Salesforceハンズオン

 Salesforceハンズオン

2019/10/26 Salesforce女子部×Java女子部×JDKソムリエ コラボで行った、Salesforceのハンズオンスライドです。

F95794a2051e510588225c20afb7e3b2?s=128

Salesforce女子部

October 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. Salseforce女子部 2019.10.26@toBeマーケティング

  2. Salesforce女子部⭐️ハンズオン Salesforceはマウスクリックベースで行う宣言的開発と コード開発の両方が可能です。 今日は宣言型で簡単なカスタマイズをハンズオンで行います! Apexトリガ カスタムオブジェクト カスタム項目 入力規則 ワークフロー フロー

    レポート ダッシュボード 宣言型 コード開発 プロセスビルダー Lightning Component Apexクラス Visualforce
  3. まずはアカウントを作ろう!

  4. アカウント作成(1/3) Salesforceのカスタマイ ズが試せる環境を作成し ます。 ユーザ名にはメールアド レスの形式で入力します が、すでに同じメールア ドレスを利用している場 合は、エイリアスをつけ た形で作成することが多

    いです。 https://developer.salesforce.com/signup 例)name+demo@yourcompany.com
  5. アカウント作成(2/3) 受信したメールから、 アカウントを有効化します パスワードを設定します

  6. アカウント作成(2/3) アカウント作成が完了し ました! Salesforceでは Lightning Experienceと いう新しいUIの利用を促 進しているため、次のお 知らせが表示されますが、 閉じるボタンを押してい

    ただいて大丈夫です。
  7. ログインできた?

  8. 画面説明!(1/3) カスタマイズでよく使う設定画面です。Salesforceは画面上からカスタ マイズできることが多いため、メニューたくさんあります。 全部は覚えてられないの で、キーワードで検索する ことが多いです。

  9. 画面説明!(2/3) カスタマイズでよく使う設定画面です。Salesforceは画面上からカスタ マイズできることが多いため、メニューたくさんあります。 全部は覚えてられないので、 キーワードで検索すること が多いです 設定に戻るときは、 を押して、 です!

  10. 画面説明!(3/3) 設定画面と、利用者が使うアプリケーション画面の画面移動の方法 ①ボタンを押す ②セールス アプリを選ぶ ③利用者が使う画面は ここになります

  11. 余談(ちょいちょい出てくるキャラクター) ローディング画面で出てくるキャラクター。 Salesforceでは年3回リリースがあり、そのリリースロゴになります。 最近はコミュニティ内で次のリリースロゴを何にするかの投票があったり します。 Winter’20のリリースロゴ

  12. やってみよう!

  13. 本日やること! Salesforceは宣言型で様々な設定ができますが、本日はその一部を紹介! ① 項目を作って画面に配置してみよう ② 入力規則を設定しよう ③ レポートを作って分析しよう

  14. ①項目を作って配置してみよう

  15. オブジェクトとは? オブジェクト≒テーブル オブジェクトを作成すると以下が自動的に作成されます ⚫テーブル ⚫画面(詳細画面・編集画面) ⚫登録・編集・削除機能 Salesforceがサービスとして提供している標準オブジェクトと、 作りたいシステムに合わせて作成するカスタムオブジェクトに分類されます。 ※標準オブジェクトの例:リード、取引先、取引先責任者、商談、ケース

  16. 項目を作ってみよう オブジェクトを作成後、必要な項目を作成していきます。 (=項目定義の作成) 今回は、「商談」という標準オブジェクトに項目を追加します。

  17. 項目を作ってみよう オブジェクトのカスタマイズは設定画面の「オブジェクトマネージャー」から 行います。 ①設定画面で 「オブジェクトマネージャー」をクリック ②オブジェクトの一覧が表示される。 表示ラベル(リンク)をクリックするとそ れぞれのオブジェクトの設定が確認 できる ③検索ボックスにオブジェクト名を

    入力することで絞込みが可能
  18. 項目を作ってみよう 項目作成の流れ(1) ①オブジェクト名をクリック ※今回は「商談」 ②設定メニューが表示される 「項目とリレーション」をクリックすると 項目一覧が右側に表示される

  19. 項目を作ってみよう 項目作成の流れ(2) ①「新規」ボタンをクリック ②項目作成画面 (型の選択)が表示される

  20. 項目を作ってみよう 項目作成の流れ(3) 画面のステップに沿って以下を設定していきます。 ⚫データ型 ➢テキスト型をはじめ、数値型、電話番号型、メールアドレス型、日付型など 色々な型が指定できます。 ⚫項目の詳細 ➢画面に表示する名称(表示ラベル)、API参照名(入力規則やソースコード等で参照する場合に 使用する名称(物理名)などを指定 ※選択したデータ型により設定内容が異なります。

