Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

顧客ニーズを捉えたコンテンツの作成と効率的な運用方法 / Identify Content Needs

顧客ニーズを捉えたコンテンツの作成と効率的な運用方法 / Identify Content Needs

・コンテンツマーケティングの効果
・顧客ニーズを捉えたコンテンツの作成方法
・効率的なコンテンツマーケティングのために必要なこと

More Decks by サイトエンジン株式会社

Other Decks in Marketing & SEO

Transcript

  1. 1 顧客ニーズを捉えた コンテンツの作成と効率的な運用方法 サイトエンジン株式会社

  2. 2  コンテンツマーケティングの効果  顧客ニーズを捉えたコンテンツの作成方法  効率的なコンテンツマーケティングのために必 要なこと 資料の流れ

  3. 3 コンテンツマーケティングの効果 コンテンツマーケティングの効果

  4. 4 コンテンツマーケティングの目的 0 100 200 300 400 500 600 2014年

    2015年 2016年 2017年 2018年 日本のSEO市場規模 (億円) ※クロスニフィティ「2016年度版国内SEO市場予測 (2014-2018)」より作成
  5. コンテンツマーケティングの目的 アメリカ企業のSEO市場規模 65億ドル (7150億円) 800億ドル (8兆8000億円) 2016年 2020年 12倍 ※Forbes調査結果より作成

    5
  6. 6 現代では購買に関する意思決定を行う前に 約11個のコンテンツに目を通している コンテンツマーケティングの効果 ※Nielsenの調査結果を参照

  7. 7 コンテンツの 影響度が増加 Web上で商品・サービスを検討する機会が 増えることでコンテンツの重要度が高まる Web上での意 思決定の増加 対面でのやり 取りの減少 在宅勤務

    の増加 コンテンツマーケティングの効果
  8. コンテンツマーケティングの効果 8 ROI:投資した資本に対する利益の割合 リスティング広告など SEO ROI 時間 ROI コンテンツ リスティング

    広告など 時間 時間がかかるが 費用対効果が 高い • 費用をかけた分だけCVが獲得できる • 早ければ広告出稿した日にCVに繋がることも • 広告出稿を停止した瞬間にCVが取れなくなる • 時間が経つにつれ競合が増え、獲得単価が 高くなるリスクがある • 結果がでるまで時間がかかる • コンテンツ量が増えるにつれ、少しずつ成 果に繋がっていく • 上位表示できれば費用をかけずCV獲得し 続ける  コンテンツマーケティング  リスティング広告 ⾧期的な目線で考えると コンテンツマーケティングが効果的
  9. 9 顧客ニーズを捉えたコンテンツ 顧客ニーズを捉えた コンテンツの作成方法

  10. 10  コンテンツ作成のための準備を理解する  コンテンツ作成後の流れを理解する  ノウハウを蓄積する  理想のコンテンツマーケティングから逆算して考える 顧客ニーズを捉えたコンテンツを作成

    するための4つのポイント 顧客ニーズを捉えたコンテンツ
  11. 11 質の高いコンテンツで信頼性を上げるためには ユーザーが何を求めているかを考える オリジナリティがある • 実際に使用したレビュー • 専門家へのインタビュー • 実際に使用した人へのインタビュー

    検索ニーズと合っている • ユーザーが何を意図して検索しているのか • 常にユーザー目線で考える 顧客ニーズを捉えたコンテンツ
  12. 12 •情報ソースへのリンク •著者のプロフィールと、詳細な自己紹介ページへのリンク •著者、著者の所属組織、サイト運営会社の紹介リンク •専門知識があることを示す証拠となる資格,受賞,論文,出版などの履歴 信頼されやすい(強い)情報 信頼されにくい(弱い)情報 外部情報 内部情報 第三者情報

    当事者情報 定量情報 定性情報 直接情報 間接情報 権威者情報 非権威者情報 多サンプル情報 少サンプル情報 その他に信頼性を上げるために含めるとよい情報 顧客ニーズを捉えたコンテンツ
  13. 13 顧客ニーズを捉えたコンテンツを作成する手順 データ解析 ペルソナ作成 カスタマー ジャーニー コンテンツ 作成 顧客ニーズを捉えたコンテンツ

  14. 効果的なペルソナを作るために ・ユーザーにインタビューをしてどんな人が利用 しているのかを知る ・年齢層やアクセスする時間帯、使用デバイスなど メディアのデータを分析する データの集め方 完全に想像でペルソナ設定をしてしまうと… 理想の顧客 現実の顧客 ギャップ

