標準インターフェースを使った
アプリケーション開発/phpcon-okinawa-2019

 標準インターフェースを使った
アプリケーション開発/phpcon-okinawa-2019

PHPカンファレンス沖縄2019の登壇資料

フレームワーク使っていますか?
PHPで作るサーバーサイド、ブラウザで動作するWebフロントエンド、どちらの開発においてもフレームワークは開発の効率化(速度や品質)を強力にサポートしてくれます。
でもカンファレンスなどで発表される内容には、〇〇からXXに移行してみた、とかバージョンアップを頑張った、という話が多いなと感じることはないでしょうか?
もちろんフレームワークをまったく使わない開発というのは難しいかもしれません。
そこで標準インターフェースを意識することで少し遠回りになりますが、ライフサイクルの長いサービスのアプリケーションで壊滅的な技術困難を避けられる可能性が高まります。
このセッションでは、現時点で考えられるなかで、なるべくロックインせず効率的に開発するのに役立つ技術要素について紹介します。
サーバーサイド/フロントエンドのアプリケーション開発をしていく上での、1つの気づきになれば幸いです。
- 標準インターフェースとは?
- ライフサイクルの違い
- フレームワークとは
- SQLを意識する
- PHPでPSRを意識する
- Web標準を意識する
- 標準技術とコンポーネントがポータビリティを高める
- サーバーとクライアントの間でインターフェースを明確化する

C4c161ae9eeeed8f161197410f7a228a?s=128

Kenichiro Kishida

October 12, 2019
Tweet