Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

「守破離の守!」スクラムガイドをみんなで読んでみた。

1f0222f7251c3c48f4a8e5103cc64346?s=47 TK
October 02, 2021

 「守破離の守!」スクラムガイドをみんなで読んでみた。

Scrum fest mikawa 2021

1f0222f7251c3c48f4a8e5103cc64346?s=128

TK

October 02, 2021
Tweet

Transcript

  1. 「守破離の守!」スクラムガイドをみんなで読ん でみた。
 Retty株式会社
 今井貴明
 Scrum Fest Mikawa 2021 
 2021/10/02

  2. 自己紹介
 • TK (Imai Takaaki)
 • エンジニア
 ◦ 2015〜SIer
 ◦

    2021〜Retty株式会社
 • @t_k_redman

  3. 今日のお話


  4. スクラムガイドをみんなで読んだ話です
 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf

  5. わたしの所属するスクラムチーム
 • Devチーム6名 + Bizチーム3名
 スクラムマスター
 プロダクトオーナー


  6. 開発の流れ
 • 木曜日区切りの1週間スプリント
 ◦ AMにスプリントレビュー
 ◦ 午後イチにふりかえり
 ◦ 空いた時間にスプリントプランニング
 •

    デイリースクラムとリファインメントは日々開催

  7. 風通しの良い明るい職場です
 • チームの雰囲気は良好
 ◦ ふりかえりで意見は出るしトライもしてる
 ◦ 気になることは率直に言い合える
 • ちゃんとスクラムやってる
 ◦

    スクラムイベントやってる
 ◦ 必要なロールは揃ってる
 ◦ 改善しながら開発も進んでる

  8. ある日のふりかえりで


  9. その頃よく話されていたチームの課題
 • 先の計画ってどのあたりまで考えておいたら良いだろう
 • タスクの見積もり精度をもっと高めた方が良いのでは
 • スプリント内でこなせるアイテムを増やせないか
 
 • 開発プロセスに関する漠然とした課題が多い


    大きな一歩を踏み出せないような感覚があった

  10. やりたいこと
 チームを一つ上のレベルに上げたい!


  11. 「スクラムのあるべき姿」ってなんだ?
 • スクラムやってはいるけど、実はそんなに知らない
 • 一度時間をとって学ぼう
 ◦ 勉強会でもやってみる?
 ◦ 何か本を教科書にしてみるのも良いかも
 ◦

    何かオススメは?

  12. スクラムガイドっていうのがあるんですよ
 • 要点が網羅されてるし簡潔にまとまっている良書ですよ


  13. スクラムガイド、読もう
 • 旗振り役を任された!
 • せっかくなら効果を最大化したい
 • やっておしまいではなくて、次につながる活動になるよう準備 しよう!


  14. 読書会の開催


  15. • 土台を作っていこう!
 チームを一つ上のレベルに上げたい作戦
 最適化に向けてトライ スクラムのあるべき姿を 知る 現状と比較して課題を明 らかにする

  16. 読書会の進め方
 • 一度に読む範囲を5つに分けて5週かけて読んでいく
 ◦ 各自対象範囲を読んでくる
 ◦ みんなで集まって議論する
 ナルホド 新発見 現状とのギャップ

    どういうこと? 気になります! これは大切そう Next Actionの種 こんなことできそう
  17. 第1回は「スクラムの価値基準」まで
 • まずはスクラムがなんたるか、から
 ◦ スクラムガイドの目的
 ◦ スクラムの定義
 ◦ スクラムの理論
 ◦

    スクラムの価値基準

  18. 第1回のボードの様子


  19. 初回の所感
 • 対象範囲がかなり抽象的な内容なので煮え切らない感じ
 • 三本柱のイメージがなかなかつかない様子


  20. 三本柱とは
 • スクラムガイドの「スクラムの理論」より抜粋
 スクラムでは、検査と適応のための 4 つの正式なイベントを組み合わせてい る。それらを包含するイベントは「スプリント」と呼ばれる。これらのイベントが機 能するのは、経験主義のスクラムの三本柱「透明性」「検査」「適応」を実現して いるからである。 https://scrumguides.org/docs/scrumguide/v2020/2020-Scrum-Guide-Japanese.pdf

  21. 透明性ってなんだろう?
 • 開発に着手するために、タスクを正しく分割することじゃないか
 • プロダクトバックログアイテムのWhyを伝えられていること?
 • 問題が起きたときにすぐ共有できるかだと思う
 • やることが見える状態にあることでは?


  22. 検査ってなんだろう?
 • 作ったもののアウトカムを確認することじゃない?
 ◦ スプリントレビューがそれにあたりそう!
 • 5つのイベントが検査に該当しそう
 • 「ゴール」って書いてあるけどなんのこと?
 ◦

    スプリントの終わりのことではないか
 ◦ Doneの定義に相当するとか?
 
