Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

株式会社Progate 会社紹介資料

Progate
August 31, 2023
7.8k

株式会社Progate 会社紹介資料

Progate

August 31, 2023
Tweet

Transcript

  1. Vision Empowering everyone to open new doors through programming. プログラミングは、

    年齢、性別、人種、立場を問わず、自分や周り、世の中を変えられる力だと信じています。 この素晴らしい力を誰もが手にできるようにしたい。 そして、一人でも多くの人生の可能性を広げたい。 私たちは『誰もがプログラミングで可能性を広げられる世界』を目指します。 01 Vision/Mission
  2. Mission Be the gate to the exciting world of programming.

    Be the path to an independent coder. プログラミングは人生に新しい武器、選択肢を与えてくれる。 まずはたくさんの人に、プログラミングの楽しさと可能性を知ってもらおう。 プログラミングを用いて何かを創りたい、プログラミングを活かして何かを変えたいと思ってもらえたら、 それを実現できるように支え続けよう。 私たちは、誰もがプログラミングを自分の武器とし、 世の中に新しい価値を生みだすことのできる世界を創ります。 01 Vision/Mission
  3. ユーザー数 02 Progateとは 2,500,000 3,000,000 約300万人 約240万人 2015/12 2016 2017 2018

    2019 2020 2021 2023/06 2022/12 2,000,000 500,000 250,000 1,500,000 1,000,000 現在、世界300万人の方に ご利用いただけるサービスとなりました。 (2023/6 時点) (単位:人)
  4. 株式会社YOUTRUST 設立 岩崎 由夏さん 最初は前職の先輩エンジニアに「どのパソコン 買えばいいですか?」と、聞くところから始め ました(笑) ユーザーの Success Story

    自ら開発した最初のプロトタイプ 「TRUST」 起業すると決めた当時、開発はできない状態でした。でも周りの起業家を見る と、最初は自分でコードを書いた人が多かったんですね。そこで最低限のもの は自分でも作れるんじゃないかと思い、プログラミングの勉強を始めました。 Progateを知る前はPHPの初心者向けの本を買ったのですが挫折しました。  環境構築でもう無理、となってしまって。Progateは環境構築無しで書く練習 ができるので、起業の準備期間は非常に楽しかったです。 プログラミングの勉強を通して、念願叶って起業でき、素晴らしいエンジニア を仲間として迎えることができました。ただアイディアを話している時は誰も 相手にしてくれなかったのですが、実際にものを見せると、明らかに見る目が 変わって「ちょっとコード見せて」と話を聞いてくれるようになったんです。 Progateでプログラミングの勉強を始めてからプロトタイプ作成、検証、会社 設立までを3ヶ月で一気にやりました。 そして作ったものを知り合いのエンジ ニアに見せたら、気に入ってもらえて共同創業者としてジョインしてくれるこ とに。まさに人生が変わった瞬間ですね。 Progate × 非エンジニアの起業 1年でユーザー数5,000人のサービスを開発 https://prog-8.com/success_stories/yiwasaki 02 Progateとは
  5. 開 発 者 プ ロ ダ ク ト ちょっと 興味がある

    体験して みたい 直近の課題と取り組んでいること(1/3) 03 今後の展望 開発実務で使う イメージが湧かない Progateをしても エンジニアになれない 学習の入り口(Gate)は提供できたものの、 その先(Path)を提供できていない Gate Mission Path 自分で 創りたい 学び終わった後に すべき事が分からない Vision
  6. 直近の課題と取り組んでいること(2/3) 「ビジネス業務に活用したい」という学習ニーズに応えきれていなかった そのため、ビジネス観点の新たなPathを用意 03 今後の展望 開 発 者 プ ロ ダ

    ク ト ちょっと 興味がある 体験して みたい 開発実務で使う イメージが湧かない Progateをしても エンジニアになれない 学び終わった後に すべき事が分からない 課題解決を目指す 活 用 者 ビ ジ ネ ス SQL、DBとは? 用語が分からない エンジニアと話すとき 何を知ればいいのか 業務で活用する イメージが湧かない IT基礎知識 として抑えて おきたい Vision Mission 自分で 創りたい ビジネスに 活かしたい Gate Path Independent
  7. 直近の課題と取り組んでいること(3/3) 様々な学習ニーズに応えるサービス展開を目指す 03 今後の展望 開 発 者 プ ロ ダ ク

    ト 開発実務で使う イメージが湧かない Progateをしても エンジニアになれない 学び終わった後に すべき事が分からない 課題解決を目指す 活 用 者 ビ ジ ネ ス IT基礎知識 として抑えて おきたい Vision Mission SQL、DBとは? 用語が分からない エンジニアと話すとき 何を知ればいいのか 業務で活用する イメージが湧かない 課題解決を目指す 自分で 創りたい ビジネスに 活かしたい ちょっと 興味がある 体験して みたい Gate Path Independent
  8. 03 今後の展望 子ども パソコン初学者 海外展開など 高い専門性を備えた 学習体験を提供 例えば • 職種別に特化した   コンテンツ提供