    ⚫項目レベルセキュリティの設定 ➢Salesforceは「プロファイル」と呼ばれる機能でオブジェクトや項目へのアクセス権を制御しま す。今回はプロファイルについては触れませんのでデフォルトのまま登録してください。 ⚫ページレイアウトへの追加 ➢画面に表示するか選択します。 (今回は追加した状態(デフォルト)で登録し、後で位置を調整します)
  21. 項目を作ってみよう 以下項目を作成してください。 失注理由 ⚫ 型:選択リスト ⚫ 表示ラベル:失注理由 ⚫ 項目名:ReasonOfLost ⚫

    値: ※「各値を改行で区切って入力します。」 を選択して入力してください。 • 金額が合わなかった • 提案内容がマッチしなかった • 他社に決定 • その他 上記以外はデフォルト値のまま 登録を進めてください。
  22. 項目を作ってみよう 以下項目を作成してください。 失注理由詳細 ⚫ 型:テキストエリア ⚫ 表示ラベル:失注理由詳細 ⚫ 項目名:ReasonOfLostDetail 上記以外はデフォルト値のまま

    登録を進めてください。
  23. 項目を追加したらレイアウトを修正しよう 作成した2項目の表示位置を修正しよう① ①「ページレイアウト」を選択 ②Opportunity Layourtをクリック ③レイアウトの設定画面が 表示される

  24. 項目を追加したらレイアウトを修正しよう 作成した2項目の表示位置を修正しよう② ①画面をスクロールすると 先ほど追加した2項目が 表示されている

  25. 項目を追加したらレイアウトを修正しよう 作成した2項目の表示位置を修正しよう③ ①画面上部の 「セクション」を選択し、 画面にドラッグ ②子ウィンドウが表示される セクション名に「失注理由」と入力 し、「OK」ボタンクリック (その他はデフォルト値のまま) ③セクション(見出し)が

    設定される
  26. 項目を追加したらレイアウトを修正しよう 作成した2項目の表示位置を修正しよう④ ①失注理由を選択し、 失注理由セクションへ ドラッグ ②同様に失注理由詳細を 失注理由セクションへドラッグ ※ここまで出来たら「保存」ボタンで保存しましょう

  27. 実際に実行して確認してみよう ①画面左上のアイコンを クリックし、アプリケーション ランチャーを開く ②「セールス」を選択

  28. 実際に実行して確認してみよう ①「商談」タブをクリック ②最近参照したデータが表示される ※おそらく0件 ③「最近参照したデータ」横の▼ボタンを クリックし、「すべての商談」を選択 ④現在登録されているすべての 商談データが表示される

  29. 実際に実行して確認してみよう ①任意の商談名をクリック ②クリックした商談の詳細情報が表示される ※デフォルトは「活動」タブが選択されているため、 「詳細」タブをクリックする

  30. 実際に実行して確認してみよう 画面をスクロールすると 先ほど設定した内容が表示されている 項目横の鉛筆アイコンをクリックすると、 データの編集ができる

  31. ②入力規則を設定しよう

  32. 入力規則とは? 入力チェックのこと Excel数式の感覚で項目比較は項目の入力値をチェックできます 入力規則はデータの保存時に実行され、条件を満たしていないと エラーとなり保存ができません。 入力規則の例) • 開始日>終了日の場合エラー • ステータスが「クローズ」の場合、金額の変更は不可

    • 郵便番号形式(999-9999)で登録していないとエラー データ型については、項目作成時の型をきちんと 設定することで保存時に型チェックが自動的に実行されます。 例)日付型には不正日付は入力できない メールアドレス型はメールアドレス形式でないといけない など
  33. 入力規則を作ってみよう 入力規則の作り方① ①オブジェクトマネージャーから商談の 設定画面を表示し、左側メニューから 「入力規則」をクリック ②設定されている入力規則の 一覧が表示されます ※今は0件

  34. 入力規則を作ってみよう 入力規則の作り方② ①「新規」ボタンをクリック ②入力規則の設定画面 が表示される

  35. 入力規則を作ってみよう 入力規則の作り方③ 以下を設定していきます。 ⚫ ルール名 ➢ 入力規則の名称。半角英数記号のみ ただし、Apex等で参照できる訳ではない ⚫ 有効

