Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

Spring Boot で実現する クリーンアーキテクチャとそのテスト戦略

44b799f91cc48e38c5fe9f5d9c5ecc61?s=47 Takaichi00
December 25, 2019

Spring Boot で実現する クリーンアーキテクチャとそのテスト戦略

【第1回】Java Testing Challenge LT大会 での登壇資料です

44b799f91cc48e38c5fe9f5d9c5ecc61?s=128

Takaichi00

December 25, 2019
Tweet

Transcript

  1. Spring Boot で実現する クリーンアーキテクチャとそのテスト戦略 髙市 智章 (Tomoaki Takaichi) Dec, 25,

    2019 【第1回】Java Testing Challenge LT大会 #jjtc
  2. 自己紹介 @Takaichi00 tomoaki.takaichi.5 ・髙市 智章(タカイチ トモアキ) ・Java でのシステム開発 ・アジャイル開発実践 ・ショップ向けシステムの開発

  3. ❏ テスト戦略を立てていないと... ❏ 人によってテストの実装方法が違う ❏ 不必要なテストや、ビジネス上重要なロジックにテス トがない ❏ テストコードのメンテナンス性悪化 テスト戦略立てていますか?

  4. ❏ 実践アジャイルテスト で書かれている内容 ❏ アジャイルテストの4象限 ❏ テストピラミッド ❏ クリーンアーキテクチャー ❏

    凹型レイヤー テスト戦略を立てる上で考えていること
  5. ❏ 様々なテストは大きく以下の4分類に分けることができる ❏ 分類ごとに、自動 or 手動 or ツール でやるべきものが決定する アジャイルテストの4象限

    https://notta55.hatenablog.com/entry/2015/05/03/161631 より引用
  6. ❏ どのテストを優先して自動化するか? ❏ 実行が速い/コストが低い単体テストを多く自動化する ❏ 実行が遅い/コストが高い結合テスト、GUI のテストは多く自動化しない ❏ 例: 境界値全網羅は単体テスト、業務シナリオテストは代表的なフロー数本

    テストピラミッド https://notta55.hatenablog.com/entry/2015/05/03/161631 より引用
  7. ❏ 中心の「ビジネスロジック」はそのままに、それ以外は交 換可能なものとする考え方 クリーンアーキテクチャー https://blog.tai2.net/images/CleanArchitecture.jpg より引用

  8. ❏ TERASOLUNA や 「Spring入門」などでも紹介されてい る設計パターン 凹型レイヤー https://terasolunaorg.github.io/guideline/5.0.0.RELEASE/ja/_images/LayerDependencies.png より引用

  9. ❏ Controller, Service, Repository のそれぞれのレイヤ間 で完結する単体テスト ❏ レイヤ間で正しい振る舞いができているか? ❏ Domain

    Model に対する単体テスト ❏ ビジネスロジックは正しいか? ❏ Controller ⇔ Repoistory ⇔ 対向先をモック という結合 テスト ❏ 結合した場合に正しい振る舞いをするか? Spring Boot テスト方針 ~REST API の場合~
  10. ❏ 実際にサンプルを実装してみました Spring Boot DEMO https://github.com/Takaichi00/spring-boot-sample-api /tree/master/spring-boot-sapmle-api

  11. ❏ Front 部分からの開発が可能になる ❏ 後ろの処理を実装していなくても Front の機能が実装可能 ❏ 「念の為の実装」をしなくて良い ❏

    Controller のプロトコルが変わった、データ取得元が DB では なく REST API になった、といった場合でも Domain の変更を しなくて良い ❏ 複数レイヤを並行して開発できる ❏ ただしコミュニケーションコストがかかるためあまり実践はしていない ❏ (結果として) テスタビリティが高い この実装の良い点
  12. ❏ レイヤ間の値の詰め替えが退屈 ❏ 項目が多いほど値を詰め替える時間が膨大になり、テ ストも確認する項目が増え大変 ❏ 実装とテストが成熟してくると、例えば DB に項目を1 つ追加して画面に返すのにも結構手間がかかる

    ❏ 仮に REST API と画面を結合した GUI テストを実装し始 めた場合、結合テストのメンテナンスが大変になることも この実装の辛い点
  13. ❏ テストアワーグラス ❏ GUI テストのコストは低下傾向にある ❏ 結合テストはユーザーのニーズを満たしているか確 認できるだろうか? ❏ ATDD

    (受け入れ駆動開発) ❏ Web 画面であれば Cucumber + Selenide を使用したテスト 次の挑戦 https://www.getautoma.com/blog/the-test-hourglass より引用
  14. さいごに みなさんのテスト戦略もぜひ聞かせてください!!

  15. ご清聴ありがとうございました