Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6

ES6で始めるNode.js / Starting NodeJS Development with ES6

NodeSchool Osaka #36の発表資料です
https://nodejs.connpass.com/event/60303/

D79a0829d09a325462fc9a1462ec503b?s=128

shimataro

July 09, 2017
Tweet

Transcript

  1. ES6で始める NODE.JS 〜注目をあびる優れた開発手法〜 (2017/07/09) 小田島 太郎 / @shimataro NODESCHOOL OSAKA

    #36
  2. 自己紹介 / / / ウェブリオ株式会社所属(京都) 趣味は手品 昨日はBBQでリア充ごっこしてきました 小田島 太郎 shimataro@GitHub

    odashima.taro@Facebook shimataro999@Twitter
  3. この発表について レベル 初級〜中級 キーワード ECMAScript6 (ES6) Babel babel-preset-env

  4. それでは始めます

  5. JAVASCRIPTのつらいところ functionだらけ クラスもfunction コールバックのたびにfunction 非同期処理 流れを追いづらい コールバックのネスト地獄 もっと使いやすくならんかな… もうJavaScriptなんて進化しないよな…

  6. してた。 ECMAScript JavaScriptの規格 現行の「いわゆるJavaScript」はECMAScript5(ES5) ECMAScript6(ES6)ではもっと便利に! 他のAltJS(TypeScript, CoffeeScript, ...)と一線を画す JavaScriptある限りECMAScriptは不滅 ES6の構文を一部取り入れているブラウザもある

  7. ES6の機能 import / export(モジュール) class(クラス定義) let / const(変数・定数) for of

    構文(配列のループ) async / await(非同期処理 ※ES7) テンプレート文字列 アロー演算子 デフォルト引数…などなど。
  8. ES5 VS ES6(モジュール) // ES5 // ただの関数呼び出し? var foo =

    require("foo"); // ただの代入? module.exports = bar; // ES6 // インポートだ! import foo from "foo"; // エクスポートだ! export default bar;
  9. ES5 VS ES6(クラス定義) // ES5 // クラスに見えない function aClass() {

    // コンストラクタ } aClass.prototype.aMethod = function() { // aClassのメソッド } // ES6 // クラスだ! class aClass { constructor() { // コンストラクタ } aMethod() { // aClassのメソッド } }
  10. ES5 VS ES6(変数・定数) // ES5 var variant = 0; function

    foo() { console.log(variant); // undefined(変数巻き上げ) { var CONSTANT = 1; // 変えるなよ!絶対変えるなよ! var variant = 1; } console.log(CONSTANT); // ここでもアクセスできる } // ES6 let variant = 0; function foo() { console.log(variant); // 0 { const CONSTANT = 1; // 変えるとエラー! let variant = 1; } console.log(CONSTANT); // エラー! }
  11. ES5 VS ES6(配列のループ) // ES5 var data = [1, 2,

    3]; for (var i = 0; i < data.length; i++) { var datum = data[i]; console.log(datum * datum); } // ES6 const data = [1, 2, 3]; for (const datum of data) { console.log(datum * datum); }
  12. ES6対応状況(NODE.JS) 最新LTS(バージョン6)ではあらかた対応 バージョンによっては、 "use strict" を指定しないと使 えない機能がある サーバサイドでは古いバージョンを使わざるを得ない場 合がある Ubuntu

    16.04ではバージョン4をサポート
  13. ES6対応状況(ブラウザ) モダンブラウザではある程度対応 ただしブラウザによって差が激しい 誰がアクセスするかわからないウェブサービスで使うの は勇気がいる

  14. 開発時に大混乱 対応状況がバラバラなので… 「この文法ってNode4で対応してたっけ?」 「この文法ってIE9で対応してたっけ?」 「この文法って…」 ⇒開発に直接使うのは現実的ではない

  15. やりたいこと 開発時はES6を使う ES5に変換してブラウザやNode.jsで実行 そんな都合のいいツールなんてあるわけないよな…

  16. あった。 Babel - ES6をES5に変換するツール(トランスパイラ) 由来は旧約聖書に出てくる「バベルの塔」 プラグイン機能 変換する文法を指定できる 変換が必要な文法のみ柔軟に対応できる! ⇒対応状況を気にせずES6で書ける! https://babeljs.io/

  17. PRESET プラグインを1つずつ指定するのは面倒 preset = いくつかのプラグインをまとめたもの babel-preset-es2015: class、for of等 babel-preset-es2017: async/await等

    とりあえず全部のpresetを入れれば動く でもネイティブ対応している文法はそのまま使いたい (特 にNode.jsでは!)
  18. やりたいこと ターゲットが対応していない文法だけ変換してほしい 例1: Node.js 4 例2: IE9以上、Chrome/Firefox最新版 例3: 現在実行中のNode.js そんな都合のいいpresetなんてあるわけないよな…

  19. あった。 を参照して、非対応文法のみ変換 バージョン指定方法が神 現在実行中のNode.jsのバージョン Chromeの最新から2バージョン前 IEのシェア1%以上のバージョン presetはこれさえ覚えておけばOK! 実験的な文法は別途プラグインが必要な場合あり babel-preset-env ES6対応一覧表

  20. 使い方 サンプルコードを用意しました 詳しくは を参照 https://github.com/shimataro/babel-preset-env- sample gulp le.babel.js

  21. 注意 新しい文法はそのままでは使えない場合あり 特定プラグインの有効化・無効化が必要 async / await, static プロパティ等 新しいクラスやメソッドはpoly llが必要な場合あり

    ランタイムライブラリが必要な場合あり ブラウザ向けには 等で1ファイルにまとめる のが一般的 webpack
  22. ES6の拡張子は? .js - 個人的には使いたくない ブラウザに食わせていいものだけ .js にしたい .es - ECMAScriptの正式な拡張子

    あまり浸透していない .es6 - 正式ではないけど割と浸透している バージョン6限定っぽく見える 結論: 好きなの使え
  23. まとめ ES6は便利だよ 対応状況マチマチだから で変換するといいよ が便利だよ ただしいくつか注意することがあるよ 手品に興味があったら声をかけてね! Babel babel-preset-env

  24. ご清聴ありがとうございました