 抜粋:スクラムの作成物と合意されたゴールに向けた進捗状況は、頻 繁かつ熱⼼に検査されなければならない。これは、潜在的に望ましくな い変化や問題を検知するためである。
  23. 適応ってなんだろう?
 • 期待していた成果物になっていないと受け入れられない、ということを示し ているんじゃない?
 • スプリントレビューで思ったものと違う、となった場合に対応することじゃな いか
 • 受入条件を満たすこと?


  24. 個人的な感想
 • 初見だと、三本柱はプロダクトに対してのことだと受け止めら れるんだな、というのが面白い気づきだった
 「透明性」はプロダクトバックログアイテム のWhyを伝えられていること? 「検査」は作ったもののアウトカム を確認することじゃない? 「適応」期待していた成果物になる ように開発することでは?

  25. どうやったらこの機会の効果を最大化できそうか?
 • この三本柱に納得感を持てると各イベントの目的がイメージし やすくならないか?
 • 何か気づきの機会を作りたい


  26. 宿題を出してみた
 • 以前CSMトレーニングで体験したワークの縮小版
 ◦ 当時はあまり理解できなかった
 ◦ 今思うとすごい有効に感じる
 


  27. 三本柱とスクラムイベントについて考えるワーク
 • スクラムの各イベントでどのような「透明性」「検査」「適応」を実現するのか考え て表を埋める
 • 「スクラムにおける定義だとこういうことかな?」という感覚で現時点での理解を 書いてもらうことにした
 • 


  28. 学習効果の最大化を狙いたい
 • 正解を求めてないし答え合わせの予定はない
 • 三本柱の存在を知ったこのタイミングで、このワークで悩んで おくということが重要だと考えた
 


  29. その後の会の様子
 • 自分たちが日々取り組んでいるイベントやロールの話に入っ ていく
 • 比較的具体的な話になっていくので割と議論は捗った


  30. 読書会で起こったこと①
 • 知らなかったことがたくさん知れた
 ◦ 正直、これだけでもやってよかったと思える


  31. 読書会で起こったこと②
 • 自分たちの現状とのギャップを認識できた
 ◦ 「これって意識できてるかな?」という会話がいくつも生ま れた
 ◦ すぐにできる具体的なNext Actionがすぐに出てきた


  32. 読書会で起こったこと③
 • みんなで解釈を深められた
 ◦ わからなかったことを教えあったり、話し合ったりできた


  33. チームの変化


  34. 変化① 共通言語が生まれた
 • スクラムのロールやイベントについてそれぞれの解釈で話して いたために空中戦になることがあった
 • 「検査」「適応」という言葉が使われていた
 ◦ スクラムイベントに紐付けて使われていた


  35. 変化② スプリントゴールが意識されるようになった
 • スプリントで何を達成したいかが話されるようになった
 ◦ 「スプリントには達成すべきゴールがある」という感覚が無 意識に根付いている気がする
 • 今現在ではスプリントの開始時にスプリントゴールを明文化し ている


  36. 変化③ スプリントレビューの目的を話すようになった
 • 最も認識の乖離があった模様
 • 自分たちにとってどんなスプリントレビューが良いのかを話す ようになった
 ◦ 出席するステークホルダを再検討して声をかけるなど、具 体的な動きもあった


  37. スクラムガイドを読んでチームは変化した
 • 5週に渡り実施した期間中から、少しずつ変化が起こった
 • 開発の中身に当たっていたスコープが、外側のプロセス自体 にも当たるようになったような感覚
 
 開催趣旨の「チームを1段階上に上げるための土台」というのは 作られてきた!


  38. 私のふりかえり


  39. 慌ててスクラムやろうとしない!のがよかった
 • 過去、スクラム勉強会やったらスクラムが目的化した経験が あったからちょっと心配だったけど杞憂だった
 ◦ 「このチーム頼もしい!」って思った
 • 「完成された方法論からエッセンスを読み取る会」として機能し た


  40. 「三本柱」はもうちょっと深めたい
 • 個人的には満を持して出したワークが思ったより機能しなかっ た
 ◦ スプリントレビューでの「検査」「適応」は浸透してきたと思う
 ◦ 他のイベントでも同じくらい話せるようになりたい
 • 三本柱を共通言語にできたのは意味があったと思う


  41. 進め方は最後まで悩んだ
 • 今回は段階的に読んでいくスタイルをとったけど、後半に説明 される用語が前半に出てくるとわからない
 ◦ 実際、「インクリメントの説明が最初に知りたかった」という 声は出ていた
 • ワークと同じで最初はよくわからなくて後から「そういうこと か!」って繋がった方が学習効果が高い気もする


  42. おわりに


  43. まとめ
 • 教科書としてスクラムガイド単体をただ渡しても難しい
 ◦ みんなで読んで深められるならこれほどシンプルにまとまっ ている教科書はない!
 • チームの状態で議論のポイントや深さが変わりそう
 ◦ 暫くしてもう一度やったら新たな気づきがありそう


    ◦ スクラムガイドと読書会というスタイルを組み合わせること で、その時のチームに合った学習方法になる
 • モブワーク感あって楽しいし、連携深まった気がする!

  44. ご清聴ありがとうございました!