases ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 18 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  18. Oracle Cloud Infrastructure: 最近の主な新機能 (2021/11 -2) https://docs.cloud.oracle.com/iaas/releasenotes/ Release Date Services

    2021/11/17 Cloud Advisor New Cloud Advisor recommendation categories and features 2021/11/18 Data Science Enhancements including ADS v2.5.2 and tutorials 2021/11/18 Data Science Neurophysiology, TensorFlow, and PyTorch Conda Environments 2021/11/19 OCI New Region in Abu Dhabi, UAE 2021/11/19 MySQL Database MySQL Database authorization with IAM and IAM Identity Domains 2021/11/19 Data Science Introducing notebook session timeout management 2021/11/30 Mobile App Manage resources with OCI Mobile 2021/11/30 OCI New Region in Milan, Italy 2021/11/30 Operations Insight Cross-compartment Data Access 2021/11/30 Networking IPSec Tunnel Customizations 2021/11/30 Data Science Accelerated Data Science v2.5.3 is released 2021/11/30 OCI The next generation Cloud Cost Estimator tool is now available 2021/11/30 Management Agent Management Agent now supports Oracle Solaris ⾚字:本資料で取り上げる機能 ⽇本以外のリージョンでの特定のサービス開始は除外 19 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates
  19. OCI IAMとIDCSが統合された新たな認証基盤に • OCI Identity and Access Management(IAM)と Identity Cloud

    Service(IDCS)の統合 • OCIのテナンシー内にアイデンティティ・ドメインが作成される。 • OCI基盤の上で、これまでのIDCS同等の⾼度な機能が利⽤可能 • 段階的な導⼊ • まずは新規テナンシーからリージョンごとに順次導⼊。その後既存テナンシーの移⾏予定。 • アイデンティティ・ドメインの種類 • Free • Oracle Apps • Oracle Apps Premium • External User(従来のIDCS Standard-Consumerと同価格) • Premium(従来のIDCS Standard-Employeeと同価格) [IAM] アイデンティティ・ドメイン Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 20 OCIテナンシー アイデンティティ・ドメイン アイデンティティ・ドメイン ユーザ Free アプリケーション セキュリティ設定 (フェデレーションや サインオンポリシーな ど) グループ 動的グループ アイデンティティ・ドメイン External User Oracle Apps ポリシー コンパートメント コンパートメント Allow group <identity_domain_name>/<group_name> to <verb> <resource-type> in compartment <compartment_name> ポリシー 参考 OCI IAM Identity Domains: What OCI IAM customers need to know Migrating to OCI IAM: What Oracle IDCS customers need to know 2021/11/9 • ユーザやグループは必ずどこかのアイデンティティ・ドメインに所属。 • ポリシー構⽂のグループ名の前にアイデンティティ・ドメイン名を追加可能。ドメイン 指定がない場合はデフォルトのアイデンティティ・ドメインとして評価される。
  20. セキュリティ・リストの関連性やサブネット内リソースもビジュアライズ可能 • ネットワーク・ビジュアライザが進化し、VCNマップのセキュリティ・モードおよびサブネット・インベントリ・マップが追加された。 ネットワーク・ビジュアライザ v2 Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 21 VCNトポロジに「ルーティング」「セキュリティ」モードが追加 • セキュリティモードでは、セキュリティ・リストとサブネットの関連付けを表 ⽰可能 新しいサブネット・インベントリ・マップ • ネットワークロードバランサー、ロードバランサー、コンピュート・インスタンスな どのサブネット内のリソースの表⽰ • サブネット・セキュリティ・マップでは、リソースに関連付けられているセキュリ ティ・リストとネットワーク・セキュリティ・グループを確認可能 2021/11/16
  21. MACsec on FastConnectで暗号化 • コロケーションまたはサードパーティプロバイダーを使⽤するFastConnectで、MACsec暗号化を構成可能になった • CPE側もMACsecに対応している必要がある • Advanced Encryption

    Standard(AES)暗号化アルゴリズムで接続された2つのネットワーク間で2つのセキュ リティキーが交換および検証され、安全な双⽅向リンクが確⽴される • 暗号化キーはOCIボールトを利⽤ FastConnectの暗号化 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 22 2021/11/17
  22. ⾼可⽤性やパフォーマンスの推奨項⽬の追加 • クラウド・アドバイザで「パフォーマンス」と「⾼可⽤性」 の新たな推奨カテゴリが追加された • 推奨事項としては以下が追加 • 利⽤率の低いロード・バランサの縮⼩ • Rightsize

    compute instances • Rightsize load balancers • フォルト・トレランスの向上 • 推奨事項のクエリやフィルタの作成が可能 Cloud Advisorの新たな推奨項⽬ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 23 2021/11/17
  23. スマホからOCIリソースの起動/停⽌が可能 OCIモバイル・アプリではこれまではリソースの表⽰や監視のみが実施できたが、リソースの起動/停⽌/再起動/削除 も可 能になった OCIモバイルアプリでリソースの管理操作 Copyright © 2021, Oracle and/or

    its affiliates 24 2021/11/30
  24. • サイト間VPNのIPSecトンネルで、以下のカスタマイズが可能になった。 • カスタムのフェーズ1およびフェーズ2 IKE提案とセキュリティ・アソシエーションの有効期間 • デッドピア検出、IKE開始、およびNAT変換の構成 • さらに、トンネルのセキュリティ・アソシエーションを表⽰できるようになった。BGPルーティングを使⽤するトンネルには、顧 客構内機器(CPE)との間で送受信されたルートが表⽰される。

