チーム作りのMOTTAINAI ~機会を逃さないチームビルディング~

828d8c35d49ece8a6eac9718fefdb563?s=47 sobarecord
September 26, 2019

チーム作りのMOTTAINAI ~機会を逃さないチームビルディング~

DevLOVEでの登壇資料です。
日常に潜むチーム作りのMOTTAINAI事例、なぜMOTTAINAIのか?、その解消方法についてという内容です。

チームビルディングへの招待
https://devlove.doorkeeper.jp/events/96167

828d8c35d49ece8a6eac9718fefdb563?s=128

sobarecord

September 26, 2019
Tweet

Transcript

  1. 〜機会を逃さないチームビルディング〜 2019/09/26 #devlove

  2. 渡部 啓太 @sobarecord • チーム設計師 • NRI / bit Labs

    • アジャイルコーチ • 『チームが知るべき37のこと』 著者 100部 突破!
  3. ▪MOTTAINAI事例 ▪なぜMOTTAINAIのか? ▪MOTTAINAIを無くすには 3

  4. ▪MOTTAINAI事例 ▪なぜMOTTAINAIのか? ▪MOTTAINAIを無くすには 4

  5. こんなことが あったんです

  6. 6

  7. 自己紹介をしつつ経歴や趣味の話などを話し、 和気あいあいと盛り上がった帰り道。 自宅が遠いので「お先に失礼します!」と 帰ろうとしたときに後ろから… 7

  8. 自己紹介をしつつ経歴や趣味の話などを話し、 和気あいあいと盛り上がった帰り道。 自宅が遠いので「お先に失礼します!」と 帰ろうとしたときに後ろから… おい、渡部! 次行くぞ~!! 8

  9. MOTTAINAI!

  10. ▪いきなりため口 ▪呼び捨てをする ▪あいさつをしない おい、渡部! 次行くぞ~!! 10

  11. 11

  12. 自分も中堅と言われる年齢となった。 今度所属するチームは若い人が多いそうなので、 今までの経験を活かしてチームをリードして いかないとなと思いつつ、朝会に出席すると… 12

  13. 自分も中堅と言われる年齢となった。 今度所属するチームは若い人が多いそうなので、 今までの経験を活かしてチームをリードして いかないとなと思いつつ、朝会に出席すると… この人は渡部さんね。 はい、よろしく~ 解散! 13

  14. MOTTAINAI!

  15. ▪自己紹介の時間を作らない ▪お互いの仕事・内面を何も知らない ▪ランチに行っても話題がない この人は渡部さんね。 はい、よろしく~ 解散! 15

  16. 16

  17. チームの方針が変わり、2つあったチームを1つ にして開発に臨むこととなった。プロダクト自 体の方向性が変わったため、開発を加速してい くためだ。変わったといっても既存のプロダク トの延長線上にはあるのでなんとかなるだろう と思っていたら、環境準備やプロダクトへの認 識齟齬が沢山あって立ち上がりに1ヶ月かかって しまった…ステークホルダーはカンカンだ… 17

  18. チームの方針が変わり、2つあったチームを1つ にして開発に臨むこととなった。プロダクト自 体の方向性が変わったため、開発を加速してい くためだ。変わったといっても既存のプロダク トの延長線上にはあるのでなんとかなるだろう と思っていたら、環境準備やプロダクトへの認 識齟齬が沢山あって立ち上がりに1ヶ月かかって しまった…ステークホルダーはカンカンだ… 18 とにかく作れ!

    エンジニアだろ!!
  19. MOTTAINAI!

  20. ▪状況が変わったのに認識あわせしない ▪インセプションデッキに埃がかぶっている ▪Whyを話し合う場が無い とにかく作れ! エンジニアだろ!! 20

  21. ▪MOTTAINAI事例 ▪なぜMOTTAINAIのか? ▪MOTTAINAIを無くすには 21

  22. そうは言っても、 MOTTAINAI と言うほどのこと? 22

  23. 言うよ!

  24. 効率が悪いから MOTTAINAI んだよ!

  25. 25

  26. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 26
  27. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 27
  28. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 28
  29. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 29
  30. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 30
  31. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 31
  32. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 32
  33. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! 33
  34. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! // こうでしょ! num = (1+50) * 50 / 2; 34
  35. 「初項1、末項50、項数50の等差数列の和は?」 int num = 0; num = num + 1;

    num = num + 2; num = num + 3; num = num + 4; … num = num + 50; // 項数が増えたら足してね! // こうでしょ! num = (1+50) * 50 / 2; チームも 効率良く!! 35
  36. ▪いきなりため口 ▪あいさつをしない ▪呼び捨てをする おい、渡部! 次行くぞ~!! 感じを良くするほうが 効率が良い 36

  37. 無作法で、日常的なタスクや創造的なタスクで見物人のパフォーマンスが低下する https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0749597809000041 37

  38. 無作法で、日常的なタスクや創造的なタスクで見物人のパフォーマンスが低下する https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0749597809000041 失礼な態度はチームの パフォーマンスも 下げると言える 38

  39. ▪自己紹介の時間を作らない ▪お互いの内面を何も知らない ▪ランチに行っても話題がない この人は渡部さんね。 はい、よろしく~ お互いを知るほうが 効率が良い 39

  40. 40

  41. Google re:Work - ガイド: 「効果的なチームとは何か」を知る https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team- effectiveness/steps/identify-dynamics-of-effective-teams/ 41

  42. Google re:Work - ガイド: 「効果的なチームとは何か」を知る https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team- effectiveness/steps/identify-dynamics-of-effective-teams/ • 仲良くなる •

    相互理解をする という層がある 42
  43. 43

  44. • 初対面同士でチームを 組んで活動する • ボランティア慣れしている 人が多くスムーズだった • ワークショップ慣れしてい る人なら同じようにいける のでは?

