Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JAWS-UG主催 週刊AWSキャッチアップ(2023/10/16週)

ShigeruOda
October 26, 2023

JAWS-UG主催 週刊AWSキャッチアップ(2023/10/16週)

ShigeruOda

October 26, 2023
Tweet

More Decks by ShigeruOda

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 週刊AWS
    2023.10.16週

    View full-size slide

  2. Amazon EC2 R7i インスタンスがGAしました。第4世代 Xeon スケーラ
    ブル・プロセッサー(Sapphire Rapids)を搭載したR7iは最大48xlargeと
    いう大きなインスタンスサイズと、DDR5メモリを備えており、SAPの
    ほかSQL、NoSQLのデータベース、SAP HANAなどのインメモリデータ
    ベース、HadoopやSparkなどのビックデータ分析などメモリを大量に必
    要とするワークロードに最適です。R7iインスタンスはバージニア北
    部、オハイオ、オレゴン、アイルランド、ストックホルム、スペインの
    リージョンでご利用いただけます。
    Introducing Amazon EC2 R7i instances

    View full-size slide

  3. Introducing Amazon EC2 R7i instances

    View full-size slide

  4. Introducing Amazon EC2 R7i instances

    View full-size slide

  5. AWS Client VPNの提供リージョンが3つ追加され、大阪リージョンで
    もご利用いただけるようになりました。大阪リージョンにないことで代
    替で東京リージョンでご利用だった、または大阪リージョンのEC2で
    VPNアプライアンスをご利用だった皆様はぜひご活用ください!
    AWS Client VPN extends availability to three additional AWS Regions

    View full-size slide

  6. AWS Client VPN extends availability to three additional AWS Regions

    View full-size slide

  7. AWS Client VPN extends availability to three additional AWS Regions

    View full-size slide

  8. AWS Elastic Disaster Recovery (AWS DRS) が既存のインスタンスへの
    復元をサポートしました。これまでDRSでAWS上のインスタンスを復
    元する際は新しいインスタンスを起動する必要がありました。今回のア
    ップデートにより元のインスタンスまたは事前に設定した既存インスタ
    ンスへの復元に対応しました。この機能追加はDRSが利用可能なすべて
    のリージョンで利用可能です。
    Introducing Recover into Existing Instance for AWS Elastic Disaster Recovery

    View full-size slide

  9. Introducing Recover into Existing Instance for AWS Elastic Disaster Recovery

    View full-size slide

  10. SageMakerでml.p4dを利用できるリージョンに東京とフランクフルトが
    追加されました。ml.p4dインスタンスはNVIDIA A100を搭載したインス
    タンスでリアルタイム・非同期推論のためのMLモデルに向いています。
    同時に”Preview of Regional Expansion for ml.p4d, ml.trn1, and ml.g5
    instances on SageMaker Inference“で、ml.p4d.24xlargeが東京リージョ
    ンを含む新たに4リージョンでプレビュー利用できるようになったこと
    もアナウンスされています。
    Announcing Regional Expansion of ml.p4d instances on SageMaker Inference

    View full-size slide

  11. P : 高速コンピューティング(機械学習/深層学習、HPC)
    4 : 世代数
    d : 内臓ストレージ
    Announcing Regional Expansion of ml.p4d instances on SageMaker Inference

    View full-size slide

  12. Announcing Regional Expansion of ml.p4d instances on SageMaker Inference

    View full-size slide

  13. Amazon OpenSearch Serviceに日本語のSudachiを含む4つの言語アナ
    ライザープラグインが追加されました。日本語のプラグインとしてはこ
    れまでもKuromojiがサポートされていましたが、新たな選択肢が追加さ
    れた形です。これらの新しいプラグインは‘TXT-DICTIONARY’に加えて
    ‘ZIP-PLUGIN’として提供されています。これらの追加プラグインは
    Amazon OpenSearch Serviceが利用可能なすべてのAWSリージョンで利
    用できます。
    Amazon OpenSearch Service adds support for four new language analyzers

    View full-size slide

  14. Amazon OpenSearch Service adds support for four new language analyzers

    View full-size slide

  15. Amazon OpenSearch Service adds support for four new language analyzers

    View full-size slide

  16. Amazon OpenSearch Service adds support for four new language analyzers

    View full-size slide

  17. Amazon OpenSearch Service adds support for four new language analyzers

    View full-size slide

  18. Amazon OpenSearch Service adds support for four new language analyzers

    View full-size slide

  19. Amazon RDSがPostgreSQL、MySQL、及びMariaDBでDedicated Log
    Volumeをサポートしました。Dedicated Log Volumeはトランザクショ
    ンログを専用ボリュームに保存する設定です。データベースで最もレイ
    テンシー変動の影響を受けやすいトランザクションログを個別のボリュ
    ームに書き込むため、クエリやデータ更新との衝突が減りコミット待ち
    やIPOS要求が軽減されます。
    Amazon Relational Database Service announces Dedicated Log Volume

    View full-size slide

  20. ・DLV は PIOPS ストレージに対応し、固定サイズ 1,000 GiB、3,000
    Provisioned IOPS で作成される。
    ・Amazon RDSは、以下のバージョンのすべてのリージョンでDLVをサ
    ポートしています:
    MariaDB 10.6.7 以上 10 バージョン
    MySQL 8.0.28 以上 8 バージョン
    PostgreSQL 13.10 以降 13 バージョン、14.7 以降 14 バージョン、
    15.2 以降 15 バージョン
    -> Auroraは無いよ。
    Amazon Relational Database Service announces Dedicated Log Volume