    • OracleがIPSecトンネルの確⽴を妨げる問題を検出すると、コンソールにトンネルの設定に役⽴つトラブルシューティング 情報が表⽰される。 VPNのIPSecトンネルのカスタマイズ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 25 2021/11/30
  25. コスト・エスティメーターが第⼆世代に進化 • Cost Estimator • https://www.oracle.com/cloud/costestimator.html • 使⽤⽅法 • https://docs.oracle.com/ja-jp/iaas/Content/GSG/Tasks/signingup_topic-Estimating_Costs.htm

    • クリック数を減らし、検索機能が⼤幅に改善 • UIとパフォーマンスの向上、標準化されたOracleのルックアンドフィール • お気に⼊りなどの⾼度な機能 • 常に最新のサービスと価格で更新 次世代バージョンのコスト・エスティメーター Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 26 2021/11/30
  26. https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/category/o4e-OCI新機能ハイライト よりタイムリーに新機能情報をキャッチアップしたい⽅は、Oracleエンジニア通信内のブログシリーズ「Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト」もご参照ください。 隔週で新機能をご紹介しています。 Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト

    Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 27
  27. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 28
  28. ▪概要 データベース・ソフトウェア・イメージは、個別パッチを含めてイメージをカスタマイズすることが可能 プロビジョニングやパッチ適⽤、Deta Guard、リストアの操作の際に、データベース・ソフトウェア・イメージを使⽤すると効率 的にプロビジョニングを実施可能 ▪特徴 今回のデータベース・ソフトウェア・イメージの拡張により、 1. 現在サポートされているリリース・アップデート (RU)

    に基づいてイメージを作成することができ、10世代のRUの中から選 択することができる 2. 個別パッチが適⽤されている場合も、データベースが稼働中の場合も、既存のデータベース (DBCS) / データベース ホーム (ExaCS) からデータベース・ソフトウェア・イメージを作成することできる 3. ユーザー提供のパッチと lsinventory からのパッチのいずれも、個別パッチリストに表⽰されるため、インストールされた パッチを⼀元的に把握することができる 4. Out-of-Place リストアや Data Guard の設定時にイメージを指定することができる 5. DBCS においては、データベース・ソフトウェア・イメージを使⽤して LVM ベースの インスタンス作成が可能になった [DBCS & ExaCS] データベース・ソフトウェア・イメージの機能拡張 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 29 機能拡張
  29. ▪考慮点 • イメージのメジャーリリースバージョンは、データベースのプロビジョニングを⾏うプラットフォームでサポートされているバージョ ンと同じか、それ以上である必要がある • 新規のデータベースのプロビジョニング時に、RU が N-3(最新、および3つ前のバージョン)よりも古いリリースを使⽤す る場合は、Cloud Automation

    のテストがされていないリスクについてお客さまの承諾が必要 • データベースへのパッチ適⽤には、RU が N-3(最新、および3つ前のバージョン)以内のイメージのみを使⽤することが できる • Out-of-Place リストア時は、バックアップのイメージがデフォルトで使⽤される • Data Guard の構成時は、プライマリのイメージがデフォルトで使⽤される [DBCS & ExaCS] データベース・ソフトウェア・イメージの機能拡張 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 30 機能拡張
  30. コンソールでの操作 〜サポートされるRUを指定してデータベース・ソフトウェア・イメージを作成〜 ▪操作⼿順 1. メニューを、[概要] ≫ [ベア・メタル、VMおよび Exadata] ≫ [データベース・ソフトウェア・イメージ]

    の 順にたどり、『データベース・ソフトウェア・イメージの作 成』ボタンをクリックする 2. シェイプ・ファミリーにて、『仮想マシンとベアメタル・シェ イプ』または『Exadataシェイプ』を選択する 3. データベースのバージョンを選択する 4. サポートされるRUを選択する ※右側の画像 5. 個別パッチを指定する 6. 『データベース・ソフトウェア・イメージの作成』ボタンをク リックする [DBCS & ExaCS] データベース・ソフトウェア・イメージの機能拡張 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 31 機能拡張
  31. コンソールでの操作 〜既存のデータベース/データベースホームからデータベース・ソフトウェア・イメージを作成〜 ▪操作⼿順 1. メニューを、[概要] ≫ [ベア・メタル、VMおよび Exadata] ≫ [DB

