Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

少数精鋭で戦うための技術的改善について

 少数精鋭で戦うための技術的改善について

大人気教育アプリ3社のモバイルアプリ開発秘話 2022/4/20

satoshin21

April 20, 2022
Tweet

More Decks by satoshin21

Other Decks in Programming

Transcript

  1. ⼤⼈気教育アプリ 3社 のモバイルアプリ開発秘話 2022/4/20 @satoshin21 少数精鋭で戦うための 技術的改善について

  2. 会社概要 社名 株式会社mikan 代表 ⾼岡 和正 創業 2014年6⽉16⽇ 資本⾦ 10,000,000円 主要株主

    East Venturesパートナー 松⼭太河 所在 東京都渋⾕区桜丘町29-33-307 事業内容 教育サービスの開発運営 ・国内最⼤級の英語アプリ「mikan」 英語アプリmikanを開発する EdTech toC mikan 
 No. 1 EdTech 
 国内最⼤級の英語アプリ「mikan」
  3. コアバリューが⽀持され国内最⼤級に成⻑ AppStore ランキング 教育無料‧有料ともに カスタマー評価 4.8 位 ★ アプリダウンロード NO.1

    1
  4. mikanの実績 *出典 令和⼆年度 ⽂部科学省「⾼等学校教育の現状について」/ 令和⼆年度 ⽂部科学省「⾼等専⾨学校(⾼専)について」 全国の⾼校・⾼専カバー率 100% 国内4,931校*全てに mikan ユーザーがいます フューチャーや受賞多数

    ベストトレンドアプリ ベスト⾃⼰改善アプリ e-Learning⼤賞 Edtech部⾨
  5. mikan iOSチーム - フルタイム2⼈ - フリーランス1⼈、業務委託1⼈の計4⼈

  6. mikan iOSチーム - 事業は新しいフェーズへ ‧「英単語」から「英語」への拡⼤ - その分アプリ開発は「攻め」の要素が強め ‧それ⾃体は意思決定の話なので悪いことではない ‧Firestoreへの移⾏など守り要素の強いPjも⾏っていた

  7. whoami - satoshin21 - 2021/11 iOSエンジニアとしてJoin!

  8. のびしろしかないわ - Deployment TargetがiOS 10(当時) - 多くのデッドコード - 多くのwarning -

    あらゆる所から参照される巨⼤モジュール など - 2014年のコードも存在 - 施策開発コストは元より、施策に関係のない所でQAコスト の増⼤
  9. のびしろしかないわ - 1⼈のiOSエンジニアがPMに転⾝してフルタイムが3⼈から2 ⼈に! - フルタイム2⼈+2⼈で施策開発を進めることの危機感 ‧mikanというプロダクトに対する知⾒が浅い ‧もう1⼈のフルタイムも1年前にジョイン

  10. 今回話すこと - 今回は主に僕が対応したちょっとした技術的改善について お話します - iOSチームとしての活動はpodcastで配信予定

  11. 少数で戦うための 技術改善

  12. 1. コードのお掃除

  13. Deployment TargetをiOS 12に更新 - QA範囲を狭め、テスト⼯数を最適化する - iOS 11以下のワークアラウンドを削除 - Deployment

    TargetをiOS14にする施策は諸事情によりス トップ ‧夏頃に⾏う予定 😁 ‧同時にSwiftUIの導⼊も⾏う予定
  14. デッドコードの削除 - デッドコードは新しい開発者にとって無駄に考慮が必要な 要素になる - peripheryapp/peripheryを⽤いてLocal Swift Package以外 の不要コードを削除 https://github.com/peripheryapp/periphery

  15. 2. SwiftPM

  16. Swift Package Managerによるモジュール管理 - もともとXcodeGenによるマルチモジュール構成になってい た - d_date sanの記事(※)、pointfreeco/isowordsの構成に近 づける

    - よりモジュール/Target分割を⼿軽に - 環境切替時のxcodeprojの⽣成コストも削減 ※https://www.notion.so/Swift-PM-Build-Configuration-4f14ceac795a4338a5a44748adfeaa40 https://github.com/pointfreeco/isowords
  17. Swift Package Managerによるモジュール管理 let package = Package( name: "mikan", platforms:

