Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

30分でわかるクラウドネイティブとマイクロソフトの取り組み

 30分でわかるクラウドネイティブとマイクロソフトの取り組み

0fd3475d8e5132410947d14ceb6b6369?s=128

Kyohei MORIYAMA

December 24, 2019
Tweet

Transcript

  1. 30分でわかるクラウドネイティブと マイクロソフトの取り組み

  2. None
  3. None
  4. いきなりですが、いまから いくつか質問していきます。 後ほど点数をつけるのでメモの準備を!

  5. 質問1:あなたのアプリケーションどこで動いてますか? 1. 自宅 2. 社内 3. プライベートクラウド 4. パブリッククラウド 5.

    もちろん、ハイブリッドorマルチクラウド 0点 1点 2点 3点 4点
  6. 質問2:あなたのアプリケーションはスケーラブルですか? 1. スケールしなくてもいい! 2. スケールしたいけど、できない! 3. スケールできる!(リソースが不安だけど) 4. スケールできる!(リソースは潤沢で最高!) 0点

    1点 2点 3点
  7. 質問3:あなたのアプリケーション実行環境は。。。? 1. コンテナー化済み! 2. サービスメッシュを使っている! 3. トレーサビリティを考えている! 4. マイクロサービスで実装されている! 5.

    IaCなどを活用しイミュータブルインフラである! 3点 3点 3点 3点 3点 6. 宣言型のAPIを持つ! 3点
  8. 質問4 : あなたの開発組織は。。。? 1. 効率化を求め自動化のプライオリティは高い! 2. 運用の労力を最小限にするための努力はいとわない! 3. Be Lazy!(明日のために楽したいと考える)

    4. 新しいものもいいものだと判断すると 積極的に採用する。=失敗も許容できる! 3点 3点 3点 3点 5. Growth mindsetを組織的にもっている! 3点
  9. None
  10. https://fs.blog/2015/03/carol-dweck-mindset/

  11. Cloud native technologies empower organizations to build and run scalable

    applications in modern, dynamic environments such as public, private, and hybrid clouds. Containers, service meshes, microservices, immutable infrastructure, and declarative APIs exemplify this approach. These techniques enable loosely coupled systems that are resilient, manageable, and observable. Combined with robust automation, they allow engineers to make high-impact changes frequently and predictably with minimal toil. The Cloud Native Computing Foundation seeks to drive adoption of this paradigm by fostering and sustaining an ecosystem of open source, vendor-neutral projects. We democratize state-of-the-art patterns to make these innovations accessible for everyone. CNCF Cloud Native Definition v1.0 https://github.com/cncf/toc/blob/master/DEFINITION.md#cncf-cloud-native-definition-v10
  12. None
  13. None
  14. 年表

  15. 年表

  16. 年表

  17. 顧客目線で学んだこと。。。

  18. None
  19. None
  20. None
  21. None
  22. 祝!卒業!

  23. CNCF サーベイ https://github.com/cncf/surveys

  24. 2018年のCNCF サーベイ

  25. どのProjectを本番で使っているか、試しているか 本番でよく使われているもの → CNI → Fluentd → Helm → Kubernetes

    → Prometheus まだ検証段階のもの → Heron → OPA → SPIFF → SPIRE
  26. None
  27. None
  28. None
  29. Kubernetesの動作 1. KubernetesユーザーはAPIサーバーと 通信し、必要な状態を適用します 2. マスター ノードは、ワーカー ノードに必 要な状態をアクティブに適用します。 3.

    ワーカー ノードはコンテナー間の通信を サポートします。 4. ワーカーノードはインターネットからの通 信をサポートします。 Kubernetes control API server replication, namespace, serviceaccounts, etc. -controller- manager -scheduler etcd Master node Worker node kubelet kube-proxy Docker Prod Prod Containers Containers Worker node kubelet kube-proxy Docker Prod Prod Containers Containers Internet Internet
  30. Kubernetesだけでは十分ではない。 以下を使用して、コンテナー化されたアプリ ケーションのアジリティのロックを解除しま す。 ✓ プロビジョニング、パッチ適用、アップ グレードを簡素化するインフラストラクチャ の自動化 ✓ コンテナー化されたアプリ開発と

    CI/CD ワークフロー用のツール ✓ セキュリティ、ガバナンス、ID およびア クセス管理をサポートするサービス セキュリティを損なうことなく、インフラストラクチャ管理の時間を節約し、更新プログラムを迅速 にロールアウト IDE container support Registry supporting Helm CI/CD Monitoring Microservice debugging Networking Virtual machines Security Governance Identity Source code repository <\> Kubernetes Storage Data Infrastructure automation
  31. Packaging & distribution Scalability & control Kubernetes developer tooling Helm

    CNAB Virtual Kubelet Open Policy Agent Draft Brigade VS Code Kubernetes Extensions Duffle Containerd KEDA Service Mesh Interface コミュニティへのマイクロソフトの貢献
  32. コミュニティへのマイクロソフトの貢献 Top code contributor to Windows support in Kubernetes 68%

    of Kubernetes users prefer Helm 55,000 monthly downloads of Helm 1of 3 top corporate contributors 3x growth of employee contributors within three years Created the Illustrated Children’s Guide to Kubernetes, now part of CNCF
  33. オープンソースツールとAPIを使用して必要に合った作業 Development DevOps Monitoring Networking Storage Security Kubernetesエコシ ステムのサービス とツールを活用す

    る 100 以上のターン キー Azure サービ スを活用する VS Code Azure VNET Azure Storage Azure Monitor CNAB Virtual kubelet Azure DevOps ARM Container Registry Azure Policy AAD Key Vault
  34. None
  35. None