リモートこそ丁寧に

 リモートこそ丁寧に

「リモートでもできるカイゼン・ジャーニープラクティス」で発表したスライドです。
https://devlove.doorkeeper.jp/events/106477

828d8c35d49ece8a6eac9718fefdb563?s=128

sobarecord

May 15, 2020
Tweet

Transcript

  1. リモートこそ丁寧に @ リモートワークでもできる カイゼン・ジャーニー・プラクティス 2020/05/15 #devlove

  2. 渡部 啓太
 @sobarecord
 bit Labs 所属
 チーム設計師
 アジャイルコーチ
 リモート1年生!


  3. お話しすること • プラクティスの話 ◦ 心理的安全性 ◦ ふりかえり • リモートでは、より丁寧に!

  4. お話しすること • プラクティスの話 ◦ 心理的安全性 ◦ ふりかえり • リモートでは、より丁寧に!

  5. プラクティスはリモートでもできる! ポイントは × やりたいこと チームの状態 ツールの選定 ⇒

  6. お話しすること • プラクティスの話 ◦ 心理的安全性 ◦ ふりかえり • リモートでは、より丁寧に!

  7. 心理的安全性 チームの状態が「安全」であることも価値最大化のファクターとなってい るのです。チームの中で反対の意見を言ったりミスをしてしまっても、そ のことで非難されたり評価が下がったりしない場が重要なのです。 カイゼン・ジャーニー 第20話より

  8. 心理的安全性 チームの状態が「安全」であることも価値最大化のファクターとなってい るのです。チームの中で反対の意見を言ったりミスをしてしまっても、そ のことで非難されたり評価が下がったりしない場が重要なのです。 カイゼン・ジャーニー 第20話より 言える ⇒ 非難されないという 2ステップがある

  9. フルリモートのチームに新メンバー!

  10. フルリモートのチームに新メンバー! × 会話しやすい 雰囲気を作る リモートに まだ不慣れ Trelloで 偏愛マップ ⇒

  11. フルリモートのチームに新メンバー! × 会話しやすい 雰囲気を作る リモートに まだ不慣れ Trelloで 偏愛マップ ⇒ •

    お互いの事を知ることはコミュニケーション のしやすさに繋がる ⇒ 全く知らない人には話しかけづらい • お互いの共通項や人となりが知れるように 偏愛マップをやってみた • Trelloは扱いやすいため採用
  12. 偏愛マップ

  13. 偏愛マップ ※全員同席なら紙に描くのがよい

  14. 偏愛マップ ※全員同席なら紙に描くのがよい ※イメージ図

  15. お話しすること • プラクティスの話 ◦ 心理的安全性 ◦ ふりかえり • リモートでは、より丁寧に!

  16. ふりかえり たいていの現場はやることがあふれていて忙しい。毎日が忙しすぎる と、自分たちの手元、すぐ近くしか見えなくなってしまう。結果、客観的に 自分たちのやり方を捉え直す機会が少なくなってしまう。あえて立ち止ま るという考えも、必要な事なのだ。 カイゼン・ジャーニー 第03話より

  17. ふりかえり たいていの現場はやることがあふれていて忙しい。毎日が忙しすぎる と、自分たちの手元、すぐ近くしか見えなくなってしまう。結果、客観的に 自分たちのやり方を捉え直す機会が少なくなってしまう。あえて立ち止ま るという考えも、必要な事なのだ。 カイゼン・ジャーニー 第03話より 立ち止まる事からカイゼンが始まる

  18. 4回目でリモートふりかえり

  19. 4回目でリモートふりかえり × ふりかえりの 習慣を続けたい リモートに まだ不慣れ Trelloで KPT ⇒

  20. 4回目でリモートふりかえり × ふりかえりの 習慣を続けたい リモートに まだ不慣れ Trelloで KPT ⇒ •

    ふりかえりを続けることに意義がある • 1人1PCがない • リモートにも慣れていない • Trelloはスマホでも扱いやすいので採用
  21. KPT

  22. KPT ※イメージ図

  23. KPT Timelineの変わり ※イメージ図

  24. KPT Timelineの変わり 投票も可能 ※イメージ図

  25. チームの現状を俯瞰するふりかえり

  26. チームの現状を俯瞰するふりかえり × チームの現状を 把握したい リモートに 慣れてきた Miroで Sailboat ⇒

  27. チームの現状を俯瞰するふりかえり × チームの現状を 把握したい リモートに 慣れてきた Miroで Sailboat ⇒ •

    リモートで働けてきた • 各種ツールにも慣れてきた • ここらでチームの現状を改めて考えたい • Miroでビジュアル要素を含めたふりかえり
  28. Sailboat ※イメージ図

  29. お話しすること • プラクティスの話 ◦ 心理的安全性 ◦ ふりかえり • リモートでは、より丁寧に!

  30. リモートワークショップでわかったこと

  31. リモートワークショップでわかったこと 丁寧に「準備」しよう!

  32. リモートワークショップでわかったこと 丁寧に「準備」しよう! リモートワークこそ段取り八分!!

  33. なぜならリモートは…

  34. なぜならリモートは… • 意見が多く出る(物理よりハードルが低い?)

  35. なぜならリモートは… • 意見が多く出る(物理よりハードルが低い?) • 話が逸れがち

  36. なぜならリモートは… • 意見が多く出る(物理よりハードルが低い?) • 話が逸れがち • 場の空気が読めない(自分の出している声さえも)

  37. なぜならリモートは… • 意見が多く出る(物理よりハードルが低い?) • 話が逸れがち • 場の空気が読めない(自分の出している声さえも) • 意見を出していない人の検知がしづらい

  38. より丁寧に段取りしましょ!

  39. より丁寧に段取りしましょ! • OARRを定める(目的、アジェンダ、ルール、役割)

  40. より丁寧に段取りしましょ! • OARRを定める(目的、アジェンダ、ルール、役割) • アジェンダ毎に時間を予測する

  41. より丁寧に段取りしましょ! • OARRを定める(目的、アジェンダ、ルール、役割) • アジェンダ毎に時間を予測する • トラブルが合った場合のB案も用意する

  42. より丁寧に段取りしましょ! • OARRを定める(目的、アジェンダ、ルール、役割) • アジェンダ毎に時間を予測する • トラブルが合った場合のB案も用意する • 事前に練習しておく

  43. より丁寧に段取りしましょ! • OARRを定める(目的、アジェンダ、ルール、役割) • アジェンダ毎に時間を予測する • トラブルが合った場合のB案も用意する • 事前に練習しておく

  44. より丁寧に段取りしましょ! • OARRを定める(目的、アジェンダ、ルール、役割) • アジェンダ毎に時間を予測する • トラブルが合った場合のB案も用意する • 事前に練習しておく

  45. 後工程も段取りしましょ!

  46. 後工程も段取りしましょ! • アジェンダ毎に時間を計測しふりかえる

  47. 後工程も段取りしましょ! • アジェンダ毎に時間を計測しふりかえる • フィードバックをもらえるようにする

  48. まとめ

  49. まとめ • プラクティスはリモートでも可能! × やりたいこと チームの状態 ツールの選定 ⇒

  50. まとめ • プラクティスはリモートでも可能! × やりたいこと チームの状態 ツールの選定 ⇒ • その際は丁寧に「準備」しよう!

    段取り八分!!
  51. ありがとうございました! みんなで知見を共有し合いましょう!