Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「考える」考えかたを考えよう

828d8c35d49ece8a6eac9718fefdb563?s=47 sobarecord
November 25, 2020

 「考える」考えかたを考えよう

イベントで使った資料です。

『「考える」考えかた』著者によるお話&実践ワークショップ
https://devlove.doorkeeper.jp/events/113410

828d8c35d49ece8a6eac9718fefdb563?s=128

sobarecord

November 25, 2020
Tweet

Transcript

  1. 『「考える」考えかた』 を考えよう!! @DevLOVE 2020/11/25 #devlove

  2. すみません、今日はワンオペ中です 犬だけに…

  3. 今日のテーマ 拙著の紹介をしつつ、 「考える」ことについて みんなで考えましょう!

  4. 渡部 啓太
 @sobarecord
 NRI bit Labs 所属
 チーム設計師
 アジャイル開発支援


  5. 渡部 啓太
 @sobarecord
 NRI bit Labs 所属
 チーム設計師
 アジャイル開発支援
 みんなが楽しく働ける

    チーム・組織作りを 支援したい!!
  6. 渡部 啓太
 @sobarecord
 NRI bit Labs 所属
 チーム設計師
 アジャイル開発支援
 商業誌

    6/26発売!
  7. ブラックフライデー&サイバーマンデー!

  8. 渡部 啓太
 @sobarecord
 NRI bit Labs 所属
 チーム設計師
 アジャイル開発支援
 9月の新刊!

  9. グランドルール • 質問・コメントいつでもOK! • ワークは基本的に個人作業 • ランダムなグループで共有 ⇒アウトプットすることで学びが深まる のでお互いが協力しあいましょう! ⇒見学OK!名前は「(聞き専)◦◦」で!

  10. グランドルール • 明るく! • 楽しく! • 元気よく!

  11. アジェンダ!

  12. アジェンダ! 「考える」考えかたに沿って 僕の「考える」考えかたが 型となった過程を追体験しつつ みなさんの「考える」考えかた を考えていこう!

  13. アジェンダ! ▼今日のゴール▼ みなさんの「考える」考え かたを発見!

  14. そもそもどんな本? ▪ 本当に「考える」ためのプロセスである「考える」考えかたを紹介する本

  15. そもそもどんな本? ▪ 本当に「考える」ためのプロセスである「考える」考えかたを紹介する本 ▪ 「考える」考えかたは3つのステップで成り立つ ① 考える枠を決める ② 課題を特定する ③

    解法を特定する
  16. そもそもどんな本? ▪ 本当に「考える」ためのプロセスである「考える」考えかたを紹介する本 ▪ 「考える」考えかたは3つのステップで成り立つ ① 考える枠を決める ② 課題を特定する ③

    解法を特定する ▪ 各ステップに状況に合わ せたプラクティスをあて はめていく
  17. 「考える」考えかたの例 ▪ 本書ではチーム・シンキングという架空のチームが例として出てきます ▪ チーム・シンキングとは… ・新しいスマートフォンアプリを開発するチーム ・半年前からチームを組んでいる ・三ヶ月後にアプリを市場リリースするのが目標

  18. 「① 考える枠を決める」の例 「チームを良くするアイデアを出そう!」 ← SMARTを使って目指す状態を明確化 「『3ヶ月後に新規アプリを市場リリースする』 というチームの目標を達成できるチーム体制を 構築したい。そのためのアイデアを出そう!」 SMART *

    Specific (具体的) * Measurable (達成を事実で判断できる) * ActionOriented(アクションに落とせる) * Relevant (意義が明確) * Time-Limited (期限が明確)
  19. 「②課題を特定する」の例 ▪ 「事実/感情」、「Good/Bad」の マトリクスで事実を洗い出す ▪ Badに注目し、「コミュニケーショ ン不全」という課題を特定

  20. 「③解法を特定する」の例 ▪ ボックスチャレンジで課題解決案をあげ、ペイオフマトリクスにマッピング

  21. 伝えたいメッセージ • あくまでこれは僕が「考える」ために作ったもの • スポーツでも一人一人フォームが違うように、自分の型を探す参考やきっかけにし ていただけると嬉しいです

  22. アジェンダ! ▼今日のゴール(再掲) みなさんの「考える」考え かたを発見!

