Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

眼瞼下垂について

Nakashima Takaya
February 19, 2021

 眼瞼下垂について

Nakashima Takaya

February 19, 2021
Tweet

More Decks by Nakashima Takaya

Other Decks in Science

Transcript

  1. 眼瞼下垂
    ptosis

    View full-size slide

  2. 眼瞼下垂とは
    眼瞼下垂は,
    上眼瞼の下垂のこと.
    眼瞼を上げる筋⾁の
    先天的, 後天的な異常に
    起因.
    01
    眼瞼下垂は重篤な
    神経疾患の徴候,
    症状で出現する.
    02
    適切な管理には,
    根本的な原因を
    認識することが必要.
    03

    View full-size slide

  3. Clinical approach
    あごを上げた姿勢をとり,下がった口蓋裂を
    覗き込むような姿勢をとる.
    まぶたを上げるために眉毛を上げる.
    頭の姿勢と眉毛の位置の確認が大事!!

    View full-size slide

  4. Clinical approach
    • 解剖学的なランドマーク(PF,MRD)を具体的に記録する必要がある
    • PF(palpebral fissure):
    瞳孔の軸における上眼瞼縁と下眼瞼縁の間の距離.正常は9~12mmである
    • MRD(Margin reflex distanse):
    患者にペンライトを当てて角膜反射を生じさせる.
    この反射から上眼瞼縁までの距離を, MRDと呼ぶ.
    頭の姿勢と眉毛の位置の確認が大事!!
    PF

    View full-size slide

  5. Clinical approach
    • 下まぶたの位置は個人差があるため, PFよりもMRDの方が有用
    • PFは先天性眼瞼下垂では下方注視で増加
    後天性眼瞼下垂では下方注視で減少
    • PFとMRDは, 眼瞼下垂を識別し, その重症度を測定する客観的な手段を
    提供するため治療計画を立てるのに役立つ.
    頭の姿勢と眉毛の位置の確認が大事!!

    View full-size slide

  6. • 生まれたときから存在していたか.
    • 急性なのか,徐々に進行しているのか?
    • 眼瞼下垂の程度は一日の中で変化するか,それとも疲労に伴って変化するのか?
    • 頭痛や複視を伴うことはあるか?
    • 眼科手術,外傷(出生時の外傷を含む),コンタクトレンズ装用歴はあるか?
    • 眼瞼下垂の家族歴はあるか?
    • 家族に相談したり,昔の写真を見直すことで,症状の持続期間や進行度を把握するのに有効.
    Clinical approach
    眼瞼下垂の根本的な病因は,病歴と⾝体検査の後に明らかになる.

    View full-size slide

  7. ⽚側性か
    両側性か
    眼瞼機能
    瞼の折り⽬から
    瞼縁までの距離

    View full-size slide

  8. Treatment(内科的)
    • 重症筋無⼒症(眼筋型)には抗ChE薬,ステロイド
    • Horner症候群による眼瞼下垂は, アプリクロニジン
    外⽤薬,ナファゾリン,テトラヒドロゾリンなどで
    ⼀時的に改善することがある.
    • 眼鏡に挿⼊するEyelid crutchesは,⼀部の患者に
    とって有効な処置となる.

    View full-size slide

  9. Treatment(外科的)
    • 主に眼瞼下垂のために視野が不明瞭になっている
    患者に適応
    • 美容上の理由で検討することもあるが潜在的な合併症
    に注意しなければならない.
    • 眼瞼下垂症の矯正:ミュラー筋切除術,
    眼瞼挙筋腱膜前転術,前頭筋吊り上げ術など.
    • 重症の両側眼瞼下垂,上眼瞼挙筋機能不良の場合は,
    前頭筋吊り上げ術が好まれる.

    View full-size slide

  10. Timing
    • 動眼神経麻痺の患者では,多くの患者が自然回復するため,
    外科的介入の前に6~12ヶ月の間隔を空けることが推奨される.
    • 同様に,外科的治療を検討する前に,最大限の内科的治療で
    数ヶ月間安定した眼瞼下垂を維持する必要がある.
    • 筋疾患のある患者さんでは,手術が遅れることもしばしばある.
    筋疾患は進行性であるため,手術を繰り返す可能性が高い.
    また,手術合併症のリスクも高くなる.

    View full-size slide

  11. Take home
    message
    1. 眼瞼下垂は先天的なものと後天的なものがある.
    2. 後天性の場合は,筋腱,筋肉,神経筋接合部,または神経に
    影響を与える障害に関連している.
    3. 眼瞼下垂の原因は病歴と検査で区別される.
    4. 安定した障害性眼瞼下垂の患者は,手術を検討することがあ
    る.眼瞼下垂の重症度,眼瞼挙筋機能,基礎疾患などを考慮し
    て手術を行う.

    View full-size slide

  12. 参考文献
    Up To Date 2021 Overview of ptosis
    https://www.uptodate.com/contents/overview-of-ptosis - :~:text=Blepharoptosis, or ptosis of the,symptom of serious neurologic disease
    .
    ご清聴ありがとうございました.

    View full-size slide