Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

アジャイルに向かう組織に聴いてほしいアジャイルへの第一歩

TK
November 06, 2020

 アジャイルに向かう組織に聴いてほしいアジャイルへの第一歩

Scrum Fest Sapporo 2020

TK

November 06, 2020
Tweet

More Decks by TK

Other Decks in Technology

Transcript

  1. アジャイルに向かう組織に聴いてほしい
    アジャイルへの第一歩
    NECネクサソリューションズ
    今井 貴明
    Scrum Fest Sapporo 2020

    View full-size slide

  2. 本日の内容
    • アジャイルが浸透していない社内でアジャイル(スクラム)やろうと
    してうまくいかなかったのでふりかえりをしました。
    • その結果見えてきた“最初にやったらよさそうなこと”をお話しします。
    2
    @t_k_redman

    View full-size slide

  3. こんなものを作りました
    • 始めてスクラムをやってみて大ゴケした後の振り返りから誕生。
    • 前例がほぼ無い組織では何から始めたらよかったのか。
    ↑こんなかんじの目次
    3
    @t_k_redman

    View full-size slide

  4. こんな人には役立つかも
    • WF開発メインの組織にアジャイルを取り入れたい。
    • アジャイルをやりたいけど何から始めていいかわからない。
    • アジャイルを実践しているけどうまく進まない。効果を実感できない。
    4
    @t_k_redman

    View full-size slide

  5. TK
    自己紹介
    TK(Imai Takaaki/@t_k_redman)
    • https://takaremo.com
    • NECネクサソリューションズ所属
    • 千葉県在住 / 27歳
    • アジャイルの推進やスクラムマスターなど
    • AWSやらAngularを嗜む程度
    • 先日、第2子爆誕
    5
    @t_k_redman

    View full-size slide

  6. 始めてのスクラムでやったこと
    ★お題は社内部門の業務アプリケーション刷新
    ① スクラムの勉強会を開催
    • スクラムガイドを読み合わせながら進め方やルールを確認。
    • 使用するプラクティスの説明。
    ② プロジェクトのルールや体制を決定
    • スプリント期間、ツール、アーキテクチャなどを決める。
    • ステークホルダを含めて役割を確認。
    ③ 開発スタート
    そのときの失敗談:https://www.slideshare.net/ssuser21f6db/ss-238917492
    6
    @t_k_redman

    View full-size slide

  7. 起こったこと①
    • それぞれの「アジャイルってこういうもんでしょ」
    7
    @t_k_redman
    そうは言っても
    スケジュールは
    引かないと
    全部終わらな
    いと困るよ!
    繰り返しながら
    作るんでしょ?
    スケジュール引
    いても変わっ
    ちゃうんで…
    優先順位を決め
    ながらですね…
    いやまあそうなん
    ですけど…

    View full-size slide

  8. 起こったこと②
    • 依頼部門は発注側、私たちは受注側
    8
    @t_k_redman
    開発はあなたたちの役目でしょ!バリア
    発注側
    なんとか要望をくみ取らなきゃ!スクラム
    受注側

    View full-size slide

  9. ウォーターフォール VS アジャイル

    View full-size slide

  10. ウォーターフォール VS アジャイル

    View full-size slide

  11. 軸足をどこに置くかという話
    • 二項対立ダメ、絶対。
    「あなたたちのWFはもう古いよ!」ではない。
    「これからは全部アジャイルに一新しないと!」でもない。
    「アジャイルならそんなのだめでしょ!」とも限らない。
    • 一方で、ウォーターフォールに軸足がおかれているという事実
    「開発=WF」みたいなバイアスがかかっている。
    WF開発を基準としてアジャイルに派生していこうという感覚。
    11
    @t_k_redman

    View full-size slide

  12. アジャイルを深く理解しようとする前に
    認知できている部分から紐解く

    View full-size slide

  13. ①アジャイルを知る

    View full-size slide

  14. アジャイルは「状態」
    • アジャイルは開発手法を表すものではない。





    WF開発 XP スクラム アジャイル
    具体的な方法論を表す
    言葉ではない。
    アジャイルに向いている
    「スクラム=アジャイル」
    と誤解されることが多い。
    14
    @t_k_redman

    View full-size slide

  15. 起源を知る
    http://agilemanifesto.org/iso/ja/manifesto.html
    15
    @t_k_redman

