Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

JAWS-UG主催 週刊AWSキャッチアップ(2023/10/30週)

ShigeruOda
November 08, 2023

JAWS-UG主催 週刊AWSキャッチアップ(2023/10/30週)

ShigeruOda

November 08, 2023
Tweet

More Decks by ShigeruOda

Other Decks in Technology

Transcript

  1. 週刊AWS
    2023.10.30週

    View full-size slide

  2. AWS Elemental MediaTailor が大阪リージョンを含む 7 つの新しいリー
    ジョンで利用可能になりました。AWS Elemental MediaTailor は、複数
    の動画を 1 つのチャンネルに組み合わせたり、広告を挿入するなど、ラ
    イブ配信を支援する機能を提供するサービスです。このサービスを利用
    することで、チャンネルやその他のライブストリームを、様々なデバイ
    スでパーソナライズされた広告とともに収益化し、視聴者にシームレス
    な体験を提供することができます。
    AWS Elemental MediaTailor now available in seven additional regions

    View full-size slide

  3. AWS Elemental MediaTailor now available in seven additional regions
    動画ファイルを
    処理して、配信
    やアーカイブの
    ためのオンデマ
    ンドコンテンツ
    を準備する
    イベントと毎日
    24 時間のスト
    リーミングにラ
    イブ動画をオン
    プレミスでエン
    コーディング
    ライブストリーミング
    によるメディアワーク
    フロー向けにビデオア
    セットを保存、配信
    インターネット
    配信用のビデオ
    の準備と保護
    リニアチャネルアセンブ
    リとパーソナライズされ
    た広告挿入サービス
    安全で信頼性の
    高いライブ動画
    伝送
    あらゆるデバイ
    スへのブロード
    キャストおよび
    ストリーミング
    向けにライブ動
    画をエンコード

    View full-size slide

  4. AWS Elemental MediaTailor now available in seven additional regions

    View full-size slide

  5. Amazon EC2 で、C7i、M7i、R7i、R7iz の新しいベアメタルインスタン
    スが利用可能になりました。M7i、C7i、R7i インスタンスは、AWS 向
    けにカスタマイズされた第 4 世代 Intel Xeon プロセッサーを搭載してい
    ます。同等の x86 ベースの Intel プロセッサーと比較して、最大 15% の
    パフォーマンス向上が図られています。このインスタンスは、オハイオ、
    バージニア、オレゴン、アイルランド、スペイン、ストックホルムの 6
    つのリージョンで提供されています。R7iz インスタンスは、ターボクロ
    ック周波数が 3.9 GHz の Sapphire Rapids ベースのインスタンスとなっ
    ており、バージニアとオレゴンの 2 つのリージョンで提供されています。
    Introducing eight new Amazon EC2 bare metal instances

    View full-size slide

  6. Introducing eight new Amazon EC2 bare metal instances

    View full-size slide

  7. AWS Trusted Advisor が、AWS Config との統合により、「運用上の優
    秀性」カテゴリーで新たに 64 個のベストプラクティスチェック項目を
    提供開始しました。Trusted Advisor は、コスト最適化、パフォーマンス、
    セキュリティ、耐障害性、運用上の優秀性などのカテゴリーで、お客様
    の AWS 環境がベストプラクティスとどの程度乖離しているかをチェッ
    クし、継続的な改善に役立てることができるサービスです。この新しい
    64 項目は、AWS Support の Business Support プラン以上で利用可能で
    す。
    AWS Trusted Advisor adds 64 new checks powered by AWS Config

    View full-size slide

  8. AWS Trusted Advisor adds 64 new checks powered by AWS Config

    View full-size slide

  9. …ドキュメント見ても何が増えたか分からん。。。
    AWS Trusted Advisor adds 64 new checks powered by AWS Config