    システム] ≫ [データベース] の順に たどり、『他のアクション』ボタンをクリックする 2. 『データベースからのイメージの作成』をクリックする ※右側の画像 3. 表⽰名を⼊⼒し、『作成』ボタンをクリックする [DBCS & ExaCS] データベース・ソフトウェア・イメージの機能拡張 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 32 機能拡張
  32. 従来1521で固定されていたポート番号を柔軟に設定可能 Exadata VM Cluster作成時にSCAN listenerのポート番号を指定可能 • 設定可能なポート番号は1024 – 8999(デフォルトは1521) •

    設定された番号が正しい範囲にあるか、予約済みではないかを検証 • Exadata VM Cluster作成時のみ設定可能 [ExaCS] SCAN Listener Portのカスタマイズ 拡張オプションを表⽰、 ネットワークタブを選択、 ポート番号を設定 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 33 機能拡張
  33. データベース・クラウド 各バージョンのサポート期間 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 34

  34. Oracle Database: リリース及びサポート・タイムライン Release Schedule of Current Database Releases (Doc

    ID 742060.1) リマインド Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 35
  35. 対象サービス • Database Cloud, Exadata Cloud (Public & Cloud@Customer) サポート終了

    • 基本的にオンプレミスのライフタイム・サポートに準拠して設定 (オンプレミスにおけるエラー修正終了時に、クラウドではサポート終了となり、Sustaining Supportは提供されない) • セキュリティ・パッチを含むパッチ提供を終了、新規プロビジョニングを終了 • 当該バージョンのインスタンス稼働は保証されない (速やかなアップグレードもしくはインスタンス停⽌を推奨) 各データベース・バージョンのクラウドでのサポート期間 Release Schedule of Current Database Releases (Doc ID 742060.1) クラウドでの提供開始 サポート終了 (Sustaining Supportの提供なし) 11g R2 (11.2.0.4) 2014年9⽉ 2021年3⽉31⽇ (終了済み) 12c R1 (12.1.0.2) 2014年9⽉ 2022年7⽉31⽇ ← 残り8ヶ⽉ 12c R2 (12.2.0.1) 2017年3⽉ 2022年3⽉31⽇ ← 残り4ヶ⽉ 18c (12.2.0.2相当) 2018年3⽉ 2021年6⽉30⽇ (終了済み) 19c (12.2.0.3相当) 2019年1⽉ 2027年4⽉30⽇ 21c 2020年12⽉ 2024年4⽉30⽇ リマインド Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 36
  36. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 37
  37. チューニングアドバイザーの拡充 • パフォーマンスハブのSQL⼀覧から直接チューニングア ドバイザーが起動できるようになりました • チューニングアドバイザー⾃体も拡張され、なぜその チューニング⼿段が推奨されるかの根拠、およびその チューニングによる期待される効果が表⽰されます DBのユーザー情報の表⽰ •

    DBに作成されているユーザーをロール、権限を含めて 表⽰します ADBを統合監視可能に • Database Managementのデータベース統合ビュー にてAutonomous Databaseも監視下にくわえて可 視化することが可能になりました Database Managementの拡張 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 38 パフォーマンスハブのSQL 分析画⾯から直接チュー ニングアドバイザを起動 機能拡張
  38. ビジュアライズされたログ解析による効率的なコンプライアンス監視 Flexible Load Balancerに追加できるWAFのログがシー ムレスにLogging Analyticsに連携可能になりました 機械学習のテクノロジーを活⽤したより⾼度なログ分析に より以下を実現します • 異常値の検出、クラスタ分析、トレンド分析を⾃動

    実⾏ • ログデータに応じたアラート通知 Service Connector Hub経由でLogging Analyticsに ⾯倒な操作無しで以下のログを取り込めます • エッジポリシーのログ(オブジェクト・ストレージ) • WAFポリシーのログ(Loggingサービスから送信) Logging AnalyticsはOCIやオンプレミスにある様々な OSやミドルウェアのログにも対応し、組み合わせてログ監 視することでセキュリティ・ダッシュボードとして活⽤ [Logging Analytics] WAFの統合ログ分析 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 39 アクセス急増によるDDoS攻撃の検出 アクセスログを包括的に監視するダッシュボード 機能拡張
  39. Oracle Live: The Future of the Data Lakehouse Copyright ©

    2021, Oracle and/or its affiliates 40
  40. 10/20(US時間)、Oracle Live でのソリューション説明を実施 Oracle Live : The Future of the