    View full-size slide

  21. Amazon Relational Database Service announces Dedicated Log Volume

    View full-size slide

  22. Amazon RedshiftがAWS Secrets Managerとの統合をサポートしました。
    データベースの作成、変更、復元など管理者権限が必要な作業の職務権
    限分離が容易になるほか、KMSと連携してのシークレットの暗号化も簡
    単になります。この機能はRedshiftが利用可能なすべてのAWSリージョ
    ンで、プロビジョニングされたクラスターとサーバレス両方で利用可能
    です。
    Amazon Redshift announces integration with AWS Secrets Manager

    View full-size slide

  23. Amazon Redshift announces integration with AWS Secrets Manager

    View full-size slide

  24. デジタルツインを簡単に構築できるようにするマネージドサービスであ
    るAWS IoT TwinMakerが新たに東京を含む3リージョンで利用できるよ
    うになりました。
    AWS IoT TwinMaker is now available in Tokyo, Seoul, and Mumbai

    View full-size slide

  25. AWS Resource Access Manager (AWS RAM)を使用してAmazon Route
    53 Application Recovery Controller (Route 53 ARC)のクラスターを
    AWS Organizationsの組織、もしくはOU内で共有できるようになりまし
    た。クラスターを共有できることで、クラスター数が減り、総コストの
    抑制につながります。また、AWS RAMを使用してRoute 53 ARCクラス
    ターを共有するための追加料金は発生しません。
    Share Amazon Route 53 Application Recovery Controller clusters across multiple AWS
    accounts

    View full-size slide

  26. Amazon OpenSearch Serviceでより詳細な制御ができるようになりまし
    た。OpenSearchはノードに異常がないか監視し、クラスターの安定性
    を維持するための是正を行ってくれるマネージドサービスです。一方で、
    エキスパートなユーザーがより綿密な管理を行うためにプロセスや、デ
    ータノードの再起動などのオペレーションが追加されました。これらの
    管理オプションはOpenSearchの利用もしくはElasticsearch バージョン
    7.0以上を実行しているすべてのクラスターでサポートされます。
    Amazon OpenSearch Service announces new administrative options

    View full-size slide

  27. AWS Organizationsの組織内で柔軟なクレジットのシェアが可能になり
    ました。これまでクレジットの共有は組織全体に対して有効化または無
    効化しかできませんでした。今回のアップデートによりアカウント単位
    での選択・除外ができるようになったためより細かく管理することが可
    能です。
    AWS announces member account level credit sharing preferences

    View full-size slide

  28. Amazon OpenSearch ServiceにAWS Graviton2 プロセッサを搭載した
    Amazon EC2 Im4gn インスタンスが追加されました。Im4gn インスタン
    スは最大30TBのローカルNVMEストレージを搭載しており、非常に低い
    I/Oレイテンシーを要求されるリアルタイムログ分析等に向いています。
    このAmazon OpenSearch Service Im4gn インスタンスは東京を含む11
    のリージョンですぐにご利用いただけます。
    Amazon OpenSearch Service now offers Amazon EC2 Im4gn instances

    View full-size slide

  29. AWS Glue for Apache SparkがGoogle BigQueryへのネイティブ接続を
    サポートしました。これまでもBigQueryとの接続はサポートされていま
    したが、コネクタのインストールが必要でした。今回のアップデートで
    事前の準備作業不要にBigQueryからのデータ読み込みやBigQuery SQL
    を使用しての操作等が可能になります。この機能はGlueが利用可能なす
    べての商用リージョンで利用できます。
    AWS Glue for Apache Spark announces native connectivity for Google BigQuery

    View full-size slide

  30. Amazon WorkSpacesにWindows Server 2022を搭載した新しいバンド
    ルが追加されました。この追加はAmazon WorkSpacesが利用可能なす
    べてのリージョンで利用できます。なおWindows Server 2016/2019搭
    載のバンドルは引き続き利用可能です。
    Amazon WorkSpaces now supports Windows Server 2022 bundles

    View full-size slide

  31. 機械学習を利用した検索サービスのAmazon Kendraが11のデータベース
    に対して、コネクタ経由でコンテンツのインデックスを作成し、コンテ
    ンツ全体の情報を検索できるようになりました。対象のデータベースは
    Aurora(MySQL互換、PostgreSQL互換)、RDS(MySQL、PostgreSQL、
    Oracle、Microsoft SQL Server)、MySQL、PostgreSQL、Oracle、
    Microsoft SQL Server、DB2です。これらの11のDBコネクタは、
    AmazonKendraが利用化の王なすべてのAWS リージョンでご利用いた
    だけます。
    Amazon Kendra releases connectors for 11 JDBC data sources to enable structured
    data search

    View full-size slide

  32. AWS Service CatalogでAnsible、Chef、Pulumi、Puppetなどがサポー
    トされました。これまでサポートされていたCloudFormationや
    HashiCorp Terraform Clud configurationに加え、これらのツールをご利
    用のお客様はService Catalogを使うためにIaCツールの移行や変更をせ
    ずとも各種機能を利用することができます。この機能はAWS GovCloud
    を含めたAWS Service Catalogが利用できるすべてのAWSリージョンで
    利用できます
    AWS Service Catalog announces support for additional Infrastructure as Code (IaC)
    provisioning tools

    View full-size slide

  33. Amazon Machine Image Block Public Access (AMI BPA)がすべての新し
    いAWSアカウント、及び2023年7月15日以降パブリックAMIを所有し
    ていないすべての既存AWSアカウントでデフォルトで有効になりまし
    た。これまではAMI BPAはデフォルトでは無効でした。この変更により
    誤ってAMIをパブリックに共有することが制限されるので、お客様のセ
    キュリティの向上につながります。
    AMI Block Public Access now enabled for all new accounts and existing accounts with
    no public AMIs

    View full-size slide