  15. 効果的なペルソナを作るために 顧客ニーズを捉えるためのデータ解析 ・ユーザーにインタビューをしてどんな人が利用 しているのかを知る ・年齢層やアクセスする時間帯、使用デバイスなど メディアのデータを分析する 効果的なペルソナとカスタマー ジャーニーにはデータが必要になる データの集め方

  16. 16 Yahoo! 12% 顧客ニーズを捉えたコンテンツ Instagram 24% Twitter 31% Google 33%

    検索エンジン 45% SNS 55% ※リデル株式会社「最近、検索によく使うサービス」より作成
  17. 効果的なペルソナを作るために Googleの検索以外にも様々な 検索結果をチェックする ・YouTube ・Twitter ・Instagram ・Facebook ・Amazon ・note ・はてなブログ

    ・Yahoo!知恵袋 Google以外の検索方法例
  18. コンテンツを作成した後 コンテンツ 作成 コンテンツ 投稿 効果測定 改善 リライト コンテンツを作成した後の改善が重要です 顧客ニーズを捉えたコンテンツ

  19. コンテンツ作成におけるPDCA チームでPDCAを回していく ディレクター エンジニア デザイナー 編集者 ライター 校正・校閲 担当者 このメンバーだけが

    理解していてもやりきれない ディレクター エンジニア デザイナー 編集者 ライター 校正・校閲 担当者 チーム全体が PDCAサイクル参加 マニュアル化 教育
  20. 効果的なコンテンツ作成に必要なこと 作業内容は感覚的にならない ようできるだけ標準化 複数人が同時平行で作業を進 めた場合でも後工程での修正 が少なくなる 成功ページを再現できるよう にドキュメントを作成 ドキュメントを作成すること で他の人に作業を任せること

    ができるようになります 成功体験を ドキュメント化 マニュアルは標準化し 誰でもわかる内容へ 1 1 2 2 顧客ニーズを捉えたコンテンツ
  21. 21 コンテンツ作成における理想の流れ 半年で60本記事を作る場合、Bの方が良い 1ヶ月 2ヶ月 3ヶ月 4ヶ月 5ヶ月 6ヶ月 A

    10 10 10 10 10 10 B 35 5+リライト 5+リライト 5+リライト 5+リライト 5+リライト 記事作成→効果測定→改善という流れが望ましい 理想の流れから考えると、短期間に記事を大量に作る必要がある。 また、毎月効果測定+リライト+新規記事作成をすることになる。 結果、本格的にコンテンツマーケティングを行うにはリソースが 必要になってくる。 顧客ニーズを捉えたコンテンツ
  22. 22 理想のコンテンツマーケティング ペルソナ作成 カスタマージャーニー作成 コンテンツ作成 データ解析 効果測定 改善・新規コンテンツ作成 属人化しないように マニュアルを作成していく

    なるべく最初に力を入れて 多く記事を作成する 顧客ニーズを捉えたコンテンツ
  23. 23 コンテンツの外注 何を書くべきかわからない SEOを配慮したプランニング クラウドソーシングを使っているがラ イターとのやり取りが煩雑 進行管理のための人員不足 ライターの記事のクオリティーがバラバラ ディレクションの調整不足 すでにコンテンツマーケティングを運用

    作業の工数削減 何をすれば良いかわからない 集客施策の1つとして リスティング広告を運用 その他の施策として
  24. 24  記事を大量に生産することができる  記事の品質の均一化  コンテンツのバリエーションを増やせる  専門性の高い記事が書ける 

    人件費を削減できる  社内のリソースを有効に活用することができる コンテンツの外注
  25. コンテンツの外注 サイトエンジンのライティング

  26. コンテンツの外注 サイトエンジンのコンテンツマーケティング ペルソナ作成 カスタマージャーニー作成 コンテンツ作成 データ解析 効果測定 改善・新規コンテンツ作成 どの工程においても 支援できる体制

  27. お問い合わせ サイトエンジン株式会社 「改善のタネを広める」を企業理念として、2008年からWebマーケティング支援の業務をしている企業 です。 Webサイトを活用した集客・売上アップに課題をお持ちの方は、以下のお問い合わせ用URLよりご連絡く ださい。 https://www.siteengine.co.jp/contact/ 当資料と類似のものをテーマとした無料オンラインセミナーを開催しています。 https://www.siteengine.co.jp/seminar/ 代表

    代表取締役 毛塚智彦 設立 2008年8月4日 事業内容 Webマーケティング支援 コンテンツ制作 WebサイトURL https://www.siteengine.co.jp/