    Data Lakehouse n Data and AI Services 開発部⾨ Greg Pavlik(Senior Vice President)から、OCI上で実現するLakehouseに ついての説明を実施 n 事例としてExperian社、Ingersoll Rand社からも登壇 Oracle Live(on-demand): https://www.oracle.com/jp/events/live/future-of- data-lakehouse/on-demand/ Data Lakehouses on Oracle Cloud Infrastructure: https://www.oracle.com/data-lakehouse/ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 41
  41. すべてのデータの保存、理解、分析を可能にする最新のオープンアーキテクチャ Data Lakehouse とは Lakehouse Data warehouse Data Lake Data

    warehouse Data Lakehouse とは、構造化されたデータモデルの特徴や優れた管理機能を持つデータウェアハウスに加え、オープン ソーステクノロジーをベースとしたデータレイクの良さを兼ね備えたアーキテクチャです。 Oracle Cloud Infrastructure上に Data Lakehouse を構築することで、データ利活⽤の促進とインフラコストの最適 化を両⽴したデータ分析基盤の実現が可能となります。 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 42
  42. オープンかつフレキシブルな基盤︓あらゆるデータに対してどこからでも分析可能 Data Lakehouse を Oracle Cloud Infrastructure で実現 Data Lakehouse

    on OCI Data sources Managed Open Source Data Warehouse Data Movement Data Definition & Discovery Any Database Any Events/Sensors Data Stores Data target Machine Learning & Data Science Any BI Tool Any Application Any Application Any Cloud Object Storage Relational Data AI services for automation, prep, and prediction Big Data Service Data Flow Search Insights Autonomous Data Warehouse MySQL HeatWave Data Integration GoldenGate Data Catalog Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 43
  43. SparkとHadoopのワーク ロードを再構築することなく OCIに移⾏ Data Lakes on OCI Existing Data Lakes

    Other clouds 新しいDATA LAKEの構築または既存のDATA LAKEのOCIへの移⾏ • OCIでは、既存のData Lakeを簡単に OCIに移⾏することができ、イグレスチャー ジ(アウトバウンドデータ課⾦など)の削減な ど、TCOを⼤幅に削減することが可能 • WANdisco社とのパートナーシップにより、 ⼤規模なデータの移動も容易に Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 44
  44. Experian enhances analytics and critical applications on OCI Oracle Cloud

    Lift and a Pilot-to-Production approach were a huge help to move to OCI • Fraud detection systems: Migrated to OCI and Exadata cloud service • Call center analytics: Migrated from managed Hadoop service to OCI Lakehouse • Financial analytics: Migrating big data workload from on-prem Hadoop to OCI Lakehouse • Credit ratings in Brazil: Moving cloud-based Spark workloads from another cloud to OCI Lakehouse Results • OCI supported our unique needs while demonstrating superior performance and 40-60% cost reduction compared to other clouds Oracle Data Integrator OCI Data Integration Third party analytics ExaCS/ADW Data Science OCI Data Catalog OCI Object Storage Call center data Customer data Enterprise Applications OCI Data Flow Oracle Cloud Infrastructure OCI Big Data Service Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 45
  45. 同じクエリでData WarehouseとData Lake のデータを⼤規模に分析 OCIのDATA WAREHOUSEをLAKEHOUSEに拡張 OCI Object Storage Autonomous

    Data Warehouse Oracle Analytics Cloud Power BI Tableau Looker Qlik MicroStrategy • Autonomous Data Warehouseで提 供していたData Lakeに対する透過的な SQLアクセスをさらに強化し、⾼速かつス ケーラブルなアクセスが可能に Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 46
  46. MineSense achieved 5x faster queries with a lakehouse on OCI

    OCI’s data lakehouse supports MineSense’s intelligent mining technology • ADW ingests 2TB of IoT sensor data per month • OCI Object Storage for unstructured log and metrics, images and documents • ADW optimizes SQL queries of Object Storage Results • 5X faster query response with ADW • Up to 5X customer growth in the last year with easy, simple, and scalable OCI architecture and tools • More profitable and environmentally sustainable mining operations Autonomous Data Warehouse Object Storage Terabytes of IoT sensor data Oracle Cloud Infrastructure Analytic Dashboards (APEX) Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 47
  47. アプリケーションデータに⾼精 度のLakehouse分析を簡単 に構築 OCIのDATA WAREHOUSEをLAKEHOUSEに拡張し、 LAKEHOUSE上でインテリジェントなSAAS分析を構築 Third Party Applications Home

    Grown Applications & Oracle Saas On-premises applications Oracle Fusion Modules Lakehouse on OCI • サードパーティのアプリケーションや⾃社開 発のアプリケーション、Oracle Fusion Cloud Applicationsなど、あらゆるアプリ ケーションをサポート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 48
  48. A lakehouse on OCI gives Ingersoll Rand a foundation to

    accelerate growth Oracle Cloud provided a unified platform for applications, data, and infrastructure • Moved E-Business Suite ERP and PTC Windchill PLM • Replaced aging on-prem Cloudera environment • Consolidating multiple BI tools • Integrate IoT data, apply data science A great partnership • Amazing value from Oracle Cloud Lift services and the dedicated cloud engineering support • Moved systems and data in five months and shut down old data centers • Reduced reporting times from 2 hours to 2 minutes E-Business Suite ERP PTC Windchill PLM Oracle Analytics Cloud Autonomous Data Warehouse OCI Data Science OCI Data Catalog OCI Object Storage OCI Big Data Service Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 49
  49. まとめ あらゆるデータベース、あらゆるアプリケーションをど こからでも分析可能 すべてのデータを保存し、すべてのデータを理解し、 さまざまなサービスやAIを使ってすべてのデータを 分析 OCIは、お客様の最も⼀般的なデータレイクハウ スのワークロードに対するソリューション開発を加 速することが可能 Data