    [ .iOS(.v12), ], products: [ .library(name: "AppFeature", targets: ["AppFeature"]), ], dependencies: [ .package(name: "Firebase", url: "https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk", from: "8.7.0"), .. ], targets: [ .binaryTarget(name: "Helpshift", path: "Frameworks/Helpshift.xcframework"), // 最新バージョンとの差分が多く対応が難しかったため⼀旦Carthageで追加。 .binaryTarget(name: "FMDB", path: "Carthage/Build/FMDB.xcframework"), .target(name: "BookDetail"), .testTarget(name: "BookDetailTests", dependencies: ["BookDetail"]), .. ] )
  18. Swift Package Managerによるモジュール管理 let package = Package( name: "mikan", platforms:

    [ .iOS(.v12), ], products: [ .library(name: "AppFeature", targets: ["AppFeature"]), ], dependencies: [ .package(name: "Firebase", url: "https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk", from: "8.7.0"), .. ], targets: [ .binaryTarget(name: "Helpshift", path: "Frameworks/Helpshift.xcframework"), // 最新バージョンとの差分が多く対応が難しかったため⼀旦Carthageで追加。 .binaryTarget(name: "FMDB", path: "Carthage/Build/FMDB.xcframework"), .target(name: "BookDetail"), .testTarget(name: "BookDetailTests", dependencies: ["BookDetail"]), .. ] )
  19. Swift Package Managerによるモジュール管理 let package = Package( name: "mikan", platforms:

    [ .iOS(.v12), ], products: [ .library(name: "AppFeature", targets: ["AppFeature"]), ], dependencies: [ .package(name: "Firebase", url: "https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk", from: "8.7.0"), .. ], targets: [ .binaryTarget(name: "Helpshift", path: "Frameworks/Helpshift.xcframework"), // 最新バージョンとの差分が多く対応が難しかったため⼀旦Carthageで追加。 .binaryTarget(name: "FMDB", path: "Carthage/Build/FMDB.xcframework"), .target(name: "BookDetail"), .testTarget(name: "BookDetailTests", dependencies: ["BookDetail"]), .. ] )
  20. Swift Package Managerによるモジュール管理 let package = Package( name: "mikan", platforms:

    [ .iOS(.v12), ], products: [ .library(name: "AppFeature", targets: ["AppFeature"]), ], dependencies: [ .package(name: "Firebase", url: "https://github.com/firebase/firebase-ios-sdk", from: "8.7.0"), .. ], targets: [ .binaryTarget(name: "Helpshift", path: "Frameworks/Helpshift.xcframework"), // 最新バージョンとの差分が多く対応が難しかったため⼀旦Carthageで追加。 .binaryTarget(name: "FMDB", path: "Carthage/Build/FMDB.xcframework"), .target(name: "BookDetail"), .testTarget(name: "BookDetailTests", dependencies: ["BookDetail"]), .. ] )
  21. 3. Preview App

  22. SwiftUI Preview / Preview Appの導⼊ - 実装⇔確認のフローを⾼速化するためにプレビューを導⼊ - UIKit +

    SwiftUI Preview(※) - Preview Apps - Preview Apps Targetの依存を最⼩限(なるべくUIに限定) にすることで各Previewのビルドを⾼速化 - Preview AppはXcodeGenを⽤いて⽣成 ‧Includeでプロジェクト設定を⼀括管理 ※ https://engineering.mercari.com/blog/entry/2019-12-13-155700/
  23. XcodeGenでPreview⽤のアプリを⽣成 name: SamplePreview include: ../preview_app_project.yml schemes: SamplePreview: build: targets: PreviewApp:

    all targets: PreviewApp: type: application platform: iOS sources: - path: Sources dependencies: - package: mikan product: SampleFeature
  24. XcodeGenでPreview⽤のアプリを⽣成

  25. 依存を最⼩限に - 実装を依存から切り離す let package = Package( .. products: [

    .library(name: "SampleFeature", targets: ["Sample"]), ], dependencies: [ .. ], targets: [ .target(name: "Sample", dependencies: [ "DesignToken", "UseCase", ]), .target(name: "UseCase", dependencies: [ "Entity" ]), .target(name: "UseCaseImpl", dependencies: [ “UseCase", "AppCore" ]),
  26. 依存を最⼩限に - 実装を依存から切り離す let package = Package( .. products: [