    ➢ チェックONの場合のみ入力規則が動く ⚫ エラー条件数式 ➢ Excel数式のイメージで入力規則を記載する ※どういった数式があるかは画面右側から確認可能 ➢ 項目名はAPI参照名で記載する ⚫ エラーメッセージ ➢ エラー時(数式条件=TRUE)の際に表示される メッセージ ⚫ 表示場所 ➢ メッセージの表示場所。特定項目に対して表示する か、画面上部に表示するかを選択可能
  36. 入力規則を作ってみよう 以下の入力規則を設定してください 商談のフェーズが「Closed Lost」(失注)になった場合、 失注理由を必ず入力させるようにする ⚫入力規則名:Opportunity_ClosedLostCheck ⚫メッセージ:「Closed Lost」の場合は失注理由を入力してください。 ⚫表示場所:失注理由 <オマケ>余裕がある人は以下も作成してみよう

    失注理由が「その他」の場合は 「失注理由詳細」を必ず入力させるようにする ※入力規則名、メッセージは任意で作成してください。 ★☆★HINT★☆★ 選択リストの値をチェックする場合は、以下の いずれかの数式を使って値を取得します ・ISPICKVAL ・TEXT
  37. 入力規則数式回答例 商談のフェーズが「Closed Lost」(失注)になった場合、 失注理由を必ず入力させるようにする ⚫「TEXT」を使う場合 ✓TEXT(StageName)="Closed Lost" && ISBLANK(TEXT(ReasonOfLost__c ))

    ⚫「ISPICKVAL」を使う場合 ✓ISPICKVAL(StageName,"Closed Lost") && ISPICKVAL(ReasonOfLost__c,"") 失注理由が「その他」の場合は 「失注理由詳細」を必ず入力させるようにする ※入力規則名、メッセージは任意で作成してください。 ⚫TEXT(ReasonOfLost__c)="その他" && ISBLANK( ReasonOfLostDetail__c )
  38. 実際に実行して確認してみよう ①項目作成時の確認時同様に、 適当な商談データを表示 →鉛筆アイコンをクリックして 編集モードに。 ②以下で保存ボタンをクリック フェーズ:Closed Lost 失注理由:なし ③エラーメッセージが表示される

    ※値を選択すると問題なく 保存されることも確認しよう
  39. ③レポートを作って分析しよう

  40. レポートとは? Salesforceに登録されたデータを集計して表示、分析する機能 レポートをグラフ化・組み合わせてダッシュボードを作成し、 視覚的に状況を把握できるようになる 例) ・商談状況分析 ・売上状況把握 ・営業の活動状況確認 今回のハンズオンでは レポートのみ作成します

  41. レポートを作ってみよう レポート・ダッシュボードは一般ユーザでも作成できる機能です。 そのため、設定画面ではなく通常メニューから作成します。 アプリケーションランチャーから「セールス」アプリケーションを 呼び出し、「レポート」タブをクリック ※上部バーに表示されてない場合は「さらに表示▼」をクリック

  42. レポートを作ってみよう ①「新規レポート」をクリック ②レポートタイプ(どのオブジェクト データを表示するか)のウィンドウ が表示される ③レポートタイプを選択し、 「続行」ボタンをクリック ※今回は「商談」を選択

  43. レポートを作ってみよう レポート編集画面が表示される 列:表示する項目 ドラッグアンドドロップで表示位置の 移動が可能 グループ:指定の項目を グルーピングできる 例:フェーズでグルーピング 検索条件:抽出対象データの 絞り込み

    例:今月作成された商談 プレビュー:実行時イメージ (一部データで表示)
  44. レポートを作ってみよう 作成したら保存(&実行) ①「保存」または「保存&実行」を クリック ②レポート名(表示名)やAPI参照名を 入力し、保存 ③保存&実行の場合は、レポート実行 結果を表示する

  45. レポートを作ってみよう 以下のレポートを作成してください。 ⚫レポートタイプ ➢商談 ⚫グループ化(行) ➢取引先 ➢フェーズ ⚫表示項目(列): ➢商談名 ➢完了予定日

    ➢金額 ➢確度(%) ➢失注理由 ⚫検索条件 ➢表示:すべての商談 ➢完了予定日:常時 ⚫レポート名 ➢取引先別商談状況 ⚫レポートの一意の名前 ➢AccountOpportunityReport ⚫オマケ (時間があればやってみよう) ➢金額の合計を表示してください。
  46. レポートを作ったら実行してみよう 実行結果

  47. おまけ

  48. 本日紹介したもの以外にも色々な機能があります! ノンコーディングで処理の自動化を行う ・ワークフロー ・フロー ・プロセスビルダー より強力な分析機能 ・Einstein Analytics 効率的な業務のためのUI ・コンソール

    …他、色々 また、最初に紹介した通り、ApexというJavaベースの言語もあり、 コード開発と組み合わせたシステム構築が可能です。
  49. Thank you!!