    • 開発者のキャリア支援 など 連携 強化 出会い 入口 学習の過程 専門性の向上 更にユーザーへの提供価値を高めるため 各フェーズに特化した深いコンテンツを提供し、各サービスの連携を図る Progateが目指す世界
  9. Vision 達成のための組織とは(1/2) 04 組織について High performers connect the DOT s towards

    our vision. 強い点が、Visionに向かって線になる集団 早く行きたければ、一人で進め 遠くまで行きたければ、みんなで進め Progateは遠くまで行きたいので、みんなで進みたい。 だけど、本気でVisionに向かってない人、まとまりのないチームは、組織を一人 で行くよりも遅くする。だから、一人ひとりには強さを、チームには一体感を 求めたい。 Progateが目指すのは 「一人でも早く行ける強い点が、線になってより大きな インパクトを生み出す組織」です。 アフリカのことわざにこんな言葉があるそうです。
  10. 04 組織について Values(DOT) D O T 最善のプロダクトを素早く届けるために、一人ひとりがプロとしてベストを尽くします。 ベストを追求し続けるために、貪欲に成長し続けます。 DOT:Our Values 一人ひとりが

    Valuesを体現し、強い点(DOT)になる Progateが理想とする強い点、すなわちHigh performerの定義は「Values (DOT) を体現し ている人」。私たちは一人ひとりが,線につながる強い点になることを目指します。 High performer D eliver the best. 困難があっても仲間として支え合い、よりよくするために謙虚に、建設的に対立し、 そのすべてをチームとして成果につなげます。 O ne team, one goal. 何度倒れても次の行動を考え、失敗を恐れず小さな一歩を踏み出し続けます。 T ake your action. Vision 達成のための組織とは(2/2)
  11. Values を体現するために(1/3) 集中できる環境づくり Visionの実現に向け、心からユーザーに薦められるようなプロダク ト作りに集中できるような環境を提供します。 成長を支援する ベストを追求し続けるために、一人ひとりの成長を制度や仕組みを 通じて支援します。 High performance,

    high return Vision達成につながる成果に積極的に報い、 ProgateとしてのHigh performerがより活躍できる 組織づくりを行います。 主な取り組み Deliver the best. 大切にしていること Vision実現のためのパフォーマンス支援 勤務場所を選べる「働き方選択制度」や子どものいるメンバーを支 援する 「子育て支援休暇」、PC周辺機器の購入等に利用できる個人 予算を付与する「フリーバジェット制度」等を通じてパフォーマン ス発揮を支援しています。 学習支援 業務時間を学習に充てることができる「Learning leave」やオン ライン英会話等を利用できる「語学学習支援制度」を設け、メン バーの学習を後押ししています。 評価・報酬制度 ProgateとしてのHigh performerにより多くのリターンを提供 できることを重視し、制度設計を行っています。 04 組織について
  12. Values を体現するために(2/3) One team, one goal. 相互理解の促進 メンバー同士がお互いのことを知るための機会や環境づくりを積 極的に行います。 指針の明示

    あるべき姿やコミュニケーションにおけるスタンスなど、組織とし ての指針を明示することを大切にします。 称賛の文化 仲間として一体感を醸成するためにメンバー同士の 称賛を推奨します。 主な取り組み 大切にしていること 相互理解の支援 表彰やワークショップを行う全社イベント「Member Meet-up」 やランチ代を補助する「ウェルカムランチ制度」や「チームラン チ支援制度」、リモートでのコミュニケーションを円滑にするため にバーチャルオフィスツール「Gather」の導入を行い、メンバー同 士の相互理解を支援しています。 コミュニケーションガイドライン Progateとしてのコミュニケーションに 対 する 考 えやSlack・ 会 議等のルールをまとめたガイドラインを作成し、社内に公開して います。 ピアボーナス 「Unipos」を活用し、メンバー同士が称賛し合う文化を作ることで 、挑戦的に動きやすい環境づくりを行っています。 04 組織について
  13. Values を体現するために(3/3) Take your action. 機会の提供 挑戦的な業務へのアサインや、ポジションへの登用を積極的に行い ます。 権限移譲 期待に合わせて権限の移譲を積極的に行います。

    情報の透明性 情 報は基 本 的にオープンにし、メンバーが等しくアクセスできるよ うにします。 主な取り組み 大切にしていること ストレッチ目標 「OKR」を活用し、各チームが自ら高い目標を掲げることで、メン バーの自律的な挑戦を促進しています。 情報の公開 センシティブな内容が含まれない情報は、経営会議の議事録も 含め誰もが閲覧できるようにしています。 全社会議 一人ひとりが自律的に動くことを促進するために、四半期に2回 の頻度で全社会議である「Kickoff」を実施し、事業状況や今後の 方針など全社に関する情報共有を積極的に行っています。 04 組織について
  14. 組織図 事業部制を導入 認知負荷の減少や権限整理を行い、各自のミッションに集中できる組織体制を導入 • プロダクトに関わる職種が同じチーム内にいるので、プロダクト開発・改善の質・速度を上げやすい • 他職種とのMTGなどがあり、壁を超えた議論が生まれる(例:Leads会、sync-up mtg、レッスン制作夕会) Path 実務経験の疑似体験を届けるPathの新規・既存