    .library(name: "SampleFeature", targets: ["Sample"]), ], dependencies: [ .. ], targets: [ .target(name: "Sample", dependencies: [ "DesignToken", "UseCase", ]), .target(name: "UseCase", dependencies: [ "Entity" ]), .target(name: "UseCaseImpl", dependencies: [ “UseCase", "AppCore" ]),
  27. 依存を最⼩限に - 実装を依存から切り離す let package = Package( .. products: [

    .library(name: "SampleFeature", targets: ["Sample"]), ], dependencies: [ .. ], targets: [ .target(name: "Sample", dependencies: [ "DesignToken", "UseCase", ]), .target(name: "UseCase", dependencies: [ "Entity" ]), .target(name: "UseCaseImpl", dependencies: [ “UseCase", "AppCore" ]),
  28. Preview App struct ContentView: View { var body: some View

    { NavigationView { VStack(alignment: .leading, spacing: 20) { NavigationLink { SampleView(state: .success(.mock())) } label: { Text("成功画⾯”) } NavigationLink { SampleView(state: .failed(.session)) } label: { Text("失敗画⾯ [Session Error]”) } NavigationLink { SampleView(state: .failed(.notFound)) } label: { Text("失敗画⾯ [NotFound Error]”) } } } } }
  29. SwiftUI Preview / Preview Appの導⼊ - Preview⽤のアプリ‧SwiftUI Previewを活⽤することで、 実装⇔レイアウト確認のサイクルを⾼速に回すことができ る

    - Previewの依存をスリムにすることでそのサイクルをより⾼ 速に回すことができる - デザイナーと同期的にデザインレビューと修正を⾏うこと で、よりアプリをブラッシュアップ
  30. 4. ログコード⽣成

  31. Notion + Stencil + Swiftでログ⾃動⽣成 - ログの管理について分析チームと課題感を感じていた ‧必要の無いログ、不要なパラメータ ‧ログを仕込むタイミングの認識不⼀致 など

    - mikanで広く活⽤しているNotionと連携し、ログコードの⾃ 動⽣成を実装 ‧コード⽣成はstencilproject/Stencilを活⽤ ‧SwiftでCLIを実装 https://github.com/stencilproject/Stencil
  32. Notionでログ定義

  33. Swift CLIでログ⽣成 $ swift run --package-path BuildTools -c release \

    log_gen Sources/ActionLog/Logs.generated.swift # Notion API経由でログ情報を取得 [log_gen] requesting.. # Stencil templateを元にSwiftコードを⽣成 [log_gen] writing.. [log_gen] complete! Log file is generated to Sources/ActionLog/ Logs.generated.swift
  34. ⽣成されたログコード /// Sample画⾯が表示された時 impression ログ /// /// [Notion:Sample画⾯が表示された時](https://www.notion.so/page-id) public struct

    SampleImpression: LogType { struct Parameters: Encodable { public let parameter1: String public let parameter2: Int enum CodingKeys: String, CodingKey { case parameter1 = "parameter1" case parameter2 = "parameter2" } } let location: String = "sample" let action: String = "impression" let parameters: Parameters? public init(parameter1: String, parameter2: Int) { self.parameters = .init( parameter1: parameter1, parameter2: parameter2 ) } }
  35. Notion + Stencil + Swiftでログ⾃動⽣成 - 静的解析ツールを使えば未使⽤のログコードも検知可能 ‧実装漏れ、不要なログを検知 - ログの詳細を知りたくなったらURLからNotionページに遷移

    可能 - 現在は試験運⽤中だが、メンテ‧開発コストは⼤きく下っ ていると感じる
  36. 5. 最も効果があった改善は..

  37. None
  38. お⾦で解決! - 発表直後にすぐ⽀給してもらった ‧mikan安⼼キットで最新スペックのPCを導⼊可能 ‧モリモリでいきましょう!ということでMaxにしてもらっ た ‧環境は違うが、8分かかってたビルドが3分で終わるよう に ‧3倍弱仕事できないとおかしいですね

  39. さいごに

  40. さいごに - まだまだこれからも技術的改善‧チャレンジは⾏っていく ‧GraphQL導⼊、SwiftUI、KMM.. - 技術的改善を他プロジェクトと平⾏して進めていくための 開発プロセスについて検討中 - そんな改善に興味のある、mikanを⼀緒に作っていけるiOS エンジニア⼤募集!!!

  41. おわり