Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Elastic TRIFECTA

stormcat24
December 23, 2016

Elastic TRIFECTA

2016/12/23 ウマナリティクス #2

stormcat24

December 23, 2016
Tweet

More Decks by stormcat24

Other Decks in Programming

Transcript

  1. Elastic TRIFECTA
    2016.12.23 Umanalytics #2
    @stormcat24

    View full-size slide

  2. ‣ CyberAgent, Inc.
    ‣ FRESH! (https://freshlive.tv)
    ‣ Technical Engineer
    ‣ DevOps Comedian
    ‣ AWS Summit 2016 Speaker
    ‣ ElasticなAWSサービス群と戯れています
    stormcat24
    Profile(Engineer)

    View full-size slide

  3. ‣ 競馬歴は20年以上
    ‣ 昔JV-LinkのJavaのラッパー書いてた
    ‣ 大学は栗東TCの隣町
    ‣ GIのときは京都・阪神でも一眼持って遠征
    ‣ 基本3連単で生きてるひと
    ‣ サンデーサイレンス系の行く末を憂う今日この頃
    stormcat24
    Profile()

    View full-size slide

  4. データサイエンス要素はありません( ー`дー´)

    View full-size slide

  5. ここ数年の回収率は300〜800%くらいです

    View full-size slide

  6. そんな私の馬券の流儀をご紹介します

    View full-size slide

  7. TRIFECTA
    (tráifèktə)[名詞]
    ・偶然3つのものが一度に起こること
    ・公営ギャンブルにおける三連勝単式(つまり3連単)

    View full-size slide

  8. 3連単といえば
    ‣ 配当はおいしい
    ‣ 難しい
    ‣ つらい
    ‣ 点数増えがち
    ‣ マルチ買いという麻薬

    View full-size slide

  9. 3連単買う理由
    ‣ 10万〜50万の配当って気持ちいい
    ‣ 的中率低くても、一撃で年間収支プラスに持っていけるインパクト
    ‣ そのうち数百万配当来るんじゃないかという淡い期待

    View full-size slide

  10. 基本的な買い方
    3連単1着軸ボックス

    View full-size slide

  11. 3連単1着固定ボックス
    ‣ シンプルに勝ち馬を1点的中させることに集中する
    ‣ 2,3着ボックスの対象は基本6(30点)、7頭(42点)
    ‣ 6頭枠があれば、人気薄もそこそこ入れやすい
    ‣ 10万以上の配当狙ってナンボ
    ‣ 紐荒れを期待した買い方

    View full-size slide

  12. 投資効率
    ‣ 週一回30点買いやっていくとすると、年間約150,000円の投資額
    ‣ まあ年1回くらいは10万超えの馬券取れますよね?
    ‣ 某AKBアイドルの3連単5頭ボックスってどうなの
    ‣ まあ1着軸よりは当たりますよね
    ‣ ただ、トリガミも多い
    ‣ 60点、週一でやると300,000円かかる
    ‣ 当てることが目的になりやすくなるので、紐であまり遊べない

    View full-size slide

  13. 1着選び
    ‣ 勝つと思う馬を選ぶ
    ‣ 紐荒れ狙いのため、割りと人気サイドに寄りがちにはなる
    ‣ サウンズオブアースみたいな善戦タイプは選びづらい

    View full-size slide

  14. 2,3着(紐)選び
    ‣ 過去の実績におけるレースレベルと力関係を重視
    ‣ 二桁人気の人気薄でも、実力馬と肉薄してることもある(人気の盲点)
    ‣ 実力馬とのタイム差に注目
    ‣ サウンズオブアースとか超選びやすい

    View full-size slide

  15. 人気の盲点のあぶりだし

    とある準OPのレース
    1人気
    ・・・
    OP馬
    タイム差で
    肉薄経験あり
    (ワンチャンあり!)
    10人気


    View full-size slide

  16. 人気は人が決めること、かならず盲点がある

    View full-size slide

  17. 盲点探し、いい加減自動化していきたい

    View full-size slide

  18. 自動化の機運(まだまだWIP)
    ‣ AWSのマネージドサービスも充実してるし色々作りたくなった
    ‣ プロダクト名Elastic TRIFECTA(構想中)
    ‣ AWSのElasticなもので作ってく

    View full-size slide

  19. JVLink
    ‣ JRAのレースデータを取ってくるJRA-VANのアレ
    ‣ 昔、JNIを使ってJavaからJVLinkにアクセスするライブラリを作った
    ‣ JV-Beans
    ‣ https://github.com/stormcat24/jv-beans-core
    ‣ ずっと放置してたけど、せっかく作ったので活用していきたい
    ‣ しかし、Windowsが必要

    View full-size slide

  20. しかしWindowsが必要だ
    ‣ マカーなのでWindows持ってないです
    ‣ EC2でもWindowsのAMIがあるので可能
    ‣ でもサーバ管理したくない、Docker芸人としてはつらい
    ‣ LambdaでC#という手法もある(未検証)

    View full-size slide

  21. 祝Windowsコンテナサポート

    View full-size slide

  22. 使い方
    ‣ Windows Server 2016 Base with Containers AMIを使う
    ‣ コンテナ化で運用は楽になりそう
    ‣ DLLとアプリケーションをコンテナ化してデプロイ
    ‣ JVLinkから定期的にデータを取ってくるジョブワーカーをつくる

    View full-size slide

  23. Amazon S3+Amazon Athena
    ‣ JVLinkから取得したデータをTSVにしてS3に保存する
    ‣ Amazon AthenaはS3に置いたデータをクエリを使って、欲しい結果を
    抽出することができる
    ‣ EMRのようにクラスタを用意しなくていいので気楽
    ‣ Athenaクエリだけで厳しいものは、中間のデータストアに溜めたりする

    View full-size slide

  24. API Gateway + Lambda
    ‣ Webやアプリ化はしないで、Slackのカスタムコマンドをつくる
    ‣ SlackあればPCからでもスマホからでも使える
    ‣ Slack -> API Gateway -> Lambda -> Athenaみたいな使い方
    ‣ 個人的3連単指標を通知してくれるようにする
    ※←は開発中のものです

    View full-size slide

  25. 自分で必要な指標得るための努力

    View full-size slide

  26. まとめ
    ‣ 自分の中で絶対的ルールを設けて、根気よく継続していきましょう
    ‣ 狙うレースをちゃんと見定め、人気の盲点を見つける
    ‣ 自分が重視する指標を確立するのが大事
    ‣ クラウドの時代、競馬データやリソースを活用してどんどん作っていきま
    しょう
    ‣ 来年はDevOpsならぬ、UmaOpsがんばります

    View full-size slide