$30 off During Our Annual Pro Sale. View Details »

Importance keyword and MS Build 2022 update for Data Analytics Platform

Importance keyword and MS Build 2022 update for Data Analytics Platform

Ryoma Nagata

June 16, 2022
Tweet

More Decks by Ryoma Nagata

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Microsoft Data Analytics の重要キーワードについて Microsoft MVP for Data Platform 永田

    亮磨
  2. おしながき 3 • データプラットフォームの最新キーワード • レイクハウス • データメッシュ • Microsoft

    Build 2022での注目すべき最新機能
  3. データプラットフォームの最新キーワードについて

  4. Lakehouse 5 Source: Gartner Hype Cycle for Data Management, 2021,

    Philip Russom, Donald Feinberg, 27th July 2021.
  5. 従来のDWH型情報基盤 6 • ニーズ:サイロ化した業務システムの分析のためにデータを統合・集約した DWH が必要となった • 問題:高コスト、スキーマオンライト(後述)、ML対応が困難 データソース:サイロ化した業務システム 統合:様々なデータを抽出、変換、ロード(ETL)

    DWH:データマートの集合体としてRDBMSに保管 BI、可視化:ユーザライクなツールによるデータの分析
  6. データレイク型情報基盤 (2層データレイク+DWHアーキテクチャ 7 • ニーズ:柔軟性の確保、 低コスト化(特に効果大)、MLのためのオブジェ クトストレージアクセス • 問題:サービス間ロードによるデータ鮮度の古さ、複雑さ、ファイル管理性、 MLとBIを両立させる際のアクセス非効率性

    データソース:構造化、非構造化データ データレイク:生データ、加工済みデータ(2層) DWH/リアルタイムDB:長所を組み合わせた構成 BI、可視化:DWHデータを利用 ML:データレイク上データを利用
  7. レイクハウス型の情報基盤の到来 8 • ニーズ:データレイク上のCRUDオペレーション、SQL, MLからの透過的なア クセス • 主要SW:Delta Lake(from Databricks),

    Iceberg(from Netflix), Hudi(from Uber) • What is a Data Lakehouse? – Databricks
  8. Delta Lake 9 • Databricks社が開発した、レイクハウスの 中核を担うOSS • DWH機能をデータレイク上に実現 • UPDATE,MERGEなどのDML実行

    • SQL 、python 双方での共通データアクセス • タイムトラベル機能など • データレイクの長所を維持 • 実態はparquetファイルのため高圧縮率 →コスト効率大 • jsonなどの非構造化データに対応
  9. Delta LakeによるLakehouse 10 • ストレージ層にDWH機能+αをSWレベルで構成し、DWHとデータレイクのいいとこどりを実現する • DWHライクなデータ管理性 • データレイク譲りのコスト効率、柔軟性 •

    ストレージとコンピューティングの分離によるスケーラビリティ • SQL / Python双方のAPIをもつことによる透過的なデータアクセス ストレージ層 Data Sources BI Dashboard Explorer SQL Lakehouse ML Model ML Pythn コンピューティングエンジン API
  10. Data Mesh 11 • Zhamak Dehghani氏が提唱した、 従来の中央集権的なデータ基盤の課題 に注目し、 セルフサービス重視の分散型データ基盤 を目指すアーキテクチャパターン

    • 一般的アプリケーション開発で実証され たドメイン駆動設計の考え方を データアプリケーションに導入した • 類似の概念にData Fabricがあるが、 Data Meshは組織的なアプローチであ り対立するものではない How to Move Beyond a Monolithic Data Lake to a Distributed Data Mesh (martinfowler.com)
  11. モノリシックデータ基盤の課題 12 • これまでのデータ基盤はモノリシックな設計を行い、 企業のすべてのデータを集約していたが、いくつかの問題点が指摘されている • データのユースケースは組織が成熟するにつれて増大し、モノリシックな構造ではユースケースの多様化に 対応しにくい • ドメインエキスパートとデータエンジニアが組織的に分離していることで、

    ユースケースを実現するスピードが低下し、お互いに不満をもつ対立的な構造となる モノリシックデータ基盤
  12. Data Mesh アーキテクチャ 13 • データストアをドメイン毎に構成することで、データの所有権をドメインエキスパートに委任する • 各ドメインで昇華されたデータはデータ製品とされ、他ドメインと共有契約に基づき再利用される • データガバナンスは全ドメインと接続し、統制をはかる

    • 各ドメインに対してデータインフラとしてテクノロジー、ツールを提供する データメッシュ
  13. Data Mesh @Microsoft 14 • Microsoft docsではデータ分析シナリ オに関するCAFを公開 • データメッシュパターンにも触れられており、

    リファレンスアーキテクチャはデータメッシュ を意識したものとなっている • Data Mesh 関連のセッションも開催さ れており、今後の製品展開も レイクハウス、データメッシュ型の基盤を いかにスムーズに展開できるかに注力す るものと考えられる クラウド規模の分析 - Azure 向けの Microsoft Cloud 導入フレームワーク - Cloud Adoption Framework | Microsoft Docs
  14. Microsoft Build 2022 注目アップデート 分析系における注目アップデート

  15. Synapse Link for Microsoft SQL (Preview) 16 • HTAPを実現するSynapse Linkの対応データストアにMS

    SQLが追加 • MS製品で構成した各種の運用システムのDBは Synapse Linkによりノーコードで即座に分析できるビジョンを示した Microsoft Data Services Azure Synapse Analytics ノーコードETL ニアリアルタイム分析 Azure Synapse Link SQL Machine learning Big data analytics BI Dashboards Cosmos DB Dataverse SQL Server 2022 Azure SQL New!!
  16. Power BI Datamart (Preview) 17 • Power BI Service上に分析専用のSQLDBをSaaS型で提供 •

    最大100GBまで保持可能。保持されたデータは適切にクラスタリング、パーティションが構成され高速に分析クエリを実行可能 • Desktopツール不要で分析モデル構築から可視化まで(SaaSification) • 以前より小規模なユースケースや、アドホック分析に対応するためにSynapse or SQL DB もしくは双方という構成がとられていたシナリオ に対しての最適解となる見込み • 規模に見合わない場合の構成のムダコスト (スケーラブルだがニーズと合致しない場合がある) • 管理範囲の拡大 • 構築、連携のための広範な知識 Synapse SQL or Azure SQL (DWH~データマート) Dataset (分析モデル) Report Dataset (分析モデル) Report Power BI Service Power BI Service Datamart New!! Power BI Datamart以前 • ETLから可視化までをWeb上で実現 • SaaS化による構築、管理の超簡素化 • ほとんどすべての小規模なユースケースに経済的 に対応(Premium Per Userに含まれる) Power BI Datamart以後 DWH 各種 データソース 各種 データソース
  17. Thank you !