Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

IBM Developer Dojoにみるオンラインコミュニティの歩き方

IBM Developer Dojoにみるオンラインコミュニティの歩き方

本資料は2020/08/26開催のDevRel/Community Meetupでの登壇資料です。

57c9c4b846c73c911cbf795d211904f3?s=128

Taiji HAGINO

August 26, 2020
Tweet

Transcript

  1. Taiji Hagino Sr. Developer Advocate IBM Champion Program Regional Director

    IBM Lecturer Tsukuba University @taiponrock IBM Deverloper Dojoにみる オンラインコミュニティの歩き⽅
  2. 萩野 たいじ Sr. Developer Advocate IBM Champion Program Regional Director

    IBM 特別⾮常勤講師 筑波⼤学 @taiponrock Please follow me! Node-RED/Node.js, Swift, Hyperledger Fabric, Functions 著書: はじめてのNode-RED, Node-RED活⽤マニュアル, DevRel Q&A 連載: ⽉間I/O (Node-RED programming)
  3. 主なIBM関連のコミュニティ TJBot User Group Japan IBM Middleware User Community (JIMUC)

    IBM Cloud Users Group (BMXUG) Node-RED UG ⽔曜ワトソンカフェ Kabanero Meetup TJBot Fan IBM⾒習い隊 UOS 愛徳会 ユーザー研究会 → IBM Community Japan
  4. IBM Cloud Users Group (BMXUG)

  5. IBM Community Japan (ICJ)

  6. IBM Developer Dojo

  7. IBM Developer Dojoプログラム例 7

  8. IBMが主導するコミュニティでのエンゲージメント • ユーザーを増やすこと • ファンを増やすこと その中でもDeveloper Dojoは開発者へフォーカス どのようにしたらオンラインでもそれができるのか︖

  9. Contents

  10. Dojoで実施するContents ハンズオンオンラインワークショップ チャット配信 セミナー オフィスアワー in Japan/with Global など、なんでも︕

  11. None
  12. None
  13. None
  14. None
  15. Motivation

  16. 社員と⼀般参加者を分ける理由

  17. デジタルバッジ取得プログラム

  18. 全世界へのエンゲージメント

  19. Development & Support

  20. オンラインプラットフォーム 会議参加型 Webex 配信型 IBM Video Streaming (Watson Media) 参加者

    参 加 者 主催者
  21. リアルタイムコミュニケーション アンケート、Q&A Slido.com

  22. イベント外でのコミュニケーション サポート、参加 者同⼠のコミュ ニケーション Slack

  23. CONCLUTIONS

  24. Conclusion 1. デジタルならではのコンテンツを考える 2. コミュニティに参加するモチベーションを⾼める施策 3. 開発ファーストでのコミュニティ 4. 技術的なサポートはやはり必要

  25. IBM Developer Dojoへ参加してみよう︕ https://ibm-developer.connpass.com/

  26. None