    Lakehouse on Oracle Cloud Infrastructure Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 50
  50. OCI AI サービスの発表 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates

    51
  51. メディア掲載 • オラクル、クラウドAIを開始--「ゴールは普段の仕事使い」と責 任者 (ZDNet Japan) • ⽇本オラクル、OCI向けの新AIを提供へ データサイエンスの 専⾨知識がなくともアプリでAIサービスを簡単に活⽤可能

    (ク ラウド Watch) • オラクル、ビジネス課題を解決する専⾨知識不要のAIサービ ス発表 (TECH+ ) • オラクルが「OCI AIサービス」発表、業種別の事前構築済み モデルを提供 (ASCII) • OracleのIaaS向けAIサービス群、⽇本でも提供へ テキスト 分析や⾳声認識など6種類 (ITmedia) • オラクル、「Oracle Cloud Infrastructure AI」を発表、学習 済みモデルやアノテーション機能を提供 (IT Leaders) • オラクル、「OCI AI」を発表 専⾨知識を要さずアプリケーショ ンへのAIサービス活⽤が可能に (EnterpriseZine) Oracle Cloud Infrastructure向けの新しいAIサービスを発表 https://www.oracle.com/jp/news/announcement/oci-ai-services-jp-2021-11-22/ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 52
  52. 1st and 3rd Party Applications >80 Oracle Applications OCI Speech

    OCI Vision OCI Digital Assistant クラウドサービス、アプリ、データ資産にまたがる統合AI/MLプラットフォーム Oracle AI OCI Language OCI Anomaly Detection OCI Forecasting OCI Data Labeling OCI Data Science Oracle Database Machine Learning AI サービス Machine Learning サービス アプリケーション データ Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 53
  53. Oracle AI の特⻑ 専⾨家ではない開発者が機械学習を深く知らなくても、AIを適⽤することを可能にするサービス群を提供する ことで、ビジネス課題を解決することが可能 1 Oracle DatabaseやExadataなどに蓄積したデータ、Fusion ApplicationやNetSuiteのようなアプリケーション からのデータ、OCIによるクラウドインフラを提供し、様々なデータを持っている唯⼀の企業が提供するAIサービス

    エンタープライズ向けAIを提供 2 機械学習は学習にかかる費⽤とコストが⾼いが、Oracleは、最もコスト競争⼒を持ったAIサービスを提供。 これによって、すべてのデータにAIが気軽に利⽤可能 無償から利⽤可能 3 データサイエンスの専⾨知識がなくても、AIサービスを簡単に活⽤できる Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 54
  54. 1st and 3rd Party Applications >80 Oracle Applications OCI Speech

    OCI Vision OCI Digital Assistant クラウドサービス、アプリ、データ資産にまたがる統合AI/MLプラットフォーム Oracle AI OCI Language OCI Anomaly Detection OCI Forecasting OCI Data Labeling OCI Data Science Oracle Database Machine Learning AI サービス Machine Learning サービス アプリケーション データ 今回発表したサービス Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 55
  55. OCI Language Service データサイエンスの専⾨知識を必要とせずに、 業界データで学習した事前学習済みのモデルで ⾔語分析を実施 テキストの⾔語を検出 テキスト内のキーフレーズやエンティティを特定 テキストの内容を600以上のカテゴリーと サブカテゴリーに分類し、データ分析をサポート

    アスペクトレベルのセンチメント分析 Anomaly Detection Language Speech Forecasting Vision Digital Assistant N E W
  56. OCI Speech Service TEXT TRANSCRIPT “Good afternoon, everyone, and welcome

    to Oracle's fourth-quarter and fiscal-year 2021 earnings conference call. A copy of…” • ⾼度なディープラーニング技術を⽤いて、⾳声や 動画ファイルを⾃動的にテキストに書き起し • データサイエンスの専⾨知識は不要 • オブジェクトストレージ内のデータを直接処理 するため、データの移動が不要 • タイムスタンプ付きの⽂法的に正確な トランスクリプションを⽣成 N E W Anomaly Detection Language Speech Forecasting Vision Digital Assistant INPUT AUDIO SIGNAL OUTPUT TEXT OCI Speech Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 57
  57. Anomaly Detection Language Speech Forecasting Vision Digital Assistant 事前に学習され、カスタマイズ可能なコンピュータ ビジョンモデルと、完全に管理されたモデルインフラを