  23. アジェンダ! 考えるって なんだろう?

  24. なぜ本を書いたのか? ▪ 考えられない経験をしたのがきっかけ ⇒ とある研修で「お昼休憩を何分取るか?」が決められなかった

  25. なぜ本を書いたのか? ▪ 考えられない経験をしたのがきっかけ ⇒ とある研修で「お昼休憩を何分取るか?」が決められなかった あなたたちは 考えているふりを しているだけなのでは? ※イメージ

  26. 考えるって何なんだ?!

  27. 考えるとは何かを考えよう! • 自分のフレームに書いてみよう! ◦ 5分 • 自分が考えた事をグループに共有しよう! ◦ 5分 ▼ルール

    • URLにアクセスして自分のフレームを決める • 決めたら名前の付箋を左上に置く • 共有するときは画面共有 or フレームを案内 • アクセスできない人はお手元のメモで OK • 指名をしたりしないので、自分の考えを深める時 間にして欲しいと思っています
  28. 僕もいろいろ考えました うまくいったワークショップを思い出したり…

  29. 僕もいろいろ考えました 本を読んだり、読み返したり…

  30. 僕もいろいろ考えました 広辞苑で言葉の定義を調べてみたりしました 考える ①実情を調べただす。吟味する。 ②糺明して罪する。勘当する。 ③思考をめぐらす。あれこれと思量し、事を明らかにする。思案する。 ④易などによって事を判断する。 ⑤学ぶ、学習する。 --- 『広辞苑

    第五版』より ---
  31. 僕もいろいろ考えました 広辞苑で言葉の定義を調べてみたりしました 考える ①実情を調べただす。吟味する。 ②糺明して罪する。勘当する。 ③思考をめぐらす。あれこれと思量し、事を明らかにする。思案する。 ④易などによって事を判断する。 ⑤学ぶ、学習する。 --- 『広辞苑

    第五版』より ---
  32. 「発散と収束」 なのかなぁ

  33. アジェンダ! 自分の「考える」って何 点?その理由は?

  34. 自分が考えているか点数を付けよう! • 見えてきた「考える」に点数を付けよう! • 理由も添えて書いてみよう! ◦ 3分

  35. 多分、僕は50点 • 発散と収束はできている気がする • 一方、目的が達成されていない感じがある (お 昼休みの時間が決められなかったしなぁ)

  36. アジェンダ! 「考える」ことが うまくいったときはどん なとき?

  37. でも、いい感じにできたこともあった • チームでのふりかえり • インセプションデッキ作成 • 自分のキャリア

  38. いい感じに考えられたのはどんなとき? • うまくいったときのことを思いだそう! • その成功の要因を書き出してみよう! ◦ 5分 • 自分の成功要因を説明してみよう! ◦

    8分
  39. 「目的」があるといい感じだった • チームでのふりかえり • インセプションデッキ作成 • 自分のキャリア

  40. 「目的」があるといい感じだった • チームでのふりかえり • インセプションデッキ作成 • 自分のキャリア 個人、相互作用、プロセ ス、ツール、完成の定義 における検査

  41. 「目的」があるといい感じだった • チームでのふりかえり • インセプションデッキ作成 • 自分のキャリア 明確に10個の問いが 定義されている

  42. 「目的」があるといい感じだった • チームでのふりかえり • インセプションデッキ作成 • 自分のキャリア 自分のラベルが強化 されるように進む

  43. アジェンダ! 自分がうまく 「考える」ことが できる「考えかた」 を考えよう

  44. なるほど、目的があればいいのか… ▪ というわけで発散と収束と目的を合わせたものができた ▪ この型にいろいろなプラクティスやフレームワークをはめ込んでいく

  45. 本文で紹介した具体例 • キャリアを考える • チームでのふりかえり • 研究テーマ出しワークショップ • 「普通」の会議

  46. 成功要因を「型」にしてみよう • うまくいく「考えかた」を可視化しよう! • この場では直感でもOK! ◦ 5分 • 自分の「型」を説明してみよう! ◦

    8分
  47. 自分の型はみつかりましたか? 見つかった方はそれをベースに、 見つからなかった方は僕の考えかたや 他の考えかたをベースに考えていけると いいなと思います。

  48. ありがとうございました! 拙著があなたの「考える」手助けに なれば幸いです。 考える考えかた