    View full-size slide

  16. 原則を知る
    http://agilemanifesto.org/iso/ja/principles.html 16
    @t_k_redman

    View full-size slide

  17. スタートラインに立つ
    • 多分説明してもまだよくわからないだろうけど、まずはこういうもの
    があることは知ってもらう。
    • フレームワークとかではないよ!ということで、後の話が食い違いそ
    うな誤解を払拭しておきたい。
    17
    @t_k_redman

    View full-size slide

  18. 誤解を解く
    • アジャイルにどんなイメージをもっている?
    18
    @t_k_redman
    品質気にせずに
    爆速でガンガン作って
    高生産性を叩き出す手法
    SILVER BULLET

    View full-size slide

  19. 誤解を解く
    • アジャイルにどんなイメージをもっている?
    19
    @t_k_redman
    品質気にせずに
    爆速でガンガン作って
    高生産性を叩き出す手法
    SILVER BULLET
    Outcomeの効率はいいかもね。
    全部一気にはできないけど
    小出しなら速いよ。
    フィードバックから改善する前提
    なのは良いけどバグは潰してね。

    View full-size slide

  20. どうやら思っていたものとは違いそうだ
    • 「想像してたものと違う」ことは分かってもらえた。
    • 次は開発というものに対する思い込みを解いていきたい。
    • 比較的ギャップが大きそうな部分にフォーカスしてみる。
    20
    @t_k_redman

    View full-size slide

  21. 長期的な計画が立てにくい
    • 検証を繰り返し流動的に進めるので、長期計画が立てにくい。
    21
    @t_k_redman
    計画 Sprint1 Sprint2 Sprint3 Sprint4
    要件
    A
    要件
    B
    要件
    C
    要件
    D
    計画 Sprint1 Sprint2 Sprint3 Sprint4
    要件
    A
    要件
    B
    要件
    C
    要件
    D
    Done
    追加
    優先順位変更
    取消
    当初の計画:
    1週間後:

    View full-size slide

  22. 計画と目的と進捗の指標
    • なぜ計画を立ててそれを基準に進捗をトレースするのか。
    計画を守ることが目的になっていないか。
    当初の計画通りだとなぜ順調だと言えるのか。(逆も然り。)
    目的を考えたときに何を指標にすると良さそうか。
    22
    @t_k_redman

    View full-size slide

  23. 目的を誰と共有するか
    • プロジェクトの目的を改めて確認したとき、どの範囲で共有すべきか。
    23
    @t_k_redman
    プロダ
    クト
    目的
    計画
    実現
    顧客
    開発者
    要件
    価値?
    プロダ
    クト
    目的
    目的
    顧客 開発者開発者

    View full-size slide

  24. ②適用判断をする

    View full-size slide

  25. 万事いける気がしてしまう
    • 「得体の知れない弾丸」から「チョット分かった弾丸」に昇格。
    • 万能感を感じるかもしれないので、向き不向きや必要なことを確認し
    ていく。
    25
    @t_k_redman

    View full-size slide

  26. 顧客との共創体制をつくれそうか
    • 顧客と同じ方向を向ける状態じゃないと厳しい。
    • 契約云々もあるけど、最低限歩み寄れそうかはポイントになる。
    26
    @t_k_redman
    プロダ
    クト
    目的
    顧客 開発者


    目的
    プロダ
    クト
    顧客
    開発者
    開発者

    View full-size slide

  27. 向き不向きを考える
    • 「要件定義は終わってます」みたいなタイミングから納期までの開発
    をアジャイルで、とかは意味ない。
    • なんでアジャイルなのかは考えたほうがいい。
    27
    @t_k_redman

    View full-size slide

  28. なんでアジャイルなのかを考えてみる
    • 選択肢の一つであることは認識してもらう。
    レッツトライの精神は歓迎!
    • ワークショップなんかで考える機会を設けるなど。
    Why agile?(https://www.agilejapan.org/2018/session/d1_Why-Agile.pdf)
    28
    @t_k_redman

    View full-size slide

  29. ③体制を整える

    View full-size slide

  30. 周囲のアジャイル理解に対応する
    • WF開発とのギャップが大きく、開発チームやプロジェクト外の人に
    理解されにくかったりする。
    • 単純に「こういうものです」という説明はするとして、必要に応じて
    抵抗を和らげる策を講じる。
    30
    @t_k_redman
    管理体制
    大丈夫なの?
    状況を資料に
    まとめて!
    もっと細かく
    進捗報告を
    プロジェクトルームに招き、朝会の様子
    やかんばんボードを見てもらう。
    メトリクスを可視化しておく。
    スプリント内のイベントに参加してもらう。