    提供 視覚的な外観、⾔語、抽出されたキーワードに 基づいて、ドキュメントを⾃動的に異なるタイプに分類 視覚とテキストのアルゴリズムを組み合わせた ハイブリッドモデルは、より正確な結果を提供 OCI Data Labelingとの完全な統合により、データの ラベリングを簡素化し、より正確なモデルを提供 OCI Vision Service N E W Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 58
  58. OCI Anomaly Detection Service 複数の異常検知モデルを構築し、最も精度の⾼い ものを⾃動的に選択して、重要なインシデントを 早期に警告 データ品質の問題を⾃動的に特定し、修正 業界をリードする実証済みの異常検知技術 (MSET-2)

    複数のセンサーにまたがる異常を検出し、⾼い精度 を実現 Early Warning Days, weeks or months before traditional threshold trip warning SPRT Alarms Anomaly Detection Language Speech Forecasting Vision Digital Assistant N E W Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 59
  59. OCI Forecasting Service Anomaly Detection Language Forecasting Digital Assistant Vision

    Speech N E W 製品需要、収益、サービスリクエスト数など、あらゆる 時系列指標を予測 複数のモデルを構築し、お客様のビジネスに最も適 したモデルを⾃動的に選択 説明可能な予測を提供により、⾼い予測結果の透 明性 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 60
  60. 充実したラベル付きデータセットを構築し、AIや 機械学習モデルをより正確に学習 画像、テキスト、ドキュメントのラベル付け ⼀貫したUIにより、データのラベリングを簡素化 カスタムテンプレートや複数のアノテーション フォーマットにより、データのラベリングを⾼速化 簡単にエクスポート可能 OCI Data Labeling

    N E W Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 61
  61. 1. 東京/⼤阪リージョン 2. Oracle Cloud Infrastructure 全体 3. Infrastructure Service

    4. データベース・サービス 5. Platform Service 6. マーケティング関連情報 (ニュース/事例/セミナー等) サービス・アップデート Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 62
  62. プレスリリース • 東映、パッケージ製品販売管理システムにOracle Cloud Infrastructureの⾃律型データベースを導⼊ • Oracle Cloud Infrastructureが2021 Gartner

    Solution Scorecard for Oracle Cloud Infrastructure IaaS + PaaSで78%と 評価、推進⼒を維持 • Oracle for Research、科学的イノベーションを加速する新しいクラウド・サービスとアワードを発表 • オラクル、Oracle Cloud Infrastructure向けの新しいAIサービスを発表 • パーソルキャリア、転職サービス「doda」を⽀える基幹業務データベースをハイブリッド・クラウド構成へ移⾏ • ファンコミュニケーションズ、Oracle Cloud InfrastructureのMySQLデータベースで⾼速なリアルタイム分析基盤を実現 メディア記事 • ⽇本オラクル、Oracle Cloudの導⼊効果を⾼めるコンサルティングサービスを提供 - IT Leaders • 三澤社⻑が語るオラクルのDXとは︖ - Oracle Cloud days基調講演 - TECH+ • 基幹系システムのクラウド化、どう進める︖エキスパートが語る最適な選択のポイントとは - TECH+ • 東映、パッケージソフト販売管理システムを刷新、「Oracle Autonomous Transaction Processing」を導⼊ - IT Leaders パートナー様発表 • [TIS北海道] ⾃治体向け「⽕葬場予約システムサービス」を2021年11⽉より提供開始 • [⽇鉄ソリューションズ] Oracle CloudのCloud Solutions Providerに認定 関連ニュース (1) Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 63
  63. • ⾃然⾔語処理と画像解析技術を⽤いて、⼿持ちの静⽌ 画やテキストをアップロードするだけで誰でも簡単にクオリティ の⾼い動画を作成できるビジネス動画編集クラウド「Video BRAIN」を提供 • ⾼い性能が必要なレンダリング・サーバーをCPUとメモリを⾮ 同期で無駄なく構成することでコストを50%削減 • Microsoft

    Azureとの相互接続により、クラウド間の通信 速度が向上し、動画レンダリングの処理時間が約30%向 上 • マルチクラウド化で各クラウドの特性を活かしたサービスの最 適配置を⾏い「Video BRAIN」全体のパフォーマンスも向 上 オープンエイト 様 ビジネス動画編集クラウド「Video BRAIN」 Oracle Cloud Infrastructure 採⽤で レンダリング処理時間を 30% 短縮 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 64
  64. Oracle Cloud Infrastructure採⽤でレンダリング処理時間を30%短縮 株式会社オープンエイト • ⾃然⾔語処理と画像解析技術を⽤いて、⼿持ちの静⽌ 画やテキストをアップロードするだけで誰でも簡単にクオリティ の⾼い動画を作成できるビジネス動画編集クラウド「Video BRAIN」を提供 従来の課題

