Upgrade to Pro — share decks privately, control downloads, hide ads and more …

10年続いている電子書店をリニューアルした話 / JAWS DAYS 2021

10年続いている電子書店をリニューアルした話 / JAWS DAYS 2021

JAWS DAYS 2021 -re:Connect-
https://jawsdays2021.jaws-ug.jp/

Bf6b8bd346ac508b50824e7577afd49b?s=128

Yohei Tsuchiya

March 22, 2021
Tweet

Transcript

  1. JAWS DAYS 2021 - re:Connect - メディアドゥ サポーターセッション 10年続いている電子書店を リニューアルした話

  2. 2015年 メディアドゥ入社 2019年 インフラ担当からアプリ開発へ 土屋陽平 名前 経歴 自己紹介

  3. メディアドゥについて

  4. メディアドゥとは 最先端のテクノロジーにより電子書籍の流通事業を推進し、 電子書籍市場、ひいては出版市場全体の拡大に貢献することを 目指しています。

  5. メディアドゥとは

  6. メディアドゥとは 電子書籍の取次事業 国内シェアNo.1 東証一部上場 エンジニアは約100名

  7. リニューアルの話

  8. リニューアル内容 デザイン システム 開発言語 01 02 03 電子書店のデザインを、 全面的に刷新 10年選手の既存システムから、

    フロントとサーバを全て刷新 アプリケーション開発の言語を、 JavaからGoへ変更
  9. 今回は AWSを活用した システム刷新について お話しします!

  10. リニューアル前のシステム構成 オンプレミスベースの構成からクラウドリフト • 名古屋のデータセンターから AWSへ、 2020年 12月にクラウドリフトした • 構成はそのまま、全体的に EC2で稼働

  11. リニューアル後のシステム構成 クラウドネイティブな開発へ • ECS+Fargateでコンテナ化 • RDSはAurora • インメモリDBはElastiCache • バッチはLambda

    • ストレージはS3
  12. 開発での改善点 • デプロイメントの簡略化と耐障害性 ◦ コンテナ技術の採用 ◦ Fargateによりスケーラビリティと可用性を得られた • AWSのマネージドサービスを活用して、ミドルウェアの管理・運用を簡略化 ◦

    Auroraによる高い可用性、バックアップなどもお任せ • サーバレス技術による高いコスト効率 ◦ バッチ処理の時間分だけの課金となるようにLambdaを採用
  13. • デザイナー参入 ◦ ユーザビリティの改善 • 開発言語にGoを採用 ◦ ソースコードの可読性維持 • スクラムを導入

    ◦ 継続・安定したプロダクト開発 開発チームについて
  14. https://mechacomi.jp/ コミなび URL

  15. 「テクノロジーで出版業界を 盛り上げていきたい」 こちらに共感・興味をお持ちの方は、 是非とも一緒に エンジニアリングしていきましょう! 最後に

  16. ひとつでも多くのコンテンツを、ひとりでも多くの人へ 著作物の健全なる創造サイクルの実現 VISION MISSION

  17. Engineer Engineering Manager Product Owner We’re Hiring ! https://recruit.mediado.jp/

  18. None