    View full-size slide

  31. 目的の認識を合わせる
    • 明文化されていたとしても、個々の受け取り方に微妙に違いがあった
    りする。
    • 開発チームだけでなく、必要に応じてステークホルダも含めて目的、
    ゴール、ビジョンの共通認識を持てるようにする。
    31
    @t_k_redman
    https://agilewarrior.wordpress.com/2010/11/06/the-agile-inception-deck/

    View full-size slide

  32. インセプションデッキ
    • もちろん全部できたほうがいいけど、1と2を回答できるとよい。
    • 開発中に何度か実施して見失わないようにするのもよい。
    • フランクにアイスブレイクっぽくやってみても面白い。
    32
    @t_k_redman
    https://github.com/agile-samurai-ja/support/tree/master/blank-inception-deck
    1. われわれはなぜここにいるか
    2. エレベーターピッチを作る
    3. パッケージデザインを作る
    4. やらないことリストをつくる
    5. 「ご近所さん」を探せ
    6. 解決案を描く
    7. 夜も眠れなくなるような問題はなんだろう?
    8. 期間を見極める
    9. 何をあきらめるかをはっきりさせる
    10. 何がどれだけ必要なのか

    View full-size slide

  33. ロールの違い
    • これまで属人化していた役割が、必ずしも特定の人に割り振られるわ
    けではない。
    • 既存のロールに無理やり別のロールをはめ込むようなことが無いよう
    に注意する。
    33
    @t_k_redman

    View full-size slide

  34. ④ルールを決める

    View full-size slide

  35. チームのルールを決める
    • スプリントの期間、ツールやプラクティスの活用、などなど。
    • プラクティスをトライ&エラーで試していくのもいいけど、トライの
    成功率を高める努力はできる。
    ⇒なぜそれが必要なのか、狙いは何か。
    • いろんなプラクティスを知ってみる。
    35
    @t_k_redman
    有名どころ
    • 朝会(デイリースクラム)
    • かんばん
    • プロダクトバックログ
    • スプリントバックログ
    • KPT
    • インセプションデッキ
    • スプリント(イテレーション)
    • ユーザストーリー
    • ストーリーポイント
    • etc.
    参考:アジャイル型開発におけるプラクティス活用 リファレンスガイド
    https://www.ipa.go.jp/sec/reports/20130319.html

    View full-size slide

  36. ルールは改善していく
    • 「狙い」をもって決めたルールはふりかえりで活きてくる。
    • 一度決めたものに固執しなくていい。契機を待たなくたって、今有効
    な改善は今やったっていい。
    • プラクティスだってアレンジしていいし、自分たちで生み出したって
    いい。
    36
    @t_k_redman

    View full-size slide

  37. 得体の知れないものを独自解釈しないようにする
    • いきなりいろいろ決めるよりかは、頭をゆっくり切り替えたい。
    ⇒軸足の置き場所を確認する
    • 特に、「よくわからないもの」を「チョットワカル」ようにしておき
    たい。
    38
    @t_k_redman

    View full-size slide

  38. 社内向けスライドの着地点
    • マインドセットしっかり!という結論でまとめてある。
    39
    @t_k_redman
    このあたり。
    「アジャイルへの第一歩はこれだ!」
    みたいな文脈になってる。

    View full-size slide

  39. アカンぜ。
    40
    @t_k_redman
    いきなり
    「マインドセット変えましょう!」
    はアカンぜ。
    ※許可もらった。

    View full-size slide

  40. 1年経って再考してみた「第一歩目」
    • アジャイルのマインドセット≒アジャイルを理解する
    ⇒マインドセットというものでもなく、思い込みを無くすに尽きる。
    • 「思ってるよりもこれまでとギャップがあるよ」をどう伝えられるか。
    • 「意識」とか「思想」とか崇高なものでもない。
    変化した後の姿を
    イメージしてもらえるかどうかの問題!!
    イメージできた上で、それを採用するかどうかはその人次第。次のステップ。
    41
    @t_k_redman

    View full-size slide

  41. ご清聴ありがとうございました。

    View full-size slide