OSS開発が業務にもたらす恩恵

 OSS開発が業務にもたらす恩恵

3c16af350c91b6cce98c57c17dc1e703?s=128

pataiji

May 23, 2017
Tweet

Transcript

  1. OSS 開発が業務へもたらす恩恵 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7 2017/05/23 Speee Cafe

    Meetup #7
  2. 天野 太智 @pataiji リー ドエンジニア 開発基盤グルー プ 兼務 Ruby /

    AWS / PHP ( 最近娘がパパっ子になってきて嬉しい) 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  3. 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  4. 実はいろいろやってます 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  5. イベントもいろいろやってます Speee Cafe Meetup もくもく会 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  6. ブログ http://tech.speee.jp/ Twitter @speee_pr ハッシュタグ: #speee_lounge 2017/05/23 Speee Cafe Meetup

    #7
  7. OSS 開発が業務へもたらす恩恵 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  8. 業務中にOSS 開発する 時間なんて取れない この機能をOSS 化すると便利だと 思うんだけど公開するには工数かかるし... 2017/05/23 Speee Cafe Meetup

    #7
  9. OSS 開発とは エンジニアを鍛えてくれ イケてる会社に仲間入りするための 道場的なもの 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  10. エンジニア、 会社双方に恩恵がある 今日の発表が 業務の中でOSS 開発の時間を確保するための 動機付け/ 説得材料に少しでもなれば嬉しいです 2017/05/23 Speee Cafe

    Meetup #7
  11. Webapp Revieee について OSS である利点 OSS 開発の進め方 2017/05/23 Speee Cafe

    Meetup #7
  12. Webapp Revieee について 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  13. Webapp Revieee について 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  14. Webapp Revieee について PR の確認環境を自動構築するツー ル PR をOpen すると確認環境のURL をコメント

    PR をClose すると確認環境は削除される 確認環境はAWS ECS に構築される https://github.com/speee/webapp-revieee 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  15. 開発の背景 よくある Development/Staging/Production 構成 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  16. 開発の背景 よくある Development/Staging/Production 構成 複数の作業者が並行でサイトに変更を加える 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  17. 確認環境(staging) がカオスに 今deploy していいんだっけ...? 今何がdeploy されてんだっけ...? 2017/05/23 Speee Cafe Meetup

    #7
  18. 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  19. _ 人人人人人人人_ > 声掛け運用 <  ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄ 2017/05/23 Speee Cafe Meetup

    #7
  20. Speee の開発は基本GitHub Flow が多い PR がだいたい作られる → PR 毎に確認環境が自動で立ち上がったらいい (Heroku

    Review Apps 的な) → Webapp Revieee の開発 ※ さらに詳しくはブログに ECS を使ってPR 毎に確認環境を構築する社内ツー ルをOSS で開発してます | Speee DEVELOPER BLOG 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  21. OSS である利点 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  22. プロダクトとして 質の向上 エンジニア/ 会社として 技術力の向上 認知度の向上 2017/05/23 Speee Cafe Meetup

    #7
  23. 質の向上 使ってもらえる/ 開発に参加してもらえる → バグ発見、 修正 → もっと使いやすく 2017/05/23 Speee

    Cafe Meetup #7
  24. 質の向上 使ってもらえる/ 開発に参加してもらえる → バグ発見、 修正 → もっと使いやすく → プロダクトの質が向上する

    → プロダクトの質が向上するスピー ドが上がる 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  25. 技術力の向上 見てもらう/ 意見をもらう → 伝える努力が必要 見られる → 良いコー ドを書くことが必要 使ってもらう

    → 使いやすくすることが必要 意見をもらえる → 視野が広がる 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  26. 技術力の向上 見てもらう/ 意見をもらう → 伝える努力が必要 見られる → 良いコー ドを書くことが必要 使ってもらう

    → 使いやすくすることが必要 意見をもらえる → 視野が広がる → エンジニアとしての基礎筋力が鍛えられる → 他の業務にもすぐ活かせる 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  27. 認知度の向上 自分の技術力をコー ドレベルで知ってもらえる 良質なアウトプットを続けると名前を覚えてもら える 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  28. 認知度の向上 自分の技術力をコー ドレベルで知ってもらえる 良質なアウトプットを続けると名前を覚えてもら える → 正しい市場評価を得ることが出来る → 転職も有利になる...!? →

    有名なエンジニアを擁する会社としての認知は採 用にも効果が 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  29. OSS 開発にはエンジニアとしても 会社としても利点がある 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  30. OSS 開発の進め方 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  31. 分からないことだらけ 個人的にOSS への参加はしたことはある が、 業務としてちゃんとやるには? どうしたらOSS なの? コー ドのクオリティ? README

    にはどんな事書く? 英語は必須? → どこまでやればOSS 開発してます! と言えるのか 分からない 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  32. 詳しい人に聞く 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  33. 株式会社クリアコー ドの須藤さんによる開発支援 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  34. 須藤さんによる開発支援 進め方の相談 Pull Request のレビュー 月1 の振り返り 2017/05/23 Speee Cafe

    Meetup #7
  35. 進め方の相談 どうしたらOSS なの? → ライセンスを設定して公開すればOSS → Webapp Revieee はMIT コー

    ドのクオリティ? → レビュー してもらう README にはどんな事書く? → 何であるかが分かる( 必要な時に追加) 英語は必須? → 最初から英語でやる必要はない( 必要な時にやる) 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  36. Pull Request レビュー コミットの作り方( 粒度、 メッセー ジ) 2017/05/23 Speee Cafe

    Meetup #7
  37. Pull Request レビュー 設計 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  38. 開発の様子を須藤さんがブログに書いてくれています OSS 開発支援サー ビス事例:Speee さんのWebapp Revieee | ククログ http://www.clear-code.com/blog/2017/5/17.html 2017/05/23

    Speee Cafe Meetup #7
  39. 須藤さんによる開発支援を通して OSS 開発自体は難しいものではないということが分 かった まずはライセンスを設定して公開 英語じゃなくてもいいんだ 必要なものは必要な時に用意する 「 もやっと」 がお気に入りワー

    ドに レビュー 時に使いやすいオブラー トな言葉 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  40. 我々 が感じたOSS 開発が業務へもたらす恩恵 サー ビス開発側でもコミットの作り方を意識する ように → レビュー コストが下がった 普段あまり使わない筋肉が鍛えられた

    → コー ドを見られる = 外からの評価という緊張感 → サー ビス開発側にも緊張感を取り戻せた → サー ビスのコー ドの質の改善 → 会社にとっても嬉しい事 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7
  41. つまり 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7

  42. OSS 開発は エンジニア/ 会社双方に価値がある 機会を見つけて業務中でも 積極的にやる価値がある 2017/05/23 Speee Cafe Meetup

    #7
  43. ありがとうございました 2017/05/23 Speee Cafe Meetup #7