やさしさとその先へ

 やさしさとその先へ

「やさしくなりたい〜いちばんやさしいアジャイル開発の教本読者の会」で発表したスライドです。

https://devlove.doorkeeper.jp/events/107113

828d8c35d49ece8a6eac9718fefdb563?s=128

sobarecord

June 12, 2020
Tweet

Transcript

  1. やさしさとその先へ @ やさしくなりたい いちばんやさしいアジャイル開発の教本 読者の会 2020/06/12 #devlove

  2. 渡部 啓太
 @sobarecord
 bit Labs 所属
 チーム設計師
 アジャイルコーチ
 商業版 制作中!

  3. お話しすること • 3つのやさしさ ◦ いろいろなロールにやさしい! ◦ 日本人にやさしい! ◦ 一歩目にも二歩目にもやさしい! •

    やさしさとその先へ
  4. お話しすること • 3つのやさしさ ◦ いろいろなロールにやさしい! ◦ 日本人にやさしい! ◦ 一歩目にも二歩目にもやさしい! •

    やさしさとその先へ
  5. いろいろなロールにやさしい!

  6. いろいろなロールにやさしい! • 読みやすいのはDev、SM以外のレビュアー効果?

  7. いろいろなロールにやさしい! • 読みやすいのはDev、SM以外のレビュアー効果? • ビジネスな人が読んでもいい ⇒ 「Chapter1、2」

  8. いろいろなロールにやさしい! • 読みやすいのはDev、SM以外のレビュアー効果? • ビジネスな人が読んでもいい ⇒ 「Chapter1、2」 • 逆にDevもなかなかアジャイルの価値はわからない

  9. いろいろなロールにやさしい! • 読みやすいのはDev、SM以外のレビュアー効果? • ビジネスな人が読んでもいい ⇒ 「Chapter1、2」 • 逆にDevもなかなかアジャイルの価値はわからない ◦

    なぜ?をわからずやる人も多い ◦ 早くてやすいと思っていたけど文書かくし設計する ◦ whyわからないと判断間違う
  10. いろいろなロールにやさしい! • 読みやすいのはDev、SM以外のレビュアー効果? • ビジネスな人が読んでもいい ⇒ 「Chapter1、2」 • 逆にDevもなかなかアジャイルの価値はわからない ◦

    なぜ?をわからずやる人も多い ◦ 早くてやすいと思っていたけど文書かくし設計する ◦ whyわからないと判断間違う
  11. 日本人にやさしい!

  12. 日本人にやさしい! • 日本の事例というのが強い

  13. 日本人にやさしい! • 日本の事例というのが強い ◦ 話は少しズレるけど日本の会議を変えるなら日本の人の本

  14. 会議に費やす3万時間を変える本 実践しやすい

  15. 日本人にやさしい! • 日本の事例というのが強い ◦ 話は少しズレるけど日本の会議を変えるなら日本の人の本 ◦ 原因と対策はコンテキストによる

  16. 日本人にやさしい! • 日本の事例というのが強い ◦ 話は少しズレるけど日本の会議を変えるなら日本の人の本 ◦ 原因と対策はコンテキストによる • 日本の現場でやり続けた人が書いている ◦

    マクドナルドのことは実際に食べてる人にしかわからない
  17. 日本人にやさしい! • 日本の事例というのが強い ◦ 話は少しズレるけど日本の会議を変えるなら日本の人の本 ◦ 原因と対策はコンテキストによる • 日本の現場でやり続けた人が書いている ◦

    マクドナルドのことは実際に食べてる人にしかわからない • 契約面なんてまさにそう ⇒ 「参考文献」 ◦ 今までの日本の現場の話も入っている
  18. 日本人にやさしい! • 日本の事例というのが強い ◦ 話は少しズレるけど日本の会議を変えるなら日本の人の本 ◦ 原因と対策はコンテキストによる • 日本の現場でやり続けた人が書いている ◦

    マクドナルドのことは実際に食べてる人にしかわからない • 契約面なんてまさにそう ⇒ 「参考文献」 ◦ 今までの日本の現場の話も入っている
  19. 一歩目にも二歩目にもやさしい!

  20. 一歩目にも二歩目にもやさしい! • 「チームもインクリメンタルに作られる」

  21. 一歩目にも二歩目にもやさしい! • 「チームもインクリメンタルに作られる」 • いきなりアジャイルチームになれるわけない ⇒ 「Lesson 35」

  22. 一歩目にも二歩目にもやさしい! • 「チームもインクリメンタルに作られる」 • いきなりアジャイルチームになれるわけない ⇒ 「Lesson 35」 • 習慣化する、効果が出なくてもあきらめない

    ⇒ 「Lesson 42」
  23. 一歩目にも二歩目にもやさしい! • 「チームもインクリメンタルに作られる」 • いきなりアジャイルチームになれるわけない ⇒ 「Lesson 35」 • 習慣化する、効果が出なくてもあきらめない

    ⇒ 「Lesson 42」 • 始めの二歩目もカバー ⇒ 「Chapter 6」 ◦ 停滞やマンネリは確実に来る ◦ 失敗や停滞は伸びしろがあるという証
  24. 一歩目にも二歩目にもやさしい! • 「チームもインクリメンタルに作られる」 • いきなりアジャイルチームになれるわけない ⇒ 「Lesson 35」 • 習慣化する、効果が出なくてもあきらめない

    ⇒ 「Lesson 42」 • 始めの二歩目もカバー ⇒ 「Chapter 6」 ◦ 停滞やマンネリは確実に来る ◦ 失敗や停滞は伸びしろがあるという証
  25. お話しすること • 3つのやさしさ ◦ いろいろなロールにやさしい! ◦ 日本人にやさしい! ◦ 一歩目にも二歩目にもやさしい! •

    やさしさとその先へ
  26. None
  27. めちゃくちゃきびしい 従来型開発の現場

  28. None
  29. やさしさの先は ジャングルだ!

  30. やさしさの先は ジャングルだ! ジャングルに立ち向かうために おすすめできる本

  31. 本で仲間を増やして立ち向かえ!

  32. 本で仲間を増やして立ち向かえ! A B C 同じ長さの 棒はどれ?

  33. 本で仲間を増やして立ち向かえ! B A B C 同じ長さの 棒はどれ?

  34. 本で仲間を増やして立ち向かえ! A A A A A A A A B

    C 同じ長さの 棒はどれ?
  35. 本で仲間を増やして立ち向かえ! A A A A A A A A B

    C 同じ長さの 棒はどれ? 他の人全員が誤った回答をした場合、 誤答率は32% (アッシュの同調行動実験)
  36. 本で仲間を増やして立ち向かえ! A A A A A B B A B

    C 同じ長さの 棒はどれ?
  37. 本で仲間を増やして立ち向かえ! A A A A A B B A B

    C 同じ長さの 棒はどれ? 他のひとりが正しい回答をした場合、 誤答率は5.5% (アッシュの同調行動実験)
  38. 本で仲間を増やして立ち向かえ! B A A A A B B A B

    C 同じ長さの 棒はどれ?
  39. 本で仲間を増やして立ち向かえ! B B A A A B B A B

    C 同じ長さの 棒はどれ?
  40. まとめ • ジャングルに踏み出すお供になる本! • 仲間を増やしてがんばろう!

  41. まとめ • ジャングルに踏み出すお供になる本! • 仲間を増やしてがんばろう! ああ、よかった。 こういう本がなかったんですよね。

  42. まとめ • ジャングルに踏み出すお供になる本! • 仲間を増やしてがんばろう!

  43. ありがとうございました! 良きジャングルライフを!