    44
  45. • 初対面同士でチームを 組んで活動する • ボランティア慣れしている 人が多くスムーズだった • ワークショップ慣れしてい る人なら同じようにいける のでは?

    45
  46. • 初対面同士でチームを 組んで活動する • ボランティア慣れしている 人が多くスムーズだった • ワークショップ慣れしてい る人なら同じようにいける のでは?

    • 目的 • コンテキスト • 価値観 が理解できるから 46
  47. • 初対面同士でチームを 組んで活動する • ボランティア慣れしている 人が多くスムーズだった • ワークショップ慣れしてい る人なら同じようにいける のでは?

    47
  48. • 初対面同士でチームを 組んで活動する • ボランティア慣れしている 人が多くスムーズだった • ワークショップ慣れしてい る人なら同じようにいける のでは?

    • 自分の考えを話す • 相手を理解しようとする • 相手に共感する という回数が多いから 48
  49. • 初対面同士でチームを 組んで活動する • ボランティア慣れしている 人が多くスムーズだった • ワークショップ慣れしてい る人なら同じようにいける のでは?

    • 自分の考えを話す • 相手を理解しようとする • 相手に共感する という回数が多いから チームを組むことはスキルという面もある 49
  50. Google re:Work - ガイド: 「効果的なチームとは何か」を知る https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team- effectiveness/steps/identify-dynamics-of-effective-teams/ • 仲良くなる •

    相互理解をする という層がある 50
  51. Google re:Work - ガイド: 「効果的なチームとは何か」を知る https://rework.withgoogle.com/jp/guides/understanding-team- effectiveness/steps/identify-dynamics-of-effective-teams/ • 仲良くなる •

    相互理解をする という層がある チームを組み、コミュニケー ションの回数を増やしていき、 相互理解を進めていく過程 51
  52. ▪状況が変わったのに認識あわせしない ▪インセプションデッキに埃がかぶっている ▪Whyを話し合う場が無い とにかく作れ! エンジニアだろ!! 方向を合わせたほうが 効率が良い 52

  53. 53

  54. 「組織のすべての人間におなじ方向を 向かせることができれば、どの業界で も、どの市場でも、どんな競争相手に 対しても、どんなときでも、圧倒的な 優位に立てる」 「あなたのチームは、機能してますか?」より抜粋 54

  55. 55

  56. 56

  57. 同じ方向なら 1+1が2になる! 57

  58. 同じ方向なら 1+1が2になる! 全てのチームビルディングは 方向を合わせるため!! 58

  59. 良いことだらけ!

  60. チームビルディング 待ったなし!

  61. ▪MOTTAINAI事例 ▪なぜMOTTAINAIのか? ▪MOTTAINAIを無くすには 61

  62. 話はわかるんだけど、 ワークショップとか やるんでしょ?そんな 時間なんて無いよ 62

  63. この場でも できますよ!!

  64. 「Moving Motivators」https://management30.com/practice/moving-motivators/ Management3.0 『Moving Motivators』 64

  65. 「Moving Motivators」https://management30.com/practice/moving-motivators/ どんなときにモチベーションが高まるか? ピンときたものを直感で最大3つ選ぼう! 65

  66. 「Moving Motivators」https://management30.com/practice/moving-motivators/ 66 選んだカードとその理由を共有しよう!

  67. 67

  68. ▪僕の話が始まった時と比べて隣の人の印象 はいかがでしょうか? チームメンバーとも同じように話しをして みたいと思いましたか? 68

  69. ▪僕の話が始まった時と比べて隣の人の印象 はいかがでしょうか? ▪チームメンバーとも同じように話しをして みたいと思いましたか? 69

  70. ▪僕の話が始まった時と比べて隣の人の印象 はいかがでしょうか? ▪チームメンバーとも同じように話しをして みたいと思いましたか? チームビルディングは 数分から始められる! 70

  71. まとめ

  72. ▪感じを良くする方が効率が良い ▪お互いを知る方が効率が良い ▪方向を合わせた方が効率が良い 72

  73. ▪感じを良くする方が効率が良い ▪お互いを知る方が効率が良い ▪方向を合わせた方が効率が良い 小さなことから コツコツと 73

  74. ▪あいさつする ▪目を合わせて話す ▪自己紹介をする ▪雑談をする ▪チームや仕事について語る 74

  75. チームを良くしたい人の 背中を押す一冊! 気になるという方は お声がけ下さい!! 75