    • ⾼度な加⼯動画や⻑尺の動画書き出しに⾼い性能が必 要なレンダリング・サーバーのコスト最適化 • マルチ・クラウド環境での安全なデータ連携およびシステム全 体の性能向上が必要 採⽤理由 • 動画レンダリングの性能向上に必要となるCPUコアをメモリと ⾮同期で追加可能であるため、無駄のない構成を⾏うこと が可能で50%のコスト削減を実現 導⼊効果 • Microsoft Azureとの相互接続により、クラウド間の通信速 度が向上し、動画レンダリングの処理時間が約30%向上 • マルチクラウド化で各クラウドの特性を活かしたサービスの最 適配置を⾏い「Video BRAIN」全体のパフォーマンスも向 上 利⽤サービス • Compute, Block Storage, Object Storage 顧客事例︓オープンエイト様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 65 https://www.oracle.com/jp/corporate/pressrelease/jp20201216.html
  65. 出版社・業界新聞向け総合管理パッケージ「i-TOPICS」のサービス基盤にOracle Cloud Infrastructure (OCI) を採⽤ システム概要 • 販売管理、通販管理、定期購読管理、原価管理、広告 管理、在庫管理等をパッケージで提供 •

    従来はお客様毎にオンプレミスで提供 導⼊効果 • 顧客からのクラウド化需要に対し、低価格でサービスを提供 • 現地に赴いてメンテナンス作業をおこなうことが不要になり、 障害対応時などのリードタイムを削減 • システム停⽌することなくメンテナンスが可能になり、顧客業 務に⽀障をきたす影響を最⼩化 • 顧客と⾃社の両⽅において、管理⼯数・負荷が軽減できた • 管理インターフェースが他社クラウドに⽐べて使いやすく、管 理しやすい • アーキテクチャにセキュリティ機能が組み込まれたOCIを採⽤ することでインフラレベルでのセキュリティを向上できた • OCIを採⽤したことで、ISVパッケージのクラウド化におけるコ ストを最適化でき、ビジネスメリットを出せた システム構成イメージ 利⽤サービス・製品 • Compute, Block Volume, FastConnect • Database Cloud Service 顧客事例︓アクセスポイント様 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 66
  66. ブログ記事 • Oracle Cloud Infrastructure データベース・クラウド 12c R2 (12.2.0.1) サポート終了予定のお知らせ

    • Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト - 2021/12/01 • Gen2 Exadata Cloud@Customer で VM Cluster Node Subsetting が利⽤可能になりました • Gen2 Exadata Cloud@Customer での Database 19c へのアップグレードが可能になりました • Exadata System Software のアップデート-2021年11⽉ • Oracle Cloud Infrastructure: 2021年11⽉度サービス・アップデート • Oracle Cloud Infrastructure(OCI)︓新着技術情報(2021年10⽉) • Exadata X9M Database Server の Disk Expansion Kit について • Oracle Cloud Infrastructure 新機能ハイライト - 2021/11/17 関連ニュース (2) “オラクルエンジニア通信”で検索 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 67
  67. Oracle Cloud (PaaS/IaaS)︓セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/post/oci-seminar 今後の開催予定 • 2021/12/10︓⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜あなたもデータ アナリスト〜

    [ハンズオン] • 2021/12/15︓スマートシティ×共創によるジョルダンの挑戦 〜ITのチカラで⻄新宿を賑わいのある街へ〜 • 2021/12/16︓Oracle Cloud Infrastructure 2021 Architect Associate 資格試験ポイント解説セミナー • 2021/12/16︓[Oracle Database Technology Night] Oracle Database 21c 新機能解説3 • 2021/12/17︓Oracle Developer Day • 2021/12/21︓ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう [ハンズオン] • 2021/12/21︓[OCIjp: Oracle Cloud Infrastructure ユーザーグループ] 今年もありがとう︕2021年⼤忘年会 セミナー/イベント予定 “Oracle Cloud イベント”で検索 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 68
  68. Safe harbor statement The following is intended to outline our

    general product direction. It is intended for information purposes only, and may not be incorporated into any contract. It is not a commitment to deliver any material, code, or functionality, and should not be relied upon in making purchasing decisions. The development, release, timing, and pricing of any features or functionality described for Oracle’s products may change and remains at the sole discretion of Oracle Corporation. Oracle Cloud Days 2021 次世代社会の実現に向けたクラウド活⽤の潮流 2021年 11⽉ 9⽇(⽕)13:00〜 2021年 11⽉10⽇(⽔)11⽇(⽊)12⽇(⾦)13:30〜 資料/動画ご覧いただけます Oracle Cloud Days 特別基調講演 オラクルクラウドの多数お客様事例セッション In association with 三澤 智光 ⽇本オラクル株式会社 取締役 執⾏役 社⻑ ⽵本 具城 ⽒ 株式会社 野村総合研究所 専務執⾏役員 IT基盤サービス担当 11⽉9⽇(⽕)13:00〜 ⼭⽥ 早輝⼦ ⽒ 株式会社フードロスバンク 代表取締役社⻑ 宮⽥ 裕章 ⽒ 慶応義塾⼤学 医学部 医療政策・管理学教室 教授 11⽉12⽇(⾦)13:40〜 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 69
  69. Oracle Database World n 開催⽇時 2021年12⽉1⽇・2⽇ 12:30 〜 n セッション