    View full-size slide

  10. AWS Elemental MediaPackage が大阪リージョンで利用可能になりまし
    た。MediaPackage は、動画配信時に様々なストリーミング形式にパッ
    ケージングすることで、携帯電話、パソコン、タブレット、ゲーム機な
    ど、多様なデバイスでの再生を可能にするサービスです。ライブ配信や
    オンデマンド配信の際に、スタートオーバー、一時停止、巻き戻しなど
    の一般的な動画機能を簡単に実装できます。また、デジタル著作権管理
    (DRM) 技術を使って、コンテンツを保護することも可能です。
    AWS Elemental MediaPackage now available in Asia Pacific (Osaka) region

    View full-size slide

  11. AWS Elemental MediaPackage now available in Asia Pacific (Osaka) region

    View full-size slide

  12. Amazon Athena で、1 時間単位のキャパシティ予約が利用可能になりま
    した。キャパシティ予約機能は、クエリ処理のための専用コンピュート
    リソースを確保するものです。これにより、ビジネスクリティカルなク
    エリーをほぼゼロレイテンシーでキューイングなしに処理できます。ま
    た、Athena の利用料金を固定化することでコントロールがやりやすく
    なるメリットもあります。アップデート前は最低 8 時間のキャパシティ
    予約が必要でしたが、今回のアップデートにより、最低 1 時間からのキ
    ャパシティ予約が可能になりました。東京を含む 8 つのリージョンで利
    用できます。
    Amazon Athena announces one hour reservations for Provisioned Capacity

    View full-size slide

  13. SQLクエリの料金体系
    < SQL queries>
    スキャンされたデータ1TBあたり5.00ドル。
    データの圧縮、パーティショニング、カラム形式への変換により、クエ
    リあたり最大90%のコスト削減とパフォーマンスの向上を実現します。
    <SQL queries with Provisioned Capacity>
    DPU1時間あたり0.43ドル、1分ごとに課金されます。クエリ専用のコン
    ピュート。1DPU : 4vCPU / 16GB
    Amazon Athena announces one hour reservations for Provisioned Capacity

    View full-size slide

  14. Amazon Athena announces one hour reservations for Provisioned Capacity

    View full-size slide

  15. Amazon S3 Object Lambda が Amazon Athena と統合され、Athena で
    クエリされる S3 データを自動的に変換できるようになりました。S3
    Object Lambda を使用することで、S3 の GET、HEAD、LIST API リク
    エストに独自のコードを追加し、アプリケーションに返されるデータを
    変更できます。例えば、Athena でクエリを実行する際、Lambda 関数を
    使って機密データの列を自動的にマスクすることが可能です。
    Amazon S3 Object Lambda now integrates with Amazon Athena

    View full-size slide

  16. Amazon S3 Object Lambda now integrates with Amazon Athena

    View full-size slide

  17. Amazon EC2 Capacity Blocks for ML の一般提供が開始されました。これは、
    大規模な機械学習向けに設計された新しいタイプのキャパシティ予約の仕組
    みです。EC2 Capacity Blocks を利用すると、利用開始日と終了日を事前に
    指定し、その期間内に空きがあるか確認しながら GPU インスタンスのキャ
    パシティを予約できます。既存の On-Demand Capacity Reservation が「現
    時点から」の予約に対して、EC2 Capacity Blocks は未来の日付で予約が可
    能なのが特徴です。現在、Amazon EC2 P5 インスタンスがオハイオリージ
    ョンで予約できるようになっています。利用にあたっては、予約期間は 1 日
    ~ 14 日、予約インスタンス数は 1、2、4、8、16、32、64 台から選択する
    必要があるなどの制限があります。
    Amazon EC2 Capacity Blocks for ML

