Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

microCMSを使った ビジネスサイドとの コミュニケーション

7fccfb690a818ed2f3a15fc21d426d5a?s=47 meijin
September 30, 2021

microCMSを使った ビジネスサイドとの コミュニケーション

7fccfb690a818ed2f3a15fc21d426d5a?s=128

meijin

September 30, 2021
Tweet

More Decks by meijin

Other Decks in Programming

Transcript

  1. 📮 microCMSを使った ビジネスサイドとのコミュニケーション meijin / 株式会社NoSchool CTO

  2. 自己紹介 - meijin / 株式会社NoSchool CTO - Twitter: @Meijin_garden -

    最近はReact / React Nativeをよく書いてる - Webフロントエンドとソフトウェア設計が好き - 趣味は将棋☗ 2
  3. 📌 本スライドの要点 3 - microCMSの良いところを語るスライドです - microCMSはビジネスサイドと一緒に 管理画面を見ながらデータ構造を設計できる - 何ができる/できないのイメージ共有がしやすい

    - カテゴリー分けとカスタムフィールドを紹介
  4. microCMSを使った ビジネスサイドとの コミュニケーション 対象のJamstackサービスと 運営体制 4

  5. マナリンクTeachers - https://for-teachers.manalink.jp/ - Next.js(ISR) + microCMS - オンライン家庭教師向けの情報メディア インタビュー記事や指導のコツなどを掲載

    5
  6. 6

  7. 運営体制 - 󰡈 ビジネスサイド1名 - 企画、先生へのインタビューなど - 󰞵 開発サイド1名(私) -

    日頃アプリや決済機能なども開発しているので、 工数を抑えて開発するためにバックエンドはmicroCMS! - サーバー費用も安い(Vercel) 7
  8. microCMSを使った ビジネスサイドとの コミュニケーション 要件定義の例① 記事のカテゴリー分け 8

  9. 記事のカテゴリー分けとは - https://for-teachers.manalink.jp/useful/job-side - ポイント - 大カテゴリと小カテゴリがある - 各カテゴリごとに一覧があり、URLとTitleとDescription等があ る

    - 各記事につき必ず大小1つずつ紐づく 9
  10. STEP1 各カテゴリごとの仕様を表で整理 10

  11. STEP2 カテゴリごとに”動的に”変わる点を洗い出し - URL(に使われる英単語) - カテゴリの名前 - Title / Description

    - どの大カテゴリに属するか※小カテゴリのみ 11
  12. STEP3 microCMSでAPIを作成 動的に変わる部分を スキーマとして設計 12

  13. ポイントは、 ここまでの流れをすべて ビジネスサイドの方でも自分でできること👍 13

  14. 󰳕󰳖最初は一緒にAPIを作成 ↓ 󰳕「では同じ調子で作成してください」 「わかりました」󰳖 「他のAPIのカテゴリ作成もできました!」󰳖 󰳕「内容OKです!   ダミーデータ入稿お願いします!」 14

  15. この開発フローの良いところ 15 - 早い段階からダミーデータの入稿に入れるため、 要件をビジネスサイドにイメージしてもらいやすい - リレーションとかスキーマみたいな概念を肌で感じてもらい やすい(microCMSさんのワーディングが上手)

  16. microCMSを使った ビジネスサイドとの コミュニケーション 要件定義② 記事本文中に吹き出しを埋めたい 16

  17. こんな感じで記事に吹き出しを入れたい要望 17 会話を載せたいコンテンツ - 先生へのインタビュー - 先生方との勉強会

  18. 普通にmicroCMSを使った場合 本文に指定するリッチエディタフィールドは 単純に大きいHTMLなので、吹き出しを埋めるのは困難 18

  19. STEP1 カスタムフィールド 19

  20. STEP2 カスタムフィールドの繰り返しを設定 20

  21. STEP3 React実装 21

  22. 企画の流れ 󰳕「microCMSこんなことできるみたいです〜」  (Slackに記事をシェア) 「記事に吹き出しを埋めたいです」󰳖 󰳕「たぶんできそうなのでやってみます(勘)」  「実装できたので入稿お願いします!」 「入稿しました!」󰳖 22

  23. コミュニケーションのポイント 📌 社内でmicroCMSのノウハウ記事をシェアする 📌 管理画面から入力可能なデータ形式なら実装可能、と いう話をする。できる/できないのイメージ共有がしやすい 23

  24. 24

  25. microCMSを使った ビジネスサイドとの コミュニケーション まとめ 25

  26. microCMSを使ったコミュニケーション 📌 管理画面を一緒に見ながら要件定義を進める 📌 何ができる/何ができないのイメージ共有をする 📌 慣れてきたら自分でAPI作成・改修ができる (UIによるITリテラシの底上げがノーコードやローコードの本質なのかも?) 26

  27. microCMSを使った ビジネスサイドとの コミュニケーション 告知 27

  28. オンライン家庭教師マナリンクはエンジニア採用中! 以下のサービスを開発しています 28 先生を集客するメディア 先生を探せるWebサイト オンライン指導専用アプリ

  29. 29

  30. マナリンクTeachers (https://for-teachers.manalink.jp/) めっちゃ面白いインタビュー記事を多く 掲載しているのでぜひ 読んでいただきたいです (右のは私の個人的なおすすめ) 30

  31. ご清聴ありがとうございました 発表内容等についてもっと知りたい /カジュアル面談のお申込みはコチラ    @Meijin_garden 31