Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

UI/UXが無意識に検索行動に与える影響について

 UI/UXが無意識に検索行動に与える影響について

検索技術勉強会「Search Engineering Tech Talk #1」でお話した内容です。

株式会社メルカリ
Tairo Moriyama(森山 大朗)
https://twitter.com/tairo

63f1f9fb5bdacf4b768cdf42cd38c12b?s=128

Tairo Moriyama

February 26, 2019
Tweet

More Decks by Tairo Moriyama

Other Decks in Technology

Transcript

  1. Search Engineering Tech Talk #1 UI/UXが無意識に検索行動に 与える影響について Director of Search

    Engineering Tairo Moriyama (twitter : @tairo)
  2. メルカリについて

  3. メルペイ出ました!ぜひ使ってみてください。

  4. 自己紹介 Tairo Moriyama(@tairo) ・メルカリ検索チームの責任者 ・前職では求人検索アプリをゼロから立ち上げ ・検索エンジニアとして検索精度の改善に熱中 ・NLPやMLを活用した新機能の開発が得意 ・データの力を使ってお客さまに喜んでもらえるのが快感

  5. 絶賛ダイエット中 2018年10月 体重73.8% 体脂肪率23.5% 2019年2月 体重65.3% 体脂肪率17.3%

  6. 本日お伝えしたいこと ① メルカリの検索チームが面白くなってきてます ② Sold商品を検索結果に表示するのは理由があります ③ 情報検索(Google等)とメルカリ検索は検索改善の 考え方がちょっと違うかもしれません

  7. ①メルカリの検索チームが面白くなってきてます

  8. メルカリのSearch Engineering Team

  9. メルカリのSearch Engineering Team 「Apache Solr入門」の共著者 6名のうち半数がチームに参画

  10. メルカリのSearch Engineering Team Search Algorithm Engineer : - Akira Ishino

    石野 明 from Google - Kenji Sugiki 杉木 健二 from 楽天 - Ypeng Lyn from monotaro and 楽天 - Riku Togashi 富樫 陸 from Yahoo - Kei Yagi from 八木 圭Yahoo - Hiroaki Shiino 椎野 弘章 from Yahoo - Yusuke Wada 和田 悠介from Yahoo Search Platform Engineer: - Minoru Osuka 大須賀 稔 from Yahoo - Junpei Nishimoto 西本 純平 from Recruit Technologies - Marne Prasad from 楽天 - Aman Jain, Jithin Sukumar, yuma kanai Engineering Manager: - Reggie Lai from 楽天 Director: - Tairo Moriyama 森山大朗 from Bizreach / Recruit
  11. None
  12. None
  13. None
  14. ②Sold商品を検索結果に表示するのは理由があります

  15. Sold商品を検索結果に表示しないとどうなるか(USでもJPでも同様) 出品転換率 (↓) 購買転換率 (↓) 取引総数 (↓) (T□T ) えええええええ

  16. なんで?

  17. 検索しているのは、買いたい人だけじゃないらしい 買いたいと思ってる人の目線 売りたいと思ってる人の目線 「nintendo switch」 + カテゴリー絞り込み

  18. 現時点でのこの問題の解決策とtwitterでの反応

  19. ③情報検索(Google等)とメルカリ検索は検索改善の  考え方がちょっと違うかもしれません

  20. 検索アルゴリズムで関連性を高めた結果 CTR : 4.5倍 (当然ですが) 割と荒れてた 検索結果

  21. 検索アルゴリズムで関連性を高めた結果 CTR : 1/10 なぜ。。。 (T◇T) 別に荒れてない 検索結果

  22. なぜなら・・・ 昨年11月のCMで草薙くんが 「3秒に一着出品されています」

  23. 新着性が超重要

  24. 情報検索と商品検索(メルカリ)の検索UIの違い 情報検索(Google, Yahoo)のUI 商品検索(メルカリ)のUI 上位10個がデフォルトで更 に1~3位に注目している 下の方までかなりスクロールして 「広く眺めている」

  25. え?だとすると。。。

  26. NDCGでメルカリ検索結果の良し悪しを決めると順位でスコアをDiscountし過ぎてしまう NDCGの事例 GoogleにおけるNDCGのDiscount例 参照元 http://www.seo-scientist.com/ Googleだと3位ですでに1位の3 分の1以下 nDCG = Normalized

    Discounted Cumulative Gain
  27. 一定の関連性を保ちつつ新着性を確保する必要あり

  28. F Freshness [新着性] R P Recall [再現率] Precision [適合率] 検索結果に出ている

    Documentが、どれだけ新しいか 検索クエリに対して必要かつ十分な Documentを、どれだけ多く検索結果に表示できているか 検索結果に表示されたもののうち、ニーズに適合する Documentがどれだけ含まれているか 目立つポジションに、適合する Documentをどれだけ表示できているか メルカリの検索結果を構成する要素と優先順位
  29. F Freshness [新着性] R P Recall [再現率] Precision [適合率] 情報検索と商品検索(メルカリ)の検索品質における優先度の違い(相対比較)

    優先度No.3 - 多少古くても関連性が高いこと方がまず大事 - stackoverflowやqiitaなどが良い例 優先度No.1 - 多くの商品カテゴリーが高頻度で出品される - 欲しいものがなくても、しばらくすると出品されて検索 結果が変わる可能性がある 優先度No.1 - クローリングのカバー範囲を最大化 - 超大規模なindexをどう分割して分散するか - Tokenizerなどをどう工夫するか 優先度No.2 - メルカリではクローリングの必要はない - ただし商品の「ついで買い」など、セレンディピティ的 にも考慮が必要であり、どこまでが必要十分な検索結 果なのかRecall判定が難しい - 大規模な同義語のクエリ拡張は大事 優先度No.2 - 1位〜5位に関連性が高いものを出す必要がある - UI的に上位に適合する Documentがなければクリッ クせず、従ってADもクリックされない 優先度No.3 - EC、特にメルカリのような CtoCでかつスマホUIの場 合は、かなり下まで気軽にスクロールしており並べ替 えのインパクトは相対的に小さい - 買い物はそもそも「比較検討」行為である 情報検索(Google, Yahoo) 商品検索(メルカリ)
  30. さいごに ① メルカリの検索チームに興味ある方はぜひご応募を ② Sold商品はすみません!わざと表示しています ③ メルカリらしい検索改善と検索評価手法を開発中です