    基調講演 / 24セッション / 6ハンズオン / 70オンデマンド *ハンズオン以外、⽇本語同時通訳あり *ハンズオンのQ&Aは⽇本語での対応可能 n 対象 データベース管理者・開発者、アーキテクト、データアナリスト、エグゼクティブ n 参加費 無料 (事前登録制) n 登録イベントサイト oracle.com/jp/database/database-world/event/ オラクルの最新のデータベースがもたらすイノベーションと、 それらを活⽤したデータドリブンな組織づくりを伝えるワールドツアー Juan Loaiza EVP Mission Critical DB Technologies Andy Mendelsohn EVP Database Server Technologies 基調講演スピーカー 講演動画ご覧いただけます Oracle Database World
  70. Oracle Cloud ウェビナーシリーズ 進化し続ける Oracle Cloud Infrastructure (IaaS & PaaS)

    や Oracle Database をはじめとする、さまざまな製品につい ての最新情報や活⽤事例および技術情報を業務部⾨からIT部⾨のエンジニアの⽅々までの幅広い皆様へ向けてウェビナーを通じ てお届けします。 さまざまなテーマや理解度レベルのコンテンツを取り揃えていますので、ぜひご活⽤ください。 毎週⽔曜⽇の開催となります。 『はじめてのOCI』 『Database関連テーマ』 『DXテーマ』 『時々の旬なテーマ、最新トピック』を中⼼にお伝えしていきます。 Oracle Cloud ウェビナー ハンズオン・トレーニング Oracle Cloudのご紹介とビジネス課題を解決したお 客様事例やその時々のホットなトピックをお届けします クラウドを活⽤したDX化をお客様と⼀緒に取り組む活 動をしており、その取り組みを広く知っていただくために、 お客様のDX促進に役⽴つヒントとなる事例やノウハウ を紹介します Oracle Cloudの使い⽅や活⽤イメージを実際に Oracle Cloudを操作していただきながら具体的にご 紹介します 開催スケジュール oracle.com/goto/ocws-jp 12⽉15⽇(⽔)15:00-16:00 スマートシティ×共創によるジョルダン の挑戦 〜ITのチカラで⻄新宿を賑 わいのある街へ〜 詳細/お申込はこちら 12⽉8⽇(⽔)15:00-16:00 今すぐできるDX︕実例から学ぶデー タ資産の活かし⽅とは︕ 詳細/お申込はこちら DXシリーズ 12⽉10⽇(⾦)15:00-17:00 ⼀歩進んだ分析でビジネスにチカラを!! 〜あなたもデータ アナリスト〜 詳細/お申込はこちら 12⽉21⽇(⽕)13:00 - 17:00 ハンズオンWebinar - Oracle Cloud Infrastructureを使ってみよう 詳細/お申込はこちら
  71. スマートシティ×共創によるジョルダンの挑戦 〜ITのチカラで⻄新宿を賑わいのある街へ〜 ⽇本オラクル DX推進室 シニアマネージャー 武波 健 ジョルダン 戦略企画部 マネージャー

    岡⽥ 円 2021 12.15 15:00- 16:00 申し込みURL https://go.oracle.com/LP=119608 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 72
  72. Developer Day 未来を創造する最新テクノロジーを今、あなたの⼿に。 今年もオンラインでオラクルのエキスパートたちが7つのセッションと 2つのハンズオンを通してOracleテクノロジーの最新情報をお届けします︕ u開催⽇時 ︓ 2021年12⽉17⽇(⾦) 13:00 –

    17:45 u参加費 ︓ 無料 *事前登録制 *ハンズオンセッションは別途登録必要 <詳細・お申し込み> developer.oracle.com/jp/developer-days-2021 #oradevday Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 73
  73. Oracle Cloud サービス概要 • https://www.oracle.com/jp/ Oracle Cloud Free Tier (Always

    Free&無償トライアル) • https://www.oracle.com/cloud/free/ マニュアル • 英語 / ⽇本語 リージョン毎のサービス提供情報 • https://www.oracle.com/cloud/data- regions.html#apac 東京/⼤阪リージョン最新情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-tokyo-osaka サービス・アップデート • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/ 技術情報 • 活⽤資料集 / チュートリアル 活⽤事例 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-customer-reference セミナー情報 • https://blogs.oracle.com/oracle4engineer/po st/oci-seminar Oracle Cloud Infrastructure: 参考資料 Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 74
  74. Oracle Cloudにサインナップいただくと、両⽅が利⽤可能です • https://www.oracle.com/jp/cloud/free/ Oracle Cloud Free Tier: Always Free&無償トライアル

    Always Free 時間制限なく 特定サービスを利⽤可能 Free Trial 30⽇間 300ドル フリー・クレジット + Copyright © 2021, Oracle and/or its affiliates 75
  75. None