    機能の開発、コンテンツ制作を担う Gate 初学者向けサービスGateの新規・既存機能の開発、 コンテンツ制作、販促を担う Corporate HR、法務、PRなど全社的な領域を担う Gate  Path Corporate Bizdev toC Plus Professional Platform Bizdev Product 04 組織について Engineer Designer Content Business
  15. メンバー紹介 Shimazu Makoto 島津 真人 GoogleのChromeチームで、Software Engineerとして5年間勤務。 テックリードや、STEP教育コースの講師 なども行う。新規サービスPathのテック リード、グループリードを経て、現在は

    CTOを担う。開発方針は「おもろいもの を爆速で」。 Arai Yuki 新井 友樹 大学在学中からWebサイト開発に従事。 卒業後アメリカのスタートアップでフロ ントエンドからサーバーサイドまで幅広 く開発を担当。 Progateではコンテンツ制作メンバーとし てレッスン制作に携わり、現在コンテン ツチームのマネージャーを担う。 Furukawa Go 古川 剛 大学在籍中からWebプログラミングの入 門書の執筆や、ベンチャー企業でのWeb サービス開発に携わる。大学中退後、航 空会社のグループIT会社で、モバイルサ イトやネイティブアプリの開発を担当。 その後、Web to Printサービスの開発に 参画し、PdMやCEO・CTOを務める。 2023年2月より株式会社Progateに入社、 Gate Productチームに所属。 04 組織について
  16. 募集ポジション Engineer VPoE Engineer Manager Progate サーバーサイド(シニア) サーバーサイド(メンバー) 新規事業 Progate

    Path 開発エンジニア(シニア / リードエンジニア) エンジニア(メンバー) Contents コンテンツリード コンテンツプランナー 05 採用について Designer デザインマネージャー UI/UXデザイナー コンテンツデザイナー Group Lead Group Lead候補
  17. 応募 カジュアル 面談 1次選考 現場面接 技術選考 採用フロー 採用フローのイメージ 役員面接 内定・

    オファー • 選考期間は約2 〜 4週間です。 • 選考は候補者によって若干異なる場合がございます。 • 選考は、全てリモートで実施可能です。 リファレンス 会食 ご応募 待ってます! 05 採用について
  18. 情報を更に知りたい方へ Progateで働くことに 興味のある方、 ぜひ一度ご覧ください! https://www.recruit.prog-8.com/ 05 採用について • 創業ストーリー • メンバー紹介

    • 働き方・福利厚生 • Culture について • Tech blog など各種コンテンツ Progate 採用情報 応募者からの よくある質問も 掲載しています
  19. 会社概要 会社名 株式会社Progate 設立年月日 2014/07/31 代表取締役 加藤將倫 資本金 2.32億円 出資者

    East Ventures株式会社 Freak Out Shinsei Fund株式会社 株式会社DeNA 事業内容 オンラインプログラミング 学習サービスの開発・企画・運営 所在地 〒150-0032 東京都渋谷区鶯谷町2-7 エクセルビル 5F
  20. 給与レンジ 1300 1200 1100 1000 900 800 700 600 500

    400 300 200 100 (単位:万) G1 G2 G3 G4 G5 06 参考資料 基本レンジ G3 30% G4 20% G5 7% G2 43% ・左図の給与レンジは、賞与(B評価設定)込みの金額です。 ・信託SO制度を導入しています。※規程に基づく エンジニア G1 G2 G3 G4 G5
  21. 勤務環境 勤務時間帯 フレックス制(コアタイム11:00 - 16:00) ※ エンジニアは試用期間後に裁量労働の可能性あり 休日 土日祝(完全週休2日制) 休暇

    年末年始・特別休暇(3日/年)・慶弔休暇 子育て休暇(子ども一人当たり3日付与・上限なし) 配偶者出産特別休暇 有給 最大12日/年 〜 (1時間単位で取得可) ラーニングリーブ 10日 / 年 〜 (自己学習のため、業務時間中に学習が可能な制度) 福利厚生 交通費支給(上限あり) 社会保険完備(関東IT健保へ加入) 健康診断 育児休暇 永年勤続表彰制度 モニター支給制度 フリーバジェット制度 お祝金制度(出産や入籍) その他制度 Unipos(ピアボーナス)
  22. 05 参考資料 技術スタック、開発ツール Frontend / Client Server Side Infrastructure DevTools エディタ、IDE

    といった個人の開発環境は、各自の責任で好きなものを使うことができます 06 参考資料