    View full-size slide

  18. Amazon EC2 Capacity Blocks for ML

    View full-size slide

  19. Amazon EC2 Capacity Blocks for ML

    View full-size slide

  20. Amazon Redshift で RA3 クラスタの Multi-AZ を一般提供開始しました。
    Redshift の Multi-AZ は、複数のアベイラビリティゾーンでデータウェ
    アハウスを同時に実行し、不測の障害シナリオでも運用を継続しやすく
    する機能です。Multi-AZ により、Redshift の SLA が 99.99% に上がり
    ました。ミッションクリティカルな使い方に対して、可用性の高い
    Redshift 環境をご利用頂けます。東京・大阪リージョンを含めた、25
    リージョンで利用可能です。
    Amazon Redshift Multi-AZ is generally available for RA3 clusters

    View full-size slide

  21. Amazon Redshift Multi-AZ is generally available for RA3 clusters

    View full-size slide

  22. Amazon Redshift Multi-AZ is generally available for RA3 clusters

    View full-size slide

  23. Amazon Redshift Multi-AZ is generally available for RA3 clusters

    View full-size slide

  24. Amazon CodeCatalyst に、Power user、Limited access、Reviewer、
    Read only の 4 つの新しいユーザーロールが追加されました。Power
    user はプロジェクトの作成や AWS アカウントの追加ができます。
    Limited access はスペースメンバーのデフォルトロールで、プロジェク
    トの一覧表示ができます。Reviewer は Issue 機能の利用やプルリクエス
    トの承認ができますが、ソースコードやワークフローの変更はできませ
    ん。Read only はリソースの読み取りのみ可能で、作成・更新・削除は
    できません。 これらの新しいロールにより、アクションとプロジェクト
    へのアクセスをより細かくコントロールできるようになりました。
    Announcing new user roles for Amazon CodeCatalyst

    View full-size slide

  25. Announcing new user roles for Amazon CodeCatalyst

    View full-size slide

  26. Announcing new user roles for Amazon CodeCatalyst

    View full-size slide

  27. AWS IAM で最後にアクセスしたアクション情報を確認する機能につい
    て、新たに 60 個の AWS サービスがサポートされました。最後にアク
    セスしたアクション情報を確認することで、使用されていない権限を発
    見し、許可するアクションのみ制限することがやりやすくなります。こ
    のアップデートで、AWS Auto Scaling、Amazon Redshift、Amazon
    Route 53 などのサービスが追加されました。
    AWS IAM action last accessed information for more than 60 additional services

    View full-size slide

  28. AWS IAM action last accessed information for more than 60 additional services

    View full-size slide

  29. AWS Global Accelerator のデュアルスタックアクセラレータの機能を拡
    張し、デュアルスタックの ALB と EC2 に加えて、新たに NLB をサポー
    トしました。デュアルスタックアクセラレータを利用することで、IPv4
    と IPv6 の両方のネットワークトラフィックを、デュアルスタックの設
    定をしている NLB にルーティングできます。Global Accelerator は 2 つ
    の静的な IPv4 アドレスに加えて、2 つの静的な IPv6 アドレスを持ちま
    す。IPv6 を意識した環境を準備しやすくなるアップデートです。
    AWS Global Accelerator extends IPv6 support to dual stack NLB endpoints

    View full-size slide

  30. AWS Global Accelerator extends IPv6 support to dual stack NLB endpoints

    View full-size slide

  31. AWS App Runner でパブリックなエンドポイントを構成する際に、IPv4
    と IPv6 を同時に利用できるデュアルスタック構成をサポートしました。
    IPv4 と IPv6 の両方のクライアントは、App Runner のパブリックエンド
    ポイントに直接アクセスが可能です。なお、プライベートエンドポイン
    トは IPv4 のみサポートしています。パブリックエンドポイントからプ
    ライベートエンドポイントへ設定変更を行うと、IPv6 の通信が出来なく
    なるのでご注意ください。
    AWS App Runner now supports Internet Protocol Version 6 (IPv6) for public inbound
    traffic

    View full-size slide

  32. AWS App Runner now supports Internet Protocol Version 6 (IPv6) for public inbound
    traffic

    View full-size slide

  33. AWS App Runner now supports Internet Protocol Version 6 (IPv6) for public inbound
    traffic

    View full-size slide